え!?この保育専門書が読み放題? 読み放題一覧を見る

【4歳児】4月の月案の書き方【5領域対応/文例/見本/記入例】

PR
\保育専門書、出版しました!/
この記事を読むメリット
  • すぐ使える月案の文例が必ず見つかる!
  • 4歳児クラス4月の月案がすぐかける
  • 4歳児クラス4月の月案の文例が分かる
  • 5領域にも対応!
  • 必要な文章を書き換えて使える
5領域対応!
月案作成の参考にしてね!

こんばんは!
保育士のあつみです。

この記事では、4歳児向けの4月の保育指導計画・月案の文例をたくさん紹介しています。
自分のクラスの子どもたちに合わせて、文章をアレンジして使えるようにしてます!
一番面倒くさい月案の書類を効率よく進めて…子どもたちとの関わりにもっと時間を使ってくださいねー!

読んでくださった先生方が、子どもたちとの大切な時間をもっと充実させられるように、心を込めて書きました。
それでは見てまいりましょう~!

全年齢・全ての月の月案一覧【開く】

読みたい【年齢・クラス】と【該当の月】を選んでタップorクリックくださいね。

スクロールできます
0歳児1歳児2歳児3歳児4歳児5歳児
4月0歳児×4月1歳児×4月2歳児×4月3歳児×4月4歳児×4月5歳児×4月
5月0歳児×5月1歳児×5月2歳児×5月3歳児×5月執筆中執筆中
6月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
7月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
8月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
9月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
10月0歳児×10月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
11月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
12月0歳児×12月1歳児×12月執筆中執筆中執筆中執筆中
1月0歳児×1月1歳児×1月2歳児×1月3歳児×1月執筆中執筆中
2月0歳児×2月1歳児×2月2歳児×2月執筆中執筆中執筆中
3月0歳児×3月1歳児×3月2歳児×3月執筆中執筆中執筆中

クラスの年齢のタブを選んでね!

2024年2月の新刊!
\おたより文例~春編365選/
  • 春を感じるおたより文例、た~くさん収録!
  • 「あ!この文、使える!」が必ず見つかる!
  • 季節や時候の挨拶を考えるのが苦手な先生へ!

スマホですぐに読める電子書籍版Kindle unlimitedで読み放題です!

2024年2月の新刊!
\おたより文例~春編365選/

スマホですぐに読める電子書籍版Kindle unlimitedで読み放題です!

  • 春を感じるおたより文例、た~くさん収録!
  • 「あ!この文、使える!」が必ず見つかる!
  • 季節や時候の挨拶を考えるのが苦手な先生へ!
あつみ

保育園や幼稚園の先生向け!
3月、4月、5月のおたより文例をいっぱい収録しているよ~!

目次(タップで移動)

この記事を書いた人

あつみ先生

保育士/幼稚園教諭/保育教諭|現役8年目|今年は0歳児担任|SNSフォロワー累計17000人↑|見てきた子ども達は250人↑|保育士ライター(MAMADAYS/ほいくらいふ等)|書籍出版保育製作365日/100均知育365日」|30万PV保育士ブロガー|ピンタレスト月間250万PV|離乳食インストラクター4期卒セミナー講師|詳しいプロフィールはこちら

この記事を書いた人

保育士/幼稚園教諭/保育教諭|現役8年目|今年は0歳児担任|SNSフォロワー累計17000人↑|見てきた子ども達は250人↑|保育士ライター(MAMADAYS/ほいくらいふ等)|書籍出版「保育製作365日/100均知育365日」|30万PV保育士ブロガー|ピンタレスト月間250万PV|離乳食インストラクター4期卒セミナー講師|詳しいプロフィールはこちら

アマゾンで販売中の下記の本…LINE登録で試し読み版プレゼント中♪

\製作ネタ本/

保育製作365日: 保育園や幼稚園で使える♪行事と季節の造形遊び!100均材料でも簡単に作れる製作アイデア帳

\手作り玩具/

毎日モンテ!100均知育365日: かんたん手作り!指先の知育玩具 保育365日シリーズ

\読み聞かせ/

ピックアップ♪

アマゾンで販売中の本…LINE登録で試し読み版プレゼント中だよ!

■【4歳児】4月の月案での保育目標・ねらいの設定

●【4歳児】4月の目標・ねらい【月案文例】

  • 春の自然に触れ、新しい季節の花や昆虫に興味を持つ。
  • 数や文字に興味を持ち、学ぶ楽しさを知る。
  • 登園や降園の流れを覚え、新しい生活リズムに慣れる。
  • 運動遊びや戸外活動に積極的に参加し、健康的な体を育てる。
  • 一人ひとりの気持ちに配慮し、安心して過ごせる環境を作る。
  • クラスの進級を喜び、新しい環境や友達との関係構築に励む。
  • ゲームやスポーツでルールを学び、友達と協力して遊ぶ楽しさを体験する。
  • 春の自然の中で体を動かし、健康的な遊びを通じて身体能力を高める。
  • 園の新しい生活の流れに慣れ、朝の会やお昼の活動を自然にできるようになる。
  • 気持ちや欲求を言葉で伝え、先生や友達とのコミュニケーションを図る。
  • 目的意識を持って集団遊びに参加し、ルールの中で協力する。
  • 春の自然の変化をテーマにした遊びや活動に取り組み、季節の移り変わりを実感する。
  • 新しい友達との遊びを通して、友情を深め、社会性を育む。
  • 好きな遊びを見つけ、友達との共有を通じて協力する喜びを知る。
  • 園生活の中で日々の感情や感覚を自由に表現し、感情の理解を深める。
  • 担任や友達との新しい関係を楽しみ、積極的に交流する。
  • 春の花や生き物を観察し、季節の変わり目を自分の感覚で感じ取る。
  • 園のお花見や春のイベントに参加し、季節の行事を楽しむ。
  • 絵や製作活動を通して、自分の想像力や創造性を発揮する。
  • 春のテーマを取り入れた制作活動に挑戦し、創造力や手先の器用さを育てる。
【タップで開く】保育目標の設定のコツとポイント!

