体幹をきたえるおもちゃと遊び

この記事では、子どもの体幹を効果的に鍛えるおもちゃや、遊びを紹介します。
何もない所で、足が絡まってよく転ぶ…
立っていも、なんだか姿勢がフニャフニャで力がない、安定しない…
そんな子どもが、身の回りいませんか?

スポンサードリンク


こんばんは!
男性保育士のあつみです。

保育園で勤めていると、
いろんな運動やスポーツ、何をしても安定感のある子も居れば…
一方でよく転ぶ、当たり負けしてしまう、軸がブレブレ…
座っても姿勢を保つだけで疲れて、フラフラ体が動く、話にも集中できない…という子がいます。

もしかしたら体幹が鍛えられてないのかも。
保育園や幼稚園といった幼児期で大切なのは、
小学校に上がってからどんなスポーツ、運動にも挑戦していけるように、
体のしっかりした土台を作っていく事です。

この記事では、子どもが楽しみながら、体感を鍛えられるおもちゃや遊びを紹介します。

■リップスティック(ブレイブボード)

一時期大流行して、品切れになってた超人気アイテム、リップスティック。
その人気も今は落ち着いており、どのショップも在庫は確保されています。
これ、体幹を鍛えるのにめちゃくちゃベストマッチな玩具です。

前進するための推進力を得るために、腰のツイスト運動が必要です。
遊べば遊ぶほど、体幹が鍛えられていく、効果ありすぎの最強おもちゃです。

ちなみに、対象年齢は8歳~とされてますが、
販売元のラングスジャパンの公式サイトの動画(↑の動画)で、5歳くらいの子が普通に乗りこなして遊んでます笑

■トランポリン

単純に視点が高くなるのは、子どもにとってめちゃくちゃ楽しいもの。
抱っこしてほしい、おんぶしてほしいという気持ちの原点ですね。

今までは、高くから見るためには大人の力が必要だったけれど、
トランポリンなら、自分の力で高く跳ぶことが出来ます。
これが、とっても嬉しい、楽しいのです。

実はトランポリンで跳ぶのって、体のバランスを保ち、姿勢を保つのにとても力が要ります
つまりは、全身の筋肉を使う運動です。

でも…楽しいから、何度でも跳びたい!
子ども達にとっては、楽しい遊びです。
でも、それを繰り返しているうちに、どんどん体幹が鍛えられます。
効果的なトレーニングにもなるという事ですね。

また、慣れてくると、回りながら飛んでみたり…
音楽のリズムに合わせて、テンポよく飛んでみたり…
中には歌いながら跳ぶ子もいて、肺活量も鍛えられます笑

■竹馬

トーエイライト(TOEI LIGHT) カラー竹馬 150 T-2465R・赤 1088386

トーエイライト(TOEI LIGHT) カラー竹馬 150 T-2465R・赤 1088386

3,090円(12/10 03:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

バランス感覚と、体の軸をぶらさずに、姿勢を保持したまま重心移動が必要になります。
体幹のを鍛えるために必要な背筋と腹筋が鍛えられます。

ちなみに余談ですが、年長とかで竹馬が上手い子ですと、
自分の身長以上の高さの足場にする事ができます(マジで)

ちなみに、私の幼い頃がそうでした笑
幼少時から超インドア派の私でしたが、竹馬だけは好きだったんですよね

竹馬ってコツさえつかめば、どんな高さになっても乗れます。
どれだけの高さに乗れるか…ってのは、ただ単に、恐怖心の問題です。

私は馬鹿だったため高い所が好きだったので、高ければ高くなるほど、面白かったんです笑

●乳児クラス(1歳児、2歳児~)ならパカポコ(缶ぽっくり)もおすすめ

パカポコ

パカポコ

292円(12/10 03:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

必要とされる動きは、竹馬と似ていますが、こちらは比較的簡単です。
私の勤める園では2歳児クラスから遊びますが、1歳児クラスの後半の子も乗れる子は乗れます。

「缶ぽっくり」「パカポコ」と呼ばれています。

これもバランス感覚と姿勢の維持が必要です。
姿勢を保ったまま、腕に力を入れて、足の動きと連動させる…

コツをつかむと、走ったり段差を上がれたりしますが、
慣れないと引きずるようになったり、上手く進めません。

●三角竹馬もおすすめ!

