え!?この保育専門書が読み放題? 読み放題一覧を見る

【子どもの厚着】着せすぎ?保育士が「フリースはやめて」と言う理由と根拠【健康リスクと悪影響】

PR
\保育専門書、出版しました!/
\この記事を読むメリット/
  • 子どもが厚着する事による悪影響が分かる
  • 子どもの厚着の健康リスクが分かる
  • 子どもと大人の体の仕組みの違いが分かる
  • 冬に適した子どもの服装がわかる
分かりやすく解説してるよ!
保護者

寒くなったからフリースを着せてあげたら、
保育園ではフリースやめてって言われたんだけど…どうして?

冬…寒い季節の服装は、子どもたちの健康と快適さに大きく影響してきます。
今回は冬の適切な服装について、保育士としての経験をもとにアドバイスをお伝えしたいと思います。

こんにちは!
保育士のあつみです。

保育園に通うお子様のいるパパママ…
保育園の先生から「フリースはやめてください」と言われたことはありませんか?
もしくは、あなたが保育園の先生なら、このようなお願いをした事があるのではないでしょうか。

この記事では「厚着がもたらす健康リスクとその根拠」「冬に最適な子どもの服装」についてをお伝えしてまいりますね。

2024年2月の新刊!
\おたより文例~春編365選/
  • 春を感じるおたより文例、た~くさん収録!
  • 「あ!この文、使える!」が必ず見つかる!
  • 季節や時候の挨拶を考えるのが苦手な先生へ!

スマホですぐに読める電子書籍版Kindle unlimitedで読み放題です!

2024年2月の新刊!
\おたより文例~春編365選/

スマホですぐに読める電子書籍版Kindle unlimitedで読み放題です!

  • 春を感じるおたより文例、た~くさん収録!
  • 「あ!この文、使える!」が必ず見つかる!
  • 季節や時候の挨拶を考えるのが苦手な先生へ!
あつみ

保育園や幼稚園の先生向け!
3月、4月、5月のおたより文例をいっぱい収録しているよ~!

目次(タップで移動)

この記事を書いた人

あつみ先生

保育士/幼稚園教諭/保育教諭|現役8年目|今年は0歳児担任|SNSフォロワー累計17000人↑|見てきた子ども達は250人↑|保育士ライター(MAMADAYS/ほいくらいふ等)|書籍出版保育製作365日/100均知育365日」|30万PV保育士ブロガー|ピンタレスト月間250万PV|離乳食インストラクター4期卒セミナー講師|詳しいプロフィールはこちら

この記事を書いた人

保育士/幼稚園教諭/保育教諭|現役8年目|今年は0歳児担任|SNSフォロワー累計17000人↑|見てきた子ども達は250人↑|保育士ライター(MAMADAYS/ほいくらいふ等)|書籍出版「保育製作365日/100均知育365日」|30万PV保育士ブロガー|ピンタレスト月間250万PV|離乳食インストラクター4期卒セミナー講師|詳しいプロフィールはこちら

アマゾンで販売中の下記の本…LINE登録で試し読み版プレゼント中♪

\製作ネタ本/

保育製作365日: 保育園や幼稚園で使える♪行事と季節の造形遊び!100均材料でも簡単に作れる製作アイデア帳

\手作り玩具/

毎日モンテ!100均知育365日: かんたん手作り!指先の知育玩具 保育365日シリーズ

\読み聞かせ/

ピックアップ♪

アマゾンで販売中の本…LINE登録で試し読み版プレゼント中だよ!

■子どもの健康成長を支える!冬の適切な服装について保育士からのアドバイス

保育・子育てを踏まえたうえで、寒い時期の服装について考える上で大切な事と前提は…
子どもたちが「自分で体温を調整する力」を育てることです。

子どもの体は、成長の過程で寒さや暑さを感じることを通じて、この力を自然に身につけていきます。

なので、少し寒い日でも、過度に厚着をさせる必要はありません。
厚着が過ぎると、子どもたちは自分で温度調整が難しくってしまいます。
それにより、汗をかいたときに体が冷えてしまうこともあります。

あつみ

それでは、どのような服装が適切なのでしょうか?
極寒の中、単なる薄着で放り出すわけにはいかないですよね。

●「自分で体温を調整する力」が身につくかを前提に考えよう

大切なポイントは「調整しやすさ」です。
例えば、薄手の服を何枚か重ね着することで、室内と屋外での温度差に柔軟に対応できます。

また、汗を吸収しやすい素材を選ぶことも大切です。
フリースや裏起毛などの合成素材は暖かいですが、汗を吸いにくいため、綿やウールのような天然素材がおすすめです。

空調などで快適な状況の保たれた部屋の中で、ずっと座って仕事をする大人ってあまり汗はかきません。
そういう状況なら毛布とかモコモコ素材っていいんですけど、代謝が激しい子どもは、大人とは違います!

