え!?この保育専門書が読み放題? 読み放題一覧を見る

【2歳児】1月の月案の書き方【5領域対応/文例/見本/記入例】

PR
\保育専門書、出版しました!/
この記事を読むメリット
  • すぐ使える月案の文例が必ず見つかる!
  • 2歳児クラス1月の月案がすぐかける
  • 2歳児クラス1月の月案の文例が分かる
  • 5領域にも対応!
  • 必要な文章を書き換えて使える
5領域対応!
月案作成の参考にしてね!

こんばんは!保育士のあつみです。
この記事では、2歳児クラスの1月の月案の書き方・作り方と文例をたくさん紹介しています。
5領域にも対応した文例もありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

全年齢・全ての月の月案一覧【開く】

読みたい【年齢・クラス】と【該当の月】を選んでタップorクリックくださいね。

スクロールできます
0歳児1歳児2歳児3歳児4歳児5歳児
4月0歳児×4月1歳児×4月2歳児×4月3歳児×4月4歳児×4月5歳児×4月
5月0歳児×5月1歳児×5月2歳児×5月3歳児×5月4歳児×5月5歳児×5月
6月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
7月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
8月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
9月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
10月0歳児×10月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
11月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
12月0歳児×12月1歳児×12月執筆中執筆中執筆中執筆中
1月0歳児×1月1歳児×1月2歳児×1月3歳児×1月執筆中執筆中
2月0歳児×2月1歳児×2月2歳児×2月執筆中執筆中執筆中
3月0歳児×3月1歳児×3月2歳児×3月執筆中執筆中執筆中

クラスの年齢のタブを選んでね!

2024年2月の新刊!
\おたより文例~春編365選/
  • 春を感じるおたより文例、た~くさん収録!
  • 「あ!この文、使える!」が必ず見つかる!
  • 季節や時候の挨拶を考えるのが苦手な先生へ!

スマホですぐに読める電子書籍版Kindle unlimitedで読み放題です!

2024年2月の新刊!
\おたより文例~春編365選/

スマホですぐに読める電子書籍版Kindle unlimitedで読み放題です!

  • 春を感じるおたより文例、た~くさん収録!
  • 「あ!この文、使える!」が必ず見つかる!
  • 季節や時候の挨拶を考えるのが苦手な先生へ!
あつみ

保育園や幼稚園の先生向け!
3月、4月、5月のおたより文例をいっぱい収録しているよ~!

目次(タップで移動)

この記事を書いた人

あつみ先生

保育士/幼稚園教諭/保育教諭|現役8年目|今年は0歳児担任|SNSフォロワー累計17000人↑|見てきた子ども達は250人↑|保育士ライター(MAMADAYS/ほいくらいふ等)|書籍出版保育製作365日/100均知育365日」|30万PV保育士ブロガー|ピンタレスト月間250万PV|離乳食インストラクター4期卒セミナー講師|詳しいプロフィールはこちら

この記事を書いた人

保育士/幼稚園教諭/保育教諭|現役8年目|今年は0歳児担任|SNSフォロワー累計17000人↑|見てきた子ども達は250人↑|保育士ライター(MAMADAYS/ほいくらいふ等)|書籍出版「保育製作365日/100均知育365日」|30万PV保育士ブロガー|ピンタレスト月間250万PV|離乳食インストラクター4期卒セミナー講師|詳しいプロフィールはこちら

アマゾンで販売中の下記の本…LINE登録で試し読み版プレゼント中♪

\製作ネタ本/

保育製作365日: 保育園や幼稚園で使える♪行事と季節の造形遊び!100均材料でも簡単に作れる製作アイデア帳

\手作り玩具/

毎日モンテ!100均知育365日: かんたん手作り!指先の知育玩具 保育365日シリーズ

\読み聞かせ/

ピックアップ♪

アマゾンで販売中の本…LINE登録で試し読み版プレゼント中だよ!

■【2歳児】1月の月案での保育目標・ねらいの設定

●【2歳児】1月の目標・ねらい【月案文例】

  • 季節の行事や文化を取り入れ、伝統や文化を体験させる。
  • 季節に合わせた遊びや活動を提供し、友達との共同体験を増やす。
  • 寒さ対策をしっかりと行い、健康的な生活を維持する。
  • 子どもたちが日常の中での習慣やマナーを自然に身につける環境を整える。
  • 3歳児クラスへの進級を見据え、新しい環境への適応をサポートする。
  • 子どもたちが自分の経験や思いを言葉で伝える楽しさを体験させる。
  • 戸外活動を通じて、冬の寒さを楽しみながら体を動かす。
  • 温かく清潔な環境を維持し、心地よい保育の場を提供する。
  • 休み明けの生活リズムを安定させ、子どもたちが安心して過ごせるようサポートする。
  • 他の子どもたちとの関わりの中で、思いやりの心を育む。
  • 正月の伝統的な遊びを取り入れ、季節感を感じる活動を提供する。
  • 異年齢の子どもたちとの交流を通じて、多様な関わりを体験させる。
  • 絵本や紙芝居を通じて、子どもたちの想像力を育み、言葉でのコミュニケーションを促進する。
  • ごっこ遊びや集団遊びを通じて、友達との関わりを深める機会を増やす。
  • 冬の自然や生き物との触れ合いを通じて、季節の変化を実感させる。
  • 子どもたちの興味や関心に応じた活動を計画し、自主性を尊重する。
  • さまざまな遊びを通じて、友達との関わりの楽しさを深める。
【タップで開く】保育目標の設定のコツとポイント!

