え!?この保育専門書が読み放題? 読み放題一覧を見る

【0歳児】3月の月案の書き方【5領域対応/文例/見本/記入例】

PR
\保育専門書、出版しました!/
この記事を読むメリット
  • すぐ使える月案の文例が必ず見つかる!
  • 0歳児クラス3月の月案がすぐかける
  • 0歳児クラス3月の月案の文例が分かる
  • 5領域にも対応!
  • 必要な文章を書き換えて使える
5領域対応!
月案作成の参考にしてね!

こんばんは!保育士のあつみです。
今回は0歳児クラスの3月の保育指導計画・月案に特化した文例を紹介します。
この記事には、クラスにピッタリ合わせてアレンジ可能な文例がたくさん!
効率的に計画を立てて、子どもたちとの大切な時間をより充実させましょう。
素敵な月案を一緒に作っていきましょうね!

全年齢・全ての月の月案一覧【開く】

読みたい【年齢・クラス】と【該当の月】を選んでタップorクリックくださいね。

スクロールできます
0歳児1歳児2歳児3歳児4歳児5歳児
4月0歳児×4月1歳児×4月2歳児×4月3歳児×4月4歳児×4月5歳児×4月
5月0歳児×5月1歳児×5月2歳児×5月3歳児×5月4歳児×5月5歳児×5月
6月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
7月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
8月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
9月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
10月0歳児×10月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
11月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
12月0歳児×12月1歳児×12月執筆中執筆中執筆中執筆中
1月0歳児×1月1歳児×1月2歳児×1月3歳児×1月執筆中執筆中
2月0歳児×2月1歳児×2月2歳児×2月執筆中執筆中執筆中
3月0歳児×3月1歳児×3月2歳児×3月執筆中執筆中執筆中

クラスの年齢のタブを選んでね!

2024年2月の新刊!
\おたより文例~春編365選/
  • 春を感じるおたより文例、た~くさん収録!
  • 「あ!この文、使える!」が必ず見つかる!
  • 季節や時候の挨拶を考えるのが苦手な先生へ!

スマホですぐに読める電子書籍版Kindle unlimitedで読み放題です!

2024年2月の新刊!
\おたより文例~春編365選/

スマホですぐに読める電子書籍版Kindle unlimitedで読み放題です!

  • 春を感じるおたより文例、た~くさん収録!
  • 「あ!この文、使える!」が必ず見つかる!
  • 季節や時候の挨拶を考えるのが苦手な先生へ!
あつみ

保育園や幼稚園の先生向け!
3月、4月、5月のおたより文例をいっぱい収録しているよ~!

目次(タップで移動)

この記事を書いた人

あつみ先生

保育士/幼稚園教諭/保育教諭|現役8年目|今年は0歳児担任|SNSフォロワー累計17000人↑|見てきた子ども達は250人↑|保育士ライター(MAMADAYS/ほいくらいふ等)|書籍出版保育製作365日/100均知育365日」|30万PV保育士ブロガー|ピンタレスト月間250万PV|離乳食インストラクター4期卒セミナー講師|詳しいプロフィールはこちら

この記事を書いた人

保育士/幼稚園教諭/保育教諭|現役8年目|今年は0歳児担任|SNSフォロワー累計17000人↑|見てきた子ども達は250人↑|保育士ライター(MAMADAYS/ほいくらいふ等)|書籍出版「保育製作365日/100均知育365日」|30万PV保育士ブロガー|ピンタレスト月間250万PV|離乳食インストラクター4期卒セミナー講師|詳しいプロフィールはこちら

アマゾンで販売中の下記の本…LINE登録で試し読み版プレゼント中♪

\製作ネタ本/

保育製作365日: 保育園や幼稚園で使える♪行事と季節の造形遊び!100均材料でも簡単に作れる製作アイデア帳

\手作り玩具/

毎日モンテ!100均知育365日: かんたん手作り!指先の知育玩具 保育365日シリーズ

\読み聞かせ/

ピックアップ♪

アマゾンで販売中の本…LINE登録で試し読み版プレゼント中だよ!

■【0歳児】3月の月案での保育目標・ねらいの設定

●【0歳児】3月の目標・ねらい【月案文例】

  • 自分の要望や感情を、簡単な言葉で伝えられるように支援する。
  • 春の自然に触れ合いながら、季節の変わり目を楽しめるようにする。
  • 保育者やお友達との関わりを通して、模倣遊びや手先を使った活動を楽しめるようにする。
  • 保育者の言葉を聞いて、興味を持ち、小さな行動に移せるような環境を整える。
  • 衣服の着脱を自分で挑戦し、自立心を育てる環境を提供する。
  • 春の訪れを感じ、お散歩や戸外遊びを通して自然の変化を体感できるようにする。
  • 保育者やお友達とのやり取りを通じて、コミュニケーションの楽しみを感じられるようにする。
  • 絵本の世界を通じて、想像力を育て、日々の経験と結び付けられるようにする。
  • 新しい環境に慣れる楽しさを感じながら、進級への準備ができるようにする。
  • それぞれの家庭の状況や体調を理解し、安心して過ごせる健康的な保育環境を提供する。
  • 日々の生活の流れを把握し、次の活動に対して積極的に取り組む姿勢を育てる。
  • 音楽やリズムに合わせて体を動かし、楽しく感じる時間を増やす。
  • お友達との関わりを大切にし、楽しく遊ぶ日々を過ごせるようにする。
  • 身振りや言葉を使って、自分の思いを伝える喜びを経験できるようにする。
  • 安全な環境で感染予防に注意し、健康的な生活を送れるようにする。
  • 安心して身体を動かしたり、お友達と遊んだりする機会をたくさん持てるようにする。
【タップで開く】保育目標の設定のコツとポイント!