4歳児のクラスで4月の目標やねらいを立てる時、大切なのは何でしょうか?
まず、子どもたちが新しいクラスや環境・園生活に慣れることを考えるのがポイントです。
4月は新しい学年の始まり。
新しいクラス、新しい友達、時には新しい先生との出会いもあります。
なので、子どもたちが安心して園に来られるような雰囲気作りが大事ですね。

次に、4歳という年齢を考えると、言葉やコミュニケーション能力がぐんぐん伸びる時期。
自分の気持ちを言葉で上手に伝える練習や、友達との協力遊びなどを通じて、社会性を育む機会をたくさん作ってあげるといいですよ。

そして、春!
この季節、自然はとっても魅力的。花が咲き、木々が芽吹き、いろんな生き物が活動を始めます。
そんな春の自然を感じる活動も取り入れましょう。
公園で春の花を観察したり、春の行事を楽しんだりすることで、季節感を味わうことができます。

4歳児は、好奇心旺盛で何にでも興味を持ちます。
その興味を大切にして、いろいろな経験をさせてあげるのが大切。
自然の中で遊ぶこと、友達との関わりを大切にすること、新しいことへのチャレンジを応援すること。
これらが、4月の目標を立てるときの重要なポイントです。

でも、何より大切なのは、子どもたちが毎日を楽しむこと。
園での生活が楽しくなければ、いい目標もねらいも生まれません。
子どもたちが笑顔で園に来て、笑顔で帰る。
そんな日々を作ることが、私たちの最大の目標ですね。
これからの春の日々、子どもたちと一緒に、新しい発見と楽しさを満喫しましょう!

●【4歳児】4月の週の目標・ねらい【週案文例】

  • 1週目
    進級式・新入園児歓迎会:新しいお友達を迎える活動やゲームをしたり、新しいクラスに慣れるため自己紹介をしたりする。
    春の探検:園の周りや公園で春の自然を探検し、花や虫を観察。
  • 2週目
    春の描画活動:春の風景や花々をテーマにした絵画活動。
    自然素材で製作活動:公園で拾った花や葉で工作をする。
  • 3週目
    身体測定の準備:測定に向けて身体を動かす運動や、身体測定についての話を聞く。
    春の野外活動:公園で春の自然を楽しみながら体を動かす。
    身体測定:子どもたちの成長を記録する大切な日。
  • 4週目
    避難訓練の準備:安全についての話を聞き、避難訓練の流れを学ぶ。
    春のお花見ピクニック:園の近くの公園でお花見を楽しむ。
    避難訓練:実際に園で避難訓練を行い、安全について学ぶ。
  • 5週目
    春の自然散策:近くの公園や園庭で春の変化を感じる散策。
    春の製作活動:春のテーマを使った創作活動。
    4月のふりかえり:月末に今月の活動を振り返り、成長を喜ぶ。
【タップで開く】週案の組み方と考え方を詳しく読む

この時期の4歳児向けの計画作り、大事なのはバランスですね。
朝は、子どもたちがゆっくり園の雰囲気になじめるように、穏やかな時間から始めましょう。
朝の会で一日の流れを伝え、子どもたちが何が待っているかを知ることが大切です。

活動時間には、自由遊びやクラスでの活動を交互に配置するといいですよ。
自由遊びで想像力を育み、クラスでの活動で集中力や学びを深めます。
静と動のメリハリも退治です!
昼食やお昼寝の時間は、子どもたちがリラックスできるように配慮して。

午後は、外での活動やクラフトなど、体を動かす遊びを取り入れると良いですね。
一日の終わりには、振り返りの時間を設けて、子どもたちがその日の経験を自分の言葉で表現できるようにしましょう。
楽しく、充実した一日を過ごせるように、子どもたちのペースを大切にしながらスケジュールを組んでいきましょう。

2024年2月の新刊!
\おたより文例~春編365選/
  • 春を感じるおたより文例、た~くさん収録!
  • 「あ!この文、使える!」が必ず見つかる!
  • 季節や時候の挨拶を考えるのが苦手な先生へ!

スマホですぐに読める電子書籍版Kindle unlimitedで読み放題です!

2024年2月の新刊!
\おたより文例~春編365選/

スマホですぐに読める電子書籍版Kindle unlimitedで読み放題です!

  • 春を感じるおたより文例、た~くさん収録!
  • 「あ!この文、使える!」が必ず見つかる!
  • 季節や時候の挨拶を考えるのが苦手な先生へ!
あつみ

保育園や幼稚園の先生向け!
3月、4月、5月のおたより文例をいっぱい収録しているよ~!

■子どもの姿・様子【4歳児|4月】

●【先月~現時点】子どもの姿の振り返り

  • 新しい年度の始まりにドキドキしているが、徐々に園生活に慣れてきている。
  • 自分の好きなことや得意なことを見つけ出し始めている。
  • 春の行事に興味を持ち、積極的に参加しようとする。
  • お友達とのごっこ遊びに夢中になり、想像力豊かな遊びが見られる。
  • 新しい友達との関係を築くことに興味を持ち始めている。
  • 遊びの中で友達と協力することを楽しんでいる。
  • 自分の意見を言葉で表現しようとする姿が増えてきている。
  • 春の自然を使ったクラフト活動に夢中になっている。
  • 新しいクラスに進級し、新しい環境にわくわくしている子どもが多い。
  • 卒園時とのお別れ会の準備に、一生懸命取り組んでいる。
  • 新しい保育室や担任に慣れるために時間が必要な子どももいる。
  • 園庭の花や木々に興味を持ち、自然と触れ合う機会を楽しんでいる。
  • 小さな変化にも敏感で、周りの環境に対して好奇心を持っている。
  • 新しい活動に挑戦する意欲が高まっているが、時には無理をしてしまうことも。
  • 季節の変わり目を感じ、春の自然に興味を示している。

