保育、育児におけるアタッチメントとは、愛着という意味を持ちます。
アタッチメントの対象となるのは、信頼できる大人。
それは、保護者である母親だったり、保育園の先生だったりします。

こんばんは!
男性保育士のあつみです。
民間の保育園に勤務しており、4歳児の担任をしています!

アタッチメント

アタッチメント行動とは、信頼できる対象にくっついたり、
触りあったりする事で、安心できる気持ちを得る事です

赤ちゃんにとっては、周りの世界全ての事が、初めての事ばかり。
新しい事や、これから学ぶこと、経験する事に恐怖や不安があります。

スポンサードリンク


そんな時に必要なのが信頼できる大人。
この信頼できる大人に対してのアタッチメント行動により、
安全基地や、安全な避難場所になることで、
赤ちゃんは安心して、いろんな事に挑戦していけます。

あつみ先生

やっぱり、男性保育士としての立場上、
幼児さんとの関わりが多いですが、
ローテーションやシフトによっては、
乳児クラスのフォローに入る事もあります。

たとえ、自分の担任、担当が決まっていたとしても、
乳児、幼児、関係なく、しっかりと勉強し、
知識として知っておくことが、
保育のプロとして、求められることですね。

赤ちゃんには、アタッチメント行動というものがあります。

この記事ではアタッチメント、
くっつき行動についてを、記録していきます!

心と体の発達において、0歳からの大切なかかわりですね。

 

1.アタッチメントの役割

アタッチメントとは?
直訳で、愛着や、愛情ですね。

ここで言う、アタッチメントとは、生後間もない子どもが、恐れや不安などを感じた時に、他者にくっつこうとする行動を言います。

また、子ども自身が、危ないと感じた際や、ネガティブな心理状態、情動状態の時に、他者にくっつきを計ろうとする傾向のことをいいます。

 

アタッチメントの効果

子どもが感じる不安やネガティブな気持ち、恐怖などを、くっつき行動で、除去しています。

これによって、子どもは安心、安全だという気持ちを、再構築することが出来るのです。

愛着形成に繋がっていきます。

 

子どもの興味関心と、くっつき行動

 

子どもが成長し、移動行動が出来るようになってくる時期から、
身の回りの探検、探索行動が始まりますよね。

その際、保育者や保護者である養育者が、
安全基地となり、アタッチメント、くっつき行動を保障してやること
が一番重要ですね。

安心できてこそ、子ども達は、探索行動ができるのですよ。

 

アタッチメントの具体的な関わり

言葉のない子どもであれば、状況や、
様子を敏感に受け取り、丁寧に対応することが求められます。

また、いつでも、同じように受け止めてあげることが重要ですね。
養育者である自分の、機嫌がいいときだけ笑顔で関わるが、
イライラしている時は、ぞんざいに扱う…なんて事はしてはいけません。

そんな事で、子どもの気持ちは、落ち着きませんしね。
また、過剰に関わりすぎるのも厳禁です。
なぜなら、自由に冒険し、探検したい子どもの行動を、制限してしまう恐れがあるからです。

 

状況に合わせたアタッチメント

特に乳児期においては、特定の人との関わりや信頼関係がとても大切ですが、
それだけでなく、養育者に代わるアタッチメント対象の存在も、
大切になってきますね。

アタッチメント対象が広がっていくことで、
社会性の獲得に大きな影響が出てきます。

 

 

2.子どものサインをキャッチしよう


スポンサードリンク


こころの思いは体の動きに出てきます。
自分の体と向き合う事は、自分の心と向き合う事にも、なるのです。
自分の体を向き合うことで、心の安定にもつながります。

 

3.体の動きを通して、成功したという気持ちを、味わう

相手から求められた課題の達成に集中し、挑戦し、クリアして、
どんどん達成感を味わう経験を積みましょう。

これが、何事にも、自発的に挑戦していく自信につながります。

相手と自分自身を意識しながら、
同じ遊びでルールを守り、協力して製作をしたり、
共同作業をすることで、社会性も促されます。

 

4.ふれあい遊びを通して、気持ちに働きかける

乳児期こそ、大人との触れ合い、
他者との触れ合いが大事です!

  • からだを通した、コミュニケーションを楽しむ
  • 期待感と集中力を育む遊びを楽しむ
  • コンディションを整えるふれあい遊び

 

5.主体性をもった子どもになるために

①一人でやらせてみる

親は、じっと待つ気持ちが重要です。
着替えや食事など、自分で出来るようにならなければいけないことで、
子ども達は、自分で挑戦しようとします。
下手に手伝ってしまうと、子ども達の成長の意欲や機械を奪ってしまいます。

 

②感情が爆発する子ども…なぜか?

すぐに怒ってしまう、癇癪持ちの子ども…
それは、挑戦し、出来るようになりたいけど、
うまく行かない!という気持ちの表現です。

まだ言葉でどういっていいのか分からないので、
怒るしかないのです。

 

③挑戦させる

パズルなど、自分で挑戦できるものを、与えてみる。
この時のポイントは、最後は子ども自身で完成できるよう、
達成感を持たせることが出来るように、することです。

 

④自分が見本になる。

子どもは、大人を見て真似をします。
特に、親や、大好きな先生など…尊敬できる人の模倣をします。

親がする家事…たとえば、食器洗いなどを、やりたがる子どもの心理ですね。

 

⑤自分が、心の余裕を持つ

子どもが失敗しても、心に余裕を持ち、丁寧に対応しましょう。
相手が子供であっても、本人の意思を尊重することは忘れず、
失敗しても対処できるように、準備しておきましょう。

子どもが挑戦したいという気持ちを、折らないように!
言いなりにばかりしていると、自分から挑戦したり、動いたりできない子どもになるかもしれません。

 

⑥愛情を大切に!

愛されているという自覚が持てない子は、中々自立出来ません。
教育や、しつけの中にも…しっかり思いやりを、忘れないようにしてくださいね。

スポンサードリンク

■当サイトのご案内


■まだブラック保育園で消耗してるの?

■保育士の非公開求人を集めたサイトを紹介

■全ての製作アイデアの目次はこちら

■もっと絵本を知りたい先生へ。絵本特集はこちら

■無料のおたより用イラスト素材配布中!

■保育雑誌PriPriがスマホで読み放題になる方法

■メルマガ【あつみ先生の連絡帳】ご案内

■LINE友達登録【あつみ先生の連絡網】







にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