0歳児クラスの3月の目標やねらいを考える時、いくつか大切なポイントがあります。
まず、0歳児って、毎日が新しい発見の連続ですよね。
だから、この時期は、子どもたちが安心して探求できるような環境作りが大切なんです。

一つ目のポイントは、「安全と安心」。
安全な環境で過ごせることがとても重要です。
保育者は、いつも子どもたちの安全を守ることを心に留めてくださいね。

二つ目は、「体験を重視すること」です。
0歳児は、触ったり、見たり、聞いたりといった体験を通して、たくさんのことを学びます。
だから、色んな物に触れられるようにしたり、遊びや生活にまつわる様々な音をきけるようにすることが大切です。

三つ目は、「言葉への刺激」です。
この時期は、言葉の理解が少しずつ始まります。
優しい声で話しかけたり、絵本を読んであげたりすることで、言葉への興味を育てることができますよ。

最後に、この時期は「季節の変わり目」でもあります。
春の訪れを感じる活動を取り入れると、子どもたちにとって新鮮な体験になります。
例えば、お花や新緑を見せたり、春の歌を歌ったりしてみるのもいいですね。

0歳児にとっては、日々の小さな体験が大切。
それらを安全で、愛情たっぷりの環境の中で楽しめるようにサポートすることが、3月の目標やねらいを立てる時の大切なポイントなんです。

●【0歳児】3月の週の目標・ねらい【週案文例】

1週目

  • ひなまつりのお話と歌:ひなまつりに関する簡単なお話をして、関連する歌を一緒に歌う。
  • 春の手遊び:春にちなんだ手遊びを行い、季節の変化を感じる。
  • 色とりどりのお雛様作り:色紙を使って、簡単なお雛様を作る活動。

2週目

  • 春の散歩:天気の良い日は外に出て、春の自然を感じる散歩をする。
  • やわらかい素材で触感遊び:綿やフェルトなど、さまざまな素材を触って遊ぶ。
  • 積み木遊び:積み木で簡単な形を作り、手先の発達を促す。

3週目

  • お別れ会の準備:卒園生へのカードを作る。
  • 春の歌を歌おう:春にちなんだ歌を覚えて歌う。
  • 卒園生との遊び時間:卒園生と一緒に遊ぶ時間を設け、交流を深める。

4週目

  • 春のお花紙を使った制作:春の花の形をした紙を使って制作活動。
  • 春の絵本の読み聞かせ:春にちなんだ絵本を読んで、季節を感じれるようにする。
  • リズム遊び:音楽に合わせて体を動かし、基本的なリズム感を養う。
【タップで開く】週案の組み方と考え方を詳しく読む

0歳児クラスの3月の週のスケジュールを立てる時、いくつかポイントがあります。
まず、この時期の子どもたちは、世界を探索し始めています。
だから、新しい刺激と安心できる環境のバランスが大切です。

子どもたちの日々の成長に合わせて、活動はシンプルに。
例えば、歌ったり、絵本を読んだりするなど、日常的な活動を取り入れるといいですね。
また、季節の変化を感じる活動、例えば春のお散歩や花を使った制作なども楽しいですよ。

安全にも気をつけてください。小さな子どもたちにとっては、日常の環境や活動も新鮮。
安全な遊び場や優しい声掛けで、彼らの好奇心を支えましょう。
そして、スケジュールは柔軟に。子どもたちの様子を見ながら調整していくことが大事です。

2024年2月の新刊!
\おたより文例~春編365選/
  • 春を感じるおたより文例、た~くさん収録!
  • 「あ!この文、使える!」が必ず見つかる!
  • 季節や時候の挨拶を考えるのが苦手な先生へ!

スマホですぐに読める電子書籍版Kindle unlimitedで読み放題です!

2024年2月の新刊!
\おたより文例~春編365選/

スマホですぐに読める電子書籍版Kindle unlimitedで読み放題です!

  • 春を感じるおたより文例、た~くさん収録!
  • 「あ!この文、使える!」が必ず見つかる!
  • 季節や時候の挨拶を考えるのが苦手な先生へ!
あつみ

保育園や幼稚園の先生向け!
3月、4月、5月のおたより文例をいっぱい収録しているよ~!

■子どもの姿・様子【0歳児|3月】

●【先月~現時点】子どもの姿の振り返り

  • 保育者の言葉を理解し、玩具の片付けやエプロンの着用などの日常動作を自ら進んで行う姿が見られる。
  • お友達や保育者の名前を呼びかけたり、玩具を共有したりすることで、一緒に遊ぶ喜びを表現する。
  • 音楽が流れると、自由に体を動かして踊る様子が見られ、楽しんでいる姿がある。
  • 登園時には、自分の荷物を自ら片付ける意欲を見せる。
  • お友達や保育者との関わりの中で、自分の意見を主張することが増え、時にはぶつかることもある。
  • お散歩時には、外の世界に興味津々で、積極的に探索する姿が見られる。
  • 指差しや身振り、簡単な言葉を使い、自分の意志を伝える試みが盛んになる。
  • 物の取り合いややり取りを通じて、自分の欲求を表現する姿がある。
  • お友達と一緒に「なべなべそこぬけ」などの歌を歌い、リズムに合わせて動くことを楽しむ。
  • カーテンや棚の隙間に隠れ、見つけてもらうことを期待する遊びを楽しむ。
  • 二語文を話す子どもが出てきて、言葉への関心が高まる。
  • 感染症予防に注意が必要な時期であり、咳や鼻水の症状を示す子が多く見られる。
  • 身の回りのことを自分で行おうとする意欲が高まり、保育者の援助を受けながら挑戦する。
  • 他の子どもと笑顔で遊び、体を動かす機会が増えている。
  • 日常の生活の流れを理解し始め、活動の前に必要な準備を自ら進んで行う姿が見られる。

