\最初に結論!
あなたが在職中であっても、
保育ひろばマイナビ保育士に登録すれば、
職場に秘密で求人を集めながら、
確実に転職活動を進める事ができます!
(この記事を読めば理由が分かります)

辞めたい先生辞めたい先生

もうこの保育園、いつか辞めてやる…!
こんなブラック保育園、絶対やめて、転職しよう…でも、いつ転職しよ…?

辞めたい先生辞めたい先生

…つか、保育士の転職活動って、どう進めればいいんだろ? あつみ先生は、どうやって転職活動したの?

あつみ先生あつみ先生

うちは、まずハロワいったよ。
そのあと求人サイト二つ登録して進めたかなー。

辞めたい先生辞めたい先生

すごいね…
あつみ先生、ひどい辞め方したのに、そんな行動力あったんだ

あつみ先生あつみ先生

うっせえわ笑
というか逆やで、当時は行動力のカケラもなかったよ笑
転職活動してた時期、ほんと動くの億劫でさ、外部の力に頼ったんだよ笑
サポートしてくれる人が居ないと、自分だけの意志の力は弱すぎる…

辞めたい先生辞めたい先生

ほんと、自分だけじゃ腰が重すぎる…
心の中では、もう辞めるって決めていて、
一刻も早く抜け出したいんだけど、その一歩が踏み出せない…

あつみ先生あつみ先生

めっちゃわかる…

かなみ先生かなみ先生

でも絶対、いまから何か、1ミリでも行動起こさないと、1年後もおなじ保育園に居るよ、マジで…

辞めたい先生辞めたい先生

今もブラック保育園だけど、転職したからと言って、
次の職場で、いい保育園にあたるとは限らないしなあ…

あつみ先生あつみ先生

ブラック保育園を引かないための、一番大事な情報って、何か知ってる?
原則的に、保育園の本質は、離職率とか募集状況、口コミでわかるで


■この記事を読むと分かる事

  • 保育園の離職率や口コミを知る方法
  • 騙されないための内部情報の聞き方/探り方
  • どのサービスに登録すればいいか判断できる

■保育士の転職活動で騙されないために必要な情報

あつみ先生あつみ先生

あなたの転職活動で… ブラック保育園を引かないために必要な情報で、一番大事な情報って何か知っていますか?

原則として保育園の本質は…

離職率/勤続年数(職員回転率)
勤めている/勤めていた職員の口コミ

で分かります。

辞めたい先生辞めたい先生

でもさ、こういう職場環境の悪い保育園にとっての”都合の悪い情報”って、どこで聞けるの? 誰が教えてくれるの?

結論を先に言うと、まずは保育ひろば(全国対応可能)に登録/活用して活動を開始します。
次に、さらに密度の高い情報を得るため/相性のいい担当者をひくためにサブでもう1つ転職支援を活用します。
例えば「保育Fine!(全国対応可能)」さんなどを活用して、さらに情報を聞き出しましょう。
ただし、一都三県の先生はをマイナビ保育士を最優先で活用して情報を集めてください。
あと、あなたの希望や状況に応じて特化型転職サイトを使う事も出来ます。(こちらは後述)

あつみ先生あつみ先生

登録した後に、どう立ち回り、どんな質問をすればいいのかもお伝えしてまいります。
ぜひ、ご参考くださいね!

■在職中から転職活動を進める方法

さて、先に結論からお伝えしますと、現在在職中であっても転職サイトには登録する必要があります。
ブラック保育園を引きたくなければ、事前の情報収集、周到な準備は必須と言えます。

あつみ先生あつみ先生

だらだらと、適当な就活・転職をしてしまうと、あなたの大切な1年という、人生の時間を棒に振ってしまう可能性があります。

私が実際に転職活動を行う際、3つの方法を試し、分かった事が下記になります。

ネットで検索(無料)
時間効率が悪く、整理・まとめるのが面倒。
得られる情報が一方的。
アポ取りとか見学の手続き自分でするので、行動が遅くなりがち
参考:全国の私立保育園連盟リンク

ハローワーク(無料):

