え!?この保育専門書が読み放題? 読み放題一覧を見る

【2歳児】3月の月案の書き方【5領域対応/文例/見本/記入例】

PR
\保育専門書、出版しました!/
この記事を読むメリット
  • すぐ使える月案の文例が必ず見つかる!
  • 2歳児クラス3月の月案がすぐかける
  • 2歳児クラス3月の月案の文例が分かる
  • 5領域にも対応!
  • 必要な文章を書き換えて使える
5領域対応!
月案作成の参考にしてね!

こんばんは!
保育士のあつみです。

この記事では、2歳児クラスの3月の月案作成に役立つ文例をたくさん紹介します。
自分のクラスの子どもたちに合わせてアレンジ可能なので、効率よく月案を完成させましょう!

月案作成をサクっと終わらせて…その時間を子どもたちとの関わりに使ってくださいね。

全年齢・全ての月の月案一覧【開く】

読みたい【年齢・クラス】と【該当の月】を選んでタップorクリックくださいね。

スクロールできます
0歳児1歳児2歳児3歳児4歳児5歳児
4月0歳児×4月1歳児×4月2歳児×4月3歳児×4月4歳児×4月5歳児×4月
5月0歳児×5月1歳児×5月2歳児×5月3歳児×5月執筆中執筆中
6月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
7月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
8月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
9月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
10月0歳児×10月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
11月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
12月0歳児×12月1歳児×12月執筆中執筆中執筆中執筆中
1月0歳児×1月1歳児×1月2歳児×1月3歳児×1月執筆中執筆中
2月0歳児×2月1歳児×2月2歳児×2月執筆中執筆中執筆中
3月0歳児×3月1歳児×3月2歳児×3月執筆中執筆中執筆中

クラスの年齢のタブを選んでね!

2024年2月の新刊!
\おたより文例~春編365選/
  • 春を感じるおたより文例、た~くさん収録!
  • 「あ!この文、使える!」が必ず見つかる!
  • 季節や時候の挨拶を考えるのが苦手な先生へ!

スマホですぐに読める電子書籍版Kindle unlimitedで読み放題です!

2024年2月の新刊!
\おたより文例~春編365選/

スマホですぐに読める電子書籍版Kindle unlimitedで読み放題です!

  • 春を感じるおたより文例、た~くさん収録!
  • 「あ!この文、使える!」が必ず見つかる!
  • 季節や時候の挨拶を考えるのが苦手な先生へ!
あつみ

保育園や幼稚園の先生向け!
3月、4月、5月のおたより文例をいっぱい収録しているよ~!

目次(タップで移動)

この記事を書いた人

あつみ先生

保育士/幼稚園教諭/保育教諭|現役8年目|今年は0歳児担任|SNSフォロワー累計17000人↑|見てきた子ども達は250人↑|保育士ライター(MAMADAYS/ほいくらいふ等)|書籍出版保育製作365日/100均知育365日」|30万PV保育士ブロガー|ピンタレスト月間250万PV|離乳食インストラクター4期卒セミナー講師|詳しいプロフィールはこちら

この記事を書いた人

保育士/幼稚園教諭/保育教諭|現役8年目|今年は0歳児担任|SNSフォロワー累計17000人↑|見てきた子ども達は250人↑|保育士ライター(MAMADAYS/ほいくらいふ等)|書籍出版「保育製作365日/100均知育365日」|30万PV保育士ブロガー|ピンタレスト月間250万PV|離乳食インストラクター4期卒セミナー講師|詳しいプロフィールはこちら

アマゾンで販売中の下記の本…LINE登録で試し読み版プレゼント中♪

\製作ネタ本/

保育製作365日: 保育園や幼稚園で使える♪行事と季節の造形遊び!100均材料でも簡単に作れる製作アイデア帳

\手作り玩具/

毎日モンテ!100均知育365日: かんたん手作り!指先の知育玩具 保育365日シリーズ

\読み聞かせ/

ピックアップ♪

アマゾンで販売中の本…LINE登録で試し読み版プレゼント中だよ!

■【2歳児】3月の月案での保育目標・ねらいの設定

●【2歳児】3月の目標・ねらい【月案文例】

  • 春の行事やイベントを計画し、季節感を育む活動を行う。
  • 春の兆しを感じられる外遊びを通じて、自然の変化を体感させる。
  • 製作コーナーでの活動を通じて、ハサミやのりを使った創造的な表現を促し、感性を養う。
  • 他の子どもたちと一緒に遊んだり活動の際に協力したりする事を通じて、共同での活動を楽しむ。
  • 言葉を通して友だちと関わったりコミニケーションをとる事を通して、想像力と表現力を育むごっこ遊びを楽しむ。
  • 気温の変動に注意を払い、子どもたちが屋外でも屋内でも快適に過ごせるようにする。
  • 進級に向けて、新しい環境やクラスに慣れ、自信を持って進級を迎える準備をする。
  • グループ活動を通して、クラスでの協力や仲間意識を高め、安心感を育む。
  • 自分でできることを増やし、日々の生活の中で自己成長を実感させる。
  • 他の子どもたちとの遊びの中で経験した対立や解決を通して、社会性や表現力を育てる。
  • 基本的な生活習慣を身につけさせ、自分でできることへの自己効力感を高める。
  • 戸外活動を積極的に行い、春の草花の芽生えや温かい風を感じ、季節の変化を体験できるようにする。
  • 春に関連する歌や絵本を取り入れ、季節の雰囲気を感じられるようにする。
【タップで開く】保育目標の設定のコツとポイント!

保育園での目標やねらいを立てる時、大切なポイントがあります!

まず、子どもたちの年齢や発達段階を考えましょう。
2歳児なら言葉の理解が進む時期。
言葉を使った遊びを取り入れるといいですね。

次に、季節感を取り入れてみましょう。
3月なら、春の訪れを感じる活動がぴったり。
自然の変化を感じる遊びを加えると、子どもたちの感覚を育むことができます。

さらに、子どもたちが自分で選べるようにすることも大切です。
選択肢を与えて、自発的に行動を選べるようにすることで主体性が育ちます。

最後に、楽しみながら学べるように工夫すること。
遊びを通じて学ぶことが、子どもたちにとって一番の学びになりますからね。

これらのポイントを意識して、子どもたち一人一人の成長に合った目標やねらいを立てると、保育がもっと充実するはずです!