●【今月】予測される子どもの姿

  • 音楽や手遊びに体を動かして喜ぶ姿が見られる。
  • 園庭での探索活動に興味を示し、自然に触れることに喜びを感じる。
  • 触れ合い遊びを楽しんで、身体的なコミュニケーションを図る。
  • 保育者の声掛けに応じて、日常生活の流れに進んで参加する。
  • 着替えの時、自分から手や足を通そうとする意欲を見せる。
  • 物のやり取りや取り合いの中で、自己主張する姿が見られる。
  • 保育者が歌う歌や読む絵本に集中し、興味を示す姿が増える。
  • 食事中に眠気を感じる子が出ることもある。
  • 手遊びや音楽に合わせて、自分の意志を伝える試みが盛んになる。
  • 保育者の声掛けに応じて次の活動に移ることができる子が増える。
  • お友達との関わりの中で、物の名前や簡単な言葉を使って意思疎通を図る。
  • 食事時に手づかみや食具を使って積極的に食べる姿が増える。
  • 保育者や友だちとのやり取りを通じて、コミュニケーション能力を高める。
  • 滑り台や三輪車などで遊び、運動能力を発達させる。
  • 日々の生活において、少しずつ自立心を見せる姿が増えてくる。
【タップで開く】子どもの姿に応じた援助や配慮方法を詳しく見る

この時期は身体的な発達も目覚ましく、滑り台や三輪車などの遊具を使って遊ぶ様子が見られるかもしれません。
ただし、まだ転びやすいので注意が必要です。
食事に関しては、手づかみ食べや食具の使用に意欲を示す子も出てくるでしょう。
さらに、日々の生活の流れを少しずつ理解し始めることも期待できます。
このように0歳児クラスの子どもたちは、日々成長し、新しい環境に適応しようとしています。
保育者はその成長を優しく見守り、支援することが大切ですね。

■保育・活動内容【0歳児|3月】

  • 他のクラスの子供たちや先生たちと交流を楽しみ、新学期への適応を促進する。
  • 安全に配慮しながら、お散歩での手繋ぎや坂道歩きを通して、身体活動を楽しむ。
  • 遊びの中断に対して感情を表現し、次の活動へ気持ちを切り替える経験を積む。
  • 帽子の持ち運びなど、身の回りのことに自発的に取り組む。
  • パズルや積み木など、手先を使った遊びに集中力を高める。
  • 保育者と一緒に探索し、自然の中で花や虫を見つける喜びを感じる。
  • 友達や保育者と一緒に、積極的に探索活動を行う。
  • 探索遊びの中で、隠れんぼを楽しんで社会性を育む。
  • 手先や指先を使った遊びに興じる時間を多く持つ。
  • イヤイヤの感情を保育者が受け止め、安心して新しい挑戦に向かう機会を提供する。
  • 進級に向けて、他のクラスや保育士との慣れ親しむ時間を持つ。
  • 食事の際は、個々の発達に合わせた食材や形状を提供し、そしゃくを促す。
  • 食事中の「カミカミ」「もぐもぐ」のそしゃく動作を促す。
  • 保護者と協力しながら、子ども一人一人の発達に合わせた食事の進め方を考える。
  • 食事の際、早食いや丸飲みにならないように注意を払い、楽しく食べる環境を作る。
  • さまざまな食材を提供し、様々な味に慣れるようにする。
  • 落ち着いた雰囲気でおいしく食事できる環境を整える。
  • 帽子の置き場所をマークや言葉で伝えることで、自分の物の管理を促す。
  • 転倒に注意しながら、安全な遊び場の提供を心掛ける。
  • できること、できないことに関わらず、自分で取り組む姿勢を認め、ほめて自信を育てる。
  • 子どもたちの自己主張や感情表現に対して、理解と共感を持ちながら対応する。
  • 季節の変わり目に注意し、体調や気温に合わせた衣服の調整をする。
  • 着脱の練習に時間をかけ、自立を促す機会を提供する。
  • 体調回復中の子どもは無理せず活動に参加できるよう配慮する。
  • 次の活動に移る前にリラックスする時間を設け、気持ちの切り替えをサポートする。
  • 靴の履き方を丁寧に伝え、自分でやりたいという意欲を尊重する。
  • 自分で行動しようとする姿勢を育てるために、十分なスペースを提供する。
  • 気温の変動に応じて衣服を調整し、健康的に過ごせる環境を整える。
  • 新しい環境や遊びへの不安を理解し、楽しい体験をサポートする。
  • 子どもたちが自然に活動に参加できるよう、無理強いしない関わり方を心掛ける。
  • 挫折や失敗を経験する際、気持ちを言葉で表現するサポートをする。
  • 食べ終わった後の成果を保育者に見せ、達成感を共有する。
  • 食事時のスプーン使いを手伝いながら、自分で食べる意欲をサポートする。
  • 安全で子どもたちに適した活動スペースを確保する。
  • 一人一人がリラックスできるように環境を整える。
  • 清潔で快適な環境作りに努める。
  • 着脱の際に椅子を用意し、自分で行うためのサポートをする。
  • 安全で広々とした遊び場を提供し、活動を楽しむ環境を整える。
  • 食事開始が遅い子どもには、開始時間を調整するなど工夫をする。
  • 食べる順番や方法を変えて、好き嫌いのある子どもをサポートする。
  • 疲れが見えた時は、静かで安心できる場所へ移動して、リラックスできる時間を持つようにする。
  • 排泄のサインが見え始めたら、おまるへの誘いを積極的に行い、トイレトレーニングをサポートする。
  • 散歩時にはゴザを持参し、自然の中で心地よく過ごすためのゆったりした時間を設ける。
  • 1歳児クラスの部屋で遊ぶ時間を増やし、新しい環境への適応を促す。
  • 室内の温度や湿度を適切に調整し、清潔な環境を保つことで、快適に過ごせるよう配慮する。

