【期間限定】絵本専門店【絵本堂】
購入者全員にアマギフ200円プレゼント♪

あつみ先生の絵本のセレクトショップ♪
絵本専門店【絵本堂】

あつみ先生あつみ先生

【期間限定】 8月20日まで、絵本堂からの購入者様全員【Amazonギフト券200円分】プレゼントキャンペーンがございます。
詳細はコチラの記事で!
(↑今すぐクリック)

 

子どもの集中力をつけるために習い事するのは効果あるの?

子どもの集中力を伸ばす方法って、習い事に行くしかないの?

子育て中のママ子育て中のママ

うちの子、ほんと集中力ないし、座ってられないから、○○教室(お勉強系)行かせる事にしたんですよー(2歳児の保護者)

あつみ先生あつみ先生

(ちょっとまたんかーい!)

上記の例は、保育園でよくある事例なのですが…
果たして、子どもの集中力って、習い事に行けばつくものなのでしょうか?

保育士の目線的には…習い事と集中力って、お察しの通り、関係ありません笑
むしろ、上記のような場合、習い事は逆効果になる可能性すらあります。

こんばんは、
男性保育士のあつみです♪

今回は「子どもに集中力をつけたい」という理由で、教室に通わせようとする…事例をもとに、
子どもが集中力を得るために必要な事と、そのプロセスをお伝えしてまいりますね。

この記事を読めば「子どもの集中力がつくかつかないか」は「習い事」とは無関係という事が分かります。
なおかつ、子どもにどういう環境を与え、どう接すれば集中力が育つかが、分かりますよ♪




目次

■子どもの集中力は「習い事」ではなく「遊び」を繰り返す中で鍛えられる

習い事より遊ぶ事

子どもの集中力の決め手になるのは、

どれだけ夢中に・必死になって遊ぶ経験をどれだけ繰り返したか

という事です。

集中力は、特定の訓練をすれば鍛えられるとか、習い事をすればいいとか、一日で身につくものではありません
毎日、短い時間でも、(それこそ5分でも10分でも)思い切り、心から楽しんで遊びこむという経験を、積み重ねていく事で、少しずつ、集中できる時間が伸びてきます。

私は保育園で、子どもが落ち着かない様子の時は、

あつみ先生あつみ先生

「思い切り、遊ばせてあげられているのかな?」

という事を、常に考えています。
これが情緒の安定、そして集中できるか否かに繋がります。

■子どもの集中力の根源は「興味・関心」であり、これがモチベーションになる

さて、子どもの集中力をつけるために、大人が意識するの本質はたった一つ。

【興味・関心が尽きない環境を与える】

単純ですが、マジで、これが答えです。
保育士目線でお伝えしますと、この環境が設定できるかは、習い事の有無とは関係ありません。
では、次の項目で、事例を見てまいりましょう。

●子どもが集中力を得ていくメカニズム【保育士が解説】

子どもが集中力を得ていくメカニズム

●集中力の根源は、すべて興味・関心がキッカケ

子どもは、みんな最初は集中力はありません。
誰もが等しく、赤ちゃんの頃から集中力をもった人間は居ません。

ただ、興味・面白そうと思って、関わっていく力は、誰にでもあります。

そのため、まずは興味津々で、手あたり次第おもちゃを取り出しますし、
登ってみたい、入ってみたい、触りたい、遊びたい…という動機で、次々目に入る、楽しそうな遊び、おもちゃに関わっていくでしょう。

