え!?この保育専門書が読み放題? 読み放題一覧を見る

【おたより文例】春夏秋冬12ヵ月の季節の書き出し120選【保育園・幼稚園】

PR
\保育専門書、出版しました!/
\この記事を読むメリット/
  • おたよりの書き出し文章に迷わない!
  • 季節感のある挨拶文章が書けるようになる
  • おたより作成の時短が出来る
  • おたより文例が120個わかる
12ヵ月のおたより文例、集めました!
保育園の先生

ああ~…今月、私おたより担当だ~…
うう…おたよりの書き出しの文章が決まらないよ~
季節感ある文章にしないと、絶対主任に突っ込まれるんだよなあ
私こういうの苦手なのに…

こんばんは!保育士のあつみです。

保育園や幼稚園のおたより作成に悩む先生へ!
毎月のお便り作成、季節の変わり目の言葉選びって意外と難しいですよね。
そんな時、この記事があなたの頼りになること間違いなし~!

12ヶ月分の心温まる書き出し文例をご紹介します。
流し読みするだけで、おたよりの文章がサクッと決まり、おたより作成の時短に繋がります!

いつでも読み返せるよう、ぜひこの記事をブックマークしておいてくださいね

2024年5月の新刊!
  • あなたの残業が30分減る!
  • 夏を感じるおたより文例、た~くさん収録!
  • 「あ!この文、使える!」が必ず見つかる!
  • 季節や時候の挨拶を考えるのが苦手な先生へ!

Kindle unlimitedで読み放題です!/

\おたより文例365選|夏編/
  • あなたの残業が30分減る!
  • 夏のおたより文例、た~くさん収録!
  • 「あ!この文、使える!」が必ず見つかる!
  • 季節や時候の挨拶を考えるのが苦手な先生へ!

Kindle unlimitedで読み放題です!/

目次(タップで移動)

この記事を書いた人

あつみ先生

保育士/幼稚園教諭/保育教諭|現役8年目|今年は0歳児担任|SNSフォロワー累計17000人↑|見てきた子ども達は250人↑|保育士ライター(MAMADAYS/ほいくらいふ等)|書籍出版保育製作365日/100均知育365日」|30万PV保育士ブロガー|ピンタレスト月間250万PV|離乳食インストラクター4期卒セミナー講師|詳しいプロフィールはこちら

この記事を書いた人

保育士/幼稚園教諭/保育教諭|現役8年目|今年は0歳児担任|SNSフォロワー累計17000人↑|見てきた子ども達は250人↑|保育士ライター(MAMADAYS/ほいくらいふ等)|書籍出版「保育製作365日/100均知育365日」|30万PV保育士ブロガー|ピンタレスト月間250万PV|離乳食インストラクター4期卒セミナー講師|詳しいプロフィールはこちら

アマゾンで販売中の下記の本…LINE登録で試し読み版プレゼント中♪

\製作ネタ本/

保育製作365日: 保育園や幼稚園で使える♪行事と季節の造形遊び!100均材料でも簡単に作れる製作アイデア帳

\手作り玩具/

毎日モンテ!100均知育365日: かんたん手作り!指先の知育玩具 保育365日シリーズ

\読み聞かせ/

ピックアップ♪

アマゾンで販売中の本…LINE登録で試し読み版プレゼント中だよ!