●おすすめの室内遊び【0歳児|3月】

室内遊びの文例

  1. ひなまつりの手遊び:ひな人形や春の歌に合わせて手遊びをする。
  2. 柔らかいボール投げ:子どもたちが安全に遊べる柔らかいボールを使い、投げたり追いかけたりして遊びを楽しむ。
  3. 音楽に合わせて体を動かす:優しい音楽を流し、リズムに合わせて体を動かす。
  4. 積み木遊び:大きな積み木で簡単な形を作り、創造力を育む。
  5. 絵本の読み聞かせ:春にちなんだ絵本を読み、季節を感じさせる。
  6. 春の自然探しゲーム:部屋に春の写真やイラストを隠し、見つける遊びをする。
  7. 布製おもちゃでの感触遊び:異なる感触の布製おもちゃで触れ合い、感覚を刺激する。
  8. 簡単な形のパズル遊び:大きめのピースのパズルで、手先の発達を促す。

●おすすめの外遊び【0歳児|3月】

外遊びの文例

  1. 春の散歩:園庭や近くの公園で春の花や新緑を見つけながら散歩を楽しむ。
  2. ふわふわボール遊び:柔らかいボールを使って、軽く投げたり転がしたりする遊び。
  3. 砂場遊び:砂場でバケツやシャベルを使い、砂の感触を楽しむ。
  4. 滑り台遊び:安全な小さな滑り台を使って楽しむ。
  5. シャボン玉遊び:シャボン玉を飛ばして、追いかけて遊ぶ。
  6. 春の歌を歌いながらの遊び:春にちなんだ歌を歌いながら、園庭で楽しむ。
  7. お散歩カートでの散策:バギーに乗って、春の町など散策し春の景色を楽しむ。
【タップで開く】活動・遊びの決め方を詳しく読む

0歳児クラスの3月における遊びを考える際のポイントは、子どもたちの発達段階と季節感を重視することが大切です。この時期の子どもたちは、感覚や運動能力が日々発達しているため、手触りや音、色などを豊かに感じられる遊びが効果的です。例えば、春の花や動物をモチーフにした色紙貼りや、穏やかな音楽を背景にした体を動かす遊びは、子どもたちに新しい刺激を提供し、感覚の発達を促します。

また、この時期は春の訪れを感じさせる季節です。
ひなまつりのような行事を取り入れた活動や、園庭で春の自然を探索する散歩は、季節の変わり目を子どもたちに感じさせ、自然への興味を育みます。
安全面にも配慮しつつ、子どもたち一人ひとりが楽しめるような遊びを選ぶことが重要ですね。
心地よい春の日差しの下で、楽しく、安全に過ごせるような活動を計画しましょう!

●おすすめの絵本【0歳児|3月】

  1. 『ねないこ だれだ』
  2. 『もこ もこもこ』
  3. 『くつくつあるけ』
  4. 『くっついた』

\絵本をもっと探す/

\絵本専門店はこちら/

●おすすめの歌・童謡【0歳児|3月】

  1. 『チューリップ』
    • 作詞:近藤宮子
    • 作曲:井上武士
    • 春の花、チューリップをテーマにした歌です​​。
  2. 『ちょうちょう』
    • 作詞:野村秋足
    • 作曲:スペイン民謡
    • 軽やかなメロディーで、春の訪れを感じさせる童謡です​​。
  3. 『はるがきた』
    • 作詞:高野辰之
    • 作曲:岡野貞一
    • 春の訪れを喜ぶシンプルで心温まる歌です​

●おすすめの手遊び【0歳児|3月】

  1. 『こちょこちょ電車』
    寝ている赤ちゃんの足を動かしながら楽しむ親子向けの歌です。
  2. 『ちょちちょちあわわ』
    江戸時代からの手遊び歌で、赤ちゃんに基本的な動きを教えるのに適しています。
  3. 『とんとんとんとんひげじいさん』
    手遊び歌で、顔や手の動きを大げさに動かしながら歌うことで、赤ちゃんも楽しめます。

●おすすめの製作【0歳児|3月】

  • 手形・足形アートでお雛様づくり
  • 手形・足形アートで春のモチーフづくり

■園全体や保育室の環境構成【0歳児クラス|3月】

  1. 園内の各コーナーを明確に区切り、一人ひとりがリラックスできる空間を作る。
  2. 玩具が取り合いにならないよう、充分な数を用意し、小グループで遊べるようにする。
  3. 玩具や絵本の好みに応じて、それぞれの子どもの興味に合ったものを用意する。
  4. 絵本コーナーには、乳幼児向けの絵本やカードを選び、興味を引くようにする。
  5. お気に入りの絵本を見やすく展示し、絵本に親しむ機会を増やす。
  6. 絵本の時間を楽しいものにするため、リズミカルでシンプルな絵本を選び、読み聞かせを行う。
  7. 共有の玩具を豊富に用意し、友達との共同遊びを楽しめるようにする。
  8. 同じ種類の玩具を複数置き、一人遊びが充実するようにする。
  9. 机上遊びを豊富に用意し、集中して遊べる環境を提供する。
  10. コーナーの整理や入れ替えを定期的に行い、新鮮な遊び環境を保つ。
  11. 着替えや靴の履き脱ぎをしやすいように、適切な高さの椅子を用意する。
  12. 食事時間は、各月齢に応じて分け、落ち着いた環境でおいしく食べられるようにする。
  13. 常に清潔で快適な環境を整え、衛生的な保育を心掛ける。
  14. 安全に遊べる広々とした環境を整え、伸び伸びとした活動を促進する。
  15. 各子供の成長に合わせた安全で十分なスペースを確保し、活動を楽しめるようにする。
  16. 天気の良い日は、春の日差しを感じられるテラスで遊ぶ時間を持つ。
  17. お散歩カートで園外散策を楽しむ時間を設け、春の自然を体感する。
  18. 花や葉っぱなどの自然素材を使った探索遊びを取り入れる。
  19. 春らしい壁飾りや窓飾りを作成し、園内を季節感あふれる空間にする。
  20. ひな祭りや春の行事をテーマにした活動を取り入れ、季節の移り変わりを感じさせる。
【0歳児】3月の環境構成のねらい|考え方と詳しい解説