2歳児の1月の目標やねらいを立てる際のポイントについて、簡単にお話ししますね。

2歳児は日々の成長がとても早い時期です。
だから、彼らの現在の発達や興味をしっかりと観察して、それに合わせた目標を設定することが大切です。
発達に合わせた遊びや活動を取り入れならが、成長を促せるといいですね。

次に、1月は冬の真っ只中。季節感を取り入れた活動や遊びを考えると、子どもたちも楽しみながら季節を感じることができます。雪遊びや冬の歌を歌うなど、季節を感じる活動は子どもたちにとって新鮮で、興味を引きます。

そして、目標やねらいを立てる時は、大きすぎる目標よりも、小さな成功体験を積み重ねられるようなものを考えるといいです。2歳児にとって、小さな成功も大きな自信につながるので、達成できる目標を設定してあげましょう。

最後に、目標やねらいは固定的に考えず、柔軟に変えていくことも大切です。子どもたちの様子や反応を見ながら、必要に応じて調整することで、より良い保育が実現できます。

要するに、2歳児の1月の目標やねらいを立てる時は、子どもたちの現在の様子や興味、季節感を大切にし、小さな成功を積み重ねられるような目標を設定することがポイントです。
そして、柔軟な考え方を持ち、子どもたちの成長とともに目標も成長させていくことが、良い保育を実現する秘訣ですよ。

●【2歳児】1月の週の目標・ねらい【週案文例】

  • 1週目:

    正月の遊び:こま回しや羽子板を体験する。
    お正月飾り作り:折り紙や色紙を使って、門松やしめ縄を作る。
    冬の歌:「雪だるま」や「冬の歌」を歌って楽しむ。
  • 2週目:
    お雑煮やお汁粉の体験:簡単な調理をして、正月の味を楽しむ。
    冬の自然探索:園庭や近くの公園で冬の自然を観察する。
    体を動かす:室内での体操やダンスを取り入れ、体を温める。
  • 3週目:

    冬の工作:雪の結晶や雪だるまの工作をする。
    ごっこ遊び:冬の風景や生活をテーマにした役割遊びを楽しむ。
    冬の動物について学ぶ:絵本や紙芝居で冬に活動する動物を知る。
  • 4週目:
    冬の風物詩を楽しむ:かまくらや雪うさぎの絵本を読む。
    戸外活動:雪が積もっていれば、雪遊びや雪だるま作り。
    冬の感触遊び:氷や冷たいものを触れる活動で、冬の感触を体験する。
【タップで開く】週案の組み方と考え方を詳しく読む

1月の冬の季節感を取り入れつつ、正月の行事や遊びを中心に、子どもたちの興味や関心を段階的に深めていく内容となっています。週ごとにテーマや活動を変えることで、子どもたちの興味を引き続けることができますよ!

2024年2月の新刊!
\おたより文例~春編365選/
  • 春を感じるおたより文例、た~くさん収録!
  • 「あ!この文、使える!」が必ず見つかる!
  • 季節や時候の挨拶を考えるのが苦手な先生へ!

スマホですぐに読める電子書籍版Kindle unlimitedで読み放題です!

2024年2月の新刊!
\おたより文例~春編365選/

スマホですぐに読める電子書籍版Kindle unlimitedで読み放題です!

  • 春を感じるおたより文例、た~くさん収録!
  • 「あ!この文、使える!」が必ず見つかる!
  • 季節や時候の挨拶を考えるのが苦手な先生へ!
あつみ

保育園や幼稚園の先生向け!
3月、4月、5月のおたより文例をいっぱい収録しているよ~!

■子どもの姿・様子【2歳児|1月】

●【現時点】子どもの姿の振り返り

  • 体調を崩す子が少なく、元気に過ごしている。
  • 寒さにも関わらず、外での遊びを楽しみ、自然と触れ合うことを好んでいる。
  • 保育者のサポートを受けつつ、手洗いやうがいの習慣が身につき始め、自分でできるよう努力している。
  • 保育者からの声かけに応じて、手洗いやうがいの方法を学んでいる。
  • 言葉の交換を通じて、友だちや保育者とのコミュニケーションが活発になってきた。
  • 他の子どもたちに対する思いやりの姿が見られる。
  • 自分でできることに気づき、積極的に取り組んでいる。
  • ごっこ遊びを通じて、友だちとの関係が深まり、特定の友だちと一緒に遊ぶ姿が増えてきた。
  • 他の子どもたちができないことをサポートする姿が見られる。
  • 保育者の指示に従って、活動や遊びに参加している。
  • 自分でできる部分は着脱の際、自分で行い、興味を持って取り組んでいる。
  • お正月に関する知識や楽しみを共有し、友だちの話を興味深く聞いている。
  • ルールを持つ遊び、例えばかくれんぼやおにごっこを楽しんでいる。
  • 体を動かすことや自然と触れ合うことを楽しんでいる。
  • 他の子どもたちのサポートをする姿が見られる。
  • ハサミやのりに興味を持ちつつ、まだ完璧に使いこなせていない子もいる。
  • ときどき、自分の意志が通らないときに手を使ってしまうことがある。
  • 保育者の言葉を理解し、それに基づいて行動している。

●【今月】予測される子どもの姿

  • 自分の持ち物の管理を始め、服を整理しようとする姿が見られる。
  • 劇のような遊びで役割を果たし、遊びの中心となる子もいる。
  • すごろくや羽根つきなどの伝統的な遊びに興味を示す。
  • 保育者と共に手を洗い、うがいの習慣を身につけている。
  • 甘えたい気持ちや生活のリズムの変化から、時折泣いたり気分が不安定になることがある。
  • 正月の遊びや行事に触れた経験があり、それを楽しんでいる子がいる。
  • 羽根つきを楽しむ一方、自分で凧を作り、凧揚げを体験する。
  • はさみやのりを使用して、工作活動を楽しんでいる。
  • トイレの習慣が身につき始め、自分でトイレに行く子も増えてきた。
  • 戸外での身体を使った遊びや走り回ることを好む。
  • 散歩や外出を楽しみにし、出かける場所に興味を示す。
  • 細かい動作を要する遊びを行い、指先の使い方を工夫している。
  • 休憩時間には自分で布団を整え、静かに休む姿が見られる。
  • 手洗いやうがいをしっかりと行い、その重要性を理解している。
  • 自分の持ち物の管理を始め、服を整理しようとする姿が見られる。
  • 正月の遊びを自分で作成し、それを使って楽しむ。
  • 他の子どもたちとの遊びの中で、言葉の交換や会話が増えてきた。
  • 保育者や友だちとの会話を通じて、年末年始の経験を共有して楽しむ。
  • 食事の際、他の子の箸の使い方を見て、自分も真似をする。
  • 友だちと劇の遊びやゲームを楽しむ姿が見られる。
  • 様々な材料や道具を使っての工作活動を楽しむ。
  • 裏返しの衣服を正しく直そうとする姿が見られる。
  • 新しい年を迎え、新しい遊びや活動に興味を示す。
  • 他の子どもたちとの関わりを深め、共同での遊びを増やしている。
  • 季節の変わり目を感じ取り、それに合わせた遊びや活動に興味を示す。
【タップで開く】子どもの姿に応じた援助や配慮方法を詳しく見る