■春夏秋冬12ヵ月・季節のおたよりの書き出し文例集

●4月のおたより文例「 新しい風と共に」

  • 新しい風が心地よく吹き抜ける4月の始まり。新緑の芽吹きとともに、子どもたちの新しい一歩が始まりました。
  • 4月、春の温もりに包まれながらのスタート。桜の花びらが舞う中、子どもたちの輝きがさらに増しています。
  • 新しい季節の到来とともに、4月の活動が始まりました。桜の下での遊びや学びが、子どもたちの心に新たな経験として刻まれています。
  • 4月の柔らかな日差しに照らされて、新しい年度が始まりました。春の息吹の中で、子どもたちの新しい成長が感じられます。
  • 春の訪れとともに、4月の新しい冒険が始まりました。桜の花が咲き誇る中、子どもたちの日々がさらに賑やかになっています。
  • 温かな春の風と共に4月がスタート。新しい季節の中、子どもたちの笑顔が日々輝いています。
  • 4月、新しい年度の幕開け。桜の美しさとともに、子どもたちの日々がさらに鮮やかになってきました。
  • 春の香りが満ちる4月の始まり。この新しい季節で、子どもたちの笑顔や喜びが溢れています。
  • 4月、新緑の季節の到来。春の暖かさの中で、子どもたちの笑顔や楽しい声が聞こえてきます。
  • 春爛漫の4月が到来。桜の花々と共に、子どもたちの毎日が充実しています。
  • →4月のおたより文例をもっと見る

もっと4月の文例をたくさん知りたい?下記で特集しているよ!

\12ヵ月春夏秋冬540例以上あるよ/

●5月のおたより「緑の葉っぱと子どもたちの成長を感じて」

  • 5月の柔らかな日差しと新緑の中で、子どもたちの日々はさらに明るくなっています。緑の葉っぱの中で、彼らの笑顔や探求心が際立っています。
  • 5月、木々の緑が一段と濃くなり、庭の花々が咲き誇っています。その中で、子どもたちの活動がより一層楽しげに感じられます。
  • 爽やかな5月の風が、保育園に新たな活気をもたらしています。木々のざわめきや鳥のさえずりと共に、子どもたちの楽しい声が聞こえてきます。
  • 5月、心地良い風と共に、子どもたちの成長の瞬間がたくさん訪れています。新しい季節の中で、彼らの新しい発見や喜びが溢れています。
  • 緑が濃くなる5月の景色の中で、子どもたちの日常が色鮮やかに繰り広げられています。毎日が新しい冒険と感動に満ちています。
  • 5月、春の終わりと初夏の始まりを迎えるこの時期。木々や花々の中で、子どもたちの探求心が花開いています。
  • 春の名残と夏の予感を感じる5月。この美しい季節の中で、子どもたちの笑顔や活動が一層輝いています。
  • 5月の陽射しと新緑の下で、子どもたちの成長の軌跡が明確に見えてきます。日々の活動の中で、彼らの喜びや発見が増しています。
  • 温かな5月の日々が、保育園にさらなる活力と楽しさをもたらしています。明るい日差しのもと、子どもたちの新しい一歩が輝いています。
  • 5月、木々の間を吹き抜ける風が心地よく、保育園は新緑のオアシスのよう。子どもたちの楽しい声や笑顔が、この季節をより特別にしています。
  • →5月のおたより文例をもっと見る

もっと5月の文例をたくさん知りたい?下記で特集しているよ!

\12ヵ月春夏秋冬540例以上あるよ/

●6月のおたより文例「梅雨のしずくとともに」

  • 6月、梅雨の雨音が窓を打ちながら、子どもたちの楽しい声が保育園から聞こえてきます。雨の日も、彼らの笑顔は晴れやかです。
  • 6月の雨のしずくとともに、子どもたちの新しい発見や驚きが増えています。雨の中でも、彼らの好奇心は止まりません。
  • 雨に打たれてきらきらと光る葉っぱの中で、子どもたちの日常が鮮やかに展開されています。6月の梅雨も、彼らの成長の一ページとして輝いています。
  • 6月、時折訪れる雨の日。それでも子どもたちの元気な姿や声が、保育園を明るくしています。
  • 梅雨の季節も、子どもたちの活動はいつもと変わらず活発です。雨の音を背景に、新しい遊びや発見が生まれています。
  • 6月の湿度と雨にも負けず、子どもたちの笑顔や探求心が保育園を温かくしています。梅雨の中の彼らの楽しみ方には、毎日驚かされます。
  • 雨の日が続く6月。でも、子どもたちの明るさや元気さは、梅雨を忘れさせるほどです。
  • 6月、雨に濡れる地面や木々の間から、子どもたちの楽しい声や笑顔が溢れ出ています。この季節も、彼らの成長の場として特別なものとなっています。
  • 梅雨の季節、雨のリズムに合わせて、子どもたちの活動や遊びが進行しています。雨の中でも、彼らの楽しみ方は無限です。
  • 6月の雨の中でも、子どもたちの探求心や好奇心は尽きることがありません。雨の日の新しい発見や遊びが、保育園の中に溢れています。
  • →6月のおたより文例をもっと見る