0歳児クラスの3月における保育室の環境構成について考える際、いくつかの重要なポイントがあります。まず、この年齢の子どもたちは安全で落ち着ける環境を必要としています。そのため、室内は清潔に保ち、安全な遊具や家具を配置することが大切です。また、各月齢の発達に合わせて、遊びや活動のスペースを十分に確保しましょう。食事や着替えなどの日常生活に必要なアイテムも、子どもたちが自分で使えるように工夫すると良いですね。

この時期は春を感じる季節ですから、季節感ある装飾や活動を取り入れるのも効果的です。例えば、壁に春の花や動物の絵を飾ったり、春に関連した絵本を読んだりすると、子どもたちに季節の変わり目を感じさせることができます。また、子どもたちの興味を引くために、様々な色や形、感触の玩具を用意することも重要です。これらの工夫により、子どもたちは楽しく安全に保育園での時間を過ごせるでしょう。

■今月の行事・取り組みや記念日【0歳児クラス|3月】

●行事・活動・取り組み

  1. ひな祭りのの集い
  2. 身体測定
  3. 避難訓練
  4. お別れ会
  5. 進級式

●【3月】行事や記念日【一覧表】

  • ひな祭り(3月3日)
    春の訪れを祝う日本の伝統的な行事です。
  • ホワイトデー(3月14日)
    バレンタインデーにお返しをする日として知られています。
  • 春分の日(3月の春分日)
    昼と夜の長さがほぼ等しくなる春の訪れを感じる日です。
  • 世界水の日(3月22日)
    水資源の大切さを考える国際的な記念日です。
  • イースター(3月下旬~4月ごろ
    復活祭とも呼ばれ、卵の装飾やイースターバニーを楽しむキリスト教の行事です。

■5領域【0歳児クラス|3月】

●「健康」の領域(文例)

  1. 春の日差しを感じることができるように、屋外での遊び時間を確保する。
  2. 戸外遊びの際、子どもたちが春の気候を楽しめるようにする。
  3. 春の行事を通じて、季節の変化を感じさせる活動を取り入れる。
  4. 春の花や生き物を観察し、自然とのふれあいを促進する。
  5. 感染症予防のため、職員や子どもたちの手洗いを徹底する。
  6. 保育室内の衛生管理を強化し、感染症のリスクを減らす。
  7. 玩具や備品の定期的な消毒を行い、清潔な環境を維持する。
  8. 季節の変わり目に注意し、室内の温度を適切に調整する。
  9. 定期的な換気を行い、新鮮な空気の流れを確保する。
  10. 適切な水分補給を行い、春の暖かい天候での脱水を防ぐ。
  11. 走り回ったり登ったりする動きが活発になるため、転倒や転落に注意する。
  12. 歩き始めた子どもが安全に遊べるよう、危険な物がないか常に確認する。
  13. 子どもたちの体調の変化に注意を払い、早期発見に努める。
  14. 活動の内容や子どもたちの体調に応じて衣服を調節し、快適に過ごせるようにする。
  15. 花粉症など季節特有のアレルギーに対して注意を払う。

●「人間関係」の領域(文例)

  1. 保育者が子どもたち一人ひとりと目を合わせ、笑顔で話しかけることで安心感を提供する。
  2. 子どもたちがお互いの存在に気づき、興味を持つような関わりを促進する。
  3. 保育者同士が協力し、子どもたちに安定した愛情とケアを提供する。
  4. ひな祭りなどの季節の行事を通じて、集団の中での楽しい経験を作る。
  5. 子どもたちが小さな成功を感じられるような遊びを通じて自己肯定感を育む。
  6. 親子のふれあいを大切にし、親子で参加できる活動を企画する。
  7. 保育者が子どもたちの言葉や行動に対して積極的に反応し、コミュニケーション能力を育む。
  8. 保育者が子どもたちの小さな成長や変化に気づき、適切に反応する。
  9. 安全な環境の中で、子どもたちが自由に遊び、友達との関係を築けるようにする。
  10. 保育者が子どもたちの感情を理解し、感情表現をサポートする。

●「環境」の領域(文例)