2歳児クラスの1月は、新しい年の始まりとともに、子どもたちの成長や変化が顕著に見られる時期です。
この時期の子どもたちは、前年度の経験を基に、さらなる成長を遂げています。
特に、冬の季節感を取り入れた遊びや活動を通じて、新しい発見や学びが増えることが期待されます。

正月の遊びや行事に触れることで、伝統や文化に興味を持ち始める子どもたちもいます。すごろくや羽根つきといった伝統的な遊びは、子どもたちの手先の器用さや集中力を育む良い機会となります。また、凧揚げなどの戸外活動は、冬の寒さを感じながらも、身体を動かす楽しさを再認識させるものです。

食事の際には、正月の特別な食事やお雑煮など、季節感のある食材や料理に触れることで、食文化や食の大切さを学ぶきっかけとなります。また、箸の使い方や食事のマナーを学ぶ中で、自分でできることの喜びや成就感を感じることができます。

この時期の子どもたちは、言葉の交換や会話が増えてきます。友だちや保育者とのコミュニケーションを通じて、自分の気持ちや考えを表現する能力が高まってきます。また、他の子どもたちとの関わりを深める中で、共感や協力の精神も育まれてきます。

また、2歳児は自我が芽生え、自分で物事を試みる姿が増えてきます。衣服の着脱やトイレトレーニングなど、日常生活の中での自立を促す場面が増えることで、自分でできることの範囲が広がっていきます。

このように、2歳児クラスの1月は、季節感を取り入れた活動や遊びを通じて、子どもたちの成長や発達を感じることができる大切な時期です。保育者としては、子どもたちの興味や関心を大切にしながら、適切なサポートや指導を行うことが求められます。

■保育・活動内容【2歳児|1月】

  • 歌やダンスを通じて、音楽の楽しさを体感する。
  • 衣服の着脱やたたみ方など、日常の生活動作を自分で行う。
  • 伝統的な遊びやごっこ遊びを友だちと共に楽しむ。
  • 寒い日でも、天気が良ければ外での活動を積極的に行う。
  • 戸外遊びの後の手洗いやうがいの習慣を自ら進んで行う。
  • 仲間とのルール遊びを通じて、協調性やルールの大切さを学ぶ。
  • 伝統的な遊びやごっこ遊びを友だちと共に楽しむ。
  • 冬の季節感を感じながら、季節に合った遊びや活動を楽しむ。
  • 鬼ごっこやかけっこなど、体を思い切り動かす遊びを楽しむ。
  • 音楽に合わせて楽器を鳴らす活動や、体を動かしてリズムを楽しむ。
  • お正月の伝統的な遊びを友だちや保育者と一緒に楽しむ。
  • 寒い日でも、天気が良ければ外での活動を積極的に行う。
  • 絵本を使った再現遊びや劇遊びを友だちと一緒に行い、言葉を交わす楽しさを感じる。
  • 新しい年を迎え、新しい活動や遊びに挑戦する意欲を見せる。
  • 戸外での遊び後も、手洗いやうがいの習慣をしっかりと守る。
  • 保育者と共に手を洗い、うがいの習慣を身につけている。
  • 毎日の生活の中で、次の活動に興味を持ち、自分から取り組む姿が見られる。
  • お正月の伝統的な遊び、例えばコマやカルタを体験し、季節の遊びを楽しむ。
  • 少人数での散歩を通じて、冬の自然、例えば氷や霜柱を体験する。
  • ハサミやのりを使った工作活動に挑戦し、新しい道具に親しみを感じる。

●おすすめの室内遊び【2歳/1月】

室内遊びの文例

  1. お正月の工作遊び
    伝承玩具(コマ・羽子板)などを作って遊んだり、お正月飾りを作って飾って遊ぶ。
  2. 冬の絵本タイム
    冬に関連する絵本を読み聞かせ、季節の変化や冬の楽しみを共有する。
  3. 模擬雪遊び
    綿や白い紙、トイレットペーパーやお花紙を使って雪のような感触を楽しみ、雪だるまや雪の結晶を作る。
  4. 積み木遊び
    色とりどりの積み木で、高く積んだり、形を作ったりする。
  5. 冬の動物のおめん作り
    紙皿や紙を使って、冬に関連する動物のおめんを作り、動物ごっこをする。
  6. 粘土遊び
    粘土を使って、冬のモチーフや好きな形を作る。
  7. ボールあそび
    ボールを転がしてキャッチする遊びで、手と目の協調を養う。
  8. 布遊び
    柔らかい布やスカーフ、オーガンジーなどを使って、上に投げたり、隠れたりして遊ぶ。

●おすすめの外遊び【2歳児/1月】

外遊びの文例

  1. たこあげ・羽子板遊び
    お正月の文化を感じる伝承遊びを楽しむ。
  2. 雪だるま作り
    新しい雪が降った日に、子どもたちと一緒に雪だるまを作る。
  3. 冬の自然探検
    公園や園庭で冬の自然を観察し、落ち葉や松ぼっくりを集める。
  4. 雪の絵描き
    雪の上に木の棒や指で絵を描く。
  5. 冬の動物あそび
    冬に活動する動物の真似をして、動きを楽しむ。
  6. 雪の迷路
    雪の中に迷路を作り、子どもたちが歩いて探検する。
  7. 冬のスポーツ体験
    簡単なスキーやソリを使って、雪の上を滑る体験をする。
  8. 雪のキャッチボール
    雪を丸めてボール代わりにして、キャッチボールを楽しむ。
  9. 雪のアート
    食紅や絵の具を使って、雪の上に色を塗り、アートを楽しむ。
【タップで開く】活動・遊びの決め方を詳しく読む

「2歳児クラス」の子どもたちが「1月」に保育園で遊ぶ際に考慮するポイントを以下のようにまとめますね!