●【2歳児】3月の週の目標・ねらい【週案文例】

  • 1週目
    「ひな祭りの準備」:ひな人形の飾り付けや、春の歌を歌って楽しむ。
    「春の自然探検」:公園で春の草花を探しながら散歩する。
    「春の製作活動」:春の花や生き物の絵を描く。
  • 2週目
    「春の絵本の読み聞かせ」:春に関する絵本の読み聞かせ。
    「色と形の遊び」:色々な色や形のブロックで遊び、認識を深める。
    「リズム遊び」:春の歌に合わせて体を動かしたり踊ったりする。
  • 3週目
    「卒園生お別れ会の準備」:お別れ会の飾り付けやプログラムの練習。
    「自然観察散歩」:公園で春の生き物や草花を観察する。
    「思い出の製作」:卒園生へのメッセージカードを作る。
  • 4週目
    「春のお花見遊び」:園庭や近くの公園でお花見をする。
    「季節の色遊び」:春をイメージする色で絵や工作をする。
    「進級準備」:進級に向けて新しい部屋に慣れたり、異年齢クラスと交流して遊ぶ。
【タップで開く】週案の組み方と考え方を詳しく読む

週のスケジュールを立てる時のコツは、バランスが大切です。
子どもたちの日々のリズムや発達段階を考えて、無理なく楽しめる活動を選びましょう。
季節や行事に合わせた特別な活動も取り入れると、子どもたちの興味を引きます。
戸外遊びと室内遊びをバランスよく組み合わせて、体を動かす時間と静かな時間も考慮するといいですね。
そして、毎週少しずつ新しいことに挑戦させるのもポイントです!

2024年2月の新刊!
\おたより文例~春編365選/
  • 春を感じるおたより文例、た~くさん収録!
  • 「あ!この文、使える!」が必ず見つかる!
  • 季節や時候の挨拶を考えるのが苦手な先生へ!

スマホですぐに読める電子書籍版Kindle unlimitedで読み放題です!

2024年2月の新刊!
\おたより文例~春編365選/

スマホですぐに読める電子書籍版Kindle unlimitedで読み放題です!

  • 春を感じるおたより文例、た~くさん収録!
  • 「あ!この文、使える!」が必ず見つかる!
  • 季節や時候の挨拶を考えるのが苦手な先生へ!
あつみ

保育園や幼稚園の先生向け!
3月、4月、5月のおたより文例をいっぱい収録しているよ~!

■子どもの姿・様子【2歳児|3月】

●【先月~現時点】子どもの姿の振り返り

  • 3歳児クラスに進級することに期待を持ち、進級に向けて身の回りのことを一生懸命にする。
  • 風邪の症状で鼻水や咳があり、発熱で休む子もいる。
  • 砂場で独自の世界を作り出し、水と砂を組み合わせて遊ぶ姿が見られる。
  • 高い場所や危ない場所から遠ざかるなど、危険に対する意識が育っている。
  • 友だちと一緒に、共通のイメージで楽しくごっこ遊びをする。
  • 音楽が流れると自然に体を動かし、リズムに合わせてダンスする姿が目立つ。
  • 他の子どもたちと協力して、大きな積み木の建造物を作り上げる。
  • 園での小さな発表会で、堂々と前に出て自分の思いを伝える。
  • 絵の具やクレヨンで、自由に絵を描き、色彩豊かな表現を楽しんでいる。
  • お店やさんごっこで、自分で作った財布やバッグを使い、年長児と楽しく買い物ごっこをする。
  • 自分の興味に基づき、選んだおもちゃに没頭している時間が増えてきた。
  • おにごっこで捕まえられるのを嫌がる子がいるが、みんなで遊ぶ喜びを感じている。
  • 好きな絵本を自分で選んで、「読んで!」と持ってくる子どもが多くなっている。
  • 箸を使うことへの興味が高まり、正しい持ち方を意識する。
  • 折り紙やハサミ、ぬりえに集中し、一つの作業に没頭することができるようになる。
  • 冬の終わりの霜柱や雪、氷に興味を示し、友だちとその発見を共有する。
  • テーブルや段ボールを使い、ごっこ遊びを通して、友達と一緒に役になりきって遊んでいる。
  • 友だちとのごっこ遊びで、相手の感情を理解するようになってきた。
  • 片付けや着替えなど、自分でできることを積極的に行う。
  • 片付けや配膳など、簡単な手伝いをする様子が見られる。

●【今月】予測される子どもの姿

  • 春にちなんだ歌を歌ったり、楽器を使って音楽遊びを楽しむ。
  • 春の草花に興味を持ち、触れたり、香りを楽しんだりする。
  • 日差しの暖かさや花が咲き始める様子に気づき、春を感じる。
  • ひな祭りに向けて、保育者と一緒にひな人形や飾りを手作りする。
  • リズム遊びで、自分の好きなダンスや体操をリクエストして、音楽に合わせて体を動かす。
  • 保育者に絵本を読んでもらい、物語の世界に夢中になる。
  • 3歳以上の子どもたちと一緒に公園へ行くことで、年齢の違いを超えた遊びの楽しみを知る。
  • 異年齢の子どもたちと一緒に追いかけっこをし、体を思いっきり動かす。
  • 友だちとのごっこ遊びで共通の世界観を作り、より一層遊びに没頭する。
  • 新しいことができると、保育者に誇らしげに報告し、喜びを分かち合う。
  • トイレでの排泄を自分から進んで行い、トイレの習慣が定着しつつある。
  • 靴の左右を意識し、自分で正しく履こうとする努力が見られる。
  • 次に何をするかを理解し、自分から積極的に行動を起こす。
  • 寒暖差で体調を崩しやすく、鼻水や咳が出る子どもが見られる。
  • 上着の着脱を自分で行い、脱いだ服をたたむ習慣を身につけている。
  • 箸やスプーンを使って、食事をこぼさずに食べるよう心がけている。
  • 手洗いやうがいを自分から行い、衛生面での意識が高まっている。
  • 食後には、挨拶をし、自分の席を整える習慣が身につきつつある。
  • 園庭や公園でアリやダンゴムシなどの小さな生き物を見つけ、興味深く観察する。
  • 新しいおもちゃや活動に興味を示し始め、進級を待ち遠しく思う。
  • お医者さん、お店屋さん、美容院、車掌さんなど、さまざまな役割を楽しむごっこ遊びに没頭する。
  • 手洗いやうがいを自分から行い、衛生面での意識が高まっている。
  • 着替えの際は、保育者の支援を受けながら自分で行うことを試みている。
  • ブロックやままごとで、友だちと協力して一緒に創造的な遊びを楽しむ。
【タップで開く】子どもの姿に応じた援助や配慮方法を詳しく見る