ヤバイ求人も多数で玉石混交(ヤバイ)
選ぶのに時間かかかるうえ、手続きも面倒。
しかもブラックボックスすぎてハイリスク
→参考:職業安定所(ハロワ)公式ページ

転職サイト(無料):
電話連絡が多く、結構ウザイが、効率は良いし話もポンポン進む。
あと、離職率などの情報聞けるのは求人サイトしかない。
→参考:保育ひろば(全国規模)
→参考:マイナビ保育士 (一都三県)

別に、暇な人なら全部すべての方法をやってもいいのですが…
解答としては、転職サイトをメインにして、うまく活用するのが最適解です。
かかる時間的にも、金銭的にも、一番効率がいいです。

■保育園の劣悪な環境で勤めると未来に待ち受けている事

辞めたい先生辞めたい先生

今勤めている保育園が、初めての就職した職場でこれが普通だとずっと思ってたけど… 冷静に考えると、私が今勤めている保育園…めっちゃブラックなんじゃ…?

あつみ先生あつみ先生

新人保育士あるあるやね…
うちも最初の園の状況が、保育園の常識だと思ってた

かなみ先生かなみ先生

でも、実際転職活動で保育ひろばとかのキャリアドバイザーとかに他の保育園の状況とか、しっかり話きいたら、今勤めてる保育園がどれだけ異常かわかるよ笑

※ちなみに、あつみ先生も昔は苛烈な環境におりました。
下記は、当時の私の勤めていた園の状況で、恐怖のブラック保育園の実態を知りたい人だけタップして開いてみてください。

【Q1】「休憩とれてるの?」
かなみ先生

【Q1】あなたの勤める保育園では休憩、ありますか?

涼しいあつみ先生

【A】休憩なんてないよー!
というか休憩という言葉を発している先生を見た事がないね!
労働基準法、なにそれ?って職場。

【Q2】「休日出勤ある?」
かなみ先生

【Q2】年間休日計算した事ある?契約通りに休めてる?

涼しいあつみ先生

【A】カレンダーなんてないよー!
【自主的な土曜出勤&休日出勤】を【強要される】という意味不明すぎる文化があります笑
年間休日が90日もないですね

【Q3】「定時に帰れるの?」
かなみ先生

【Q3】定時に帰れてますか?

涼しいあつみ先生

【A】定時なんてないよー!
もう法人バレてもいいんで言いますけど、8:00出勤~16:30退勤、これが定時なんですよ。
でも…朝の7:30頃には出勤して、退勤が21:00過ぎるとか…そんな感じ!

かなみ先生

それはエグいな…
1日12時間以上は保育園に居るね

涼しいあつみ先生

夜の9時前に職場を出れると「今日は早く終わったなあ!」って思ってました!
ハイホー!ハイホー!仕事がスキー(泣)

【Q4】「残業代って出るの?」
かなみ先生

【Q4】残業代ってどうなってるか知ってる?

涼しいあつみ先生

【A】残業代なんてないよー!
出勤簿にハンコ押すだけですが何か?
タイムカードなんてないし、何時間働いてるか記録残ってないよ?
残業代について聞いてみたら「子どものための仕事で、残業代もらう気?」って言われました!
やばい世界!

【Q5】「職場内の人間関係は?」
かなみ先生

【Q5】園長や主任は尊敬できますか?

涼しいあつみ先生

【A】人間不信になるよー!
理解不能で意味不明な上司がたくさんです!
パワハラ、イジメに加え、謎の派閥争いで人間関係ぐちゃぐちゃです!

【Q6】「給料いくら?」
かなみ先生

【Q6】ぶっちゃけお給料、いくらですか?

涼しいあつみ先生

【A】手取りで16万とかいう、超絶底辺です笑
でも、これでもうちの地域だと、保育士の新卒では高い方なんだぜマジで…
2年目になって2000円ちょいあがったけど、誤差すぎてうける
※交通費差し引くと15万割ります笑

【Q7】「職員が逃げるって本当?」
かなみ先生

【Q7】辞めた時の話、もっと詳しく聞かせて!