子どもたちは、大人とは違う体の作りをしていて、代謝が活発で、体温の変化も大人より激しいです。
なので、大人の感覚で服を選ぶと、意外と子どもたちは暑く感じることがあります。
子どもたちの「今」の感覚に合わせた服装を選ぶことが、子ども達の快適さと健康を守る鍵です。

2024年2月の新刊!
\おたより文例~春編365選/
  • 春を感じるおたより文例、た~くさん収録!
  • 「あ!この文、使える!」が必ず見つかる!
  • 季節や時候の挨拶を考えるのが苦手な先生へ!

スマホですぐに読める電子書籍版Kindle unlimitedで読み放題です!

2024年2月の新刊!
\おたより文例~春編365選/

スマホですぐに読める電子書籍版Kindle unlimitedで読み放題です!

  • 春を感じるおたより文例、た~くさん収録!
  • 「あ!この文、使える!」が必ず見つかる!
  • 季節や時候の挨拶を考えるのが苦手な先生へ!
あつみ

保育園や幼稚園の先生向け!
3月、4月、5月のおたより文例をいっぱい収録しているよ~!

『共通の願い:私たちが目指す子どもたちの健康と成長』

保育士として、私たちの最大の願いは、子どもたちが健康で幸せに成長することです。
この願いは、保護者の皆さま、パパママも同じだと思います。

子どもたちの健康と成長を考えるとき、私たちは「身体的な健康」に注目しがちです。
ですが、大切にしたいのはそれだけではありません!

子どもたちの「自立心」「判断力」の育成も、同じく重要な要素です。
これらは、日々の生活の中で、自然と身につけていくものです。

冬の寒い時期に適切な服装を選ぶことは、これらの能力を育むとても良い機会です。
四季のある日本だからこその機会ですね!

適切な服装を通じて、子どもたちは自分の体をどのように感じ、どのように反応するかを学びます。
これは、単に「寒さから守る」ということ以上の意味を持ちます。
子どもたちが自分の体を理解し、自分で対応できるようになることは、自立への大切な一歩!

『子どもの体温調整機能とは?成長過程での大切な役割』

子どもたちの体は、日々成長し、学び、適応しています。
その中でも、今回取り上げたのが「体温調整機能」です。
この機能は、子どもたちが健康に成長する上で非常に重要な役割を果たします。

体温調整機能とは…
簡単に言うと、これは体が寒さや暑さに適切に反応し、体温を一定に保つ能力のことです。

大人に比べて、子どもたちのこの機能はまだ発達途中。
つまり、子どもたちは自分の体温を調整する方法を、日々の生活の中で学んでいるのです。

寒い日に外で遊ぶ時、子どもたちは自然と体を動かして暖を取ります。
また、室内で暖かくなりすぎた時には、服を脱いで体温を調整します。
これらはすべて、体温調整機能を育てる貴重な経験です。
過保護に厚着をさせることは、この大切な学習過程を妨げることになりかねません。

あつみ

私たち大人は、子どもたちが寒そうにしていると、どうしても心配になります。
しかし子どもたちにとって、少しの寒さを感じることは、体が自然界と対話し、強くなるための一歩!

もちろん極端な寒さや暑さからは守る必要があります!
でも、日常的な温度変化には、子どもたち自身が対応できるようになることが大切です。

この体温調整機能の発達は、子どもたちの自立心や自己管理能力の基礎を築きます。
自分の体を理解し、それに応じて行動する能力は、健康な身体だけでなく、強い心を育てる上でも重要です。。

『厚着の落とし穴:過保護がもたらす意外なリスク』

子どもたちが寒そうにしていると、大人はつい厚着をさせがちです。
この気持ちはとてもよく理解できます。

しかし、実はこの「厚着」には、子どもたちにとって意外なリスクが潜んでいることをご存知でしょうか。

厚着の最大の問題点は、子どもたちが自分で体温を調整する機会を失ってしまうことです。
多くの服を重ね着させると、子どもたちは自分の体が本当に寒いのか、暑いのかを判断しにくくなります。
また、室内で過ごす時間が長い冬の日には、厚着が原因で過度に暑くなり、不快に感じることもあります。

汗をかいたときのリスクも考慮する必要があります。
特にフリースのような素材は、暖かいですが汗を吸収しにくいため、汗が肌に残りやすくなります。
これが冷えてしまうと、皮膚のトラブルや風邪を引きやすくなる可能性もあります。

ここで大切なのは、子どもたちに「適切な服装」を選ばせること!
例えば、薄手の服を重ね着させることで、子ども自身が暑くなったら一枚脱ぐ、寒ければもう一枚着るといった調整ができるようになります。。
これにより、子どもたちは自分の体の感覚をより敏感に感じ取り、自分の体をコントロールする能力を育てることができます。

子どもたちが自立し、自分の体を守る方法を学ぶことは、彼らの健康な成長にとって非常に重要なんです!