もっと6月の文例をたくさん知りたい?下記で特集しているよ!

\12ヵ月春夏秋冬540例以上あるよ/

●7月のおたより 文例「夏の太陽下での楽しい時を」

  • 7月、夏の太陽が照りつける中、子どもたちの笑顔が日々を彩っています。蝉の声や夏の風景とともに、彼らの元気な姿が広がっています。
  • 7月の青空の下、子どもたちの活発な動きや元気な声が保育園を賑わせています。夏の太陽も、彼らの笑顔に負けないほどの輝きを放っています。
  • 夏の熱気の中でも、子どもたちの探求心や好奇心は冷めることがありません。海や山の自然を模倣した遊びが、保育園の中に溢れています。
  • 7月、水遊びや夏の工作、さまざまな夏の活動で子どもたちの笑顔が増えています。夏ならではの遊びや体験が、彼らの成長をサポートしています。
  • 夏の日差しを感じながら、子どもたちの日常が明るく、楽しく展開されています。7月の暑さも、彼らの活動のエネルギーで涼しげに感じられます。
  • 蝉の鳴き声や水しぶきの音を背景に、7月の保育園は子どもたちの楽しい声でいっぱいです。夏の特別な瞬間が、日々繰り広げられています。
  • 夏の暑さを感じつつも、子どもたちの元気な声や活動が、7月の保育園を特別なものにしています。夏の風物詩とともに、新しい発見が待っています。
  • 7月の夏、保育園は子どもたちの笑顔や元気な声で溢れています。夏の風とともに、彼らの新しい一日が始まります。
  • 夏の風を感じながら、子どもたちの夏の遊びや学びが進行しています。7月の太陽の下で、彼らの成長の一歩一歩が輝いています。
  • 7月の暑さも、子どもたちの明るさや元気さに負けず、保育園は賑わっています。夏の風や自然の中で、彼らの日常が鮮やかに展開されています。
  • →7月のおたより文例をもっと見る

もっと7月の文例をたくさん知りたい?下記で特集しているよ!

\12ヵ月春夏秋冬540例以上あるよ/

●8月のおたより文例「熱い夏の中の冷たい風物詩」

  • 8月、盛夏の暑さがピークを迎える中、子どもたちの笑顔が変わらず輝いています。夏休みの楽しい思い出や体験が、彼らの日常に彩りを加えています。
  • 8月の夏、日差しの強さを感じる一方で、涼しい風や木陰のひとときが特別に感じられます。子どもたちも、夏の魅力を最大限に楽しんでいます。
  • 保育園の庭では、子どもたちが水遊びや夏の自然を満喫。8月の太陽の下、彼らの成長と夏の喜びが交差しています。
  • 盛夏の8月、子どもたちの活動や遊びは、夏の自然や風物詩をフルに活用しています。夏の瞬間瞬間を、彼らと共に感じています。
  • 8月、夏の終わりを迎える前の最後の盛り上がり。子どもたちの笑顔や遊び声が、保育園の中をさらに明るくしています。
  • 8月の夏、子どもたちと一緒に、季節の変わり目を感じながらの日々。涼しい夕暮れや夏の星空が、特別な時を演出しています。
  • 8月の暑さを和らげるのは、子どもたちの楽しい笑い声や夏の遊び。彼らの夏の思い出づくりが、最高潮を迎えています。
  • 8月、子どもたちと夏の終わりを感じながら、新しい季節への期待が高まっています。夏の風とともに、一日一日を大切に過ごしています。
  • 8月の保育園は、子どもたちの夏の経験や学びが満載。夏の特別な日々を、彼らと共に過ごしています。
  • 夏の終盤、8月の太陽と涼風の中で、子どもたちの成長と夏の喜びが一緒になっています。夏の終わりを告げるセミの声や夏の夜空を、彼らと共に楽しんでいます。
  • →8月のおたより文例をもっと見る