2歳児クラスの3月に子どもたちの姿を想定する時、いくつかのポイントがあります!

まず、春の訪れとともに、子どもたちは自然の変化に敏感になります。
草花の成長や春の暖かさを感じる活動は、彼らの興味を引くでしょう。

また、この時期は感情表現や社会性が豊かになる時期でもあります。
友だちとのごっこ遊びや異年齢の子どもたちとの交流は、彼らのコミュニケーション能力を育てます。
身の回りのことを自分で行おうとする意欲も高まり、トイレトレーニングや着脱などの自立に向けたステップが見られます。
このように、子どもたちの成長や興味を理解し、彼らをサポートする活動を計画することが重要です。

■保育・活動内容【2歳児|3月】

  • 春の自然を探索し、新しい発見を楽しむために散歩に出かける。
  • 春の花や虫に興味を持ち、それらを見つけて喜びを感じる。
  • 自分の考えた物語やアイデアを友達や保育者に話し、共感を得てコミュニケーションの楽しさを感じる。
  • 新しいクラスや活動に徐々に慣れ、新しい遊びや友達との関わりを喜ぶ
  • 保育者の話を聞き、自分の意見を言葉で表現する。
  • 他の子どもたちとの関わりを通じて、お互いを尊重し、友情を深める。
  • 年齢の異なる子どもたちとの遊びを通じて、異なる視点を学ぶ。
  • はさみの使い方を覚え、紙を切る際の手先のコントロールを向上させる。
  • 靴の左右を自分で認識し、正しく履くことに挑戦する。
  • お気に入りの絵本を何度も読んでもらい夢中になる。
  • 散歩で春の自然を体験し、新しい発見をする。
  • はさみを使って、紙を直線や円に切る練習をし、器用さを身につける。
  • 新しいことができるようになったことを保育者や友だちに伝え、3歳児クラスへの進級にワクワクする。
  • ごっこ遊びで、自分が想像する物語を言葉や動きで表現し、楽しむ。
  • 日常のルーティンを理解し、次の活動に積極的に参加する意欲を示す。
  • 保育者や友達と会話を楽しみ、コミュニケーションスキルを高める。
  • ボール遊びやおにごっこで、ルールを覚えながら他の子どもたちと楽しく遊ぶ。
  • トイレトレーニングを進め、排泄後に手洗いを習慣化する。
  • 箸やスプーンを使って食事をする際に、正しい使い方を覚える。
  • 友達との遊びで想像力を拡げ、創造的な活動を楽しむ。
  • 友達に興味を持ち、一緒に遊ぶことで仲良くなる。
  • 友達と一緒に食事をし、楽しい会話を交わす。
  • 様々なおもちゃや活動に興味を示し、集中して遊びに没頭する。
  • 食後や園に入る時に、手洗いやうがいを自発的に行う。
  • 園内での上履きの使用に慣れ、自分で脱ぎ履きする。
  • 靴の左右を意識しながら履くことで、自分のことを自分で行うスキルを高める。
  • ごっこ遊びで、年上や年下の子どもたちと一緒に様々な役になりきって楽しむ。
  • しっぽ取りやかくれんぼなどのルールがある遊びで、他の子どもたちと交流を楽しむ。
  • 清潔を保つために自分から手洗いやうがいをするようになる。
  • 箸やスプーンを使いこなし、友達と話しながら楽しい食事の時間を過ごす。
  • 友達とリズム遊びをして、音楽のリズムに合わせて楽しく体を動かす。
  • 自分の成長を感じて3歳児クラスへの進級を控え、新しい環境への期待とわくわくする。
  • 食事の後や園に入る時に、手洗いやうがいをしっかり行う習慣を身につける。
  • 散歩中に春の花や小さな虫を見つけ、それらの変化に興味を示す。
  • おもちゃの片付けや服の着替えを自分で行うようになる。
  • 新しいことができるようになったことを保育者や友だちに伝え、3歳児クラスへの進級にワクワクする。
  • 日々の体験を元にした遊びを創造し、新しい楽しさを見つける。
  • トイレトレーニングを進め、排泄後に手洗いを習慣化する。

●おすすめの室内遊び【2歳/3月】

室内遊びの文例

  1. 春の製作活動:春の花や生き物を描いたり、モチーフにして製作活動を楽しむ。
  2. ひな祭り:ひな祭りに関する絵本を見たり、ひな人形や飾りを作ってたのしむ。
  3. 春の歌:春にちなんだ歌を一緒に歌って楽しむ。
  4. パズルや積み木遊び:パズル、積み木で遊ぶ。
  5. 春の絵本読み聞かせ:春に関する絵本を読み、楽しむ。
  6. 感覚遊び:絵具や画材、素材使って遊んだり製作を楽しむ。
  7. リズム楽器遊び:春の音楽に合わせてタンバリンやマラカスでリズムを取って楽しむ。