涼しいあつみ先生

ええ…あんまり話したくないけど…
ブラックな保育園の惨状・惨劇と、理不尽な思いをしてきたか、
みっともなく、情けなく逃げるように辞めて、今でもその傷を引きずってる様子とか、
事例・資料としてまとめたので、参考にされる方は覚悟もってどうぞ

上記の実態は一例ですが、ぶっちゃけ私よりも、ひどい目にあってる保育士さんもいるんです。

辞めたい先生辞めたい先生

残業が少なくて、持ち帰り仕事もなくて、休日出勤がない、
そんな保育園ってないのかなあ…

辞めたい先生辞めたい先生

フツーに休日は好きな事して過ごしたいし、
毎日、残業はせずにしっかりお家で休みたい…

…と常々考えている先生へ。
想像してみてください…

  • まだ外が明るいうちに帰宅できる職場…
  • 残業がなく、家に帰って気兼ねなくゴロゴロ出来る…
  • 持ち帰り仕事がないから、ゆっくりお風呂に入れる…
  • 休日は仕事の事を忘れて遊びに行ける…

少しでも今より生活をよくしようと思ったら、一歩でも、現状から動く必要があります。
腐ったブラック職場に勤めていても、今後、環境が良くなる事はありません

あなたが、先に潰されてしまうので、現状維持でいいや…と思うのが、一番のリスクなんです。

※重い腰をあげて、転職サイトに複数登録し、なんとか動いた私の現状は下記の記事で紹介しています。


私(あつみ)はものすごく面倒くさがりで、転職活動とかめちゃくちゃだるいし、しんどかったです。
紆余曲折あったものの、実働2ヶ月くらい転職活動をして、持ち帰りや残業とは無縁の保育園を引き当てる事が出来ました。
その結果今では月間30万PVのブロガーになったり、YouTuberになったり、気ままに同人活動できる生活が手に入りました。

 ■もう騙されない!ブラック保育園を見極めるために担当者に聞く事

保育ひろばマイナビ保育士 に登録すると、あなたの条件にあった保育園が紹介されますが…
全てを言いなりになって、従ってはいけません。

辞めたい先生辞めたい先生

この案内してもらった求人なんですけど…
聞きたい事があるのですが、いいですか?

…といったカンジで、疑問に思うことを、ガンガン聞いていきましょう。
聞く項目の一例は、下記にまとめました。そのまま活用いただいてOKです。

辞めたい先生辞めたい先生

【Q1】
●職員さんの勤続年数の平均ってわかりますか?
●職員さんの平均年齢とか、教えてもらえませんか?
●ぶっちゃけ、この施設の離職率とかの情報ありますか?

➡【Q1回答】この質問で分かる事

職員の平均年齢が若けりゃ若いほど、高回転率で入れ替わりが激しいです。
ベテラン職員が居ないという事は、保育が体系化されてない・指導する人が居ないという事です。
つまり、先生それぞれ違う保育をしていたり、行き当たりばったりな保育をしてる可能性があります。
職員同士の統制が取れておらず、無法地帯となっている可能性も。

辞めたい先生辞めたい先生

【Q2】
●この求人って、いつ出たものですか?
●この案件って、一年中、出てる求人とかじゃないですか?
●この施設って、どれくらいの間隔で求人を出してますか?

➡【Q2回答】この質問で分かる事

昔からずっと出てる求人はつまり、何か問題があるため、出し続けていると判断してOKです。
一年中出してる場合などもあり、基本的に、常に求人が出ている=常に人材不足。
常に人が居ないという事は、新人が育たない・居つかないブラック環境である証明です。
しょっちゅう求人を出すという事は、高回転率で離職率が高い証明です。

辞めたい先生辞めたい先生

【Q3】
前回の採用状況とか、情報はありませんか?
●パートとかアルバイトの募集はないんですか?
●今回、何人くらい採用とか、わかりますか?