もっと8月の文例をたくさん知りたい?下記で特集しているよ!

\12ヵ月春夏秋冬540例以上あるよ/

●9月のおたより文例「秋の始まりと共に」

  • 9月、秋の始まりを告げる風が、子どもたちの髪を撫でています。新しい季節の訪れを、一緒に迎える喜びを感じています。
  • 保育園の庭では、秋の落ち葉や涼しい風が舞い始め、子どもたちの遊びが一層楽しげに。9月の風物詩と彼らの笑顔が、心地よく交差しています。
  • 9月の初秋、夏の熱気が和らぎ、季節の移ろいを感じる時期。子どもたちの成長も、新しい季節とともに進んでいます。
  • 秋の訪れと共に、保育園は新しい学びや発見の場となりました。9月の自然とともに、子どもたちの日々が彩られています。
  • 9月、秋の足音が聞こえ始めるこの時期、子どもたちと一緒に季節の移り変わりを楽しんでいます。新しい季節の香りや風を、彼らと共に感じています。
  • 秋の9月、子どもたちの表情や言葉にも新しい季節の変化が表れています。秋の風とともに、彼らの成長を優しく見守っています。
  • 9月の保育園は、秋の色づきや涼しい風の中、子どもたちの新しい発見や冒険が始まる場所。季節の美しさを、彼らと共に感じる日々を過ごしています。
  • 秋の始まり、9月の太陽や風の中で、子どもたちの学びや遊びがさらに深まっています。新しい季節を迎える喜びを、彼らと一緒に分かち合っています。
  • 9月、秋の訪れを感じながら、子どもたちの成長と学びが続いています。秋の風とともに、彼らの日々がさらに充実しています。
  • 保育園の9月は、秋の始まりを告げるセミの声や落ち葉とともに、子どもたちの日常が彩られています。新しい季節の変わりゆく姿を、彼らと一緒に楽しんでいます。
  • →9月のおたより文例をもっと見る

もっと9月の文例をたくさん知りたい?下記で特集しているよ!

\12ヵ月春夏秋冬540例以上あるよ/

●10月のおたより文例「色づく紅葉とともに」

  • 10月、紅葉が始まり、保育園の木々も色づき始めました。子どもたちの目も、季節の美しさに引き込まれる日々です。
  • 落ち葉のカサカサという音や、秋の風のさらさらとした感触。10月の保育園は、子どもたちの五感で秋を感じる場所となっています。
  • 10月の保育園は、秋の深まりとともに、子どもたちの成長や学びも深まる場所。彼らの笑顔や遊びが、秋の風景をさらに鮮やかにしています。
  • 紅葉の赤や黄色が保育園の周りを彩る中、子どもたちの学びや発見も豊かな10月。季節の美しさを、彼らと一緒に楽しんでいます。
  • 10月、秋の中盤を迎え、保育園の自然と子どもたちの活動が一つになる時期。秋の風とともに、彼らの日々の成長を優しく見守っています。
  • 10月の秋の空の下、子どもたちの笑顔や声が響き渡っています。季節の変わり目を感じる中で、彼らの成長と学びの瞬間を共有しています。
  • 保育園の10月は、紅葉や秋の風とともに、子どもたちの日常や学びが深まる場所。新しい季節の風景を、彼らと一緒に楽しんでいます。
  • 10月の風が木々を揺らし、紅葉の色とりどりが保育園を飾ります。子どもたちの笑顔や遊びが、秋の情景をより一層美しくしています。
  • 紅葉のシーズン、10月の保育園では、子どもたちの学びや遊びが新たな段階に。彼らの日常が、秋の美しい背景とともに進行しています。
  • 保育園の10月は、秋の深まりを背景に、子どもたちの成長や発見が続いています。彼らと一緒に、季節の変わりゆく風景を楽しんでいます。
  • →10月のおたより文例をもっと見る

もっと10月の文例をたくさん知りたい?下記で特集しているよ!

