gyunyuupakku-komaseisaku

この記事では、牛乳パックを使ったよく回る「こま製作」のアイデアを紹介します♪
保育園の1歳児クラス~作る事が出来る、簡単・手軽なアイデアです。

こんばんは!
男性保育士のあつみです。

この記事では、牛乳パックで作るコマの製作アイデアを紹介します。
デザインするだけで作れるので1歳児さんでも簡単に作れます♪

とっても良く回るコマですよ。

■牛乳パックのこま製作アイデア(1歳児~)

Evernote Snapshot 20190408 115731

完成図は上記の写真のようになります。
本体を直接回す事も可能ですが、中心にペットボトルキャップを付けることで、つまんで回す事も出来ます。
デザインについては、今回のサンプルではマジックやシールを使いました。

■牛乳パックコマの材料と作り方

Evernote Snapshot 20190408 115728

●材料

  • 牛乳パック(長いものでも短いものでもどっちでもOK)
  • ペットボトルキャップ
  • 両面テープ
  • シール(何でもOK)
  • 油性マジック(お好みで)

今回は、1歳児想定として、デザインするのに丸シールと油性マジックを使いました。
でも、子どもが好きな方法・出来る技法で行えばOKです。
いろいろ試してみてくださいね。

●牛乳パックコマを作る手順

Evernote Snapshot 20190408 115728

最初に、コマの土台を作っていきましょう。
牛乳パックにはさみを入れて、開くように解体していきます。

Evernote Snapshot 20190408 115729

開いたところ【十字】のイメージになるよう、牛乳パックを開きます。
牛乳パックの角は、カットしておきましょう。

これで土台は完成となります。
乳児クラスですと、ここまでは、保育者が行っていいでしょう。

涼しいあつみ先生

もし幼児クラスで作る場合は、はさみで自分たちで切らせてもいいですね。
個性が出て面白いと思います♪

さて、土台が出来ましたら、子ども達の好きなようにデザインしていきます。

Evernote Snapshot 20190408 115729

上述した通り、今回は油性マジックと丸シールを使いました。
子ども達の出来る技法で、好きなようにデザインできる環境を作ってあげてくださいね。

Evernote Snapshot 20190408 115730

好きなようにデザインできれば、OKです。

あとは保育者が力を貸して、こまの形にしていきましょう。

Evernote Snapshot 20190408 115731

デザインできた牛乳パックの土台に、折り目を付けます。
イメージとしては、牛乳パックの底面を中心で回転しますので、回転しやすいよう、折り目を付けます

底面正方形の、角を対角線上に山折りにします。
折り目を付けるだけで、OKです。
上記写真のイメージで、参考にしてみてくださいね。

Evernote Snapshot 20190408 115730

さらに、今回はつまんで回せるように、持ち手を付けてみました。
ここで利用するのは、ペットボトルキャップと、両面テープ

両面テープの剥離紙を剥がし、コマの中心に持ち手としてくっつけます。

Evernote Snapshot 20190408 115731

これで、簡単に回せるコマが出来上がりました♪

Evernote Snapshot 20190408 115733

大きくて回しやすい、良く回るコマですよ♪
中心部をつまんで回してもいいですし、直接本体を回してもOK。

乳児クラスでも簡単なので、ぜひ作って遊んでみてくださいね!

スポンサーリンク