➡【Q3回答】この質問で分かる事

大量に採用してるところは、基本的に使い捨て感覚で採用しています。
ブラックなので、何人も辞める事前提で採っています。
4月とか新年度だったり、新規園を開園する際、複数採用する保育園はありますが…
そうでない場合、年度途中で何人もとるって、正常に運営されてる施設であれば、明らかな異常事態です。
さらに、多数の園を展開してる法人の場合は、勤務場所が遠い園に配属される可能性も。
転勤とかいパターンもあったりします。

辞めたい先生辞めたい先生

【Q4】
●定時で帰れてるかとか、残業代の状況とか、知りたいのですが、
勤めていた職員さんの、口コミとかそういう情報、残ってないですか?
土曜日出勤の扱いについてなのですが、振替休日などあるのか分かりますか?

➡【Q4回答】この質問で分かる事

運営歴の長い転職サイトであれば、利用者の声とか、意見とか集めています。
例えば、紹介したけれど、すぐに辞めてしまった先生がいた場合、なぜ辞めるに至ったか、その原因を把握している・理由を聞いている場合があります。
そういった生の口コミ・情報を聞き出せます。

辞めたい先生辞めたい先生

【Q5】
●この保育園って、園児は何人ですか?
正職員と、非正規職員の人数・割合を教えてください。

➡【Q5回答】この質問で分かる事

これは、数字で客観的に把握するために聞きます。
園児の数に対して、先生が少なくね?配置基準大丈夫…?とか、
パートとかアルバイトばっかりだな…正職3人とか、どうやって担任回してるんだろう?
といった情報を、探り出す事ができます。
ちなみに、この情報は後述する「園見学」でも探る事が出来ます。

あなたの転職活動に本当に必要なのは、保育園にとって都合の悪い情報(離職率/回転率)です。

あつみ先生あつみ先生

悪い情報って聞きづらい…と思って遠慮すると、転職は失敗します。

  • 疑問点・不明点
  • 現状の不満
  • ゆずれない条件

これらの情報を自分なりに全てまとめ、担当者/アドバイザーを質問攻めにして、疑問点を潰していきましょう。
直接対話して、事細かに条件を伝えられる・聞けるのが転職サイトの意義・メリットです。
ぶっちゃけ、向こう(転職サイト)も商売ですので、遠慮せずに、トコトン使い倒す手法が正解です。

かなみ先生

もし、ここで質問しても分からないことがあれば、保育園見学をして実際に聞く、という事が出来ます。

担当者とやり取りを繰り返す事で、条件が絞り込まれた求人案件があなたに紹介されやすくなります。
つまり、誰にも相談せずに転職をしたときよりも、ハズレな職場を引く確率が大幅に低くなります。

■保育士転職サイトの選び方【迷ったらコレ】

辞めたい先生辞めたい先生

で、結局転職サイトっていろいろあるけど、どれがいいの?

あつみ先生あつみ先生

ぶっちゃけ、してくれることは仲介ってだけなので、
求職者にしてくれるサポート自体は、どの転職サイトも同じ・似たり寄ったりなんですよね

かなみ先生

それ、言っていいのかよ笑

あつみ先生あつみ先生

いや、だから転職サイトをどれにしようか迷う気持ちは分かる笑

保育ひろばを選んでも、マイナビ保育士 を選んでも…
どのサービスを選んでも、してくれることは基本、仲介/紹介業務です。
しかし、生の口コミ/元職員の声など、情報をどれだけ多く・深く持っているかってのは、サービスによって違います。

あつみ先生あつみ先生

んで、だからこそ、利用者であるうちらが、転職サイトを能動的に使い倒さないとダメなんだよ

よって、下記2点を意識してください。

情報の多さは…
利用者の数によって決まる
●情報の深さは…
地域・ジャンルに特化しているかで決まる

情報の多さって、何で決まるのかというと…まぎれもなく、利用者の数です。

あつみ先生あつみ先生

冒頭でマイナビを最優先に登録すべき、といった理由はここで、口コミが多く集まる利用者の数が多い転職サイト…だからです。

転職サービスの最大手のマイナビかつ、一都三県に特化しているからこそ、いい情報も、悪い情報も、いっぱい持ってるんです。
(マジでどの転職サイトに登録するかで、転職活動に格差が生まれます。)