\12ヵ月春夏秋冬540例以上あるよ/

●11月のおたより文例「冬を迎える前の静寂な時」

  • 11月の冷たい風が吹き抜ける中、保育園では子どもたちの暖かい笑顔が日常を彩っています。冬の足音が近づく中、彼らの成長と学びは止まりません。
  • 木々の葉は落ち、冬の訪れを感じる11月。保育園では、子どもたちの活動や遊びが季節の移り変わりを映し出しています。
  • 11月の保育園は、冬の前の静かな期間。子どもたちの遊びや学びが、この穏やかな季節にぴったりの背景となっています。
  • 木々が紅葉から脱葉へと移行する11月。子どもたちの成長や学びの瞬間も、季節の変わり目とともに新しいステージへと移行しています。
  • 11月の冷え込む空気の中、保育園の子どもたちの活動はますます活発に。彼らの日常が、この季節の美しさとともに進行しています。
  • 冬の訪れを感じる11月、保育園では子どもたちの笑顔や遊びが温かさを届けています。季節の移ろいとともに、彼らの日々の学びを優しく見守っています。
  • 11月の保育園は、落ち葉の絨毯と子どもたちの楽しい声でいっぱい。彼らと一緒に、冬の訪れを迎える準備をしています。
  • 木々の葉が地面に降り積もる11月、保育園の中も子どもたちの成長や学びの軌跡が積み重なっています。季節の変わり目を、彼らと一緒に感じています。
  • 11月の冷えた空気とともに、保育園の子どもたちは新しい学びや遊びを楽しんでいます。この季節の美しさとともに、彼らの日々の成長を共有しています。
  • 11月、冬への扉が開かれる直前の季節。保育園の子どもたちの笑顔や遊びが、この静かな時期の美しさを際立たせています。
  • →11月のおたより文例をもっと見る

もっと4月の文例をたくさん知りたい?下記で特集しているよ!

\12ヵ月春夏秋冬540例以上あるよ/

●12月のおたより文例「年の瀬を温かく包む言葉」

  • 冬の息吹が辺りを包む12月、保育園の中は子どもたちの温かい笑顔と活気でいっぱいです。雪の初めての結晶が舞い降りるその瞬間を、一緒に待ちわびています。
  • 12月、冬の玄関口を感じさせる季節。保育園では、子どもたちの冬の歌や遊びが毎日の風景を彩っています。
  • 冷たい空気とともに12月が訪れ、保育園の中も冬の装いへ。子どもたちと一緒に、年の終わりの特別な時間を過ごしています。
  • 12月、雪の結晶が舞う季節の到来。保育園の子どもたちとともに、冬の神秘と喜びを深く感じながら日々を送っています。
  • 冬の静けさと温かさが交差する12月。保育園の中は、子どもたちの楽しい声や成長の瞬間で溢れています。
  • 12月、冬の訪れとともに、保育園の子どもたちは新しい季節の遊びや学びに興奮しています。一年の終わりを彼らと共に迎える時期です。
  • 雪が静かに積もる12月の保育園は、子どもたちの冬の遊び場。彼らの笑顔や成長の姿が、この冷たい季節を特別にしています。
  • 12月の冷たい空気の中、保育園の子どもたちは温かさを感じる瞬間を見つけています。冬の中の小さな喜びや発見を一緒に分かち合っています。
  • 雪が舞い、冬の風が吹き抜ける12月。保育園の中でも、子どもたちの冬の活動や学びが始まっています。
  • 12月、冬の魔法が辺りを包む中、保育園の子どもたちは新しい冬の冒険を楽しんでいます。この月の特別な時間とともに、彼らの日々の成長を祝っています。
  • →12月のおたより文例をもっと見る

もっと12月の文例をたくさん知りたい?下記で特集しているよ!

