節分や豆まきの導入に最適な絵本を紹介!

保育園や幼稚園の節分の行事の導入に、どんな絵本を読んであげればいい?
由来が知れたり、手軽に楽しめるおすすめ絵本を紹介します。
1歳児、2歳児、3歳児、4歳児、5歳児、それぞれのクラスの、
子ども達の月齢に合わせた絵本の一覧となります。

こんばんは!
男性保育士のあつみです!

スポンサードリンク


この記事では、保育園や幼稚園で読んであげたい、
節分や豆まき、鬼に関する、おすすめ絵本を紹介していきます。

■絵本選びに参考にしたサイト:

1000万人の絵本ためしよみサイト|絵本ナビ
上記サイトでは、絵本の無料試し読みが出来ます。
是非、絵本選びの参考にしてみてくださいね。

ちなみに、対象年齢については、
完全にあつみ先生の主観ですので、参考程度にお願いいたします。

2歳児でも、長いストーリーのお話も楽しめますし、
幼児クラス(3歳児、4歳児、5歳児)の子ども達に、
乳児向けの絵本を読んであげても、すごい大ウケだったりします。

■節分、豆まきに関するその他の関連する記事

いろいろ読んであげて、あなたのクラスの子ども達の、
お気に入りを見つけてあげてくださいね!

★乳児向け(0歳児、1歳児、2歳児)の節分の絵本選びのポイント

0歳とか1歳とかのクラスって、節分がどうとか意味わからないから、
雰囲気だけ楽しめればOKです笑

まずは、節分に興味を持とう!という事ですね。
その際は、同じフレーズの繰り返しや、言葉のリズムがあるもの…
また、仕掛け絵本など、楽しいものを選んでくあげてくださいね。

 

■まめのかぞえうた(0歳児、1歳児~)

乳児クラスでも分かりやすい絵本です。
ひとーつ、ふたーつと、数えるのも楽しいですし、
リズムをつけて読んであげるといいかも。
(原曲があるかは不明なので適当なリズムで笑)

■おにのパンツ(1歳児、2歳児~)

これは、「鬼のパンツ」の歌が、そのまま絵本になった内容です。
自然と、鬼のパンツの歌を覚えることが出来ます笑
歌のリズムに合わせて読んであげると楽しいですね。
乳児クラスでも使いやすいです。

■おめんです(0歳児、1歳児、2歳児~)

■絵本【おめんです】の読み聞かせ動画

かわいい動物たちが、お面をかぶって…
「たぬきさんでしたー!」「かえるさんでしたー!」

いないいないばあの要領のしかけ絵本です。
鬼のお面が登場するため、おにのお面製作の導入にピッタリ!

涼しいあつみ先生

これほんっと子ども達大好きなんですよね。

かなみ先生

単純な絵本だけど「もっかい!」リピート率がすごい。

★2歳児~3歳児向けの節分の絵本選びのポイント

2歳児、3歳児クラスになってくると、節分の行事に、期待して、
より楽しく参加できるような絵本を選んであげましょう。

涼しいあつみ先生

由来とか知るよりも、豆まきを思い切り楽しめるようにしましょう!

かなみ先生

鬼が身近に感じられたり、豆まきが楽しくなるような絵本がいいね。

■おにはそと(2歳児~)

■絵本【おにはそと】の読み聞かせ動画

節分の豆まきで、鬼に向かって豆を投げていると、
逃げ遅れた子鬼が、人間の子ども達と友達になって、一緒に遊ぶお話です。
事情を知らない親鬼は、子鬼を助け出そうとするのですが…

■ちいちゃんとまめまき(2歳児~)

楽しい節分のお話です。
鬼のお面をつくったり、豆まきをして、友達と遊ぶ話なので、
節分の行事の導入に最適です。ワクワク、期待感を持たせましょう。
由来などの説明はないですが、
節分にする事が分かりやすいため乳児クラスも楽しめます。

■おにはうち!(3歳児~)

絵本【おにはうち!】の読み聞かせ動画

私の大好きな、中川ひろたかさんの絵本シリーズです笑
保育園に遊びに来た、「にお君」と一緒に、野球をして楽しむのですが、
豆まきを始めようとすると、逃げてしまうのでした。
節分に豆をまく理由などが、分かりやすく説明されているので、
導入にもピッタリです。

■せつぶんの ひの おにいっか(3歳児~)

節分の絵本の中でも、この絵本は、鬼からの目線のお話です。
ほのぼのな、鬼の家族の生活が見れます笑
鬼って実は身近にいるという話ですが、この鬼はあんまり怖くないかも笑

 

 

■おばあちゃんのえほうまき(2歳児、3歳児、4歳児~)

おばあちゃんの~シリーズです。
このシリーズは、行事の由来を子ども達の伝えるのにピッタリですね!
おばあちゃんと一緒に恵方巻を作るお話です。
願いを込めて食べるなど、由来も知る事ができます。
食べ物に興味を持つ、食育にもいいです。

■ふくはうちおにもうち(2歳児、3歳児~)

■絵本【ふくはうちおにもうち】の読み聞かせ動画

節分の夜、外から「さむいよー…」「さみしいよー…」と声が聞こえてきます。
だれかと思ったら、なんと鬼達でした笑
やさしさから、鬼を家の中に入れてあげると、宴会が始まります。
そこに福の神もやってきて…にぎやかで楽しいお話です。