  1. 安全性を確保
    この年齢の子どもたちは好奇心旺盛で、どんどん新しいことに挑戦したくなります。
    しかし、まだ危険を予測する能力が十分ではないので、遊びの環境や道具の安全性をしっかり確保することが大切ですね。
  2. 季節感を取り入れる
    1月は冬の真っ只中です。
    雪や冷たい空気を活用した遊びを考えると、季節の変化を実感しながら楽しむことができますね。
  3. 発達段階を考慮
    この年齢の子どもたちは言葉の理解や発話が増えてきます。言葉を使った遊びや、簡単なルール遊びを取り入れるといいですね。
  4. 自主性を尊重
    子どもたちの興味や関心に応じて、遊びの選択や進行を任せる時間を持つと、自主性や創造力を育むことができます。
  5. 体を動かす遊び
    この年齢の子どもたちはエネルギーが溢れています!
    体をたくさん動かす遊びを取り入れると、健康的な発育を促進できますね。
  6. 共同遊びを促進
    友だちとの関わりが増える時期です。
    共同で何かを作ったり、役割遊びをすることで、社会性を育むきっかけになりますね。
  7. 感覚を刺激する遊び
    さまざまな質感や温度、音を体験する遊びを取り入れると、五感を刺激し、豊かな感性を育むことができます。
  8. 日常の中の遊び
    日常の生活の中で、例えばお手伝いや料理の真似事など、生活に密着した遊びを取り入れると、生活習慣や協力の精神も学ぶことができますね。
  9. 自然との関わり
    自然の中で遊ぶことで、自然への興味や尊重の気持ちを育むことができます。冬の自然との関わりを大切にしましょう。
  10. 表現活動を促進
    絵を描いたり、粘土で形を作ったりすることで、感じたことや考えたことを表現する力を育むことができます!

●おすすめの絵本【2歳児/1月】

  1. タイトル: だれのあしあと
    内容説明: 雪に残された動物たちの足跡を追いながら、どの動物のものかを当てる遊び心溢れる絵本です。
  2. タイトル: くすのきだんちはゆきのなか
    内容説明: くすのきだんちシリーズの冬をテーマにした作品です。
  3. タイトル: たのしいふゆのおと
    触ると冬の音が聞こえるしかけが施された、触感と聴覚を楽しむ絵本です。
  4. タイトル: しんせつなともだち
    内容説明: 親切が巡り巡って戻ってくる、思いやりの心を育む物語です。

\絵本をもっと探す/

\絵本専門店はこちら/

●おすすめの歌・童謡【2歳児/1月】

  1. お正月
    • 内容: 年末のわくわく感を歌った曲。お正月の雰囲気を楽しむことができます。
  2. ゆき
    • 内容: 雪の降る様子を歌った曲。冬の寒さを感じながらも、雪の美しさを楽しむことができます。
  3. もちつき
    • 内容: おもちつきの季節を楽しむ曲。餅つきの様子や、おもちを食べる楽しさを感じることができます。
  4. コンコンクシャンのうた
    • 内容: 動物たちが登場する手遊び歌。声や声の大きさを変えて楽しむことができます。
  5. やぎさんゆうびん
    • 内容: 年賀状や手紙のやりとりを楽しむ歌。郵便屋さんの楽しさを感じることができます。
  6. ぞうさんのぼうし
    • 内容: さまざまな動物の登場や、繰り返しが楽しいゆったりとした歌です。

●おすすめの手遊び【2歳児/1月】

  1. ゆきのダンス
    • 手を振りながら、雪が舞い落ちる様子を表現します。子どもたちと一緒に雪のダンスを楽しんでみましょう。
  2. クリームシチュー
    • 野菜を炒めて煮込む様子を歌いながら、ジェスチャーで表現します。給食の日に合わせて楽しむのも良いですね。
  3. おでんの歌
    • まんまるや三角など、具材の形を歌いながら、おでんを作る様子を楽しむ歌です。
  4. 雪だるまのチャチャチャ
    • 雪だるまを作る楽しさを「チャチャチャ」のリズムで表現します。壁面装飾としても活用できます。
  5. 雪のこぼうず
    • 降ってくる雪の様子や、雪がどのようになるのかを想像しながら歌います。
  6. ペンギンさんのやまのぼり
    • ペンギンやしろくまが山を登る様子を、手遊びで表現します。子どもたちも大盛り上がりできます。
  7. 雪のペンキ屋さん
    • 雪が積もる様子を、「雪のペンキ屋さん」として歌います。雪が積もった日に歌うと、より楽しめます。
  8. コンコンクシャン
    • 動物たちがマスクをする様子を歌います。風邪予防やマスクの大切さを伝える導入としても適しています。

●おすすめの製作【2歳/1月】

  • 雪だるまのコラージュ
    • 白い紙や綿を使って雪だるまを作ります。ボタンや布切れで装飾を加えましょう。
  • 冬の窓飾り
    • セロハン紙や折り紙を使って、雪の結晶や冬の動物を切り抜き、窓に飾ります。
  • ペットボトルのペンギン
    • 空のペットボトルに黒い紙を巻き、白い紙でお腹を作り、ペンギンを作ります。
  • 手形アート
    • 子どもの手形を使って、冬の木や動物の絵を描きます。色鮮やかな絵の具を使いましょう。
  • 段ボールのスノーマン
    • 段ボールを丸く切り抜き、重ねて雪だるまを作ります。ボタンやリボンで飾り付けます。
  • アイスペイント
    • 水と食紅を凍らせたアイスキューブで、紙の上を滑らせて絵を描きます。
  • 画用紙の帽子
    • 画用紙で簡単な帽子を折り、子どもたちが被って遊べるようにします。
  • 紙皿で作る雪だるまの顔
    • 紙皿に絵の具で顔を描き、帽子やマフラーを付けて雪だるまの顔を作ります。