『子どもの体温調整を助ける冬の服装のポイント』

子どもたちが快適に過ごし、健康に成長するためには、服選びがとても重要です。
特に冬の寒い季節には、賢い服選びが子どもたちの体温調整を助け、快適な一日を過ごすための鍵となります。
ここでは、子どもたちの体温調整をサポートする服装のポイントをいくつかご紹介します。

1. 重ね着を活用しよう

重ね着は、体温調整に非常に効果的です。
薄手の服を数枚重ねることで、子どもたちは室内と屋外の温度差に応じて、自分で服を脱いだり着たりすることができます。
これにより、自分の体の感覚に合わせた調整が可能になり、体温調整のスキルを自然に身につけることができます。

2. 吸湿性と通気性の良い素材を選ぼう

子どもたちは活発に動くため、汗をかきやすいです。
そのため、吸湿性と通気性に優れた素材を選ぶことが大切です。
綿やウールなどの天然素材は、汗を吸収しやすく、肌に優しいのでおすすめです。
合成素材の服は暖かいですが、汗を吸収しにくいため、注意が必要です。

3. 動きやすさも重要

子どもたちは日々、遊びを通して体を動かし、遊びながら学んでいるので、動きやすい服装を選ぶことも大切です。
窮屈な服は子どもたちの活動を制限し、快適さを損なう可能性があります。
伸縮性のある素材や、ゆったりとしたデザインの服が適しています。

4. 子どもの意見を尊重しよう

子どもたちにも、好みや快適さを感じる服があります。
服選びの際には、子どもの意見を聞き、一緒に選ぶことで、彼らの自己表現や選択する楽しさを育むことができます。これは、子どもたちの自立心を育てる素晴らしい機会です。

子どもたち一人ひとりが異なる体温感覚を持っていることを理解し、それに合わせた服選びをすることが、彼らの健康と快適さを保つ鍵です。

『子どもと大人の違いを理解して:適切な服装選びのために』

子どもたちの服装を選ぶ際には、子どもと大人の体の違いを理解することが非常に重要です。
私たち大人は、しばしば自分たちの感覚を基準にして物事を考えがちですが、子どもたちの体は大人とは異なる特性を持っています。
この違いを理解することが、子どもたちにとって最適な服装を選ぶ鍵になります。

1. 体温調整の違い

子どもたちは、体温調整機能がまだ発達途中!
大人に比べて体温を一定に保つ能力が低いため、外気温の変化に敏感に反応します。
これは、子どもたちが寒さや暑さを感じやすい理由の一つです。
したがって、子どもたちの服装は、温度変化に対応しやすいものを選ぶ必要があります。

2. 代謝の違い

子どもたちは、大人に比べて代謝が活発です。
これは、彼らがエネルギーを素早く消費し、体温を上げやすいことを意味します。
そのため、大人ほど厚着を必要としない場合が多いのです。
適度な保温性を持ちつつ、過剰に暖かくなりすぎない服装が理想的です。

3. 体のサイズと比率

子どもたちの体は、大人に比べて小さく、体表面積と体積の比率が異なります。
これにより、体温が外部環境に影響されやすくなります。
特に頭部は体温の放出が多い部分なので、帽子などで適切に調整することが大切です。

基本的に子どもは「暑くなりやすく・寒くなりやすい」温度変化がすごく激しいと思ってOKです!
例えば、ゾウとリス…どっちが温度変化に強いか弱いか?みたいな話になります!