パカポコはもう卒業したけど、まだ竹馬は怖くてできない…
と言う時には、三角竹馬などが楽しいです。

■三角竹馬の練習動画

体の中心軸をぶらさず、重心移動だけで動かします。
慣れてくると、手を離して進むこともできますよ!

■ストライダー(バランスバイク)

いわゆる、ペダルなし自転車です。
自分の足で地面をけり、推進力を得ます。

対象年齢は2歳~。

進むのも止まるのも、自分の足の力で制御します。

上手く地面を蹴れば、勢いのみで進みますが、左右のバランス感覚が悪いと転倒します。
曲がるには体重移動が必要になります。
繰り返し遊ぶことで、自然と体幹が鍛えられ、バランス感覚が身につきます。

■ホッピング

ラングスジャパン(RANGS) バランスホッピング ブルー

ラングスジャパン(RANGS) バランスホッピング ブルー

1,900円(12/10 03:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

ホッピングは、ペダルに足を乗せて跳ねる、全身を使った遊び。
子どものバランス感覚と運動能力を鍛えます。

ちなみに、上手くなってくると、
回数を競うだけでなく、坂道も進んだり、段差を飛び越えたりと…
どんどん遊び方が大胆になっていきます笑

楽しみながら、体幹が鍛えられる玩具です。

■なわとび

これも全身運動にピッタリな遊びです。
腹筋と背筋の両方を使う上に、足の筋肉めちゃめちゃ負荷がかかります。

また、同じ姿勢を維持したまま飛び続けるため、長時間飛べば全身トレーニングになります。
効果的にインナーマッスルを鍛え、集中力、バランス感覚も養える。
やってみれば分かりますが、足の上げ下げってめちゃめちゃ力がいります。

年長児になると、なわとびの上手い子が2~3人出てきて、
遊びの時間、ずっーと飛び続けて競い合ってる姿も…大人より体力あります笑

●なわとびの選び方ポイント(はじめての幼児向け&慣れてきた子向け)

実はなわとびにも、種類があります。
保育園に通う幼児にピッタリなのは、ひもが太めの、綿ロープのものです。

その理由としては、ロープ自体にある程度重みがあるからです。
ロープの重みを感じながら回しやすく、重さゆえ遠心力をつけやすく安定しやすいからです

なかよしジョイントなわとび ピンク

なかよしジョイントなわとび ピンク

328円(12/10 03:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

子ども向けは、軽い方がいいじゃないか?と思うかもしれません。

もちろん、回すコツを掴んでいて、自分だけの力でなわを上手く回せるなら、軽い方が疲れにくいです。

ただ、初めてなわとびに触れる幼児期の子どもですと、
縄を回すために必要な腕の固定、手首のスナップなどが、つかめていません。

その点、ロープに重みがあるほうが、いったん回しだすと安定しやすいです。
なので、初心者こそ綿ロープがいいという理由があります。

ビニールなわとび ブルー 100429

ビニールなわとび ブルー 100429

98円(12/10 03:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

逆に、完全にコツを掴んで、自分の力で回せるようになれば、
ビニールのロープのほうが軽いので疲れにくく、長い時間、跳べます。
また、素早く回すこともできますし、二重跳びなどもしやすいです。

■フラフープ

フラフープ 小 (65cm)

フラフープ 小 (65cm)

280円(12/10 03:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

これもツイスト運動とバランスが必要な、体幹を鍛えるおもちゃの鉄板です。

そして、紹介しといてなんですが、あつみ先生、フラフープできない人ですwwww
マジで子ども達のほうが上手いです。

■バランスボール(ポップンボール)