■園全体や保育室の環境構成【2歳児クラス|1月】

  1. 一日のスケジュールに余裕を持ち、子どもたちがリラックスできる環境を作る。
  2. 正月にちなんだ遊びを用意し、季節感を取り入れる。
  3. 正月の遊びを絵本や紙芝居で紹介し、文化的な理解を深める。
  4. 着替えの時間をゆったり取り、子どもたちが自分でできるようにサポートする。
  5. 朝の受け入れ時に子どもたちの体調や気分をスキンシップで確認する。
  6. 入室時には衣服の着脱を落ち着いて行えるようにする。
  7. 朝はうがい用コップをコップ袋に入れ、夕方持ち帰るように指導する。
  8. 遊びの素材や用具を常にアクセスしやすい場所に準備する。
  9. 手洗いやうがいの仕方について、子どもたちに話す機会を設ける。
  10. テーブルに花を飾り、室内の雰囲気を明るくする。
  11. 散歩の行き先は子どもたちと相談し、期待感を持たせるようにする。
  12. 歌やダンスを通じて、音楽の楽しさを体感する。
  13. 体力がついてきた子どもたちには、長い距離の散歩をさせる。
  14. 友達同士で歌や踊りを見せ合う場を設ける。
  15. 戸外での活動を通じて、十分に体を動かす機会を提供する。
  16. 戸外遊びや散歩の際は、滑りやすい場所がないかを事前に確認する。
  17. 寒い日は体操で体を温め、活動を始める前に準備運動をする。
  18. 遊びの素材や用具を常にアクセスしやすい場所に準備する。
  19. 戸外活動では、子どもたちのペースに合わせて足場の悪い場所も利用する。
  20. 嘔吐セットをすぐに取れる場所に配置し、緊急時に備える。
  21. ごっこ遊びや歌に使える小道具を用意し、子どもたちが自由に使えるようにする。
  22. 少人数での活動を取り入れ、3歳クラスへの移行をスムーズにする。
  23. 箸とスプーンを用意し、子どもたちが選べるようにする。
  24. 食事中は保育者が各テーブルにつき、子どもたちの食べ方を見守る。
  25. ティッシュやゴミ箱を分かりやすい場所に配置し、衛生環境を整える。
  26. 製作遊びにはゆったりとした時間を取り、はさみやボンドの使い方を教える。
【xx歳児】yy月の環境構成のねらい|考え方と詳しい解説

2歳児クラスの子どもたちが過ごす保育室の環境は、彼らの安全と発達を支える基盤となります。
この年齢層の子どもたちは、探求心が旺盛であり、自我が芽生え始める時期です!
そのため、保育室は物理的な安全はもちろん、子どもたちの自立心を育むための環境を提供する必要があります。

安全面では、家具の角は丸みを帯びたものを選び、小さな物品や危険な物が手の届かない場所にあることを確認することが重要です。
また、床は滑りにくい素材を選び、子どもたちが自由に動き回れるように十分なスペースを確保します。

次に、発達を促す環境としては、様々な種類のおもちゃや教材を用意し、子どもたちの興味や発達段階に合わせた遊びができるようにします。絵本や音楽、パズルなど、言葉や数、色彩感覚を育むアイテムも豊富に揃えることが望ましいです。

また、季節感を取り入れた装飾や活動を通じて、子どもたちが季節の変化を感じられるようにすることも大切です。1月であれば、冬にちなんだ壁画や工作、冬の自然物を使った遊びを取り入れることで、季節を身近に感じさせることができます。

保育者は、子どもたち一人ひとりのニーズに応じて、適切な関わりを心がけることが求められます。
子どもたちが自分の意志を表現し、自己決定を尊重される環境を整えることで、自立心と社会性の基礎を築くことにつながります。

最後に、保育室は清潔で整理整頓されていることが必須です。
子どもたちが健康に過ごせるよう、日々の清掃と衛生管理にも細心の注意を払う必要があります。以上の点を踏まえ、子どもたちが安全で、かつ刺激的な環境の中で成長できるよう配慮された保育室を目指しましょう~!

■今月の行事・取り組みや記念日【2歳児クラス|1月】

●行事・活動・取り組み

  1. 身体測定
  2. お誕生日会
  3. お正月遊び

●【yy月】行事や記念日【一覧表】

  • 元日(1月1日)
    新年の始まりを迎える日。お正月の伝統や風習について話すきっかけになります。
  • 書き初め(1月2日)
  • 七草の節句(1月7日)
    七草粥を食べることで、一年の無病息災を祈る日。七草の名前や、粥の意味などを話すきっかけになります。
  • 鏡開き(1月11日)
    お正月に供えた鏡餅を食べる日。お汁粉や雑煮など、鏡餅を使った料理の話題を取り上げることができます。
  • 成人の日(1月の第2月曜日)
    20歳の成人を祝う日。子どもたちにはまだ先のことですが、大人になることの意味や成人式の話題を取り上げることができます。
  • 小正月(1月15日)
  • 大寒(1月20日頃)
  • いい夫婦の日(1月22日)
    夫婦の絆を祝う日。家族の大切さや、家族の絆について話すきっかけになります。
  • 筆の日(1月23日)
    書き初めの伝統を持つ日。
    筆や墨、和紙など、書き初めに関連する話題を取り上げることができます。

■5領域【2歳児クラス|1月】

●「健康」の領域(文例)

  1. 冬の寒さに対応するため、室内外の適切な服装を選ぶことをサポートする。
  2. 定期的な手洗いやうがいを促し、感染症予防の習慣を身につけられるようにする。
  3. 季節の変わり目に体調を崩しやすいため、十分な休息をとる時間を確保する。
  4. 戸外での雪遊びや冬の自然を体験する活動を通じて、体力をつける。
  5. 新年の行事食を通して、季節の食材に触れる機会を提供する。
  6. 寒さ対策として、適切な衣服の調節を行い、子どもたちが健康に過ごせるようにする。
  7. 休み明けに生活リズムを取り戻すため、子ども一人ひとりのペースに合わせて丁寧にサポートする。
  8. 冬の寒さに適応した生活を送り、健康で快適な日々を過ごせるよう配慮する。
  9. 食事の時間を楽しいものにするため、保育者も一緒に食事をし、穏やかな雰囲気作りに努める。
  10. 戸外遊びを通じて、体を動かし健康を促進する。
  11. 3歳クラスへの進級に向けて、生活の流れを徐々に合わせていく。
  12. 感染症予防のため、うがいと手洗い、消毒、換気を徹底する。
  13. 情緒の安定を図り、スキンシップを通じて満足感を得られるような関わりを心がける。

●「人間関係」の領域(文例)