【一都三県】の先生向けモデル
「マイナビ保育士」を最優先

■公式サイト:東京・神奈川・埼玉・千葉の保育士転職なら【マイナビ保育】
■求人案件:19000件以上(+非公開求人
■登録費用:無料
■対象者:一都三県にお住まいの先生

関東圏で就職を考えているのであれば、登録しておく転職サービスの最優先候補になります。
マイナビ保育士に登録しておけば、求人情報を取りこぼしたり、見逃したりする事はなくなります。

➡マイナビを使うべき理由をもっとみる

関東特化(東京・神奈川・千葉・埼玉)の保育士求人サイトです。 大手就職サイトマイナビの保育士バージョンと言えます。

関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)地域だけで10800件以上の求人を持っており、 特徴としては、実際にキャリアアドバイザーと面談(または電話)をして、丁寧なヒアリングを行い、詳細に情報を共有し、就職活動を進めていける事です。

東京を中心とした一都三県に特化しているため、この地域での転職活動はマイナビ保育士に登録しているか否かで、いい求人を引けるかの格差も生まれます。 電話によるヒアリングや面談を繰り返して、大切な就職活動を有利に、失敗なく進めていく事が出来ます。

また、一都三県に限定してるという事は、その分、保育園の濃い情報を持っている可能性が高い、という事です。 キャリアアドバイザーはそれぞれの保育園の特徴を驚くほどよく把握しています。 地域限定ゆえ、どの転職サービスよりも、一番詳しい情報を持っている可能性が高いです。

辞めたい先生辞めたい先生

離職率とか、口コミとか評判とか… いろいろ知ってるって事ですか?

あつみ先生あつみ先生

保育園や施設によっては、そういう情報も持ってるかもね! なんせマイナビ保育士って利用者がめっちゃ多いから、いい情報も悪い情報も集まってきやすいんだよ。

かなみ先生かなみ先生

保育園や幼稚園のリアルな職員の声って、普通に転職活動してたら、まず聞けないもんね。

あつみ先生あつみ先生

もし、転職活動に失敗したくなかったら… 求人票のいい情報だけ見るんじゃなくて、保育園には直接聞きにくい情報も、キャリアアドバイザーにガンガン聞いたほうがいいよ。

この情報を活かし、あなたの希望する条件を踏まえたうえで、求人の紹介を受けることが出来ます。 紹介する案件の保育園の特徴や特色を詳細に、また的確に伝え、アドバイスしたうえで提案してくれます。

東京・神奈川・埼玉・千葉の地域にて、本気で自分に合う園を探したい、 密な転職活動をしたい…という人には、最優先で登録するべきサービスです。

【その他道府県】の先生のモデル
「保育ひろば」(+サブ)

■公式サイト:保育ひろば
■登録費用:無料
■対象者:全国

一都三県以外にお住まいの先生は「保育ひろば」に登録し、使い倒していきましょう。
もちろん、一都三県での就活・転職をする方も、サブとして登録してOK。

➡保育ひろばに登録するべき理由を見る

実はこのブログの読者の中で、一番多く利用されてるのが「保育ひろば」なんです。

全国対応の転職サイトであり、コンサルタントの質の高さ、丁寧さが評判です。 電話連絡が密だという口コミがありますが、その分、担当者も本気と言う事でしょう笑 (もちろん電話が苦手・うざいならメールで連絡取り合う事も可能です。)

現状、望む勤務条件、退職&転職理由を、電話でしっかりヒアリングをした後に、 あなたの経歴に興味がある施設の求人を複数ピックアップ・厳選して紹介してくれます。 つまり、他の転職サイトと比べて圧倒的に、面談に進める確率と採用される確率が高いです。

あと、これ言っていいのかわかりませんが、ぶっちゃけ、全国展開の保育士転職サイトのサービス内容は、似たり寄ったりで、満足度も横並びです。 ただ、なぜ保育ひろばをすすめるか?には明確な理由がありまして。 このブログでは、これまでにいろんな保育士転職サイトをこれまで紹介してましたが、 「あつみ先生の保育日誌」の読者の中では、一番多く登録されて利用されてるのが「保育ひろば」のサービスだからです。