●おすすめの外遊び【2歳/3月】

外遊びの文例

  1. 春の花探し散歩:園周辺で春の花や草木を探し、観察する。
  2. 砂場遊び:砂場でいろんなものを表現してあそぶ。
  3. シャボン玉遊び:シャボン玉を吹いて、春の風に乗って飛ぶ様子を楽しむ。
  4. 春の自然観察:公園で小動物や春の植物を観察する。
  5. おにごっこ:広い園庭で春の陽気の中、友達や保育者とのやり取りを楽しみながら元気に走り回る。
  6. シーソーや滑り台遊び:固定遊具を使って体を動かす。
  7. バランス遊び:平均台やタイヤなどを使ってバランス感覚を養う遊びを楽しむ。
  8. 春の歌を歌いながらの散歩:春にちなんだ歌を歌いながら散歩する。
  9. 春の色探しゲーム:園庭で春の色を見つけるゲームをする。
【タップで開く】活動・遊びの決め方を詳しく読む

2歳児クラスの3月に適した遊びを考える際には、いくつかのポイントがありますです!
この時期の子どもたちは、自然への関心が高まりますので、春の変化を感じられる散歩や自然観察が良いですね。
また、言葉の発達が進むので、歌を歌ったり、簡単なストーリーを作る遊びも効果的です。

運動能力も発達しているので、広い場所での走り回る遊びや、バランスを取る遊びも楽しいでしょう。

大事なのは、子どもたちが楽しみながら新しいことに挑戦できる環境を提供することですね。
季節のイベントを取り入れたり、異年齢との交流を促したりすると、より豊かな体験になりますよ!

●おすすめの絵本【2歳/3月】

  1. みんなでおひなさま!
    著者: きむら ゆういち、ふゆの いちこ
    出版社: 教育画劇
    お雛様が風に飛ばされるストーリーで、動物の絵がかわいらしい絵本です​​。
  2. てん てん てん
    著者: わかやましずこ
    出版社: 福音館書店
  3. もりのひなまつり
    著者: こいで やすこ
    出版社: 株式会社 福音館書店
    森の動物たちがひな祭りをお祝いするストーリーです​​。
  4. ももも
    著者: 川之上 英子、川之上 健
    出版社: 岩崎書店
    ひな祭りは桃の節句とも呼ばれており、桃にまつわるリズミカルな絵本です​​。
  5. ひなにんぎょうができるまで (しぜんにタッチ!)
    著者: 人形の東玉、田村 孝介
    出版社: ひさかたチャイルド
    ひな人形が作られる過程を写真で紹介した絵本です​​。

\絵本をもっと探す/

\絵本専門店はこちら/

●おすすめの歌・童謡【2歳/3月】

  1. うれしいひな祭り
    • ひな祭りにちなんで、女の子の健やかな成長を願う歌です​​​​。
  2. 春よこい
    • 春の訪れを待ちわびる気持ちを表現した歌です​​​​。
  3. 春が来た
    • 自然の中で春の訪れを感じさせる歌で、季節の変化を楽しむのに適しています​​​​。
  4. ぶんぶんぶん
    • 春の訪れを感じる中で、働き者のハチの様子を描いた歌です​​。
  5. おはながわらった
    • 花が笑う春の景色を描いた楽しい歌です​​​​。
  6. ちょうちょう
    • 春にぴったりの、蝶々が飛ぶ様子を描いた歌です​​​​。
  7. かわいいかくれんぼ
    • かくれんぼをする子どもたちの楽しい様子を歌ったものです。

●おすすめの手遊び【2歳/3月】

  1. あたまかたひざポン
    • 身体を大きく動かして楽しむ、運動導入にも良い手遊びです​!
  2. おはながわらった
  3. むすんでひらいて
    • 手をグーにしたりパーにしたりして、楽しみながら手指の巧緻性を高めることのできる手遊びです。
  4. キャベツの中から
  5. いとまき
    • 糸を紡ぐ動作を楽しみながら、想像力を育む手遊びです​​。
  6. さかながはねて
    • 魚が跳ねて、頭やおへそなどにくっつく想像を楽しむ手遊びです​​。
  7. お弁当箱
    • お弁当を作るような動作で、指先のトレーニングになります​​。
  8. パンダうさぎコアラ
    • パンダ、うさぎ、コアラになりきって楽しむ手遊びです​​。

●おすすめの製作【2歳/3月】

  • 桜と春の花の指スタンプ:指スタンプで春の花を表現した製作活動をする。
  • 絵の具でおひなさまの手形アート:手形アートでお雛様を表現する
  • 桜の木の壁面飾り・春の壁面飾り:春にちなんだ壁飾りを紙や布で作る。
  • 紙皿で作るてんとうむし
  • 春の花のコラージュ:色紙や折り紙を使って春の花を作る。
  • 手形・足形アート:ペイントで手形や足形を押して春の生き物を表現する。
  • シャボン玉絵の具アート:シャボン玉と絵の具を使ってユニークなアートを作る。
  • ペットボトルで作る花瓶:ペットボトルを装飾して、中に造花を飾る。
  • 廃材を使った春の装飾:廃材やリサイクル素材で春のデコレーションを作る。
  • 春の生き物製作:ダンゴムシなど、春に見られる生き物をモチーフ製作活動をする。