  1. 新年の挨拶を通じて、友達や保育者とのコミュニケーションを促進する。
  2. 冬の集団遊びを取り入れ、協力して遊ぶ楽しさを体験させる。
  3. お正月の行事を共に祝い、地域や文化への理解を深める。
  4. お友達とのおもちゃの貸し借り・やりとりを通して、共有する喜びを教える。
  5. グループでの手遊びや歌を取り入れ、リズム感を育てる。
  6. お片付けの時間を設け、協力して行う習慣を育む。
  7. 保育者との一対一の関わりを大切にし、安心感を提供する。
  8. 冬の自然散策を行い、生き物や植物への興味を育てる。
  9. 誕生日会を開催し、お祝いすることで仲間意識を育成する。
  10. 表現活動(絵を描く、粘土をこねるなど)を通じて、自己表現の機会を増やす。

●「環境」の領域(文例)

  1. 正月に関連する絵本を読み、日本の伝統文化を楽しく紹介する。
  2. 物語性のある絵本を集め、想像力を豊かにする。
  3. 物語のある絵本を集め、想像力を育む読み聞かせの時間を設ける。
  4. ごっこ遊び用の衣装や小物を提供し、創造力を育む空間を作る。
  5. ごっこ遊びのための小道具を提供し、創造的な表現を促す空間を作る。
  6. ごっこ遊びや歌に使える小道具を用意し、自由に表現できる環境を整える。
  7. 歌やごっこ遊びに使える小道具を準備し、自由な表現を奨励する。
  8. 自由遊びの素材を整理し、子どもたちが自由にアクセスできるようにする。
  9. 子どもが自由にアクセスできるように、遊びの素材を整理して展示する。
  10. 自然現象を観察し、季節の変化を体験する活動を行う。
  11. 遊びの中で子どもたちのやり取りを見守り、適切な時にサポートする。
  12. 正月遊びを体験できるように、伝統的な遊具を用意する。
  13. 正月の伝統遊びを取り入れ、新しい体験を提供する。
  14. 凧揚げなどの季節の遊びを通じて、協力とルールの理解を深める。
  15. 屋外での活動を増やし、体を思いっきり動かせる機会を提供する。
  16. 屋外遊びでは、安全に配慮しつつ、子どもたちが自分のペースで探索できるようにする。
  17. 散歩や外遊びの安全確認を行い、子どもたちの安全を守る。
  18. 散歩の行き先を子どもたちと一緒に決め、探索の楽しさを共有する。
  19. 手洗いやうがいの習慣を身につけるため、日常的に実践する。
  20. トイレトレーニングを積極的に支援し、自立心を育む。
  21. 食事の際には箸とスプーンの選択を促し、食事スキルを育む。
  22. 食事時には、子ども一人ひとりに合わせたサポートを提供する。
  23. 食事の時間を楽しいものにするため、保育者も一緒に食事をし、穏やかな雰囲気作りに努める。
  24. 着替え時には自分でやってみる事を促し、手助けが必要な時に優しくサポートする。
  25. 製作活動にはじっくり取り組める環境を作り、工作の楽しさを伝える。
  26. 製作活動では子どもたちの自由な発想を尊重し、個性を表現する機会を提供する。
  27. ごっこ遊びや歌に使える小道具を用意し、自由に表現できる環境を整える。
  28. ごっこ遊びのための小道具を提供し、創造的な表現を促す空間を作る。
  29. 自由遊びの素材を整理し、子どもたちが自由にアクセスできるようにする。
  30. 子どもが自由に選んであそべるように、遊びの素材を整理して並べておく。
  31. 子どもたちが歌や踊りを披露できる場を設け、才能を発揮できるようにする。

●「言葉」の領域(文例)

  1. 冬の歌や韻を踏んだ言葉遊びを取り入れ、言葉に親しむ。
  2. 季節の変化を感じさせる絵本を読み聞かせ、言葉に興味を持ったり、増やせるようにする。
  3. 正月や冬に関連する言葉を使ったカードを作り、言葉の理解を深める。
  4. 子どもたちが日常の中で使う言葉を保育者が反復し、言葉の意味を確認する。
  5. お正月の遊びや行事に関する言葉を使って、会話のきっかけを作る。
  6. 子どもたちが自分の感じたことを言葉で表現する機会を持たせる。
  7. お友達や保育者とのやり取りを通じて、いろんな言葉を身につける。
  8. 子どもたちの発話を聞き、適切な言葉で応答し、コミュニケーション能力を育む。

●「表現」の領域(文例)

  1. 冬の自然物を使ってのコラージュを作り、感性を育む。
  2. お正月の行事にちなんだ絵を描き、文化的背景に興味を持てるようにする。
  3. 冬の歌や踊りを取り入れ、リズム感を養う。
  4. 冬に見られる動物や風景の模倣遊びを通じて、想像力を広げる。
  5. 粘土などで雪だるまや冬のモチーフを作ることを楽しみ、造形力を高める。
  6. 冬の季節を感じる事のできる手遊びや指遊びを取り入れ、細かい動作を促す。
  7. 絵本の読み聞かせ後に、子どもたちに感想を絵や言葉で表現できる機会を作る。
  8. 冬の行事に関連した簡単な劇遊びを行い、表現の幅を広げる。
  9. 色とりどりの折り紙を使って、冬の風物詩を作り、創造力を刺激する。
  10. 冬をテーマにした絵本を基に、子どもたちでお話を考えたり話したりする機会を作る。

■子ども達への援助・配慮【2歳児クラス|1月】

●「安全」の援助と配慮

  • 冬の寒さに対応し、子どもたちが室内外で適切な防寒着を身につけるよう見守る。
  • 滑りやすい園庭での遊びに注意し、転倒防止のために手をつなぐなどの支援をする。
  • 風邪やインフルエンザが流行する季節なので、手洗いやうがいの習慣を確実に行うよう促す。
  • 子どもたちの体調管理に留意し、寒暖差による体調変化に敏感に対応する。
  • 室内の暖房器具やコード類に触れないように注意を払い、安全な環境を保つ。
  • 新年の行事や活動において、子どもたちが安全に楽しめるよう配慮する。
  • 冬特有の遊び(例えば、雪だるま作り)を取り入れつつ、凍結や低温によるリスクを避ける。
  • 園の日常ルーチンの中で、防災訓練を実施し、非常時の行動を覚える。
  • 子どもたちが自分の持ち物を安全に扱えるよう指導し、整理整頓を促す。
  • 体を動かす活動をする際は、室内のスペースに気をつけて、十分な運動スペースを確保する。