つまり利用者が多い仮定が立ち、最初に説明した【利用者の多さ=良い情報も悪い情報も集まりやすい】という条件に当てはまります。 このため、この記事を読んでいるあなたにも、保育ひろばが使いやすい可能性が高いと判断して、案内しております。
(もちろん、合わないと思ったらすぐ次の転職サイトに乗り換えてOKです。人によって相性あるからね)

■なぜ複数の転職サイトに登録しておく必要があるのか

本気で転職を成功させたいなら、メインで活動する転職サイトのほかに、もう一つ、別の転職サイトに登録しておけば万全/保険になります。(あつみ先生も、転職サイトはふたつ登録して同時進行で進めました。)

あつみ先生あつみ先生

もし、最初に登録した転職サイトの担当者が、自分と相性の悪い担当者だったら…?
質問/相談がしづらく、転職に失敗するかもしれません。

ぶっちゃけると『担当者の質の高さ』という問題があり、同じ転職サイト内でも「当たりの人」と「そうでない人」が居ます。これってもう、ガチャ(運がいいか悪いか)でしかないので、転職サイトを一つしか登録しないというのは、結構、運任せだったりします。

●特徴・ジャンルに特化した転職サイトを選ぶ(地域限定・小規模・企業内/院内など)

あと、情報の深さという観点で考えるのならば、前述した地域特化・ジャンル特化という考え方があります。
例えば、

辞めたい先生辞めたい先生

「私は東京の小規模保育園/院内保育園でしか働く気がない!」

…といった場合、そのニーズにマッチした一都三県の企業内/病院内の小規模保育園のみに特化した転職サイト(保育バランス)などがあるんです。

働きたい方向性や勤務地域が決まっているのであれば、特化サイトを活用する余地があります。
こういった、種類・ジャンルに特化したサービスは、基本的に狭く深い情報を持っています。

条件に特化したサービス一例を紹介しておりますので、あなたの条件に当てはまる項目をご参考ください。

↓下記の項目を押すと詳細が開きます。

【全国対応】転職サイトをもう一つ登録したい

■公式サイト:
保育Fine!公式サイト
■求人案件:13500件以上
■登録費用:無料
■対象地域:全国

【一都三県】の企業内/院内の小規模保育園を希望している

■公式サイト:
保育バランス

■登録費用:無料
■対象地域:東京/神奈川/千葉/埼玉

【一都三県】パワハラが発生した事のない職場特化

■公式サイト:
保育エイド

■登録費用:無料
■対象地域:東京/神奈川/千葉/埼玉

【神奈川/横浜】地域に特化した転職サイトを見たい

■公式サイト:
神奈川県の保育士転職・派遣求人サイト【横浜保育ジョブ】

■登録費用:無料
■対象地域:神奈川県

■保育園見学の際に必ずチェックするポイント

さて、気になる保育園に目星をつけたら、次にしてほしいのが保育園見学です。
ブラックな保育園に騙されないために、必須です。

あつみ先生あつみ先生

見学の申し込みは、担当者にお願いしましょう。喜んで取り次いでくれます。

見学までこぎつけた場合に、園に直接確認しておきたいのが…

●正規職員とパート(非正規職員)の割合
●クラスごとの職員配置数
●勤続年数の平均&職員の年齢層

上記3点、もしくはこの周辺にまつわる情報を、しっかり聞いてください。
これらを聞いて、お茶を濁すような保育園は、高確率でブラックです。

あつみ先生あつみ先生

ブラック園だったらどうせ就職しないし、今後一切かかわりのない園です。
ちょっとくらい突っ込んだ質問してもOKです。

詳しく知りたい方は、下記を開いてご覧ください。

➡【見学チェックポイント!】を見る

●見学時のチェックポイント①
正職員とパートの割合

大きい保育園でも、正職員がほとんどおらず、半分以上パートである、という保育園も存在します。
またパートでありながら、担任を持っており、正職と同等、もしくはそれ以上の仕事をさせられている、また責任も大きいなど、立場がぐちゃぐちゃな場合があります。
秩序も何もないです。

●見学時のチェックポイント②
クラスごとの配置基準

保育士であれば当然知っていると思うのですが、子どもの人数あたり、何人の保育士が必要か配置基準があります。
職員が不足している保育園では、明らかに人数オーバーで回していたりする事も。
ブラックな保育園の場合、特に乳児クラスではこの傾向がみられます。要チェック!