子どものためにバランスボールを用意する時は、サイズに注意しましょう。

アンパンマン 遊んで体幹トレーニング! ポップンボール

アンパンマン 遊んで体幹トレーニング! ポップンボール

2,173円(12/10 03:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

大人用のものは大きすぎます笑
子ども用は45センチ程度になります。

乗って遊んだり、ジャンプして遊ぶことで、
腹筋や背筋鍛えられるうえ、バランスをとる力も求められます。
体幹が鍛えられると、姿勢もよくなります。

■Yフリッカー

こちらも対象年齢6歳以上となり小学生むけですが、
ぱっとみ、キックボードをイメージする運動アイテムです。
見た目的には、キックボードが二股になってるだけですが…
一番の違いは、足で地面をける必要がないという事です。

具体的には、リップスティック同様、上半身のツイスト運動のみで推進力を得ます
リップスティックデラックスのように、体感を鍛えるのに最適な玩具です。

■「バランスウォーカー(スラックライン)」でつなわたり

木や柱などに固定するだけで、綱渡りがができるものです♪
集中力、バランス感覚、体幹が鍛えられるガチ勢のためのおもちゃ?です笑

■バランスウォーカーを取り付けて遊ぶ動画

場所を探す必要はありますが、手軽に遊べますよ♪

■公園の固定遊具

UNI125162814_TP_V

体幹を鍛えるおもちゃって、別に購入するものばかりではありません。
いろんな公園に、足を運んでみるというのはどうでしょうか。

子どもって、いっつも同じ公園…よりも、
いろんな公園を巡って、お気に入りの遊具がある公園を見つけるほうがいいです。

好きな遊具を、たくさん繰り返し遊ぶ事で、
自分の体で出来る事、ひとつひとつ、身に着けていっています。

子どもって初めての公園ですと、どんな遊具でも進んで挑戦します。

いろんな遊具やアスレチックで遊ぶことで、
全身のいろんな筋肉が、総合的に鍛えられていきます。

また、歩く事は非常に大切です。
遊具を使わなくとも、公園にいくまで、歩いてみましょう。

あと余談ですが、親子のお散歩が超楽しくなるアイテム、
「お散歩ビンゴ」も紹介しておきますね♪

上記のバナーより「お散歩ビンゴ」の紹介記事に飛べます♪

●おもちゃを使わないあそび「ケンケンパ」

けんけんぱ の遊びをしたことがありますか?

単純ですが、けんけんぱの遊びって、やってみると足がすごく疲れる事に気づきます。
本来人間って、二本の足でバランスとってるので、ケンケンは難しいです。

ケンケンでバランスとって進みつつ、サっと両足着地に切り替える…体幹を鍛えるのにピッタリの遊びです。

床にテープを貼って、マルをつけたり、
公園の地面に描くだけですぐに遊べる遊びです。
歌やリズムに合わせて、テンポよく跳ぶのが定番です♪

涼しい子

ケンパ!ケンパ!ハッピーハー!

わかな

ケンケンハッピー!パラッキー!

あつみ先生

バランス崩し転んでもイイよ!