●【今月】予測される子どもの姿

  • 新しい環境にワクワクし、園での新しい活動に積極的に参加する。
  • 自然に触れながら、植物の成長や生き物の観察に夢中になる。
  • 担任や友達に対して、少し緊張しながらも徐々に慣れていく様子。
  • 食事の時間を友達と楽しみ、おしゃべりを交わしながら食べる。
  • 朝夕の気温の変化を感じながら、園庭で元気に遊ぶ。
  • 新しい遊びや活動に興味を持ち、友達と共に楽しむ。
  • 新しいおもちゃに興味を持ち、友達と共に楽しむ。
  • 時には食器をうっかり落としてしまうことがあるが、自分で片づける意欲も見せる。
  • 春の行事に興味を示し、季節の変わり目を感じる。
  • こいのぼりの製作に取り組むが、集中力が続かない子どももいる。
  • 自分の気持ちや要望を言葉で表し、ごっこ遊びなどで表現する楽しみを見つける。
  • 進級を喜び、新しいことにチャレンジする意欲が見られる。
  • 園のルールや習慣に徐々に慣れ、自分の役割を理解し始める。
  • 年下の子どもたちに関心を示し、優しく接する姿が増えてくる。
  • 虫や草花など、春の自然に関心を持ち、積極的に触れ合う。
  • 春の自然に触れ合い、花や虫などに興味を示す。
  • 友達との関係を大切にし、一緒に行動することが増える。
  • 自分の感情をコントロールすることに挑戦し、時には涙を見せることも。
  • 遊びの中で待つことや順番を守ることに苦労する場面も見られる。
  • 自分の気持ちを保育者に伝えるために、さまざまな表現方法を試みる。
  • 箸の使い方を覚えようとするが、まだ不器用な様子。
  • 自分の意見を持ち、それをグループ活動や遊びの中で表現する。
  • 春の歌を歌い、リズムに合わせて体を動かす。
  • 一人でできることに挑戦し、自分の力で何かを成し遂げようとする。
  • 散歩で見たものを絵や工作で表現しようとする試みが見られる。
【タップで開く】子どもの姿に応じた援助や配慮方法を詳しく見る

4歳児のこの時期に子どもたちの姿を想定する際、いくつかの重要なポイントがあります!
4月は新しい学年の始まりの時。
子どもたちは新しい環境や友達に慣れる過程にあります。

この段階では、子どもたちが新しい環境にワクワクしていることや、少し緊張している様子を観察できるかもしれません。
また、自分の意見を言葉で表現する能力が徐々に向上しているため、自分の気持ちを伝える試みをする場面にも注目しましょう。

春の訪れとともに、子どもたちは自然に対する興味を深めています。
春特有の生き物や植物、行事などに関心を示し、これらを通じて学びや感動を得ています。
また、友達との関係も発展しており、一緒に遊ぶ楽しさや協力する重要性を学んでいる時期です。

この年齢の子どもたちは、日々の小さな変化に対してもとても敏感!
子ども達の反応や行動に注目し、彼らの発達段階や感受性を理解することが大切です。
この時期の子どもたちは、新しいことへの好奇心が旺盛で、積極的に学び、成長していく過程にあります。
そのため、彼らの行動や感情の変化に対して、柔軟かつ丁寧に対応することが重要となります。

■保育・活動内容【4歳児|4月】

  • 音楽に合わせて体を動かし、楽しみながらリズム感を育む。
  • 数や文字への興味を育て、基本的な読み書きに挑戦する。
  • 陶器の食器を丁寧に扱い、大切にすることを学ぶ。
  • 春の花や植物を観察し、自然の不思議を感じる。
  • 廃材を使って工作をし、創造力を発揮する。
  • 戸外での体を使った遊びに挑戦し、体力をつける。
  • 春の風物詩であるこいのぼりを作成し、日本の文化に触れる。
  • 虫取りや生き物観察を通して、自然との触れ合いを深める。
  • ロッカーや下駄箱の位置変更で、進級の喜びを実感する。
  • 絵本の読み聞かせを通して、物語の世界に触れる。
  • 積み木を使って、自分の思い描く作品を創造し、友達と一緒に作ったり協力を楽しむ。
  • 他者の違う思いを理解し、共感力を育む。
  • 挨拶を大切にし、日常のコミュニケーションを豊かにする。
  • 春の行事や季節のイベントに興味を持ち、参加する。
  • 大型固定遊具の遊び方や使い方を理解し、安全な遊び方で楽しめるようになる。
  • トイレや手洗いの習慣を身につけ、清潔な生活を心がける。
  • 園庭で春の草花を植え、成長を観察する。
  • 一緒に過ごす友達との絆を深めるために、共同での活動に取り組む。
  • 友達との協力を通じて、新しい遊びを創造する。
  • 春の自然をテーマにした絵を描いて、季節の変化を表現する。
  • 春の草花や生き物に親しむ時間を持つ。
  • 端午の節句に向けて、こいのぼりの歌を覚える。
  • 音楽に合わせて体を動かし、リズム感を育む。
  • 個人の物の管理を学び、共有物の使い方を覚える。
  • 砂場で砂の城や泥団子を作って、感触を楽しむ。
  • 思ったことや感じたことを言葉で表現し、他者の意見にも耳を傾ける。
  • 色とりどりの花を植えて、春の花壇を作る。
  • 春の自然をテーマにした絵本を読み、季節感を育む。
  • 自分の考えを表現し、共有する喜びを感じる。
  • 園外での自然散策をし、虫や草花に興味を示す。
  • 廃材や様々な素材を使って、自由な発想で作品を作る楽しみを味わう。
  • 衣服の汚れに気づき、着替えや片付けを自分で行う。
  • 自分のロッカーの場所を把握して、使い方を覚える。
  • 子どもの日に向けた製作活動を楽しむ。
  • リズム遊びや歌を通して、表現力を高める。
  • 動物や植物の観察を通して、自然の不思議に興味を持ち、探究する。
  • 春の訪れを感じながら、自然の中での遊びを楽しむ。
  • 春の自然を体感し、季節の変化を感じ取る活動に取り組む。
  • 新しい園の生活に慣れ、自分でできることを積極的に行う。
  • 園庭で虫探しをして、春の生き物に親しむ。
  • 端午の節句に向けて、こいのぼりの製作に取り組み、工夫を凝らす。
  • 友達と鬼ごっこやかくれんぼをして、運動能力を高める。
  • 新しい友達との関係を築く中で、協調性を育てる。
  • 朝の会で一日の予定を話し合い、計画を立てる。
  • 共通のテーマでごっこ遊びを楽しみ、想像力を育てる。
  • 新しい友達と一緒に組み木遊びをし、協力して作品を作る。
  • こいのぼりの工作を楽しんで、端午の節句について学ぶ。
  • 様々な遊びを通じて、友達との絆を深める。
  • 園庭で春の花や虫を観察し、自然の変化に気付く。
  • 教室内の物の場所を覚え、整理整頓をする。
  • 手遊びやわらべうたで、言葉の響きやリズムを楽しむ。
  • 食事の時間にマナーや正しい姿勢を意識する。
  • .生活のリズムを身に付け、自分でできることを増やす。
  • 自分の感情や感覚を大切にしながら、園生活を楽しむ。
  • 異年齢児との交流を通じて、社会性を育む。
  • 園庭で砂や泥を触り、泥団子作りに夢中になる。