■園全体や保育室の環境構成【2歳児クラス|3月】

  1. 子どもたちが好きな遊びを自由に選び、繰り返し楽しめるようにする。
  2. 保育者が積極的に楽しい雰囲気を作り、子どもたちが遊びや活動を楽しめるようにする。
  3. 絵本やカルタなど、日常生活で触れられる教材を活用し、読み聞かせや言葉の遊びを行う。
  4. 春の自然素材を使った装飾を作る。
  5. 春の歌や音楽を楽しむための音楽コーナーを作る。
  6. 春の花や動物をテーマにしたパズルやゲームを用意する。
  7. 春の植物を育てるための小さな園芸コーナーを設ける。
  8. 春の気候を活用した窓辺の観察スペースを作る。
  9. 手洗いやうがいの正しい方法を示し、衛生習慣を身につけられるようにする。
  10. トイレットペーパーの使用方法を繰り返し伝え、日常生活スキルを育む。
  11. 上履きを使用する機会を増やし、室内の衛生環境を保つ。
  12. 上履き入れを設置し、整理整頓を促す。
  13. 室内や園庭での活動を通じて、3歳児との交流を促すような機会を設ける。
  14. 制作コーナーには紙やのりを配置し、自由に表現できるスペースを作る。
  15. 巧技台や鉄棒など、体を動かす遊具を取り入れて、身体能力の発達を促す。
  16. 保育者が紙に直線や曲線を描き、子どもたちが楽しく形を切れるようにする。
  17. 異年齢の子どもたちとの遊びの機会を設け、社会性の発達を助ける。
  18. 様々な素材を用意し、少人数で集中して遊べる環境を整える。
  19. ごっこ遊びコーナーに、家庭用品や衣装などの小道具を配置し、整理して選んだり取り出したりしやすくする。
  20. 子どもたちが3歳以上のクラスで食事体験をする際、少人数で保育者と一緒に行き、年上の子どもたちとの交流を促進する。
  21. 次の活動について事前に伝え、子どもたちが一日の流れを理解しやすくする。
  22. 室内での春にちなんだ絵画や工作のコーナーを設ける。
  23. 箸とスプーンを用意し、子どもたちが好みに応じて使用できるようにする。
【2歳児】3月の環境構成のねらい|考え方と詳しい解説

この時期の2歳児クラスの保育室の環境作りでは、子どもたちが安全かつ自由に遊べる空間が大切です。
ごっこ遊びや制作活動に必要な素材や小道具を整理し、アクセスしやすいように配置することが重要ですね。
また、異年齢との交流や自然との触れ合いを促す散歩の機会を設けるのもよいです!
子どもたちが新しいことを学び、楽しめるように、保育者がサポートし、積極的な雰囲気作りを心がけることも大切です。

■今月の行事・取り組みや記念日【xx歳児クラス|yy月】

●行事・活動・取り組み

  1. ひな祭りの集い
  2. 身体測定
  3. 避難訓練
  4. お別れ会
  5. 進級式

●【3月】行事や記念日【一覧表】

  • ひな祭り(3月3日)
    春の訪れを祝う日本の伝統的な行事です。
  • ホワイトデー(3月14日)
    バレンタインデーにお返しをする日として知られています。
  • 春分の日(3月の春分日)
    昼と夜の長さがほぼ等しくなる春の訪れを感じる日です。
  • 世界水の日(3月22日)
    水資源の大切さを考える国際的な記念日です。
  • イースター(3月下旬~4月ごろ
    復活祭とも呼ばれ、卵の装飾やイースターバニーを楽しむキリスト教の行事です。

■5領域【2歳児クラス|3月】

●「健康」の領域(文例)

  1. 健康的な食事習慣やマナーを身につけるための食事の時間を大切にする。
  2. 自然物を使った遊びや活動で五感を刺激する。
  3. 春の訪れを感じられるよう、園庭で自然と触れ合う機会を作る。
  4. 季節の変わり目に注意し、適切な体調管理をする。
  5. 3歳以上児クラスとの交流を通じて、進級への不安を和らげる。
  6. 保育者が衛生習慣の見本となり、手洗いやうがいの重要性を伝える。
  7. トイレの自立を促すため、一人ひとりに合わせた声かけをする。
  8. 運動能力を高めるために、園庭での身体活動を促進する。
  9. 自然物を使った遊びや活動で五感を刺激する。
  10. 春の花や虫など、季節の変化に関心を持つ。
  11. 3歳以上児クラスの環境に慣れ、安心して進級する。
  12. 子どもたちが愛されていると感じ、生き生きと過ごせるようにサポートする。
  13. 安全な環境の中でのリスクを取った遊びを通して、自己調整能力を育む。
  14. 気温や体調に合わせて衣服の調節を行い、健康に過ごす。
  15. 日常のルーティンを通じて、健康管理の基本を学ぶ。

●「人間関係」の領域(文例)

  1. 友だちと一緒に遊ぶ機会が増えるよう環境を整え、協調性を育てる。
  2. 異年齢の子どもたちとの交流を通じて、社会的スキルを向上させる。
  3. グループ分けされた遊びでは、子どもたちがスムーズに参加できるよう保育者が見守り、配慮する。
  4. 子どもたちが3歳以上のクラスで食事体験をする際、少人数で保育者と一緒に行き、年上の子どもたちとの交流を促進する。
  5. 保育者との信頼関係を深めるための一対一の時間を持つ。
  6. コミュニケーションスキルを高めるための言葉遊びを取り入れる。
  7. 細かい感情の表現を理解し、共感することを学ぶ。
  8. 共有の活動を通じて、集団の中での自分の役割が認識できるようにする
  9. 兄弟や友だちとの関係構築を助ける活動を行う。
  10. 保育者が子どもたちの表現を聞き、共感したり一緒に喜んだりする。
  11. 季節の変化や行事を通じて、共通の体験を作り出し、仲間意識が育つようにする。

●「環境」の領域(文例)

