あおむしのあやつり人形

絵本の導入に、注目してほしい時などにピッタリ♪
くねくね歩いて、見てるだけで楽しい、子どもたちに大ウケのおもちゃを作ってみませんか?
操って動かせる、あおむしの操り人形・パペットの作り方を紹介します。

スポンサードリンク


こんばんは!
男性保育士のあつみです。

実際に、動かしてみた下記の動画をご覧ください♪
イメージがわくと思います。面白いですよ!

■動画で見るあおむしのパペット(操り人形)の作り方

この記事では、材料があれば、5分で作れる手作りおもちゃ、
あおむしの操り人形の作り方を紹介しています。

特に乳児クラスではコレひとつあれば大人気ですので、ぜひ作ってみてくださいね♪
朝の集まりや、絵本読み聞かせの前の導入などにも、楽しいですよ!

幼児クラスなら、自分で作って遊ぶこともできます。

■あおむしパペットは、5分で作れる手作りおもちゃ

rtuioo

くつしたをベースにしたあおむしパペットです。
構造は、めちゃくちゃ簡単で、材料があれば、5分で作れます♪

■生きてるみたい!あおむしパペットの作り方と材料

Evernote Snapshot 20181111 173248

材料

  • くつした(好きなデザイン)
  • ボール(適当な安いものでOK)
  • モール(口などになります)
  • 厚紙、ボール紙等(目になります)
  • ひも(適当なものでOK、細すぎると絡まりやすいです)
  • 安全ピン
  • 割り箸2セットくらい
  • 輪ゴム

すでに、お家にあるもので作れます♪
足りなくても、全て100均で揃いますので、
次のお買い物のついでにどうぞーです!

●あおむしのパペット・人形を作る

まず、靴下の中にボールを詰めていきます。
今回、あおむし製作で利用するのは、2個のボール。

Evernote Snapshot 20181111 173249

一つ目のボールは、くつしたの先端まで入れてしまいます。

Evernote Snapshot 20181111 173249

もうひとつのボールは、靴下の口がわに。

Evernote Snapshot 20181111 173249

モールと、厚紙(ボール紙)を使って、目を口を作りました。

Evernote Snapshot 20181111 173249

こんな感じでくっつけます。

Evernote Snapshot 20181111 173249

ボールを入れた、くつしたの先端に取り付けます。
外れないように、しっかりくっつけるために、ボンド等の接着剤利用がオススメです。

ちなみに、目を貼りつける際、
くつしたの、かかと部分が、上を向くような方向で、つけてくださいね。

●パペットの仕掛けをつくる

さて、操り人形の、仕掛けを作っていきましょう

Evernote Snapshot 20181111 173249

わりばし2セット+輪ゴムを利用します。

Evernote Snapshot 20181111 173249

まず、割りばし2セットを十字型に組み合わせてクロスさせ、
十字架型にして、輪ゴムで固定します。

Evernote Snapshot 20181111 173250

つぎに、ひもを3本用意して、安全ピンに結び付けましょう。

Evernote Snapshot 20181111 173250

割り箸の仕掛けと、ひもをくっつけます。
ほどけないように、セロテープ等で固定してあげるのがオススメです♪

Evernote Snapshot 20181111 173250

さて、あおむし本体と組み合わせていきましょう。
しかけ下部(十字架の下側部分)を、くつしたのかかと部分に留めます。
この際、安全ピンを使いましょう。

ちなみに、動画中でも説明してますが、かかと部分に繋がるヒモは、短めが使いやすいですよ。

Evernote Snapshot 20181111 173250

残りの二本は、あおむしの頭部、左右に安全ピンで留めちゃいます。

Evernote Snapshot 20181113 042653

これで、あおむしのパペットの、完成になります♪

ひもが絡まりやすい場合は、太めのひもでつくると、絡まりにくいですよ!


スポンサードリンク


■あおむしパペットを保育の活動や導入に使ってみよう♪

●乳児クラスには、活動の導入や、ひきつける時に使えます♪

話を始めたいのに、中々子ども達が集まらない…
そんな時に、かわいい人形やペープサートなどを使ってお話をすると、
子ども達って興味津々でみてくれますよね♪

このあおむしパペットは、そんな時に使える一つの選択肢になります。
ヒョコヒョコ動かして、子どもたちに見せてあげると、とっても喜んでくれますよ♪

●幼児クラスでは、自分用のおもちゃで作って遊ぶのもOK!

このあおむしパペット、材料が安くつく、というのもポイントです。
子ども達が、自分で作って、自分で遊ぶおもちゃとしてもピッタリ!

くつしたについては、自宅から不要なものを片方持ってきてもらうなど、協力してもらいましょう笑
好きなように色を塗ったり、デザインしたりして、好きな柄のあおむしを作っちゃいましょう。

中に詰め込むボールがネックに感じますが、
別に中に入れるものは、球体のものであれば、なんでもOKです。
紙粘土を丸めた物でも、ガシャポンのカプセルでも、廃材なども利用できます。

とっても楽しいですよ♪

スポンサードリンク

■当サイトのご案内


■まだブラック保育園で消耗してるの?

■保育士の非公開求人を集めたサイトを紹介

■全ての製作アイデアの目次はこちら

■もっと絵本を知りたい先生へ。絵本特集はこちら

■無料のおたより用イラスト素材配布中!

■保育雑誌PriPriがスマホで読み放題になる方法

■メルマガ【あつみ先生の連絡帳】ご案内

■LINE友達登録【あつみ先生の連絡網】







にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