●「衛生」の援助と配慮

  • 冬場の乾燥に注意し、加湿器の使用や換気をこまめに行う。
  • 手洗いの重要性を話しながら、楽しい歌を歌って正しい手洗い方法を教える。
  • 食事の前後やトイレの後はもちろん、室内外の活動切り替え時にも手洗いを促す。
  • 保育室内のおもちゃや使用物を定期的に清掃し、消毒することで清潔を保つ。
  • 子どもたちが自分のタオルやコップを使い分けるように指導する。
  • 風邪やインフルエンザの予防として、室内の温度と湿度を適切に管理する。
  • 子どもたちが口に入れやすい小物には特に注意を払い、清潔に保つ。
  • 保育者自身が手洗いやうがいの模範を示し、衛生的な行動を身につける。
  • 体調不良の子どもを早期に見つけ、必要に応じて保護者に連絡を取る。
  • 新年の行事や活動で使う材料は事前に清潔にし、衛生的に取り扱う。

●「養護」の援助と配慮

  • 朝の受け入れ時には温かい挨拶とスキンシップで子どもの様子を観察する。
  • 季節の変わり目に注意し、衣類の調節や水分補給を促す。
  • 寒い季節には、活動前に体操で体を温める。
  • 子どもたちがじっくりと活動できるように、スペースと時間を確保する。
  • 一日のスケジュールに余裕を持ち、リラックスした時間を過ごす。
  • 保育室の温湿度を適切に保ち、こまめに換気を行う。
  • 寒い時期には、室内での運動を取り入れて体を動かす。
  • 季節の行事や流行の遊びを取り入れ、季節感を感じられる環境を作る。
  • 子どもたちが自分の体調を言葉で伝えられるように促す。
  • ティッシュやゴミ箱を目に見える場所に配置する。
  • うがい用のコップを毎朝コップ袋に入れ、夕方に持ち帰る習慣をつける。
  • 入室時は衣服の着脱を落ち着いて行えるように時間に余裕を持たせる。
  • テーブルに花を飾り、楽しい雰囲気を作る。
  • 子ども一人ひとりの甘えや欲求に応え、安心して過ごせる環境を提供する。
  • 季節の変わり目に注意し、衣類の調節や水分補給を促す。
  • 保育者が手本となり、ガラガラうがいの方法を教える。
  • 寒さ対策として、排泄時の声かけを心がける。
  • 緊急時に備え、嘔吐セットを手の届く場所に準備する。

●「食育」の援助と配慮

  • 季節の食材を取り入れたメニューを提供する。
  • 食事の時間を楽しいものにするために、雰囲気作りに努める。
  • 食事の時間を使って、基本的な食器の使い方を教える。
  • 食事中の会話を大切にし、コミュニケーション能力を高める。
  • 食事の準備や片付けを通じて、協力する精神を育む。
  • 友達との食事を通じて、社交性を育む。
  • 食事の盛り付けを手伝い、適切な量を教える。
  • 食べることの楽しさを伝えるために、食に関する絵本を読む。
  • 子どもたちが食事の準備をする様子を見守り、会話を楽しむ。
  • 食事の時間に子どもたちが自主性を持てるようにする。
  • 七草粥や鏡開きを通じて、日本の伝統食に親しむ。
  • 正しい食事のマナーを身につけるようにサポートする。
  • 様々な食材に触れさせ、食の好奇心を育てる。
  • 食事の時間を楽しむために、食事の準備を手伝う。
  • 3歳児クラスでのおやつタイムを経験し、新しい環境に慣れる。

■保育の連携について【2歳児クラス|1月】

●家庭との連携

  • 休み中の子どもの様子を共有し、園生活へのスムーズな移行を助ける。
  • 園での日常生活と家庭での生活が連携できるよう情報を交換する。
  • 子どもの日々の成長や変化を家庭と共有し、一緒に喜ぶ。
  • 季節の行事に関する情報を家庭に伝え、参加を促す。
  • 子どもの健康管理について、家庭と連携し、具体的な対策を講じる。
  • 早寝早起きを心掛け、規則正しい生活リズムを家庭でも支援する。
  • うがい用コップとコップ袋を持参し、毎日洗って持ち帰る習慣をつける。
  • 風邪やインフルエンザ予防のため、手洗い・うがいの習慣を家庭でも促す。
  • 長い休み明けの子どもの様子を家庭と共有し、安心感を持たせる。
  • 進級に関する不安を和らげるため、懇談会で情報を提供する。
  • ハサミの使用について家庭にも知らせ、安全な使い方を伝える。
  • 戸外活動に適した服装を家庭に伝え、準備をお願いする。
  • 食事のマナーや姿勢を家庭でも意識し、声掛けをする。
  • 子どもが園で流行っている遊びを家庭でも楽しめるようにする。
  • 子どもの体調変化について、家庭と密に連絡を取り合う。
  • 子どもの言葉や行動の変化を家庭でのサポートに活かす。
  • 子どもの体調変化について、家庭と連携し、具体的な対策を講じる。

●地域との連携

  • 地域の図書館を訪れ、冬にちなんだ絵本を選ぶ。
  • 近くの公園で冬の自然を観察し、季節の変化を感じる。
  • 地域のお年寄りとの交流を計画し、世代間のふれあいを持つ。
  • 地域の新年の行事に参加し、子どもたちに伝統文化を体験させる。
  • 地域の安全に関する活動に協力し、子どもたちの安全意識を高める。
  • 地域のボランティアと連携し、清掃活動を通じて社会性を育む。
  • 地域の特産物を使った料理を作り、地元の食文化を学ぶ。

●職員間での連携

  • 進級準備のため、他クラスの保育者と状況を共有する。
  • 冬の感染症対策として、看護師と連携し情報共有を密にする。
  • 保育園の行事に合わせて、他の職員と役割分担を明確にする。
  • 園内の安全確認を他の職員と協力して行い、危険箇所をチェックする。
  • 子どもたちの健康管理について、他の職員と情報を共有する。
  • 園内の清掃を他の職員と分担し、衛生的な環境作りに努める。
  • 子どもたちの発達支援について、専門職員と定期的に話し合う。
  • 冬の寒さで子どもたちが転びやすいため、保育者間で注意喚起を行う。
  • 園外活動の際は、他の職員と連携し安全管理を徹底する。