●おすすめの室内遊び【4歳/4月】

室内遊びの文例

  1. 「春の花畑」絵画:春の花々をモチーフ・テーマにした絵を描く。
  2. 「こいのぼり製作」:5月の子どもの日に向けてこいのぼりを作って飾る。
  3. 「春の絵本読み聞かせ」:春にちなんだ物語を読んで、季節を感じる。
  4. 「体操・リズム遊び」:春の歌に合わせて手拍子や体を動かす。
  5. 「お花屋さんごっこ」:造花や折り紙でお花屋さんを再現し遊ぶ。
  6. 「お天気カレンダー」:毎日の天気を記録して、春の気候を学ぶ。
  7. 「春の生き物クイズ」:春に活動する動物や虫のクイズで知識を深める。
  8. 「花のクラフト」:色紙や折り紙でさまざまな春の花を作る。

●おすすめの外遊び【4歳/4月】

外遊びの文例

  1. 「春の花探検」:園庭や近くの公園で春の花を探し、観察する。
  2. 「春の虫探し」:春に活動する虫を探して、自然に親しむ。
  3. 「宝探しゲーム」:園庭に隠した宝物を探す宝探しゲーム。
  4. 「風船バレーボール」:柔らかい風船を使って、友達とバレーボールを楽しむ。
  5. 「春の天気観察」:天気を観察し、季節の変化を感じる。
  6. 「ピクニックごっこ」:お弁当を持って、園庭で春のピクニックをする。
  7. 「お散歩ピクニック」:お弁当をもって散歩に行く。
  8. 「シャボン玉遊び」:シャボン玉を吹いて、春風に舞わせる。
  9. 「春の植物植え付け」:園庭の花壇に春の植物を植えて、成長を観察する。
  10. 「砂場あそび」
【タップで開く】活動・遊びの決め方を詳しく読む

4歳児は身体や言葉の発達が著しい時期!
そのため、体を動かす遊びや言葉を使う遊びを取り入れるといいですね。
例えば、春の歌に合わせて体操をしたり、お話を作って遊ぶのがおすすめです。

また、春という季節を感じられる活動を取り入れることも大事!
春の花や虫を探す探検遊びや、園庭でのピクニックなど、自然の中で楽しむ活動がピッタリです。

そして、この時期は新しい学年の始まりでもあるので、新しい友達と仲良くなれる遊びも大切です。
遊具を使った遊びや共同作業の工作など、協力して楽しむ遊びを取り入れましょう。

こうした活動を通して、4歳児の子どもたちは春を楽しみながら、さまざまなスキルを育てることができますよ!

●おすすめの絵本【4歳/4月】

  1. 『14ひきのぴくにっく』
    作者:いわむらかずお
    出版社:童心社
    出版日:1986年11月
    対象年齢:3歳〜
    内容:春の野原でのねずみ家族のピクニックを描いた物語です。
  2. 『たんぽぽ』
    作者:平山和子
    出版社:情報不明
    出版日:不明
    対象年齢:不明 内容:たんぽぽの生態について詳しく描かれた教育的な絵本です。
  3. 『おねぼうさんはだあれ』
    作者:片山 令子
    出版社:Gakken
    出版日:不明
    対象年齢:3歳〜
    内容:うさぎのミミナちゃんが冬ごもりから起きない友だちを起こしに出かける物語です。

\絵本をもっと探す/

\絵本専門店はこちら/

●おすすめの歌・童謡【xx歳/yy月】

  1. こいのぼり
    作詞:近藤宮子 作曲:不詳 歌の内容:家族を象徴する鯉のぼりの姿を歌った、春の定番曲です。
  2. 緑のそよ風
    作詞:清水かつら 作曲:草川信 歌の内容:春の自然や生活を詩的に表現した、心地よいメロディの歌です。
  3. 山のワルツ
    作詞:香山美子 作曲:湯山昭 歌の内容:春の山の情景を描き、3拍子のワルツリズムが特徴の楽しい歌です。
  4. さあ冒険だ
    作詞:森高千里with S.Itoi
    作曲:カールスモーキー石井
    歌の内容:冒険心を刺激する、わくわくする歌詞とメロディの歌です。
  5. きょうのできごと
    作詞:新沢としひこ
    作曲:中川ひろたか
    歌の内容:日常の出来事をシンプルな歌詞で表現した、子どもたちが歌いやすい歌です

●おすすめの手遊び【xx歳/yy月】

  1. はるですね はるですよ
    内容:春になると動物たちが顔を出す様子を歌った、春らしい歌詞を楽しめる手遊びです​​。
  2. つくしんぼ
    内容:春の植物や動物が登場する楽しい手遊びで、春にぴったりです​​。
  3. ちいさなにわ(小さな庭)
    内容:園内の花壇や畑などをテーマにした、春の花が咲く様子を表現する手遊びです​​。
  4. 1ぽんと5ほんでピクニック
    内容:ピクニックや遠足の時にぴったりな曲で、子どもたちが楽しめる手遊びです​​。
  5. キャベツの中から
    内容:キャベツの中から青むしが出てくる様子を真似する楽しくポップな手遊びです​​​​。

●おすすめの製作【4歳/4月】

  • 春の花のコラージュ
    • 色とりどりの折り紙や色紙を使って、春の花を作ります。
  • こいのぼり製作
    • 色紙や布を使い、簡単なこいのぼりを作ります。
  • 春の花畑の画
    • 絵の具やクレヨンを使い、春の花畑を描きます。
  • 春の自然物コレクション
    • 散歩中に拾った葉っぱや花を使って、自然物のコレクションを作ります。
  • 春の窓飾り
    • カラフルなセロファン紙を使って、窓に春の景色を作ります。
  • たんぽぽの製作
    • たんぽぽをモチーフにした製作活動します。
  • 虫・春の生き物の製作
    • 春に見られる虫をモチーフにした製作をします。ダンゴムシとかおすすめ~!
  • 春のお天気モビール
    • 雲や太陽、雨粒など春の天気をモチーフにしたモビールを作ります。
  • 春の絵葉書やお手紙
    • 春をテーマにした絵葉書やお手紙を作り、家族や友達に送ります。