●見学時のチェックポイント③
勤続年数の平均&職員の年齢層

いい職場であれば、勤続年数の数字は長くなるはずです。
また、産休・育休からも復帰できるか・そもそも休みが取れるのかもこれで計る事が出来ます。
そして、職員の年齢層もチェック。
若い職員が多い…それつまり、勤続年数が短いという証明になります。

■転職サイトの活用法と注意点

↓下記の項目を押すと詳細が開きます。

求人が非公開にされている理由

「求人情報が見れるのなら、別に登録しなくてもいいんじゃない?」

と思うかもしれませんが、一番の特徴・メリットとしては【無料登録】することで、一般には公開されていない、希望に応じた【非公開求人案件】を紹介してもらうことが出来るのです。

保育士求人情報サイトを運営している紹介会社には、転職・就職に関するコンサルタント、アドバイザーが存在します。 このコンサルタントを通して、悩みの相談に乗ってくれたり、あなたの希望条件をもとに、希望に沿った非公開求人を探し、無料で案内してくれるのです。

求人検索機能だけを使っていては、非常にもったいないです。

それぞれ、紹介会社は、非公開求人を独自に持っています。 もちろん公開求人をみるだけで、転職が成功すればそれはそれで、いいのですが、 登録もせず、誰にも相談せずに進めると、本当はもっと自分にマッチした案件があるのに、それをスルーしてしまう事も…。

それってとても、もったいないですよね。

そもそも、なぜ非公開求人の存在があるのかというと、前述した通り、保育園としても、誰でも応募してほしいというわけじゃないからです。 保育士就活サイトに登録してまで、真剣に転職を考えている人に来てほしい…という考えがあります。

また、一般的には待遇が低いといわれている保育士ですので、好条件の案件を、ネット上で誰でも見れるように掲載しておくと、応募が殺到して、保育園側で、採用活動だけでもめちゃくちゃ大変になるからです。

かなみ先生

やっぱり、本当にいい条件ってのはオモテには出てこないってことだね。

担当者に相談しないと転職が失敗する理由
かなみ先生

ただ単にネットで検索して、条件だけをみて申し込む方法はNG!
担当のコンサルタントと、しっかりと話をせずに、密な打ち合わせをしないのは、転職方法として一番やってはいけない事。
しっかりと条件や希望を伝えて、納得できる転職、就職活動をしましょう。

転職を考えている人が保育士の転職サイトを使う時って、

「給料とか福利厚生の条件が良い求人情報だけが見れればいいや!」

…なんて思っている人が多いです。
保育園の雰囲気が自分に合うかなど、マッチングを考えずに就職、転職活動を進めるのは危険すぎます。
本人にも、保育園にも悪い結果になる事が多く、転職失敗の黄金パターンになります。

福利厚生や給与だけを見て保育園の就活の判断をしていくと、
無駄な労力と時間だけを消費して、結局、転職を繰り返してしまう悪循環になるパターンが、非常に多いです。

涼しいあつみ先生

求人条件見れるだけでいいんだけど…って人も多いですよね。

かなみ先生

適当に求人の条件だけを見て、就職活動をしているから、
結局自分に合わず、更に転職を繰り返す…という悪循環にハマってしまう人が多いです。
コンサルタントとしっかり相談をして、しっかり企業研究、納得できる条件で、就職をして、長く勤める事が出来る…これが、転職の成功と言えるんじゃないかな。

涼しいあつみ先生

実は、僕も以前勤めている保育園、ネットで検索して出てきた、保育士の求人情報サイト見て応募しました。
サイトにのってた電話番号にかけて、直接園に連絡して申し込んだんです。

かなみ先生

保育士に限らず、転職サイトって、そういう使い方をしてる人が多いね。
ちゃんと会員に無料登録をして、コンサルタントやアドバイザーに相談したの?
あと【非公開求人】とかは調べなかったの?