\12ヵ月春夏秋冬540例以上あるよ/

●1月のおたより文例「新年の訪れを暖かく迎える言葉」

  • 新しい年を迎え、保育園は新たな期待とともに1月の活動を始めました。雪の上での足跡や冬の歌声が、子どもたちの日常を彩っています。
  • 1月、新しい年の始まりを迎え、保育園の中は子どもたちの新しい冒険と学びで溢れています。冬の寒さも、彼らの暖かい笑顔によって和らぎます。
  • 新年の訪れとともに、保育園の子どもたちが冬の魔法を感じる1月。白く輝く雪景色の中、彼らの成長と探究心が輝いています。
  • 1月の冷え込む日々でも、保育園の中は子どもたちの温かい声と笑顔で暖か。新しい一年のスタートを、一緒に楽しんでいます。
  • 新しい年の1月、保育園の子どもたちが新しい目標や夢に向かって元気に活動しています。冬の空の下、新しい一歩を踏み出しています。
  • 1月、新しい年の扉が開き、保育園の子どもたちは冬の遊びや学びに興奮しています。新年の始まりを彼らと共に感じ、共有しています。
  • 1月の冷たい空気とともに、新しい年の希望や夢が生まれています。保育園の中での子どもたちの日常や学びが、新しい一年の光となっています。
  • 1月の始まり、新しい一年の期待とともに、保育園は子どもたちの新しい冒険や学びを支えています。雪の中の遊びや発見が、彼らの日々を特別にしています。
  • 1月、新しい年の第一歩を踏み出す月。保育園の子どもたちとともに、新しい冬の遊びや発見を楽しんでいます。
  • 新しい年の1月、保育園は新たなスタートを切りました。冬の寒さも、子どもたちの笑顔や暖かさで、一瞬で暖かくなるような気がします。
  • →1月のおたより文例をもっと見る

もっと1月の文例をたくさん知りたい?下記で特集しているよ!

\12ヵ月春夏秋冬540例以上あるよ/

●2月のおたより文例「寒さの中で芽吹く希望のメッセージ」

  • 2月の冷たい空気が、保育園の中でも子どもたちの頬を紅潮させています。雪だるまや雪合戦、冬の楽しみが広がっています。
  • 2月、まだ冬の深さを感じる中で、保育園の子どもたちの笑顔や活動が一際明るく輝いています。冬の終わりを彩る、彼らの成長の瞬間です。
  • 2月、冬の終盤を迎え、保育園は子どもたちの楽しい声や歌声で暖かくなっています。雪景色の中の探検や学びが、毎日の喜びとなっています。
  • 2月の寒さの中でも、保育園の中は子どもたちの温かな笑顔や声で満たされています。冬の自然とともに、新しい学びや経験を積み重ねています。
  • 2月、冬の冷え込みが続く中、保育園の子どもたちが新しい冒険や探求に熱中しています。彼らの好奇心が、寒い季節も暖かく感じさせてくれます。
  • 雪に覆われた2月、保育園は子どもたちの冬の遊びや学びの場となっています。雪の結晶や冬の動物たちとの出会いが、彼らの日々を豊かにしています。
  • 2月の厳しい寒さも、保育園の子どもたちとともに過ごす時間の中で、暖かく感じることができます。彼らの笑顔や学びの姿が、冬の終わりを迎える光となっています。
  • 2月、冬の終わりと春の訪れを感じる頃。保育園の中では、子どもたちの冬の学びや遊びが、新しい季節への期待を高めています。
  • 2月の冷たい風とともに、保育園は子どもたちの冬の活動や探究心で賑わっています。彼らの元気な声や姿が、この寒さを忘れさせてくれます。
  • 2月の冷え込みを感じながらも、保育園の子どもたちの笑顔や活動が心を温めてくれます。冬の終わりを告げるこの月を、彼らとともに楽しく過ごしています。
  • →2月のおたより文例をもっと見る

もっと2月の文例をたくさん知りたい?下記で特集しているよ!