■園全体や保育室の環境構成【4歳児クラス|4月】

  1. 手洗い、うがいの仕方を絵・イラスト・写真などで表示し、目につく場所に貼る。
  2. 食事の際のあいさつや食べる姿勢を示すポスターを掲示する。
  3. 室内外の安全点検を行い、好きな遊びが楽しめるようにする。
  4. 道具や素材の片付け場所をわかりやすくするために写真を貼る。
  5. ままごとや積み木などのコーナーを整え、子どもたちの関心を引くようにする。
  6. 園庭で春の自然と触れ合うための遊びや行事を計画する。
  7. こいのぼり製作コーナーを作り、必要な材料を使って楽しめるように準備する。
  8. 保育室内に春の装飾や季節の工作を飾る。
  9. 保育室内で春に関する知識や情報を共有するための掲示板を設ける。
  10. 異年齢児との交流ができるような時間や場所を設ける。
  11. 園庭の固定遊具やボール、ブロック、三輪車などの正しい使い方を伝える。
  12. 春に関連する楽しいゲームや活動を企画する。
  13. 子どもが関心を持つものの写真や資料を掲示する。
  14. 草花や昆虫について学べる図鑑を用意する。
  15. 落ち着いて話ができる環境や場所を設ける。
  16. 春の季節をテーマにした壁画やポスターを作成する。
  17. 積み木遊びで高く積み上げる子どもや共同制作をする子どものために広めのスペースを確保する。
  18. 持ち物の整理が自分でできるように使いやすい環境を整える。
  19. 持ち物の始末や食事の準備、片付け方法を示すシールやテープを使う。
  20. 季節に合わせた絵本を保育室に用意する。
  21. 製作用具を入れる棚にクレヨン、油性ペン、色鉛筆、紙などを準備する。
  22. 春の自然物を使った装飾やコーナーを作る。
  23. 園庭に動を動かす遊びとゆったり過ごして遊べるエリアをゆるやかに分けて設定する。
  24. 草花や昆虫の図鑑を見やすい場所に置く。
  25. 春の行事に合わせた展示物を保育室や園内に設置する。
  26. 翌日も遊びの続きが楽しめるように、衣装や小道具、制作物の置き場所を整える。
  27. 自由に体を動かして遊べるような音楽を用意する。
  28. 子どもたちが植物の成長を観察できるように、植物の育成スペースを設ける。
  29. 子どもがじっくり遊べるように、静と動のコーナーを作る。
【4歳児】4月の環境構成のねらい|考え方と詳しい解説

4歳児クラスの4月の保育室の環境を考える上で、大切なことはいくつかあります。
まず、春という季節を感じられるように・気づけるようにすることが重要!
園庭に春の花を植えたり、季節にちなんだ工作や装飾を飾ったりするのはよいですね!

次に、子どもたちが自分で物を取り出したり片付けたりできるよう、整理整頓がしやすい環境を作ることが大切です。
例えば、道具の置き場所には写真やイラストを使って、何がどこにあるのかを明確に示すといいですね。

さらに、安全面にも気を配りましょう。
園庭の遊具や室内の家具の点検を定期的に行い、子どもたちが安心して遊べる環境を保ちます。
これらのポイントを押さえて、子どもたちが春を楽しみながら安全に過ごせる環境を整えていきましょう!

■今月の行事・取り組みや記念日【4歳児クラス|4月】

●行事・活動・取り組み

  1. 新入生歓迎会
    保育園に新しく入園した子どもたちを温かく迎えるための行事。
    在園児や保育者が一緒になって、新入生を歓迎し、保育園生活への期待感を高める。
  2. 入園式
  3. 進級式
    新しいクラスに進級する子どもたちをお祝いする行事。
    新しい年齢のスタートを祝い、新しい環境への期待を高める。
  4. 身体測定
    子どもたちの成長を記録するための身体測定を実施。
    身長や体重などを測定し、健康状態のチェックをする。
  5. 避難訓練
    地震や火事など緊急時の避難手順を学ぶ訓練。
    子どもたちが安全に避難する方法を学ぶことで、万一の事態に備える。

●【yy月】行事や記念日【一覧表】

  • イースター(3月下旬~4月頃)
  • エイプリルフール(4月1日)
  • 春の交通安全運動(4月6日~15日)
  • 花まつり(4月8日)
  • 地球の日(アースデー)(4月22日)
  • サンジョルディの日(4月23日)
  • 昭和の日(4月29日)

■5領域【4歳児クラス|4月】

●「健康」の領域(文例)

  1. 春の自然を体験するための園外散歩を行う。
  2. 運動会や春の行事に向けての体操やダンスを楽しむ。
  3. 春の自然を感じることで、心身ともにリフレッシュして心地よく過ごす。
  4. 子どもたちの体調を日々チェックし、体調管理に努める。
  5. 季節の変わり目に気を付けて、快適な衣服に調整できるようにして外遊びをする。
  6. 園庭での春の花や虫の観察を通じて、自然とのふれあいを深める。
  7. 環境の変化に適応するための心のケアを行う。
  8. 春の食材を使った食育活動を行う。
  9. 春の行事やイベントに合わせた運動遊びを取り入れる。
  10. 歯磨きや手洗いの習慣を毎日の生活に取り入れる。
  11. 季節の変わり目に合わせた衣服の着替えを促す。
  12. 春の温かい日差しの中で、外遊びを楽しむ。
  13. 着替えやお手洗いなど、日常の生活習慣を見直す。
  14. 季節の変わり目の気候変動に注意し、体調管理を徹底する。
  15. 子どもたちが季節感を感じられるよう、春の食べ物を紹介する。
  16. 適切な水分補給うながし、自分の好きな時に水分補給ができるようにする。
  17. お昼寝・休息時間の大切さを教え、心地よい休憩を取る。
  18. 自然の中で体を動かし、健康的な体を育てる。

●「人間関係」の領域(文例)