  1. 春の自然変化に気づき、花や木の芽の観察が出来るようゆっくりと散歩をする。
  2. 春の自然を感じられる散歩コースや公園を選んで、季節感を育む。
  3. 定期的に散歩の機会を設け、自然との触れ合いを促進する。
  4. 日差しや自然の変化を子どもたちと共に発見し、会話を楽しむ。
  5. 子どもたちが新しいスキルを身につけた際、それを認めて一緒に喜ぶ。
  6. ごっこ遊びのための小道具を整理し、子どもたちが想像力を豊かに発揮できるようサポートする。
  7. 小道具を使ってごっこ遊びのイメージを広げる。
  8. 新しい遊びに子どもたちを積極的に誘い、遊びのバリエーションを広げる。
  9. ごっこ遊びに保育者が参加し、子どもたちの発想を大切にする。
  10. 長い絵本やストーリーのある紙芝居を取り入れる。
  11. 長い絵本や紙芝居を取り入れ、言葉の発達を促進する。
  12. 日常的に絵本やカルタを活用し、言葉の発達を促進する。
  13. 紙やのりなどを使った工作や、ハサミを使った直線や曲線のカットを通じて、創造力を促進する。
  14. ハサミで形を切る活動が楽しめるように、保育者が線や絵を用意し、切り取りの楽しさを提供する。
  15. 箸やスプーンを使っての食事を奨励し、食事マナーを伝える。
  16. 箸とスプーンを選べるようにし、食事中の楽しい雰囲気を作る。
  17. 食事の際は子ども一人ひとりに合わせた声掛けを行う。
  18. 上履きの使用を促し、日常の習慣を身につけられるようにする。
  19. 上履きを積極的に使用し、習慣化を促進する。
  20. 上履き入れを設置し、整理整頓を教える。
  21. 上履きをはく機会を増やし、脱ぎ履きの仕方を丁寧に教える。
  22. 靴の左右の区別を教え、正しく履けるようにする。
  23. トイレットペーパーの扱い方を繰り返し教え、自立を促進する。
  24. 子どもたちがトイレの自立を促し、必要に応じてサポートする。
  25. 排尿間隔が短い子どもには早めにトイレに誘う。
  26. 手洗いやうがいの見本を示し、衛生習慣を教える。
  27. 手洗いやうがい時などに、服が濡れないような方法を伝えていく。
  28. 子どもの小さな成長を認め、励ましと称賛を通じて自信を育てる。
  29. グループ分けされた遊びで、スムーズに遊べるよう丁寧に援助する。
  30. 3歳児クラスとの交流を促し、不安なく進級できるようにする。
  31. 3歳以上児クラスでの食事に参加し、年上の子どもたちとの交流を楽しむ。
  32. 3歳児クラスでの活動を通じて、進級への安心感を育む。
  33. 子どもたちが自由に遊べるよう、遊び道具や環境を整える。
  34. 自由に制作できる場所を用意し、クリエイティブな活動を促進する。
  35. 全身を使った運動ができるよう、適切な遊具を設置する。
  36. 春の自然について言葉で伝え、子どもたちの発見に共感する。
  37. 不安や緊張を感じる子どもに寄り添い、楽しい環境を作る。

●「言葉」の領域(文例)

  1. 季節の変化や自然の話題を取り入れた会話をたくさん楽しむ。
  2. 絵本読み聞かせを通じて新しい言葉を知ったり、興味が持てるようにsルう。
  3. 言葉遊びや歌を取り入れ、言語発達を促す。
  4. 日常の会話の中で新しい言葉を積極的に使う。
  5. 子どもたちとの会話を楽しむ。
  6. 子どもたちが自分の感情や思いを言葉で表現しようとしている時に、それを助ける関わりをする。
  7. カルタや言葉のカードゲームを使い、楽しみながら語彙を増やす。
  8. うたなどを用いて、リズム感を育てる。
  9. 子どもたちの発話を保育者が繰り返し、言葉を理解しやすくする。
  10. 保育園の行事や季節に関連した言葉を取り入れ、日々の活動で使う。

●「表現」の領域(文例)

  1. 絵の具やクレヨンを使った自由な絵画活動を行い、創造力と自己表現を促進する。
  2. 手遊びや身体表現の遊びを通じて、身体の動きや感覚が育つようにする。
  3. 簡単な楽器やリズム楽器を用いた音楽活動を行い、音楽への感性を育む。
  4. 春にちなんだ工作や折り紙を通して、季節感を表現する機会を提供する。
  5. 絵本や物語を演じて楽しんだり、なりきって遊んだりして、想像力や言葉を通じた表現を促進する。
  6. 保育者や友だちとのコミュニケーションを通じて、感情や意見を表現する練習をする。
  7. 春の自然素材を使ったアート活動を行い、自然との触れ合いを通じた表現を促す。
  8. 日常の遊びの中で子どもたちの自由な発想を受け入れ、表現の多様性を認識する。
  9. ダンスや動きのある遊びを通じて、身体表現の楽しさを体験させる。
  10. 様々な素材や道具を使った制作活動を通じて、創造的な表現を養う。

■子ども達への援助・配慮【2歳児クラス|3月】

●「安全」の援助と配慮

  • 寒暖差に注意する。
  • 避難訓練を通して、日常生活における安全行動を教え、自然災害や火事などの緊急時の対応を学ぶ。
  • 食事の際、適切な食べ方や食品の扱い方を教え、食中毒予防に留意する。
  • 園内の遊具や設備の安全点検を定期的に行い、安全な遊び環境を提供する。
  • 体調管理に注意を払い、体調が悪い子どもは適切な対応を取る。
  • 温度計を確認しながら暖房や加湿器を適切に使用して快適な室内環境を保つ。
  • 交通安全に関する基本的なルールを教え、散歩時の安全を確保する。
  • 日常生活での危険予防策を身につけさせ、事故を未然に防ぐ。
  • 室内の整理整頓を促し、つまずきや転倒のリスクを減らす。
  • 季節の変わり目に気をつけ、アレルギー反応や健康管理に注意を払う​​。

●「衛生」の援助と配慮

  • 定期的な手洗いを促し、清潔な習慣を身につけさせる。
  • 適切なうがいの方法を教え、感染症予防に努める。
  • 食事前後の手洗いを徹底し、衛生的な食環境を保つ。
  • おもちゃや遊具の清掃と消毒を定期的に行う。
  • 子どもたちの体調管理を行い、体調不良の際は迅速に対応する。
  • 園内の清掃を徹底し、清潔な環境を維持する。
  • 子どもたちに個人の衛生用品の使い方を教える。
  • 室内の換気をこまめに行い、空気の質を良好に保つ。
  • 季節の変わり目に注意し、適切な服装で体温調節を促す。
  • 保育者が衛生的な行動の見本となり、子どもたちに正しい習慣を示す。