\12ヵ月春夏秋冬540例以上あるよ/

●3月のおたより文例「春の足跡とともに」

  • 3月、春の兆しを感じ始めるこの頃、保育園は新しい季節の息吹と子どもたちの笑顔で満ちています。桜の蕾も待ち遠しい日々が続いています。
  • 3月、まだ肌寒さが残る中、保育園の中は子どもたちの春への期待と好奇心でにぎわっています。新しい発見や探求が、日々の喜びとなっています。
  • 春の足音が近づく3月、保育園は子どもたちの新しい季節への興味や探求心で賑わっています。彼らの成長とともに、自然もやさしく変わり始めています。
  • 3月、春の前の静かな時間を保育園とともに過ごしています。子どもたちの日々の活動や遊びが、新しい季節を迎える準備をしています。
  • 3月、春を迎えるための準備が保育園の中で進行中です。子どもたちの目には、新しい季節の変化や発見を楽しむ光が輝いています。
  • 春風を感じる3月、保育園の子どもたちの活動や探求が一層活発になっています。自然の中での学びや発見が、彼らの日々を彩っています。
  • 3月、春の訪れを感じる季節になりました。保育園の中は、新しい季節の学びや遊びで、子どもたちの笑顔や元気な声で溢れています。
  • 春の訪れを待ちわびる3月、保育園は子どもたちの新しい学びや発見で賑わっています。彼らと一緒に、季節の移ろいを楽しみながら過ごしています。
  • 3月、春の兆しが保育園のあちこちで見え始めています。子どもたちの好奇心や発見が、この季節の特別な魅力を引き出しています。
  • 春の足音が聞こえてくる3月、保育園は子どもたちの元気な声や活動でにぎわっています。新しい季節の変化とともに、彼らの成長も楽しみにしています。
  • →3月のおたより文例をもっと見る

もっと3月の文例をたくさん知りたい?下記で特集しているよ!

\12ヵ月春夏秋冬540例以上あるよ/

2024年5月の新刊!
  • あなたの残業が30分減る!
  • 夏を感じるおたより文例、た~くさん収録!
  • 「あ!この文、使える!」が必ず見つかる!
  • 季節や時候の挨拶を考えるのが苦手な先生へ!

Kindle unlimitedで読み放題です!/

\おたより文例365選|夏編/
  • あなたの残業が30分減る!
  • 夏のおたより文例、た~くさん収録!
  • 「あ!この文、使える!」が必ず見つかる!
  • 季節や時候の挨拶を考えるのが苦手な先生へ!

Kindle unlimitedで読み放題です!/

■お便り文例の活用で、保護者との絆を深める

保護者の皆様との信頼関係を築く上で、日常のコミュニケーションは欠かせません。
おたよりは、その一環として大切な役割を果たしています。

文例を活用することで、時節の変化や子どもたちの成長の様子を感じ取ってもらう事が可能です!

●おたより文例の使い方:場面や気持ちに合わせて

おたよりを書く際のポイントは、単なる日常の報告だけでなく、その瞬間瞬間の場面や気持ちを伝えることです。
保護者の皆様にとっても子どもたちの日々の成長や体験がより鮮やかに感じられるものとなります。

例えば、季節の移ろいや特定の行事、そして子どもたちが新しいことを学ぶ場面など、その時々の背景や状況に合わせた文例を取り入れることで、おたよりが一層豊かなものになりますよ!