大人から見れば、ただのイタズラに見えたり、困ってしまう事に見えるかもしれません。

友達が使っているおもちゃも、欲しくなるし、手に入ったと思ったら、もうすぐに満足してポイ、と捨てる事もあります。

でも、その発達段階の中で、その工程は誰にでもあって、それは成長のために必ず必要な事なのです。

●興味対象を夢中で、納得できるまで触れる・関わる。

そんなふうに、手あたり次第、身の回りの環境に関わって、遊びやおもちゃを楽んでいると、たまに子どもがハマるもの、気に入るものがあります。

その気に入った玩具や遊具を、5分、遊びました。
5分遊んだ後は、また他の遊びを始めてしまいました。

でも、それでいいんです。
5分でも、興味持てただけでもすごいんです
そこから、集中力の土台が育っていきます。

●子どもは、5分でも集中できればOK。それを繰り返せばいい

5分集中できるってのはすごい事で、毎日、いろんな遊びに囲まれて、大好きものは、5分だけ集中して遊ぶ…

それを毎日繰り返していくうちに、集中できる時間が、5分から10分になります。
その数週間後には、集中できる時間が10分が15分になったりします。

この繰り返しを経て、物事に没頭する(集中する)力がついていくんです。

ちなみに、これは、外遊びでも、部屋遊びでも、おもちゃでも全く何でもいいんです。
まずは何でもいいので、たくさんの、興味・関心を持つ事。

これを繰り返さない事には、集中力はつきません。

●遊びの中から得た「子どもの集中力」は、他の事に活かせるようになる

あそびで得た集中力

前提として、本来、子どもには集中力はありません。
ただ、興味を持ち、夢中に遊んだ経験から、少しずつ物事に注力できる能力が成長してきます。
それが、生活の中の、他の事に活きてきます。

例えば、生活の中で、食事の時間を例に出すと…

  • 食事の時間、立ち歩くことが少なくなってきた
  • 食事の時間、手づかみが減ってきてスプーン頻度が増えてきた
  • 食事の時間、最後までスムーズに食べきれるようになった・早く食べられるようになった

こういった事は「成長した」と一言で片づける事も出来ますが、今目の前の物事を、最後まで頑張れるようになったという「集中力」もとても関係しています。

前までは、食事から開始5分で、もうダラダラしてたけど…
今は食事開始から、10分は食べる事に集中できるようになった…!

というのもの、集中力がついてきた証明です。
いきなりすべては出来るようにならず、段階的に、集中出来るようになっきます。

では、次の項目で、さらに子どもの集中力を要素分解していきましょう。

■保育士が教える、子どもの集中力の構成要素

集中力の構成要素

先に、幼児期の子どもの集中力が、何から成り立っているかをお伝えしますね。
興味と言うキッカケで、関心を示した子どもの集中力が発揮されるかされないかは、下記の三つの状態で、構成されます。

  • 人的環境(大人・他者との関わり)
  • 物的環境(子ども達が実際に過ごす環境)
  • 子どもの健康状態(睡眠・食事・運動)

習い事云々の前に、この3点が、日々の生活の中で子どもにとって最適化されているか?
という事が大切なポイントになります。

それでは、具体的に、どうずればいいのかを見てきましょう。

■集中力を高める人的環境「大人の関わり」

子どもが、夢中になれる遊びを見つけるまで、遊びを提供します。

子どもが好きな遊びを選べて、選択権を与えることと、自分で選んでいいんだと思える事、それに夢中になれるのを許してくれると感じる関わりが必要です。

要は、子どもが示した興味・関心の対象を否定せず関わらせてあげる、という事です。

●褒めて認める事で、達成感を感じる経験

時間も忘れて、集中して、満足いくまで遊び、
それを大人に伝えたら、褒めらる、認められる…それにより達成感を感じる事が出来ます。

集中しているときは、子どもを見守り、子どもの発信があれば、丁寧に応えてあげるという事が大切です。
達成感という心地の良い経験を繰り返す事で、より集中できる環境になります。

■集中力を発揮できる物的環境

●好きな遊び・おもちゃを選べる事

子どもの遊びは、流動的である事は前提です。
あれこれ、いろいろ試しまくるのが普通です。
ただ、その中から、子どもなりにピンときたものを見つけて、5分でもいいから集中できるか…という事が大事です。

つまり「ピンとくるもの」という、興味の対象がない事には、始まらないんです。

絵本を、見えない・取り出せない場所に片づけていませんか?
使わなさそうだからといって、おもちゃを見えない、取り出せない所に片づけていませんか?

公園では思うままに冒険してみるのもいいですね。

  • 「あれしたい!これしたい!」
  • 「よし、心ゆくまで、やってみよう!」

と思う環境を設定しておく事が大切です。

●子どもにとって快適な空間(温度、湿度、換気、衣服の調整、水分補給)

子どもが、遊びに向かうために、快適な環境を設定する事が大事です。
なぜなら、まだ小さい子ども達は、周りの物的環境を、自分で最適化する術を持たないからです。

状況にもよりますが目安は下記となります。

  • 夏季:26~28℃
  • 冬季:20~23度
  • 湿度:40~60%

また、下記の点にも気をつけます。

  • 適切な換気を定期的に行う
  • 気温に応じて、適切に衣服を調整する
  • 水分補給を適切に行う

上記は、大人の手助けがあり出来る事です。

●外遊びも大切

公園にいくと、延々とすべりだいを何度も繰り返して、ひたすらブランコ乗り続けて、何が楽しいんだ?
と思うかもしれませんが、それってものすごく大切な事で、集中力を得ていく事に繋がっていくのです。