■山を歩こう、登山散歩を楽しむ

1711162AMEMAN016_TP_V

おもちゃや、遊び方とはまた違いますが、
登りにくい山道のお散歩も、非常におすすめです。

山道って、ゴツゴツして歩きにくかったり、
ぬかるんでる場所が合ったり、傾斜が急に変わったり…

と、非常に歩きにくく、しっかりと足に力を入れて踏ん張る必要があります。
また、自分で咄嗟にバランスをとる事も求められます。

大人にとっては当たり前ですが、子どもにとっては難しいもの。
無意識に、体と体幹が鍛えられていきます。

さらに、単純に季節の自然を、全身で感じられるのが一番面白いです。

また、非常に体力面の向上も見込めます。

●歩くことの大切さ

aomidoriIMGL1369_TP_V

体と脳みそは本当の意味で繋がっています。
どちらか片方だけを極端に鍛えても意味がありません。

保育園で様々な子どもを見ていると感じるのですが、

  • 1歳すぎた頃から毎日、手を繋ぎ歩いて登園していた子と…
  • 2歳を過ぎても歩きたくないと、泣いてベビーカーに乗りたがる子と…

数年後…幼児クラスになってからの差は圧倒的、歴然としています。

生活面の自立をはじめ、運動面、身体能力、
話を聞く態度と姿勢、またしっかり食事が出来る…

体が出来て、体力がついてくると、全ての能力が総合的に引き上げられます。
底上げ…という表現がピッタリですね。

■体づくりは、子ども自身が意欲的に取り組める土台づくりです。

aomidori0I9A8700_TP_V

これは、私が見てきた統計に過ぎないのですが、
頭の良い子、賢い子というのは、押しなべて運動も出来る子が多いです。

バランスをとる事え鍛えられるインナーマッスル。
体幹を鍛え、姿勢が良くなる事で、集中力が増します。
小学校に上がってから、学ぶための器が出来上がります。

体幹は体のコアであり運動するための土台であり、
また今後、学びを得ていくための、すべての基礎、土台となります。

早期教育、英才教育など流行ってますが…
保育園や幼稚園の時期の体と言うものは、まだまだ未発達、成長途中です。

中には、歩くのも左右にフラフラ、しょっちゅうこける、バランス悪い子がいて…
じゃあスポーツやらせよう!という単純な考えで、教室やクラブに通わされる事もあるようですが…

そんな状態で、いきなり、本気のサッカーだの柔道だのをやらせても、
掛けた時間ほど、得られる効果は薄いです。

体の軸、基礎が出来ていないのに、それ以上の事を求めると、
現状よりも、さらに運動嫌いになる鉄板コースです。

それなら、まずは先に体の土台を作るほうがいいです。
どうせなら、楽しみながら身につけていきたいと思いませんか?

それを助けるのが、今回の記事で紹介したおもちゃ達です。

体を動かすのって楽しい!気持ちいい!
と感じる機会をたくさん与えるほうが、未来の可能性は、どんどん広がっていきます。

●基礎が固まると、どんなスポーツにも勉強にも挑戦できる。

ELFADSC05654_TP_V

体を動かすのって楽しい!という経験をたくさん繰り返していく事で…
これから出会う、いろんなスポーツ、運動に対して、抵抗感をなくし、
なんでも挑戦していこうという気持ち的な準備にもなります。

ちなみに強要したり、過度に結果を求めすぎると、逆に運動嫌いになります。
楽しめる遊びを見つけてあげるために環境を整えるのが、保育者、保護者など大人の役割になります。

環境を整えれば、子どもは自発的に環境に関わります。
意識的に体を動かす機会を作り、促してあげましょう。

特に保育園や幼稚園に通う時期は、小学校に上がり体が出来てくる時に向けて、
これからどんなスポーツにでも、勉強にも挑戦していけるように、体の土台、基礎をかためる方が大切です。

■次の記事→英才教育や早期教育ってどうなの?メリットデメリット

「子育てが楽になる無料アプリ」

子育て、育児に疲れているママへ…
子育てのストレス・プレッシャーが減る無料アプリ、
「mamari(ママリ)」をご存知ですか?

CMもしてるので、ご存知かもしれませんが…

  • ママ達のリアルな悩みが知れる
  • 悩みを相談・アドバイスが貰える
  • 雑談もOK

眺めているだけで、他のママたちが乗り越えてきた、過去の悩み相談も見れるので、
ここを見れば解決の糸口になるかも!
ずっと悩んだ悩みが、一日で解決するかもしれません♪

ワンオペ育児で頑張るママに必要なのは、
先輩ママたちの経験談・同期のママたちの体験談なのです。

アプリ一本で、子育てが少しでも楽になるなら、これほどイイ事はありませんよね♪
無料なので、是非、ダウンロードしてみてくださいね。

スポンサードリンク

■当サイトのご案内


■まだブラック保育園で消耗してるの?

■保育士の非公開求人を集めたサイトを紹介

■全ての製作アイデアの目次はこちら

■もっと絵本を知りたい先生へ。絵本特集はこちら

■無料のおたより用イラスト素材配布中!

■保育雑誌PriPriがスマホで読み放題になる方法

■メルマガ【あつみ先生の連絡帳】ご案内

■LINE友達登録【あつみ先生の連絡網】







にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