  1. 春の園庭や公園を訪れて、自然に触れる環境を提供する。
  2. 散歩や戸外遊びで春の自然を体感し、太陽の暖かさや草花を触る楽しさを共有する。
  3. 暖かい日はテラスで春の日差しを感じながら遊ぶ。
  4. 環境の整理や入れ替えを行い、常に新鮮で安心できる環境を維持する。
  5. 室内の衛生管理を徹底し、清潔な環境を維持する。
  6. 季節の変わり目に注意し、子どもたちの健康管理に留意する。
  7. 絵本の時間には、保育者が指さしや言葉を交えて、子どもたちとのやり取りを楽しむ。
  8. 玩具の取り合いが起きたときは、似たような玩具を提供し、感情をコントロールする。
  9. 絵本やカードを見ながら、子どもたちの経験と結びつける言葉をかけていく。
  10. 玩具や手遊びに出てくる物を絵カードにして、子どもたちが見やすい場所に置く。
  11. 友達と共有できる玩具を複数用意し、一緒に遊びを楽しめるようにする。
  12. 一人遊びをじっくり楽しめるよう、同じ種類の玩具をいくつか用意する。
  13. 積み木や粘土など、手先を使う遊びを取り入れる。
  14. シンプルでリズミカルな絵本を選び、言葉遊びを楽しむ。
  15. 子どもたちのお気に入りの絵本を見やすく展示する。
  16. 様々な音を出す楽器を使い、音の違いに興味を持って楽しむ時間を持つ。
  17. 春の自然を感じられるように、戸外で木の芽や花のつぼみを観察し、触れる機会を作る。
  18. 自然との触れ合いで子どもたちの驚きや発見を共感し、喜びを分かち合う。
  19. 手遊びに出てくる物を絵カードにして、子どもたちが見やすい場所に置く。
  20. 春の自然を感じられるように、戸外で木の芽や花のつぼみを観察し、触れる機会を作る。
  21. 散歩中は安全に気をつけながら、自然の中を楽しむ時間を設ける。
  22. 春の自然を体感するために、屋外での活動や散歩を増やす。
  23. 春の花や生き物の観察を通じて、自然との関わりを深める。
  24. 季節の変わり目に注意し、子どもたちの健康を配慮する。
  25. 春の日差しを感じる活動を通じて、季節の移り変わりを体験させる。
  26. 春に流行する遊びを取り入れ、新しい経験を提供する。
  27. 春の行事を取り入れ、季節感を楽しむ活動を企画する。
  28. 名前を呼んで話しかけ、物の名前と言葉が一致するように意識する。
  29. お友達とわらべ歌を歌ったり、同じ動作をすることで、協調性を育てる。
  30. 友達との関わりをサポートし、良好な関係を築くための言葉をかける。
  31. 子どもたちが話したいと思う言葉を聞き取り、会話を楽しむように関わる。
  32. 保育者が仲立ちとなり、子どもたちが触れ合いや協力して遊べるような環境を作る。
  33. 子どもたちの気持ちを代弁し、お友達との関係をサポートする。
  34. 自立を促すために、子どもたちが自分で何かをやりたがるときは、辛抱強く待ち、支援する。
  35. 玩具の取り合いが起きないように、十分な数を用意し、平和的な遊びを促進する。
  36. 見立て遊びやわらべうたで、保育者が子どもたちのやり取りをサポートし、一緒に遊ぶ楽しさを体験させる。
  37. 子どもたちの興味に合わせて、適切な玩具を用意し、楽しく遊べるようにする。
  38. トラブルが起きた際は、双方の心が満たされる解決方法を模索し、積極的に介入する。
  39. 安心して遊べる環境を作るために、遊びのコーナーを定期的に整理し、入れ替える。
  40. 隠れる遊びをしたときは、楽しいやり取りを通じて、子どもたちの想像力を刺激する。

●「言葉」の領域(文例)

  1. 子どもたちが話す言葉や発信を拾い、会話を楽しむ。
  2. 日常のさまざまな場面で、子どもたちに適切な言葉を使って話しかける。
  3. 春の自然や行事に関連した言葉を取り入れ、季節感を伝える。
  4. 絵本読み聞かせを通じて、言葉のリズムや響きを楽しむ時間を持つ。
  5. 子どもたちが発した言葉や音に対して、積極的に反応し、関心を示す。
  6. 手遊びやわらべ歌を使って、言葉遊びを楽しむ。
  7. 子どもたちが物の名前や簡単な言葉を覚えられるように支援する。
  8. 春にちなんだ活動や遊びを通じて、新しい言葉を使って会話を楽しむ。
  9. 子どもたちの言語理解を深めるために、簡単な質問ややりとり・会話をする。
  10. 子どもたちが言葉を通じて他者とのコミュニケーションを楽しめるような環境を作る。

●「表現」の領域(文例)

  1. 春の自然をテーマにした絵の描画活動を行い、子どもたちの感性を育む。
  2. 簡単な手遊びや身体表現を通じて、子どもたちの創造力を刺激する。
  3. 音楽に合わせて体を動かし、リズム感を楽しむ時間を設ける。
  4. ひな祭りや春分の日などの季節の行事に関連した歌や遊びを取り入れる。
  5. 絵本を使った読み聞かせで、物語を通じた感情表現を促進する。
  6. 指や手を使った簡単な工作活動を行い、手先の発達を支援する。
  7. 子どもたちが自由に絵を描くための画材やスペースを提供する。
  8. 季節の変化を感じる散歩や探索活動を行い、外の世界との接触を促す。
  9. 安全な環境の中で、子どもたちが自由に表現できる遊びを促進する。
  10. 春の花や動物をテーマにした絵本や絵カードを使い、視覚的な表現を楽しむ。

■子ども達への援助・配慮【0歳児クラス|3月】

●「安全」の援助と配慮

  • 季節の変わり目の体調管理に注意し、特にアレルギー反応に警戒する。
  • 感染症予防として、玩具や備品の消毒を定期的に行い、衛生的な環境を維持する。
  • 春の行事においても安全管理を徹底し、季節感ある活動を安心して楽しめるようにする。
  • 子どもたちの衣服を気温に応じて調節し、快適に過ごせるようにする。
  • 室内温度を定期的にチェックし、季節や活動内容に合わせて暖房の調整をする。
  • 保育園の行事や季節の遊びにおいて、子どもたちの安全を最優先に考える。
  • 適宜換気を行い、新鮮な空気を確保し、室内の清潔さを保つ。
  • 子どもたちの体調変化に注意を払い、早期に対応するために職員間で情報を共有する。
  • 子どもたちが使う器具やおもちゃは安全性を考慮し、適切に選ぶ。
  • 歩き始めの子どもに特に注意を払い、室内外の安全を確保する。
  • 子どもたちの身体的な発達に応じて、安全な遊びや活動を選ぶ。
  • 走り回る子どもたちに注意し、転倒や転落のリスクを最小限に抑える。
  • 手洗いの習慣を子どもたちに教え、徹底させることで感染症を予防する。
  • 屋外活動の際は、子どもたちが安全に遊べる環境を確保する。
  • 保育室内の家具の配置を見直し、安全な遊び空間を確保する。