好きな遊具で何度も遊んだり、自然の中を探検して知らない植物や虫、動物と出会ったりする事で、興味・関心が刺激されます。

それを、とことんまで突き詰める、という経験を経て、集中力の獲得に繋がります。

興味関心と言う、強い動機がないと、集中力は開発されないし、発揮されないのです。

■子どもの集中力を高める健康的な生活

これは、子どもの生活に切っても切り離せないものです。
運動と睡眠と食事は大切です。
どちらかでも不足すると、イライラして遊びどころじゃなくなります。

基本的に、不健康であることは、遊びも学びも、吸収効率が著しく悪くなります。
そのため、有意義な時間が過ごせなくなります。

■子どもの集中力を削ぐ、やってはいけないNG例

下記、子どもの集中力を鍛えるために、やってはいけない事をお伝えします。

●子どもが集中しているのを親が妨害する・水を差す

基本的に【大人は見守る】というスタンスで、OKです。
非常によくあるのですが、親が子どもの集中を途切れさせるという事があります。

こどもが夢中で一人で遊んでるのに、過剰に声をかける。
子どもが求めても居ないのに、正解だとか不正解だとか、使い方が間違ってるだの、ツッコミをいれてしまう、というものです。

大人の心理としては、子どもに声をかけて、コミニケーションを増やす事が大切だと思っている人もいるのですが、子どもが熱中・集中しているときに、大人の声かけは、邪魔以外の何物でもありません。

大人が声をかけるのは、子どもから発信があり、反応を求められたときです。
その時に、ちゃんと受け止めて、認めて、褒めてあげればOKです。

★子どもの遊びを大人がコントロールしすぎてしまう問題

たとえば、子どもがお部屋で、ブロックあそびにものすごく集中している…

そんなときに、部屋遊びばかりは、不健康だから…といって、
子どものブロックを中断させて、無理矢理、公園に連れ出し、外遊びをさせる…ってな場合や、

もうお片付けの時間だから!もう帰る時間だから!
と言って、子どもの気持ちを一方的に無視して、無理矢理、中断させるなど…ですね。

もちろん、どうしても終わらなければいけない事もあります。
だた、声掛けのやり方次第で、子ども自身に納得して終わってもらう事は可能です。
親が強制的に強引に力技で子どもに言う事を聞かせる事は、避けたいですね。

そこまで子どもが真剣・夢中になっているというのは、すごい事です。
子どもの思いを大切にして、折り合いをつけていきたいですね。

基本的に、物事に取り組んでいるときに、繰り返し中断される経験をつむと…

  • 集中してはいけない
  • 熱中してはいけない

というように、学習してしまいます。

親がコントロールしようとしすぎるのは、集中力が身につくのが遅くなります。

●健康的な生活をしていない

基本的に、睡眠不足と空腹は、全てをイライラさせて、集中力を奪います。
子どもがイライラしている原因は、大人のリズムに突き合わせていたため、というパターンもよくあります。

これだと、集中どころか、有意義に遊ぶことも難しいですよね。

■結局、子どもに集中力をつけるために習い事って、したほうがいいの?

子どもの集中力をつけるために習い事するのは効果ある?

さて、子どもの習い事をしたほうがいいのかについての結論ですが、

  • 子ども本人がやりたいと(本当に)望んで取り組むならOK
  • ただ親が子どもを「こう育てたい」と、親主体の理由はNG

・・である、という事です。

習い事の理由が【子どもが主体、子ども発信であるならOK】なのですが…
教室や習い事に行かせる理由が【大人・親主体の理由】にならば、逆効果になる可能性が高いです。

「こどもの集中力がないから、習い事をさせる」という理由は、子どもの思いが存在していない上に、集中力を得るメカニズムの流れに沿ってないんですよね。

親の望みで、決めた習い事に、そこに子どもの意思は、あるでしょうか?という事ですね。

あつみ先生あつみ先生

ちなみに、習い事あるあるとして…
親からは、楽しんでるように見えても、別に子どもは楽しんでない…
ってのは、わりと見る光景ですね…

習い事が悪いわけではありませんが、それが子どもの望んだものでない場合は習い事って基本的に、子どもの興味の対象を、縛る・狭める事になります。
特定の習い事をする、という事は、ある意味、その時間は絶対に他の事が出来ない、という事なのです。
(もちろん、それが子どもが望んでやりたい事なら、良い事ですよ)

