ラインで紹介しました書籍は下記のものになります。

この本を読めば…

「自分を愛せない人間の育て方」

が分かります笑

別にこの本、保育者向け本ではないです。
生きづらさを抱えて生きている大人、本人に向けての内容なのです。

…が、幼少期の親(大人)の関わりが、根本的原因だという事が、めちゃくちゃ良く分かります笑

そんでもって、やっちゃいけない関わり、
タブーな声かけをしてる保育者や保護者が、多すぎるという事に気づくと思います。

子どもを認めるのに、条件付けしているという事ですね。
そして、無意識にやってる大人のなんと多いことやら…

これをやりすぎると、自己愛の形成に失敗して、自己肯定感とは無縁の人生を送る人間になってしまいます笑

目の前の可愛い子ども達に、将来そんな姿になってほしくないですよね。
しんどい思いをさせないために、やっちゃダメな事が分かる本です。

ただ、この本の注意点として、読んでるとかなり気分が落ち込んできますので、
あくまでこういう心の病気・傾向があるんだーという、学習のつもりで、割り切って読んでくださいね。

結構ネガティブですが、内容はかなり分かりやすい上に、図も多く読みやすく、すぐに読み切れます。
鬱鬱しいエネルギーに、負けない気持ちがある人は読んでみてください笑

保育とは直接は関係ない内容ですが、気になる方は読んで見てくださいね~