さらに、子どもたちの小さな成功や、日常の中でのちょっとした出来事をピックアップして、その時の感情や反応を綴ることで、おたよりは一方的な伝達から、心を通わせるコミュニケーションツールへと変わります。
読む側も、文字から子どもたちの姿や笑顔を浮かべながら、その瞬間を共有することができるのです。

文例の使い方を工夫することで、毎回のおたよりが新鮮で心に残るものとなります。
ぜひ活用してくださいね!

●保育園のおたよりの役割と効果:四季ごとの子ども達の遊びの変化を伝える

日本の四季はそれぞれの魅力と特色を持ち、子どもたちの遊びや活動もその変化に合わせて豊かに変わっていきます。
春には花見や草取り、夏には水遊びや夏祭り、秋には落ち葉での遊びや収穫体験、冬には雪遊びや冬の行事。
これらの季節ごとの遊びは、子どもたちにとって大切な体験となり、その成長や発見を促進するものとなります。

おたよりを通じて、これらの季節の遊びや体験を保護者の皆様に伝えることは、子どもたちの日常や季節感を共有する絶好のチャンスとなります。
また、保護者の皆様がその情報をもとに、家庭での会話のきっかけとして使用したり、休日の過ごし方の参考としたりすることで、家庭と保育園・幼稚園との連携も深まるでしょう。

四季ごとの遊びの変化を伝えるおたよりは、子どもたちの成長の一部として、また家庭でのコミュニケーションの材料として、その価値を発揮します。

■文例を活用しておたよりを効率的に作成する方法

おたよりを書く際、綿密な計画や深い考慮が必要な場面もありますが、なるべく効率的に作成したいですね。
以下は、手早くおたよりを作成するためのいくつかの方法とアイディアです。

  1. 基本構成を決めておく
    各月やイベントごとの基本的な構成(テンプレート)を作成しておきましょう!
    そうすることで、必要な部分だけを変更して使用することができます。
  2. 写真やイラストの活用
    文章だけでなく、写真やイラストを添付することで視覚的に情報を伝えることができます。
    読み手の興味を引きつけることができます。
  3. キーポイントリスト
    おたよりの主要な内容を簡潔にリスト化し、それを基に文章を展開する方法も効率的です。
  4. 子どもたちの声を取り入れる
    子どもたちの日常の一言やエピソードを取り入れることで、内容がより生き生きとしたものになります。
    常日頃から子ども達の様子をメモして、ネタをストックしておけば、おたよりネタに困りませんよ~!
  5. ワード・手書き・アプリ配信の使い分け
    パソコンを使えるなら、ワードでおたより作成をすると文章が多くても読みやすく、整ったデザインで作る事が出来ます。逆に、手書きでパパっとやるほうが早い内容のお手紙もあります。
    さらに、おたよりでだすほどの事でもない業務連絡的な発信内容であれば、メールや保育園アプリでの配信のほうがサクっと楽にできることも多いです。
    凝り固まらずに、いろんな方法を試してくださいね!

手早くおたよりを作成するコツは、事前の準備と整理です。
一度方法やテンプレートを確立してしまえば、その後はスムーズに作業を進めることができます。
効率的におたよりを作成することで、その他の業務や子どもたちとの時間にもしっかりと対応することができます!

あなたの保育をより良くしていくために、お役立てくださいね~!

7月の人気記事・特集はこちら!

今の職場/保育園が「ブラックすぎる…」って人へ!

あつみ

あつみ先生が超絶ブラック大規模園→小規模園へ転職した話…気になる方はこの記事で読んでみてね!

あつみ先生のInstagramのご案内

このたび、インスタアカウントを作りました♪
子どもの工作や手作り知育玩具の情報を配信してますので、チェックしてみてくださいね!

\ 今すぐ押してフォロー! /

\おしらせ!/

【今月の期間限定イラスト!】

今月のカラーおたよりイラストはこちら!
ほしい人は下記の記事からダウンロードしてね!

いますぐアクセス

ダウンロードは
ここから!

いますぐアクセス

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(タップで移動)