  1. 新しい友達との関係を育むために、自己紹介の時間を設ける。
  2. 春の行事やイベントを通じて、協力して活動を楽しむ。
  3. 異年齢の子どもたちとの交流を促進するための活動を行う。
  4. 春の自然をテーマにしたグループ活動を企画する。
  5. 園内のルールを再確認し、互いを尊重する心を育てる。
  6. お互いの好きなものや興味を共有するための時間を作る。
  7. 春にちなんだ絵本や話を共有し、共感を育む。
  8. 友達と一緒に遊ぶ楽しさを感じるための遊びや活動を行う。
  9. 教室の片付けや準備を助け合うことで協力する心を育てる。
  10. 園内の植物や動物の世話を通じて、思いやりの心を育む。

●「環境」の領域(文例)

  1. 道具や素材の片付け場所を明示し、子どもたちが自分で整理できるようにする。
  2. 子どもたちの興味に基づいて、作りたいものの参考資料を掲示する。
  3. 持ち物の管理や食事の手順を視覚的に示すために、カラフルなシールやテープを利用する。
  4. 積み木遊びなどで大きな構造物を作るための十分なスペースを提供する。
  5. 子どもたちの話をじっくりと聞くための時間を作り、感情を共有する。
  6. 積み木遊びに広いスペースを提供し、大きな構造物を作る機会を与える。
  7. 食事マナーの正しい例を示し、保育者が模範となって指導する。
  8. 衛生習慣の重要性を示すために、手洗いやうがいの指示を視覚的に表示する。
  9. 製作活動用の道具を整理し、子どもたちが自由に表現できるようにする。
  10. こいのぼり製作のための材料を事前に準備し、創造力を刺激する活動を提供する。
  11. 異年齢の子どもたちが交流できる時間や場所を確保する。
  12. 静かな遊びとアクティブな遊びのためのスペースを作り、子どもたちが自由に遊び込めるようにする。
  13. 保育室内を動的な遊びと静的な遊びの区域に分け、各々が集中して遊べるようにする。
  14. 衣服の着脱や持ち物の片付けをサポートし、自立を促す。
  15. 保育室内の安全を確保し、子どもたちが自由に体を動かせるようにする。
  16. ままごとや積み木などのコーナーを整え、子どもたちが遊びに没頭できる環境を作る。
  17. 子どもたちの興味に基づく活動のために、関連する写真や資料を掲示する。
  18. 製作用具を整理し、子どもたちがいつでも絵を描いたり工作したりできるようにする。
  19. 子どもたちの話を注意深く聞く時間を作り、共感を示す。
  20. 園庭の遊具の安全な使い方を伝え、定期的に安全点検を実施する。
  21. 異年齢の子どもたちが交流できるような場所や時間を設ける。
  22. 翌日も遊びを続けられるように、衣装や小道具、途中の作品の置き場を整える。
  23. 草花や昆虫の図鑑を手の届く場所に配置し、自然についての興味を促進する。
  24. 道具や素材の片付け場所を明確にし、整理整頓を促すために写真を活用する。
  25. 自己表現のための落ち着いた場所を設け、子どもたちの思いを受け止める。
  26. 遊びの道具や素材の整理整頓のために、どこに何があるかを示す写真を使う。
  27. 自然に関する知識を深めるために、草花や昆虫の図鑑を保育室に常備する。
  28. 持ち物の整理が容易なように、子どもたちが自分でアクセスできる収納を整備する。
  29. 園庭に遊びごとに区切られたエリアを設け、多様な遊びを楽しめるようにする。
  30. 積み木などの遊びで、広いスペースを提供し、協力し合って創造的な構造を作る機会を作る。
  31. ままごとや積み木などの遊びスペースを充実させ、子どもたちの興味を引きつける。
  32. 子どもたちが自由に絵を描いたり工作したりできるように、製作用具を整理する。
  33. 園庭の遊具や用具の安全な使用方法を伝え、定期的に安全点検を実施する。
  34. 子どもたちの話をじっくり聞くための時間を確保し、彼らの気持ちに寄り添う。
  35. 静かな遊びと活動的な遊びのためのスペースを保育室内に設ける。
  36. 子どもたちがリラックスして自分の思いを伝えられるような場所を作る。
  37. 食事時のマナーや姿勢を伝えるためのポスターを掲示する。
  38. 体を動かして楽しむ音楽を用意し、活動的な遊びを促進する。
  39. 園庭で使用する遊具や用具の安全な使い方を教え、安全点検を行う。
  40. 園庭に異なるタイプの遊び空間を設け、子どもたちが選んで遊べるようにする。
  41. 園庭を異なる活動区域に分けて、多様な遊びを楽しめる環境を作る。
  42. 食事マナーについて保育者が模範を示し、正しい食事の方法を教える。
  43. 子どもたちが自分の持ち物の管理や食事の準備を自立して行えるように、シールやテープを使って指示を視覚化する。

●「言葉」の領域(文例)

  1. 春に関する絵本を読み聞かせを楽しみ、子どもたちが新しい言葉を増やせる機会を作る。
  2. 子どもたちが自分の気持ちや体験を言葉で表現するための時間を設ける。
  3. 春の行事や自然に関する話題で子どもたちとの会話を促進する。
  4. 詩や童謡を通して、リズム感や言葉遊びを楽しむ。
  5. 子どもたちが日常生活の中で使う言葉の意味を理解し、適切に使用する練習をする。
  6. グループ活動を通して、友達とのコミュニケーション能力を高める。
  7. 言葉を使ったゲームやアクティビティで、言語理解を深める。
  8. 朝の会やお昼の時間に、日々の出来事を話し合い、言葉での表現を促す。
  9. 子どもたちに質問をすることで、考えを言葉にする練習をする。
  10. 園庭での自然観察や遊びの中で、新しい言葉や表現を導入する。

●「表現」の領域(文例)

  1. 春の自然をテーマにした絵を描く活動を行い、色や形を自由に表現する。
  2. 季節の変化を感じる製作活動を通じて、感覚を育む。
  3. こいのぼりや花をモチーフにした工作で、春の風物詩を創造的に表現する。
  4. 春の行事に合わせた劇遊びを行い、役割を楽しむ。
  5. 身近な素材を使ったコラージュを作り、感覚を磨く。
  6. 自然散歩で拾った物を使って、自然の美しさを表現するアートを作る。
  7. 春の季節に関連する絵本を基に、自分なりの物語を作り上げる。
  8. 季節の歌や音楽に合わせて、感情を表現するダンスや動きを楽しむ。