■評価と反省の方法【2歳児クラス|1月】

●今月の反省(文例)

1月の保育を振り返り、子どもたちの成長と共に過ごした日々は多くの学びと感動を与えてくれました。
新年の訪れと共に、子どもたち一人ひとりの変化が顕著になり、冬ならではの活動を通じて、彼らの好奇心や協調性が育まれたことを実感します。
雪遊びや冬の自然物を使った工作では、季節の移ろいを感じる貴重な体験ができました。

しかし、一方で、厳しい寒さの中での屋外活動の際には、子どもたちの体調管理にさらなる配慮が必要だったと反省しています。
来月に向けては、冬の健康管理をさらに徹底し、子どもたちが安心して遊べる環境作りに努めたいと思います。また、保護者の方々とのコミュニケーションをさらに密にし、家庭での様子も踏まえた支援を心がけることで、一人ひとりの子どもがより豊かな保育園生活を送れるようにしていきたいです。

今月は、2歳児クラスで様々な行事を楽しむとともに、季節を感じる遊びや活動を通じて子どもたちの成長を見守りました。
ごっこ遊びを通じて友達との関わりを深めることができましたが、遊びをさらに広げる機会はまだまだ増やせると感じています。今後は、子どもたちの興味に合わせてルールのある遊びも取り入れ、社会性や協調性を育む機会を意識的に作り出したいと思います。

戸外での活動では、気温差に注意しながらも、子どもたちが体を思い切り動かせるよう配慮しました。幸いにも大きな体調不良は見られず、子どもたち一人一人の健康管理に努めた結果、元気に過ごすことができたと自負しています。ただし、手洗いやうがいの習慣については、今後も継続して指導し、衛生習慣を身につけさせることが重要だと感じています。

保護者との連携については、日々のコミュニケーションを密に取り、子どもたちの日常を共有することで、安心感を提供できたと思います。特に長い休み明けは、子どもたちの心のケアを重視し、家庭との情報共有がスムーズに行えたことが、子どもたちの安定した保育園生活につながったと実感しています。

来月に向けては、正月遊びを通じて見せた子どもたちの遊びへの意欲をさらに伸ばし、集団での活動を通して社会性を育むことに注力したいと考えています。また、保育園内での職員間の連携をさらに強化し、情報の伝達をより効果的に行うことで、子どもたち一人一人にとって最適な保育を提供できるよう努めていきます。

●保育者自身の評価、子どもの評価のポイント

  1. 行事の取り組み:今月のの行事にどのように取り組んだか、子どもたちの反応や参加度を評価します。
  2. 日常の保育の質:日常の遊びや活動が子どもの興味・関心に合わせて提供されていたかを確認します。
  3. 安全管理:事故や怪我がなかったか、安全対策は適切だったかを振り返ります。
  4. コミュニケーション:保護者とのコミュニケーションがスムーズに行えていたか、また子どもたちの様子や変化を適切に伝えられていたかを評価します。
  5. 食事:食事のサポートが適切に行えていたか、アレルギーや食事の好みなどの対応は適切だったかを振り返ります。
  6. 環境整備:保育室の環境が子どもの発達や興味・関心に合わせて整備されていたか、また新しい遊びや活動の材料を取り入れることができたかを振り返ります。
  7. 職員間の連携:職員間での情報共有や連携がスムーズに行えていたか、また子どもたちのケアやサポートにおいて連携が取れていたかを評価します。
  • 保育者自身の行動や反応の評価
  • 日常の反応や成長の評価ポイントの理解
  • 今後の保育活動の参考とするための情報収集
  • 月末の反省会を有効に進めるためのポイント理解
  • 保育者としての自己評価の深化
  • 子どもたちの一ヶ月間の成長や変化をしっかりとキャッチする

■2歳児1月の月案に役立ちそうな特集・記事リンク

読みたい【年齢・クラス】と【該当の月】を選んでタップorクリックくださいね。

スクロールできます
0歳児1歳児2歳児3歳児4歳児5歳児
4月0歳児×4月1歳児×4月2歳児×4月3歳児×4月4歳児×4月5歳児×4月
5月0歳児×5月1歳児×5月2歳児×5月3歳児×5月4歳児×5月5歳児×5月
6月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
7月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
8月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
9月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
10月0歳児×10月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
11月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
12月0歳児×12月1歳児×12月執筆中執筆中執筆中執筆中
1月0歳児×1月1歳児×1月2歳児×1月3歳児×1月執筆中執筆中
2月0歳児×2月1歳児×2月2歳児×2月執筆中執筆中執筆中
3月0歳児×3月1歳児×3月2歳児×3月執筆中執筆中執筆中

クラスの年齢のタブを選んでね!

■2歳児1月の月間指導計画|文例を活用した作り方のまとめ

この記事では、2歳児の1月の月案の文例を紹介しました!
ぜひ文例を自分のクラスに合わせてアレンジしてみてくださいね。

月案を書く作業は大切ですが、それに追われて子どもたちと過ごす時間が少なくなっては本末転倒。
この文例が、少しでも仕事をラクにして、子どもたちとじっくり向き合う時間を増やす手助けになれば嬉しいです。

寒い1月ですが、子どもたちの笑顔は心をポカポカにしてくれますよね!
子ども達のその笑顔をもっとたくさん引き出せるよう、この記事があなたの保育に役立つことを願っています。

5月の人気記事・特集はこちら!

今の職場/保育園が「ブラックすぎる…」って人へ!

あつみ

あつみ先生が超絶ブラック大規模園→小規模園へ転職した話…気になる方はこの記事で読んでみてね!

あつみ先生のInstagramのご案内

このたび、インスタアカウントを作りました♪
子どもの工作や手作り知育玩具の情報を配信してますので、チェックしてみてくださいね!

\ 今すぐ押してフォロー! /

\おしらせ!/

【今月の期間限定イラスト!】

今月のカラーおたよりイラストはこちら!
ほしい人は下記の記事からダウンロードしてね!

いますぐアクセス

ダウンロードは
ここから!

いますぐアクセス

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(タップで移動)