画用紙で作るハリネズミの壁面製作アイデア

画用紙を使い簡単に出来るハリネズミの製作アイデアを紹介します。
1歳児、2歳児クラスからの子ども達の製作活動にもピッタリ!
手作りの作品んで壁面を飾りましょう。

スポンサードリンク


こんばんは!
男性保育士のあつみです!

この記事では、画用紙を使って作れる、ハリネズミの壁面製作アイデアを紹介します。
保育園の1歳児~2歳児クラスの製作活動にも是非、ご参考くださいませ。




■ハリネズミの壁面製作アイデア(1歳児、2歳児クラス~)

材料を用意すれば、面倒くさい手順は必要なしで、手軽に作れるハリネズミの壁面装飾です。

sjnytjj

■今回参考にした書籍

●子どもと作るハリネズミの壁面製作の手順と材料

●材料

  • 画用紙
    今回利用したのは、
    土台となる白画用紙、
    ハリネズミの針を表現するための、
    茶色、黄土色、オレンジ色の画用紙です。
  • 両面テープ
    ハリネズミの針を土台に貼り付けるために使いました。

●作り方と手順

まず、白画用紙で土台を作ります。

bshjrjn

画用紙から、ハリネズミの体の形を切り取ります。
形は適当でもいいのですが、今回、型紙を作りましたので、
必要な方は下記よりダウンロードし、印刷してご利用くださいませ。

■ハリネズミの型紙(簡易版)のダウンロード

harinezu

ハリネズミ型紙ダウンロード

画像形式はPNGになっています。
黒い線でが切り取り線となります。
薄い色の線は、表情の参考となります。

次に、土台となるハリネズミの形にカットした画用紙の、
背中部分に両面テープを貼りつけます。

jtek,i7ll

お好みに応じて、表情や鼻などをつけてみましょう。
可能であれば、子ども達にやらせてあげてもOKです。
これで、土台は完成となります。

次に、画用紙でハリネズミの針を作って行きます。

hbnwrkll

今回使った画用紙は、茶色、黄土色、オレンジ色の3色です。
細くカットした画用紙を、適当な長さにカットして、ハリネズミの針を表現します。

涼しいあつみ先生

2歳児クラスで、ハサミを使うなどの目的があれば、
予め細めに切っておいた画用紙を用意して、
一回切りに挑戦してみて、自分たちで作ってみても楽しいですよ♪

さて、ハリネズミを作って表現していきます。

mnrukrk

両面テープの剥離紙を剥がし、パラパラと上から、
カットしたハリネズミの針を落とすように貼り付けていきます。

涼しいあつみ先生

1歳児クラスであれば、両面テープの剥離紙をスミッコを、
ちょっと折り曲げたり剥がしておいてあげれば、自分で剥離紙を剥がすことが出来ますよ

jtrk7ll

コツとしては、針を表現した画用紙の上から、しっかり手で押さえる事です。
子ども達に、ぎゅっぎゅと、押さえるよう、教えてあげてください。

sjnytjj

貼りつかなかった画用紙を払い落せば、ハリネズミの出来上がりです♪


スポンサードリンク


■ハリネズミの絵本&今回参考にした書籍

■ハリネズミに関連した絵本

絵本などの読み聞かせを通して、
子ども達がハリネズミを知ったり、興味を持った時など、
関連するテーマの製作をしてみたり、
壁面などを作ってあげると、もっと楽しくなりますね!

■新着記事♪(5/23)
【6月】保育園で楽しみたい子どもの歌22選【楽譜・視聴リンク付き♪】

スポンサーリンク

■【要チェック♪】5月の保育に役立つ記事ピックアップ♪

ここまで読んでくれて、本当にありがとうございます♪
下記、5月の保育に役立ちそうな記事です~
気になる画像をクリックすれば、記事が読めますよ♪

もっと画像を見る場合はココを開いてね!

■保育ブログ編集後記【05/17】

そうそう、聞いてください、ついにずっと探してた楽譜…手に入れたんです!
私の大好きな歌「風の花束」の楽譜が収録されてます…!

あつみ先生の保育日誌、ブログ記事は毎週土曜に更新中でございます♪
動画もぼちぼち、週1ペースくらいでアップしておりますので、合わせて覗いてみてくださいね~!

アゲハチョウのシーズン、始まりました。
アゲハチョウの飼育方法の記事、是非みていってくださいね~♪

 

あつみ先生あつみ先生

現在、当ブログで特に人気なのは、下記のジャンルになります。

どうぞ、ご覧くださいね♪

あこあこ

下記より、関連記事や人気記事、新着記事などの案内をはじめ、

  • YOUTUBE動画チャンネル「あつみ先生の放送室」
  • 毎日少しずつ読むだけで保育技術が身につく、
    新人の先生向けメルマガ「あつみ先生の連絡帳」
  • 冷やかし、スタンプ連打、クレーム、愚痴オッケーな連絡手段、
    あつみ先生の直通LINE「あつみ先生の連絡網」

などなど、いろんなコンテンツの案内もございます。
ぜひ、最後まで目を通してみてくださいね。