★3歳児、4歳児向けの節分の絵本選びのポイント

3歳児、4歳児の幼児クラスになってくると、ただ、豆を投げて、
ワイワイしておしまい…とかではなく、節分の行事に意味を持たせてみると、より、意義のあるものになります。

涼しいあつみ先生

たとえば、鬼をやっつける事で、弱い自分に勝つとか…
鬼に、頑張る事を一つ約束するとか…
どんな設定でもいいので、豆まきをする理由づけをしてあげれば、
よりモチベーションもあがりますし、とても意義のある行事になりますよ♪

 

■まゆとおに(3歳児、4歳児~)

やまんばの娘「まゆ」シリーズの作品です。
まゆは、お腹がすいた腹ペコの鬼と出会います。
鬼は、まゆを食べてしまおうと、たくらむのですが、
全て悪意なく、返り討ちにされてしまう鬼の話です笑
読み聞かせると、子ども達は大爆笑、大ウケの絵本です笑

 

■ねこまるせんせいとせつぶん(3歳児)

■絵本【ねこまるせんせいとせつぶん】の読み聞かせ

節分の行事の前の導入や、楽しんだ後に読みたい絵本。
子ども達に大人気のねこまる先生は、鬼のお面をつけて、鬼の役になります。
子ども達から逃げているうちに、本当に鬼の世界に迷い込んでしまいます。

■おなかのなかにおにがいる(3歳児、4歳児~)

みんなのお腹の中には、おにがいて、
その子の性格は、お腹の中の鬼と、おんなじ性格なのです。

例えば、怠け者のおにがお腹の中にいるなら、その子もなまけもの。
くいしんぼうな鬼がおなかの中に居るなら、その子もくいしんぼう。
泣き虫な鬼がおなかの中にいるなら、その子も泣き虫。

自分のお腹の中に、どんなおにがいるかな?
話を聞いてみると面白いです笑

涼しいあつみ先生

節分の前の導入として読むことで、
自分の中の悪い鬼を、豆まきで追い払おう!
という、目的意識を、子ども達に持たせる事も出来ますよ。

かなみ先生

結構おすすめです。

 

★年長(5歳児)向けの節分の絵本選びのポイント

もちろん、5歳児さんでも、痛快で面白い鬼の話は大好きですし、盛り上がります。
しかし、ちょっと毛色を変えて…「鬼って、どんな存在?」と考えるきっかけになる絵本を、
読んであげてもいいですね。

涼しいあつみ先生

年長さんになると、本当にいろんな感想や意見が出るね。

かなみ先生

本当にやさしい子だったらポロポロ泣いちゃう子もいたり。

 

■泣いた赤おに(5歳児~)

■絵本【泣いた赤おに】の読み聞かせ動画

この絵本は、節分じゃなくても楽しめる絵本なのですが、
人間と仲良くなりたい、やさしい赤鬼の話です。

人間がお家に遊びに来てくれるよう、いろんなおもてなしを考えますが、
誰も来てくれない…そこで、友達の青鬼が、一芝居、演じます。

それによって、青鬼は悪役を引き受け、赤鬼はヒーローになります。
赤鬼は人間とも仲良くなれましたが、青鬼は…

■おにたのぼうし(5歳児~)

■絵本【おにたのぼうし】読み聞かせ動画

やさしい鬼のお話です。
おにたの好きな帽子の話かと思えば…この帽子は、角を隠すための物。
寂しい思いをしていた、女の子と仲良くなるのですが、
ラストはちょっと切なくて悲しいです。年長さん向けです。
岩崎ちひろさんの絵は本当に美しいですよね。

■島ひきおに(5歳児~)

■絵本【しまひきおに】読み聞かせ動画

ひとりぼっちで寂しくて、人間と仲良くなりたい鬼のお話。
漁師の、島を引っ張って来れば、一緒に暮らせるという言葉を信じて、
鬼は海の中、島を引っ張ってきます。
でも、人間はみんな怖がって、追い出してしまい、たらい回しにされてしまいます。
何処にも居場所が無かった、報われない、鬼の話。


スポンサードリンク


■おすすめの節分、豆まきの絵本があれば教えてくださいね♪

この記事では、節分に使える絵本をまとめてみました。
あなたのクラスの子ども達のお気に入りを、是非、見つけてくださいね。

かなみ先生

鬼って怖い物じゃなくて、
やさしい鬼もいる…
そんな絵本が多いよね。

涼しいあつみ先生

年長さんむけで紹介した3作品は、
個人的なお気に入りでもあるかな

かなみ先生

完全にあつみくんの趣味だよね笑
小学生低学年でも楽しめる内容だね

涼しいあつみ先生

この一覧にないもので、
こんなんおすすめだよー!ってのあれば、
教えてください!

■絵本選びに参考にしたサイト:

1000万人の絵本ためしよみサイト|絵本ナビ
上記サイトでは、絵本の無料試し読みが出来ます。
是非、絵本選びの参考にしてみてくださいね。

■節分関係の関連記事はこちら!

■この記事で紹介したサイト

アマゾン「絵本・児童書」ストア

絵本専門販売サイト「絵本ナビ」

スポンサードリンク

■当サイトのご案内


■まだブラック保育園で消耗してるの?

■保育士の非公開求人を集めたサイトを紹介

■全ての製作アイデアの目次はこちら

■もっと絵本を知りたい先生へ。絵本特集はこちら

■無料のおたより用イラスト素材配布中!

■保育雑誌PriPriがスマホで読み放題になる方法

■メルマガ【あつみ先生の連絡帳】ご案内

■LINE友達登録【あつみ先生の連絡網】







にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