●「衛生」の援助と配慮

  • 活動室内外の活動エリアを清潔に保ち、衛生的な環境での遊びが楽しめるようにする。
  • 季節の変わり目に注意し、子どもたちの健康管理に留意する。
  • 保育室内の衛生状態を常に清潔に保つことで、感染リスクを低減する。
  • 適宜換気を行い、新鮮な空気の流れを確保する。
  • 子どもたちの衣服を適切に調節し、快適に過ごせるようにする。
  • 室内の暖房を活動内容や気温に応じて調整し、快適な温度を保つ。
  • 子どもたちが共有するおもちゃや教材の清掃と消毒を徹底する。
  • 感染症予防のため、玩具や設備の消毒を定期的に行う。
  • 定期的な手洗いの実施を促し、感染症予防に努める。
  • 子どもたちの体調の変化に注意し、早期発見・早期対応を目指す。

●「養護」の援助と配慮

  • 保育者が子どもたちの感情や意見を受け止め、安心感して過ごせるようにする。
  • 信頼できる保育者による支援を通じて、子どもたちに安心感をもたらす。
  • 気温の変化に注意し、適切な室温管理で快適な環境を維持する。
  • 季節の行事を通じて、子どもたちの心の安定と発達を促す。
  • 春の自然を楽しむ活動を取り入れ、安心して過ごせる時間を作る。
  • 新入園児と在園児がお互い安心して過ごせるような関わり・環境を作る。
  • 子どもたちの個性や感情を理解し、それぞれに合った対応をする。
  • 子どもたちの身体的発達に合わせた養護活動を行う。
  • 保育者が子どもたちの小さな成長を認め、ほめることで自己肯定感を育む。

●「食育」の援助と配慮

  • スプーンの使い方を優しく伝え、自分で食べる楽しさを伝える。
  • 食べ終わった後に茶碗を保育者に見せる行動をほめ、達成感を味わえるようにする。
  • 食べ物の名前を伝え、食事中の言葉かけで食べる意識を高める。
  • 食事の際、子どもたちが自ら食べる行動を大切にし、自立を促す。
  • 食事時に「あと1口だね」などの言葉で、食事の進行を伝える。
  • 春の食材やを取り入れたり行事に関するメニューを提供し、季節感を感じることができるようにする。
  • 季節の変わり目に適した栄養バランスの良い食事を心がける。
  • 食事の時間を大切にし、穏やかな雰囲気で食べることを促す。
  • フルーツや野菜の色や形を話題にし、食に対する興味を引き出す。
  • 食事の準備や片付けを通じて、日常生活の一部としての食事の大切さを教える。
  • 食べ物の味や食感について話すことで、食べ物に対する好奇心を育む。
  • 少しずつでも食べることを励まし、食事に対する前向きな姿勢を育てる。
  • 保育園の行事や季節の遊びに合わせた食事を提供する。
  • 安全で健康的な食材を選び、子どもたちの健康をサポートする。
  • 食事を通じて季節の変化や文化を学ぶ機会を提供する。

■保育の連携について【0歳児クラス|3月】

●家庭との連携

  • 保育園での子どもの日常生活や行事の様子を日々共有していく。
  • 季節の変わり目に対する健康管理の注意点を保護者に伝える。
  • 季節の変化に合わせた着脱しやすい衣服の準備をお願いする。
  • 春の行事や季節の遊びについての情報を保護者に提供し、参加できるよう声掛けしていく。
  • 子どもの言葉の発達や社会性の成長を家庭でもサポートするよう伝える。
  • 保育園で頑張っている事・出来るようになった事を伝え、家庭でも支援を続けていけるようにしていく。
  • 進級に向けての職員間の連携を保護者に伝え、安心感を提供する。
  • 新年度に向けての家庭での不安を聞き、共に解消する方法を探る。
  • 進級に関する悩みや質問に耳を傾け、保護者と一緒に解決策を探る。
  • 季節に合わせた食事や睡眠の重要性について保護者にアドバイスする。
  • イヤイヤ期に対する関わり方を伝えていく。
  • 1年間の成長と友達との遊びの様子を共有し、保護者と喜びを分かち合う。
  • 子どもの行動に対する環境設定を伝え、保護者の不安を軽減する。
  • 園での子どもの健康状態を家庭と定期的に共有する。
  • 子どもの興味や好奇心を引き出す遊びの提案を保護者に伝える。

●地域との連携

  • 地域の図書館と連携し、絵本読み聞かせのイベントを企画する。
  • 地域の公園に散歩に行き、子どもたちに春の自然を体験させる。
  • 地域の祭りや行事に参加し、子どもたちに地域文化を体験できるようにする。

●職員間での連携

  • 進級に向けて、他のクラスの担任と連携を取り、子どもたちの成長や課題について情報交換を行う。
  • 春の季節感を取り入れた活動計画を職員間で共有し、子どもたちに豊かな体験を提供する。
  • 新年度に向けて、新入園児と在園児の両方が安心して過ごせる環境作りをするため、連携・情報共有していく。
  • 職員同士での研修や勉強会を通じて、専門知識やスキルを共有し向上させる。
  • 子どもの食事状況を栄養士や給食室スタッフと共有し、健康管理を強化する。
  • 職員同士で子どもたちの健康や安全に関する意識を共有し、対応策を話し合う。
  • 保育園内の他のクラスの職員と協力し、子どもたちに多様な体験を提供する。
  • 担任同士が連携し、1歳児との共同遊び時の安全管理に注意を払う。
  • 次年度の担任に対する引き継ぎを丁寧に行い、子どもの育ちの詳細を共有する。
  • 次年度の担任と子どもたちが早期に交流できるよう、機会を設ける。

■評価と反省の方法【0歳児クラス|3月】

●今月の反省(文例)