涼しいあつみ先生

だってなんか面倒くさいですやん…
アドバイザーとかコンサルタントとか、やりとりが面倒くさいし…

かなみ先生

それ一番ダメなパターン笑
失敗して転職繰り返す人って、誰にも相談しないっていう、
自分勝手な手抜きな就職活動をよくするよ。

あつみ君はその就職活動、成功したと思ってるの?

涼しいあつみ先生

いや…ハッキリいってブラックの典型みたいな園でした笑

新卒にしては給料は良いんだけど、職場の環境はおもっきり体育会系で、子どものやる事も、行事やカリキュラム山盛りのブラック保育園でした…
やる事多すぎて、主任も園長もみんな21時過ぎても残業してる。定時16時なのに…

そういう風潮って、実際に勤めてみないと、分からない事が多いし…
誰にも相談せずに突っ走ったからこんなことに…

かなみ先生

入社して働いてみないと、一日12時間以上拘束されるような、ブラックな保育園だなんて分からないしね。
就活を適当に進めずに…
ちゃんと、コンサルタントに職場状況について聞いておけばよかったね。

勤務条件だけを見て就職活動を進める…って、ものすごくリスクの高いやり方なの。

人間って、面倒な事は避けたい生き物だから、就職活動という重要なことも、
手抜きして、勤務の条件だけを見て決める…
という事をする人が多い結果、転職のループという悪循環になってしまうよ

■現状維持のリスク・残業&多忙の時間的損失

これから、あなたが経験年数を積んでも、
日々の無賃残業にまみれ、休日出勤を余儀なくされ、
家に帰れば散らかり放題の部屋で、持ち帰り仕事をこなしていく…

それでも無慈悲にやってくる朝。
全快しないまま、死んだ目で出勤…
それだけ頑張っても増えない給料。

いったい、この先、何年この生活を続けるんだ?
朝から晩まで仕事をしている園長の姿を見て、
自分の将来は、どんだけキャリアアップしても、こんな姿にしかなれないのか…

そんな未来しか見えないのであれば、求めるものを明確にして、活動を進めましょう。

辞めたい先生辞めたい先生

  • 「いつまで、このボロボロの生活を続けるんだろう…」
  • 「この園で定年まで勤めるのは、ないな」
  • 「もっと人間らしい生活を送れる職場、ないのかな…」

など、今の園にずっと勤めるつもりがないのであれば、その園で働き続けるメリットはありません。
現状維持自体がリスクで、ブラック保育園に飼い殺しにされるという事実は、動かない限り変わりません。

一刻も早く自分に合う園を見つけて、そこでキャリアを積んだ方が、生活的にも、金銭的にも、豊かになれるため、決断は早いほうが良いのです。

■保育士の転職サイトを活用する場合のまとめ

さて、今回の記事をまとめますと……

在職中から転職サイトに登録して活用してOK。
●ずっと勤める気がないのであれば今から就活を始める。
●担当者を使い潰すつもりで質問をたくさんする。
●話しづらいと思ったら二つめの転職サイトに乗り換える
●必ず保育園見学を行い、質問をする

かなみ先生

質問のやり取りを介さない就活ってのは、あまりにも情報が一方的なんです。
職場に入ってみないと分からない、と言う事が多すぎる

あつみ先生あつみ先生

世の中の常識、相場、平均を知らなければ、私たちは搾取される側のままです。
そこを脱却するためには、転職サイトを使い倒し、視野広げ、現状を知るという考えが必要です。

※今回紹介したサイトは下記

■公式サイトマイナビ保育士
■対象地域:一都三県
■対象者は最優先で活用

■公式サイト 保育ひろば
■対象地域:全国対応
■当ブログで利用者が一番多い

公式サイト 保育Fine!
■対象地域:全国対応
■認可園/小規模など幅広く求人あり

■公式サイト 保育バランス
■対象地域:一都三県
■事業所内/院内に特化