■子ども達への援助・配慮【4歳児クラス|4月】

●「安全」の援助と配慮

  • 新しい遊具や施設の使い方を子どもたちと共に学び、安全に遊ぶ方法を確認する。
  • 園内外の安全点検を行い、安全な遊び環境を維持する。
  • 安全な食事の習慣を身につけるため、食事マナーや姿勢について教える。
  • 各子どもの健康状態を把握し、健康管理に努める。
  • 子ども一人ひとりの生活リズムや体調に気を配り、適切なケアを提供する。
  • アレルギーのある子どもには特別な注意を払い、食品の誤食を防ぐための工夫をする。
  • 室内で自由に体を動かして遊べるような音楽を用意し、安全に配慮しながら楽しむ。

●「衛生」の援助と配慮

  • 園内のおもちゃや設備の定期的な清掃と消毒を行い、衛生的な環境を維持する。
  • 手洗いやうがいの習慣が定着できるような環境を整え、感染症予防を徹底する。
  • 子ども達に対して、正しい手洗い方法を伝え、実践できるようにする。
  • 季節の変わり目の服装の指導を行い、体温調節をサポートする。
  • 給食やおやつの時間に適切な食事マナーを教える。
  • 子ども達も掃除のお手伝いに興味が持てるようにする。
  • 外遊びから戻った後は、手を洗う習慣をつけていけるように関わる。
  • 食物アレルギーを持つ子どもには特別な配慮を行い、安全な食事を提供する。
  • 園内のトイレや洗面所の清掃を頻繁に行い、衛生的に保つ。
  • 季節ごとの健康管理に関する保護者への情報提供と連携を行う。

●「養護」の援助と配慮

  • 服の汚れに気づけるよう声かけし、自然と着替えを促す。
  • 季節の変わり目に気を付け、アレルギー対策を行う。
  • 新しい環境での適応を見守り、自分でやろうとする気持ちを大切にする。
  • 春の新鮮な食材を使った給食を通じて、健康的な食生活を促す。
  • 担任変更に戸惑う子に対して、丁寧に関わる。
  • 名前で温かく呼びかけ、挨拶やふれ合い遊びでコミュニケーションを深める。
  • 春の気候の変化に注意し、体調管理に留意する。
  • 手洗いやうがいの意義を伝え、丁寧な実施を促す。
  • 春の生き物との触れ合いを通じて、生態系への理解を深める。
  • 落ち着いた話ができる環境を整え、思いを伝える喜びを感じられるようにする。
  • 運動会に向けた体力づくりを支援し、健康管理に役立てる。
  • 春の花や植物に触れ、自然とのふれあいを通じて感受性を育む。
  • 子どもの話をじっくり聞き、感情を共有する時間を大切にする。
  • 子どもの健康状態を注意深く把握し、適切に対応する。
  • 緊張や不安をしっかり受け止め、安心して登園できる環境を作る。
  • 手洗いやうがいの仕方をわかりやすい絵で示し、習慣づける。
  • 持ち物の整理が自然とできるよう、整理整頓しやすい環境を提供する。
  • 新しいクラスになじめるよう、子どもたちの気持ちに寄り添いながら遊びを見つける。
  • 暖かくなる季節の服装の選び方を教え、快適な生活をサポートする。
  • 優しく声をかけ、心地よい生活ができる環境を作る。
  • 季節の変わり目に多い風邪への注意を促し、予防策を実践する。

●「食育」の援助と配慮

  • 春の旬の食材を使った給食を楽しむ。
  • 箸の正しい使い方を一緒に学ぶ。
  • お友達と一緒に食べる楽しさを味わう。
  • 食器の正しい持ち方を覚える。
  • 自分でできる範囲の食事の片付けを行う。
  • 食べ物の色や形に注目し、興味を持たせる。
  • 季節の変化を感じる野菜や果物に触れる。
  • 給食の時間をゆったりと楽しむ。
  • 野菜の育ち方や収穫の話を聞く。
  • 給食で新しい食べ物にチャレンジする。
  • 食事中のマナーやルールを守る。
  • 健康的な食生活の大切さを学ぶ。
  • 食べることの楽しみを共有する。
  • 野菜や果物の味わいを話し合う。
  • 食材の名前や特徴を覚える。

■保育の連携について【xx歳児クラス|yy月】

●家庭との連携

  • 保護者とのコミュニケーションを積極的に行い、信頼関係を築く。
  • 親子での園外活動や散歩を奨励し、家庭での体験を園で共有する。
  • 園の日常やイベントの様子を写真や動画で保護者に共有する。
  • 春の行事やイベントに向けて、保護者の協力を求める。
  • 進級に向けた準備や持ち物の変更点を保護者に伝える。
  • 新しい環境での子どもの様子を連絡帳や面談で共有する。
  • 子どもの成長や学びの様子を保護者に定期的に報告する。
  • 各家庭の緊急連絡先を確認し、連絡体制を整える。
  • 保護者への感謝の気持ちを表すイベントや手紙を用意する。
  • 春の自然や季節の変化をテーマにした親子活動を提案する。
  • 持ち物に名前をつけるよう保護者に協力をお願いする。
  • 子どもたちの言葉や表現を通じて、家庭での様子を聞き出し、保護者に伝える。
  • 子どもの健康や安全に関する情報を保護者に提供する。
  • 保護者による読み聞かせや工作のボランティアを募る。
  • 懇談会の日程を知らせ、事前に保護者からの質問や要望を募る。
  • 一年間の予定表を配布し、保護者参加の行事への参加を促す。
  • 保護者との交流の場として、茶話会やピクニックを企画する。
  • 子どもの遊びや興味に関する情報を保護者と共有する。
  • 園だよりやクラスだよりで子どもたちの日々の活動を伝える。
  • 登園や降園時に、その日の子どもたちの様子を保護者に話す。

●地域との連携

  • 地域の歴史や名所を学ぶための遠足を企画する。
  • 地域で流行っている遊びや活動を取り入れ、地域に根ざした遊びを楽しむ。
  • 近くの農場を訪れ、野菜の植え付けや収穫を体験する。
  • 地元の警察官を招いて、交通安全教室を開催する。
  • 近隣の老人ホームを訪問し、高齢者との交流を深める。
  • 地域の祭りや行事に参加し、地域文化を体験する。
  • 地域の消防署を訪問し、防火・防災の話を聞く。
  • 地域の公園での自然を観察して、季節の変化を学ぶ。