●「養護」の援助と配慮

  • 風邪やインフルエンザなどの感染症の早期発見と対応を行い、感染拡大を防ぐ。
  • 季節の変化に応じて衣服の調整を行い、適切な服装で過ごせるように指導する。
  • 子どもたちに手洗いの重要性を伝え、定期的な手洗いを促進するための指導を行う。
  • エアコン使用時には、室内外の気温差や湿度に注意を払い、定期的な換気を行い、快適な環境を維持する。
  • 園内の清潔を保ち、日々の清掃と消毒を徹底して衛生的な環境を維持する。
  • 季節の変わり目に合わせた健康管理を行い、体調の変化に注意を払いながら観察を行う。
  • トイレットペーパーの正しい使い方や歯ブラシの安全な使用方法を子どもたちに丁寧に教え、日常生活スキルの向上を図る。
  • それぞれの子どもの健康状態に注目し、季節の変化に応じて衣服を調整する。
  • 食後の歯磨きをルーティンとして習慣化するために、保育者が子どもたちに寄り添いながら繰り返し指導する。
  • 子どもたちが自分で身の回りのことを行えるように、励ましと見守りを行い、自立心を育てる。
  • 子どもたちの気になることや問題点について他の保育者と共有し、チームとしてサポートを行う。
  • 子どもたちが甘えたい時にはそれを受け入れ、自分の頑張りを認めてもらえることで安心感と自信を育む。
  • 子どもたちに様々な危険への意識を持たせ、安全な行動を促す。
  • 子どもたちとの交流を通じて、子どもたちが安心してコミュニケーションをとれるように、保育者が積極的に声掛けや仲立ちを行う。
  • 3歳児クラスへの訪問は、少人数で行い、子ども一人ひとりの様子を丁寧に観察し、個々のニーズに応じたケアを提供する。
  • 子どもたちのアレルギー状況に配慮し、安全な食事を提供する。
  • 安全な遊び場の確保と適切な遊具の使用を指導し、安全意識を高める。
  • 適切な着替えの練習を行い、衛生習慣を身につけるための支援を提供する。

●「食育」の援助と配慮

  • ひな祭りの由来を話しながら、ひし餅やひなあられを食べてお祝いをする。
  • 季節の食材を使った料理を楽しむことで、食べ物の多様性を知る。
  • 栄養バランスの良い食事の重要性を伝え、健康的な食習慣を身につける。
  • 友達と一緒に楽しく食事をするマナーを守る。
  • 食事の際には、自分で食器を用意し、片付ける習慣を身につけさせる。
  • 子どもたちが食べる楽しさを実感できるような食事時間を設ける。
  • 安全な食品の取り扱いと咀嚼の重要性を教える。
  • スプーンの正しい持ち方を教え、箸を使える子には箸の使用を促す。
  • 自分で食べることの楽しさと達成感を育む。
  • 季節に応じた食育活動を行い、自然と食の関連性を学ぶ​

■保育の連携について【2歳児クラス|3月】

●家庭との連携

  • 進級に伴う準備物品の確認や持ち物への名前記入を保護者に依頼し、新しい学年への準備を促進する。
  • 登園時に持ち物に名前を記入するよう保護者にリマインドし、園での物品の管理を効率化する。
  • 季節に応じた感染症対策や予防方法について保護者に情報を共有し、家庭での健康管理を促進する。
  • 登降園時にカバンやコップ入れの片付けを保護者と子どもで一緒に行うよう促し、整理整頓の習慣を育む。
  • 家庭での育児や日常生活に関するアドバイスやサポートを提供し、保護者の育児負担を軽減する。
  • 定期的な面談を通じて、子どもの園での成長や発達について保護者と意見交換を行い、家庭と園の連携を強化する。
  • 進級に対する不安を保護者に尋ね、子どもが新しいクラスにスムーズに適応できるようサポートを提供する。
  • 定期的に園での子どもの日常生活や行事の情報を保護者に提供し、家庭と園の連携を強化する。
  • 季節の変わり目に気をつけるよう保護者に伝え、子どもの健康管理に家庭の協力を促す。
  • お楽しみ会や園のイベントに関する計画や子どもたちの楽しむ様子を保護者に伝え、家庭と園のつながりを深める。
  • 保護者から子どもの家庭での様子や発達に関する情報を収集し、園での活動や支援に活かす。
  • 新年度の準備や3歳児クラスの生活について詳細な説明を行い、新しい環境への適応をサポートする。
  • 進級に向けたクラスでの取り組みや必要な物品について保護者に情報を提供し、家庭での準備をサポートする。
  • 定期的な連絡帳や面談を通じて、子どもの最近の生活や一年間の成長を保護者と共有し、育児の喜びを共にする。
  • 子どもの友達との遊びや生活での成長を保護者に伝え、子どもの発達を喜び合う。
  • 子どもの園での興味や関心を保護者に伝え、家庭でのサポートを促し、子どもの全面的な発達をサポートする。
  • 定期的なコミュニケーションを通じて、子どもの健康や行動に関する情報を保護者と共有し、円滑な育児のサポートを提供する。

●地域との連携

  • 地域の図書館や公園を訪れ、子どもたちに自然や文化に触れる機会を提供する。
  • 地域の行事や祭りに参加して楽しむ機会を作る。
  • 地域内の散歩を定期的に行い、季節の変化を感じられるようにする。
  • 地域住民とのあいさつや交流を通じて、子どもたちの社会性を育めるようにする。
  • 子どもたちが地域内で見つけたものを園で共有し、地域への関心を深める。

●職員間での連携

  • 他のクラスと連絡を十分に取り合い、3歳児の保育室使用や異年齢児交流の機会を設ける。
  • 園の清掃や整理整頓を含む日常の業務を他の職員と協力して行う。
  • 季節ごとの特別な活動やイベントの計画と実施に他の職員と協力する。
  • 進級に向けて職員同士で話し合い、生活の流れや保育室の使い方を確認する。
  • 引き継ぎノートを活用して、子どもの状態が分かるようにする。
  • 子どもたちの興味やニーズに応じた活動を計画し、他の職員と協力して提供する。
  • 保育園の行事やプログラムに関して、他のクラスや専門職員と密接に協力する。
  • 子どもたちの健康状態や行動の変化に関する情報を他の職員と共有し、適切なケアを行う。
  • 園内の安全管理に関するルールや手順を全職員で統一し、一貫性を保つ。
  • 子どもたちの個別のニーズに対応するため、専門職員との連携を強化する。
  • 日々の活動計画を他の職員と共有し、スムーズな運営を目指す。
  • 次年度の担任と引き継ぎを行う。
  • 3歳以上児クラスに行って食事をする時、不安にならないよう少人数で行き、楽しく交流できるようにクラス担任間で連携をとり合う。
  • 園の運営方針や教育目標についての情報を全職員で共有し、一貫性を持った保育を目指す。