■子どもの集中力を高めるには好奇心・興味・関心が大切

というわけで、今回の記事をまとめます。
子どもの集中力を発揮させるポイントは、下記。

  • 好きな事・興味関心の対象を子どもに自分で選ばせる
  • 集中を邪魔する声かけをしない
  • 子どもの発信を認めて褒める関わりをする
  • いろんな遊び・体験ができる環境を提供する
  • 健康的な生活を送る

子どもの集中力という、内面的な力って、親と言えど、外部から操作できるものではありません。
大人がコントロールできるのは、どんな環境を与えるか・設定するかです。

内面的な力は、自発的なものです。
子どもが自発的に、好きな事に関われるような環境を、あの手この手で用意するするのが、保育士や大人の役割、ということですね♪

今日の記事は、これでおしまいになります。
パパママ向けコンテンツのまとめ【目次】ページはこちらになります。

【目次】パパママ向け・お悩み記事【まとめ】

他の記事も、是非読んで見てくださいね♪

■【子育て×仕事】を在宅ワークで両立♪ママ専用講座

子育て中のママ子育て中のママ

…コロナ、長引くだろうなあ
小さい子どもも居て子育て中だけれど、収入も得たい
育児と仕事を両立するために、在宅でできる仕事ってないかなぁ…

あつみ先生あつみ先生

パソコンできる?
デザインセンスに自信ある?

子育て中のママ子育て中のママ

!?

 

あつみ先生あつみ先生

え!?自信あるって!?
それなら…

子育て中のママ以外は禁止ウェブデザイナー養成講座のご案内♪

【公式サイト】Fammのママ用webデザイナー講座
(※在宅ワークに興味ない人はクリックしないでね)

子育て中のママ子育て中のママ

(何も言ってないんだけど…)

※上記リンクは「子育て家族アプリFamm」や「Famm無料撮影会を運営している株式会社Timersのママ向け講座案内となります♪
新しいスキルを身に着けたいママはチェックしてみてくださいね~

スポンサーリンク

■他にもこんな記事が読まれています♪

■チェック!【8月保育の関連記事】ピックアップ

●【保育情報】新着記事&動画UP♪(8/3)

■【夏の製作】アイデア39選【まとめ】


あつみ先生のYOUTUBEチャンネルはコチラ♪
【あつみ先生の放送室】

あつみ先生の保育日誌、ブログ記事は毎週土曜に更新中でございます♪
動画もぼちぼち、週1ペースくらいでアップしておりますので、合わせて覗いてみてくださいね~!

 

【もれなくアマギフ200円】
絵本の専門店はじめました♪

あつみ先生あつみ先生

【期間限定】 8月20日まで、絵本堂からの購入者様全員に【Amazonギフト券200円分】プレゼントキャンペーンがございます。
詳細はコチラの記事で!
どうぞご確認くださいまし~

■保育ブログ編集後記【07/19】

先日、キャンドゥに仕事で必要な物を(自腹で)買いに行ったんですが、その時に素敵なアイテムを発見…!

あつみさん、ピノコ大好きなんです♪
かわいいグッズいっぱい買えて幸せ~~~生きてるって感じ~~!
これが100均で買えるとかヤバイです笑

 

あつみ先生あつみ先生

現在、当ブログで特に人気なのは、下記のジャンルになります。

どうぞ、ご覧くださいね♪

あこあこ

下記より、関連記事や人気記事、新着記事などの案内をはじめ、

  • YOUTUBE動画チャンネル「あつみ先生の放送室」
  • 毎日少しずつ読むだけで保育技術が身につく、
    新人の先生向けメルマガ「あつみ先生の連絡帳」
  • 冷やかし、スタンプ連打、クレーム、愚痴オッケーな連絡手段、
    あつみ先生の直通LINE「あつみ先生の連絡網」

などなど、いろんなコンテンツの案内もございます。
ぜひ、最後まで目を通してみてくださいね。