ストロー花火

保育園の夏製作にぴったり!花火を描こう
ストロースタンピングで、誰でもかわいい花火を描けます!

img_20200705_165430.921

この絵は、画材は絵具、そして道具はストローしか使っておりません
これ、子どもでも大人でも、誰でも、簡単に描けますよ♪
こんなきれいで、カワイイ花火が表現できますよ~!

スポンサードリンク


こんばんは!
男性保育士のあつみです。

今回の記事では、ストローを使って描く、花火の表現について、お伝えします。

■今回の記事を動画で見る場合はこちら




■夏製作♪ストローで描く花火スタンピングの材料

保育で使える、ストロースタンピングあそびは、下記のものを準備します。

  • ストロー(いっぱい)
  • 絵具(明るい色)
  • 画用紙(黒)
  • 絵具皿+水

上記があれば、綺麗な花火を描けます♪

■【夏製作】花火のストロースタンピング準備

image

この製作のポイントは、ストローに細工をして、スタンピングをしていく事です。
上記の写真のように、ストローの片方を、ハサミで割いていくように、カットします。

image

だいだい6~8等分くらいがちょうどいいかと思います。
(もちろん、好きなようにすればOK)
カットできたら、折り目を付けるように、よくひろげておきましょう。

あつみ先生あつみ先生

ハサミで切る長さは好みでいいのですが、
最初は短めが使いやすいかと思います

このストロースタンプを、たくさん用意しましょう。
いろんな色や、長さがあったらバリエーションが出て楽しいですよ。

●子ども達に手伝ってもらって、ストロースタンプを作ってもらうのもアリ

もし、あなたの受け持ちのクラスの子どもたちが、ハサミが使えるなら、子ども達に手伝ってもらって切ってもらう、というのもアリ!
または、自分で使うものは自分で切る、ってのもOKかと思います。

ただし、ちょっと作業が細かいため、ストロースタンプの自作は、平均的には3歳児クラス以降かな~と、個人的には感じます。
保育士が付き添いながらなら、2歳児さんでも可能かと思います。
ご参考くださいね。

■【花火描画】ストロースタンプの方法・やり方

image

ストロースタンプの準備ができたら、たっぷり絵具をつけてスタンピングしていきます。
この際、絵具は濃い目にたっぷりと溶くのがポイントです!

一色ずつスタンプして、重ねていくのが楽しいですよ!

●ストロースタンプで綺麗な花火を描くためのポイント

このスタンピングをより綺麗に表現するために、花火の中心を決めて、そこに重なるようにスタンプしていくよう、意識してみましょう♪
より花火らしく、綺麗で派手になるかと思います!

あつみ先生あつみ先生

もちろん、この通りにしなくても十分面白いですよ!
好きなように楽しんでみましょう~

●ストローの切れ込みの長さを変えると、より変化のある花火が描ける

image

応用としましては、ストロースタンプを作る際、ハサミでストローを切る長さを変えてみましょう。
一定の長さのものだけを使うよりも、味のある花火になったり、違った表現になってとっても楽しいですよ♪

いろんな長さに切ったストローを混ぜて使って、遊んでみましょう!

■保育でストロースタンピングで花火を描くときの注意点

ただ、今回、ストロースタンピングをやってみて思ったのですが、ハサミでの切れ込みが長くなりすぎると、上手く描けない事があるかも!
ストローって弾力があるので、全体に絵具をのせにくくなります。

最初のうちは、ハサミで切る幅は、短めが使いやすいかと思います。

これを回避するために、絵具はたっぷり、用意しましょう!
きれいに描く事が、できますよ。

■保育園・幼稚園で夏の製作をもっと楽しもう!

それでは、今回の「【夏製作】保育描画・花火を描く簡単ストロースタンピング」はこれでおしまいとなります。
花火の表現の定番としては、他にもスクラッチ技法などがおすすめです。

■参考:スクラッチ技法で描いた作品

上記リンクがございますので、気になる方は、やり方など、ご参考くださいね!

スポンサーリンク

■他にもこんな記事が読まれています♪

■【10月保育の関連記事】ピックアップ

●【保育情報】新着記事&動画UP♪(09/19)

■ハロウィンのお菓子バッグの製作アイデア♪

あつみ先生のYOUTUBEチャンネルはコチラ♪
【あつみ先生の放送室】

あつみ先生の保育日誌、ブログ記事は毎週土曜に更新中でございます♪
動画もぼちぼち、週1ペースくらいでアップしておりますので、合わせて覗いてみてくださいね~!

 

あつみ先生あつみ先生

現在、当ブログで特に人気なのは、下記のジャンルになります。

どうぞ、ご覧くださいね♪

あこあこ

下記より、関連記事や人気記事、新着記事などの案内をはじめ、

  • YOUTUBE動画チャンネル「あつみ先生の放送室」
  • 毎日少しずつ読むだけで保育技術が身につく、
    新人の先生向けメルマガ「あつみ先生の連絡帳」
  • 冷やかし、スタンプ連打、クレーム、愚痴オッケーな連絡手段、
    あつみ先生の直通LINE「あつみ先生の連絡網」

などなど、いろんなコンテンツの案内もございます。
ぜひ、最後まで目を通してみてくださいね。