3月は、0歳児クラスにとって多くの発見と楽しみが詰まった月でした。季節の変わり目を感じさせる活動を通じて、子どもたち一人ひとりの成長を垣間見ることができました。春を迎えるにあたり、自然を感じる散歩や戸外遊びを積極的に取り入れ、子どもたちの好奇心を刺激しました。特に、花や小動物に興味を示す様子は、成長の証として心強く感じられました。

また、今月は様々な行事があり、子どもたちが集団生活の一員としての意識を高める良い機会になりました。ひな祭りでは、伝統的な装飾を使った活動が特に印象的で、子どもたちの目はキラキラと輝いていました。これらの行事を通じて、子どもたちの社会性や協調性が少しずつ育っていることを感じることができました。

しかし、季節の変わり目の健康管理にはもう少し注意が必要だったと反省しています。気温の変動に敏感な年齢なので、今後はもっと細やかな健康チェックが必要です。また、職員間の連携をより密にし、子どもたち一人ひとりに対するケアを深めることも今後の課題です。

来月に向けては、これらの反省を活かし、より良い保育環境を整えることが重要です。具体的には、季節の変化に合わせた服装や室内環境の調整、保育園の日々のプログラムにおける職員間の連携強化などが挙げられます。子どもたちが健やかに育つための環境作りに、職員一同でさらに努めていきたいと思います。

この3月、子どもたちと一緒に春の訪れを感じる活動をたくさんしました。
インフルエンザが流行りましたが、子どもたちの健康を守るために、室内の温度や湿度を調節し、感染予防に力を入れました。
新しく入園した子もいて、一人ひとりに合わせた慣らし保育を通じて、園生活や職員への慣れを促しました。また、進級に向けて、子どもたち一人ひとりの成長や課題を確認し、次の年度に向けた計画を立てました。

園庭での遊びでは、子どもたちが自分で帽子を持ってきたり、靴を履くなど、自分のことを少しずつできるようになってきたのが嬉しかったです。
また、玩具を使った遊びでは、取り合いが増えましたが、そこでお互いの気持ちを伝え合う大切さを学ぶ機会にしました。

来月は、もっと子どもたちが自分でできることを増やしていけるよう、さらにサポートしていきたいと思います。子どもたちの自立心を育て、新しい年度に向けての準備をしていきます。

●保育者自身の評価、子どもの評価のポイント

  1. 行事の取り組み:今月のの行事にどのように取り組んだか、子どもたちの反応や参加度を評価します。
  2. 日常の保育の質:日常の遊びや活動が子どもの興味・関心に合わせて提供されていたかを確認します。
  3. 安全管理:事故や怪我がなかったか、安全対策は適切だったかを振り返ります。
  4. コミュニケーション:保護者とのコミュニケーションがスムーズに行えていたか、また子どもたちの様子や変化を適切に伝えられていたかを評価します。
  5. 食事:食事のサポートが適切に行えていたか、アレルギーや食事の好みなどの対応は適切だったかを振り返ります。
  6. 環境整備:保育室の環境が子どもの発達や興味・関心に合わせて整備されていたか、また新しい遊びや活動の材料を取り入れることができたかを振り返ります。
  7. 職員間の連携:職員間での情報共有や連携がスムーズに行えていたか、また子どもたちのケアやサポートにおいて連携が取れていたかを評価します。
  • 保育者自身の行動や反応の評価
  • 日常の反応や成長の評価ポイントの理解
  • 今後の保育活動の参考とするための情報収集
  • 月末の反省会を有効に進めるためのポイント理解
  • 保育者としての自己評価の深化
  • 子どもたちの一ヶ月間の成長や変化をしっかりとキャッチする

■0歳児3月の月案に役立ちそうな特集・記事リンク

読みたい【年齢・クラス】と【該当の月】を選んでタップorクリックくださいね。

スクロールできます
0歳児1歳児2歳児3歳児4歳児5歳児
4月0歳児×4月1歳児×4月2歳児×4月3歳児×4月4歳児×4月5歳児×4月
5月0歳児×5月1歳児×5月2歳児×5月3歳児×5月4歳児×5月5歳児×5月
6月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
7月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
8月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
9月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
10月0歳児×10月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
11月執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中執筆中
12月0歳児×12月1歳児×12月執筆中執筆中執筆中執筆中
1月0歳児×1月1歳児×1月2歳児×1月3歳児×1月執筆中執筆中
2月0歳児×2月1歳児×2月2歳児×2月執筆中執筆中執筆中
3月0歳児×3月1歳児×3月2歳児×3月執筆中執筆中執筆中

クラスの年齢のタブを選んでね!

■0歳児3月の月間指導計画|文例を活用した作り方のまとめ

この記事を活用して、3月の0歳児クラスの月案作成に役立ててくださいね!
ここで紹介した文例をあなたのクラスの子どもたちに合わせてアレンジ・効率よく月案を作成してくださいね。
大切な時間で、子どもたちとの大切な関わりをより一層深めましょう!
春の訪れとともに、子どもたちの成長と変化を見守りながら、楽しい園生活をサポートしてあげてくださいね。

5月の人気記事・特集はこちら!

今の職場/保育園が「ブラックすぎる…」って人へ!

あつみ

あつみ先生が超絶ブラック大規模園→小規模園へ転職した話…気になる方はこの記事で読んでみてね!

あつみ先生のInstagramのご案内

このたび、インスタアカウントを作りました♪
子どもの工作や手作り知育玩具の情報を配信してますので、チェックしてみてくださいね!

\ 今すぐ押してフォロー! /

\おしらせ!/

【今月の期間限定イラスト!】

今月のカラーおたよりイラストはこちら!
ほしい人は下記の記事からダウンロードしてね!

いますぐアクセス

ダウンロードは
ここから!

いますぐアクセス

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(タップで移動)