4. 感覚の敏感さ

子どもたちは、肌触りや締め付け感に敏感です。
不快な服装は、彼らの気分や活動に影響を与えることがあります。
柔らかく、肌に優しい素材を選び、窮屈さを避けることが、子どもたちの快適さを保つ上で重要です。

『子どもたちの健康と成長のために』

子どもたちの健康と成長は、私たち大人にとって最も大切なことの一つです。
そのためには、子どもたちの日々の生活、特に服装選びにおいて、適切な判断が求められます。
ここでは、子どもたちの健康と成長を支えるために、私たち大人ができることについて考えてみましょう。

1. 子どもたちの声を聞く

子どもたち自身がどのように感じているかを理解することが重要!
彼らの「寒い」「暑い」という感覚は、私たち大人のそれとは異なる場合があります。
子どもたちの声に耳を傾け、彼らの感覚を尊重することが大切です。

2. 自己判断の機会を与える

子どもたちに、自分で服を選ぶ機会を与えましょう。
これは、彼らの自立心を育むだけでなく、自分の体と感覚について考える良い機会となります。最初は大人のサポートが必要かもしれませんが、徐々に自分で選ぶ力を育てていくことが重要です。

3. 安全と快適さを考慮する

子どもたちの服装は、安全で快適であることが必須です。
動きやすさ、素材の肌触り、適切な保温性など、子どもたちが快適に過ごせる要素を考慮しましょう。
また、外遊びや体育の時間など、活動内容に合わせた服装選びも大切です。

4. 季節の変化に対応する

季節の変わり目は、特に注意が必要です。
急な気温の変化に対応できるよう、重ね着や調整しやすい服装を心がけましょう。
また、季節ごとの健康管理にも気を配り、子どもたちが快適に過ごせる環境を整えることが重要です。

■保護者からよくある、冬の服装についての『Q&A』

保護者の皆さんからよくいただく質問にお答えしますね!
子どもたちの服装に関する疑問や不安を解消するために、参考にしていただければと思います!

Q1: 子どもが寒がりなのですが、どのように服を選べばいいですか?

A1: 寒がりのお子さんには、薄手の服を重ね着させることをお勧めします。
例えば、綿の長袖シャツにセーター、それに軽いジャケットを重ねるなどです。
この方法なら、室内で暑くなった時に一枚脱ぐことができ、体温調整がしやすくなります。

Q2: 汗をかきやすい子どものための最適な素材は何ですか?

A2: 汗をかきやすいお子さんには、吸湿性と通気性に優れた素材が適しています。
綿や竹繊維、ウールなどの天然素材がおすすめです。
これらの素材は、汗を素早く吸収し、肌に優しいため、快適に過ごすことができます。

Q3: 冬の外遊びでの適切な服装はどのようなものですか?

A3: 冬の外遊びでは、動きやすさと保温性を兼ね備えた服装が理想的です。
防水性のあるジャケットやパンツ、そして保温性の高いインナーがおすすめです。
また、手袋や帽子、暖かい靴下も忘れずに用意しましょう。

Q4: 子どもが自分で服を選びません。どうすればいいですか?

A4: お子さんが自分で服を選ぶことに慣れるまで、少しずつサポートしていくことが大切です。
まずは、いくつかの選択肢を提示し、その中から選ばせるようにしてみてください。
自分で選ぶ楽しさや、選択することの重要性を感じることができれば、徐々に自信を持って選べるようになります。

■寒い冬も元気に外で遊べるように!最適な服を選ぼう!


この記事では子どもたちの服装選びに関する様々なポイントをご紹介しました!
子どもたちが健康で快適に過ごすためには、私たち大人の理解と援助不可欠です。

あつみ

服装一つをとっても、子どもたちの体温調整能力の発達、自立心の育成、そして何よりも彼らの快適さと幸せを考えることが重要です!

保育士は、子どもたち一人ひとりの個性とニーズを大切にし、彼らが毎日を元気に過ごせるようにサポートしています。
保護者の皆さんも、子どもたちの「寒い」「暑い」という声に耳を傾け、一緒に適切な服装を選ぶことで、子どもたちの成長を見守ってくださいね。

子どもたちが健やかに成長し、毎日を笑顔で過ごせるよう、私たちも一緒に考え、行動していきましょう~!

5月の人気記事・特集はこちら!

今の職場/保育園が「ブラックすぎる…」って人へ!

あつみ

あつみ先生が超絶ブラック大規模園→小規模園へ転職した話…気になる方はこの記事で読んでみてね!

あつみ先生のInstagramのご案内

このたび、インスタアカウントを作りました♪
子どもの工作や手作り知育玩具の情報を配信してますので、チェックしてみてくださいね!

\ 今すぐ押してフォロー! /

\おしらせ!/

【今月の期間限定イラスト!】

今月のカラーおたよりイラストはこちら!
ほしい人は下記の記事からダウンロードしてね!

いますぐアクセス

ダウンロードは
ここから!

いますぐアクセス

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(タップで移動)