■評価と反省の方法【2歳児クラス|3月】

●今月の反省(文例)

今月は子どもたちがひな祭りの行事や春の自然を感じる遊びを友達と一緒に楽しめ夢中になっている姿がありました。
遊びの中での友達との関わりを通して、子どもたちの社会性を育んでいるように思い成長を感じました。

一方で、行事の準備や進級に向けた活動においては、もう少し計画的に進めることができたかもしれません。
3歳児クラスの部屋に遊びに行ったり、交流する機会をもっと持てればよかったと感じます。

来月は新年度への移行が始まります。
子どもたちが新しい環境に慣れるよう、安心して過ごせる環境作りを心がけたいと思います。
保護者の方々との連携をさらに強化し、子どもたち一人ひとりの発達に寄り添った保育を目指していきます。

3月は、○○組の子ども達にとってとても楽しい月でした。
春の訪れを感じる活動や、一緒に楽しんだひな祭りは、子どもたちにたくさんの喜びをもたらしてくれました。
ごっこ遊びでは、子どもたち一人ひとりの想像力が花開き、新しい言葉や遊びが生まれました。

進級の準備も進み、子どもたちが新しいクラスに期待を持つよう、丁寧にサポートしました。
3歳児クラスでの遊びの機会を設けたり、上ばきをはく練習を積極的に行ったりして、子どもたちが自信を持って進級できるよう心がけました。
今では、進級をワクワク心待ちにしている様子があります。

食事のマナーやトイレの習慣についても、毎日の小さな努力を重ね、保護者の方々への伝達も大切にしました。

インフルエンザなど目立った感染症もなく、健康管理に気をつけながら過ごせたと思います。

来月からは新しい年度が始まります。
新しい環境や友達との出会いに向けて、子どもたちが心から楽しみ、安心して過ごせるよう、引き続き支えていきます。
新しい挑戦に向けて、一緒に成長していくことを楽しみにしています。

●保育者自身の評価、子どもの評価のポイント

  1. 行事の取り組み:今月のの行事にどのように取り組んだか、子どもたちの反応や参加度を評価します。
  2. 日常の保育の質:日常の遊びや活動が子どもの興味・関心に合わせて提供されていたかを確認します。
  3. 安全管理:事故や怪我がなかったか、安全対策は適切だったかを振り返ります。
  4. コミュニケーション:保護者とのコミュニケーションがスムーズに行えていたか、また子どもたちの様子や変化を適切に伝えられていたかを評価します。
  5. 食事:食事のサポートが適切に行えていたか、アレルギーや食事の好みなどの対応は適切だったかを振り返ります。
  6. 環境整備:保育室の環境が子どもの発達や興味・関心に合わせて整備されていたか、また新しい遊びや活動の材料を取り入れることができたかを振り返ります。
  7. 職員間の連携:職員間での情報共有や連携がスムーズに行えていたか、また子どもたちのケアやサポートにおいて連携が取れていたかを評価します。
  • 保育者自身の行動や反応の評価
  • 日常の反応や成長の評価ポイントの理解
  • 今後の保育活動の参考とするための情報収集
  • 月末の反省会を有効に進めるためのポイント理解
  • 保育者としての自己評価の深化
  • 子どもたちの一ヶ月間の成長や変化をしっかりとキャッチする

■2歳児3月の月案に役立ちそうな特集・記事リンク

読みたい【年齢・クラス】と【該当の月】を選んでタップorクリックくださいね。

スクロールできます
0歳児1歳児2歳児3歳児4歳児5歳児
4月0歳児×4月1歳児×4月2歳児×4月3歳児×4月4歳児×4月5歳児×4月
5月0歳児×5月1歳児×5月2歳児×5月3歳児×5月執筆中執筆中
6月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
7月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
8月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
9月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
10月0歳児×10月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
11月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
12月0歳児×12月1歳児×12月執筆中執筆中執筆中執筆中
1月0歳児×1月1歳児×1月2歳児×1月3歳児×1月執筆中執筆中
2月0歳児×2月1歳児×2月2歳児×2月執筆中執筆中執筆中
3月0歳児×3月1歳児×3月2歳児×3月執筆中執筆中執筆中

クラスの年齢のタブを選んでね!

■2歳児3月の月間指導計画|文例を活用した作り方のまとめ

この記事の文例集が、2歳児クラスの3月の月案作成が少しでも楽になれば嬉しいです!
文例を参考に、あなたのクラスの子どもたちの様子に合わせてアレンジしてみてくださいね。

効率的に月案作成を進めて、子どもたちとの時間を大切に過ごしてくださいね!
春の訪れと共に、子どもたちの新しい一面を発見する楽しみも忘れずに!
それでは、素敵な3月をお過ごしくださいね~!

2月の人気記事・特集はこちら!

今の職場/保育園が「ブラックすぎる…」って人へ!

あつみ

あつみ先生が超絶ブラック大規模園→小規模園へ転職した話…気になる方はこの記事で読んでみてね!

あつみ先生のInstagramのご案内

このたび、インスタアカウントを作りました♪
子どもの工作や手作り知育玩具の情報を配信してますので、チェックしてみてくださいね!

\ 今すぐ押してフォロー! /

\おしらせ!/

【今月の期間限定イラスト!】

今月のカラーおたよりイラストはこちら!
ほしい人は下記の記事からダウンロードしてね!

いますぐアクセス

ダウンロードは
ここから!

いますぐアクセス

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(タップで移動)