●職員間での連携

  • 園外活動や遠足の際は、全職員で安全管理を徹底する。
  • 子どもたちの進級に関する情報を前年度の担任から受け継ぐ。
  • 保育園内の衛生管理や清掃を全職員で分担し、環境を整える。
  • 担任の交代やクラス変更に伴い、子ども一人一人の情報をしっかりと共有する。
  • 子どもたちの発表会やイベントの準備に、他の職員と協力する。
  • 登園や降園時の子どもたちの様子を全職員で共有し、円滑な対応を図る。
  • 日々の保育活動の中で、職員間の意見交換を定期的に行い、質の高い保育を目指す。
  • 春の行事や運動会の準備に向けて、他のクラスの職員と協力する。
  • 新年度の始まりに合わせ、全職員で子どもたちの安全を確保するための打ち合わせを行う。
  • 子どもたちの健康状態や特別な配慮が必要な点について、情報を共有する。

■評価と反省の方法【xx歳児クラス|yy月】

●今月の反省(文例)

4月の保育を振り返って、子どもたちと一緒に春を満喫し、新しい年度のスタートを楽しく迎えることができ、素敵なつきを過ごす事ができたと思います。

この月は、春らしい活動をたくさん取り入れました。
公園でのお花見や春の自然散策を通して、季節の変化を実感できたようです。
特に、桜の木の下でのお弁当は、子どもたちはとても喜びんでおり、暖かい春の日差しのように輝いていた笑顔が印象的でした。

また、クラスでの新しい友達との出会いや、新年度の始まりによる環境の変化に、子どもたちは驚くほど柔軟に適応しました。
友達との関係も深まり、互いに協力し合う姿がたくさん見られました。
たとえば、片づけの時間に、お友達を助ける子が増えたのは、とても心温まる変化です。

反省点としては、新しいクラスの環境になじむのに時間がかかる子どもたちに、もっと細やかな配慮が必要だったかもしれません。
来月は、そうした子どもたち一人一人の気持ちにもっと寄り添うよう努めます。

来月は、さらに春の自然を活かした活動を豊富に取り入れ、子どもたちの発見や学びの機会を増やしたいと思います。
また、子どもたちの健康管理にも引き続き注意を払い、みんなが元気に過ごせるよう配慮します。

この4月を通して、子どもたちの成長を間近で見ることができ、とても充実した時間でした。
5月も、子どもたち一人一人の育ちを大切にしながら、楽しい保育を展開していきたいと思います。

●保育者自身の評価、子どもの評価のポイント

  1. 行事の取り組み:今月のの行事にどのように取り組んだか、子どもたちの反応や参加度を評価します。
  2. 日常の保育の質:日常の遊びや活動が子どもの興味・関心に合わせて提供されていたかを確認します。
  3. 安全管理:事故や怪我がなかったか、安全対策は適切だったかを振り返ります。
  4. コミュニケーション:保護者とのコミュニケーションがスムーズに行えていたか、また子どもたちの様子や変化を適切に伝えられていたかを評価します。
  5. 食事:食事のサポートが適切に行えていたか、アレルギーや食事の好みなどの対応は適切だったかを振り返ります。
  6. 環境整備:保育室の環境が子どもの発達や興味・関心に合わせて整備されていたか、また新しい遊びや活動の材料を取り入れることができたかを振り返ります。
  7. 職員間の連携:職員間での情報共有や連携がスムーズに行えていたか、また子どもたちのケアやサポートにおいて連携が取れていたかを評価します。
  • 保育者自身の行動や反応の評価
  • 日常の反応や成長の評価ポイントの理解
  • 今後の保育活動の参考とするための情報収集
  • 月末の反省会を有効に進めるためのポイント理解
  • 保育者としての自己評価の深化
  • 子どもたちの一ヶ月間の成長や変化をしっかりとキャッチする

■4歳児4月の月案に役立ちそうな特集・記事リンク

読みたい【年齢・クラス】と【該当の月】を選んでタップorクリックくださいね。

スクロールできます
0歳児1歳児2歳児3歳児4歳児5歳児
4月0歳児×4月1歳児×4月2歳児×4月3歳児×4月4歳児×4月5歳児×4月
5月0歳児×5月1歳児×5月2歳児×5月3歳児×5月執筆中執筆中
6月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
7月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
8月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
9月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
10月0歳児×10月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
11月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
12月0歳児×12月1歳児×12月執筆中執筆中執筆中執筆中
1月0歳児×1月1歳児×1月2歳児×1月3歳児×1月執筆中執筆中
2月0歳児×2月1歳児×2月2歳児×2月執筆中執筆中執筆中
3月0歳児×3月1歳児×3月2歳児×3月執筆中執筆中執筆中

クラスの年齢のタブを選んでね!

■4歳児4月の月間指導計画|文例を活用した作り方のまとめ

さて、これで4歳児クラスの4月の月案の書き方についての解説はおしまいです!
この記事で紹介した文例を、あなたのクラスの子どもたちに合わせて自由にアレンジしてくださいね。
月案作成の効率化を図り、その分、子どもたちとのかけがえのない時間をたくさん作ってあげてください。

春の訪れと共に、子どもたちも新しい一歩を踏み出す4月。
子ども達の日々の変化や成長に目を向け、それを月案に反映させることが大切です。
ぜひ、この美しい季節の中で、子どもたち一人一人の輝きを大切にしてくださいね!

最後に、月案作成は時に大変かもしれませんが、それは子どもたちへの愛情を形にする大切な仕事です。
この記事が、あなたの保育活動の一助となれば幸いです~!

他の年齢や他の月の月案文例も、ぜひ参考にして見てくださいね!

2月の人気記事・特集はこちら!

今の職場/保育園が「ブラックすぎる…」って人へ!

あつみ

あつみ先生が超絶ブラック大規模園→小規模園へ転職した話…気になる方はこの記事で読んでみてね!

あつみ先生のInstagramのご案内

このたび、インスタアカウントを作りました♪
子どもの工作や手作り知育玩具の情報を配信してますので、チェックしてみてくださいね!

\ 今すぐ押してフォロー! /

\おしらせ!/

【今月の期間限定イラスト!】

今月のカラーおたよりイラストはこちら!
ほしい人は下記の記事からダウンロードしてね!

いますぐアクセス

ダウンロードは
ここから!

いますぐアクセス

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(タップで移動)