paneru-tukruenai

あつみ先生あつみ先生

【在宅保育士】パネルシアターを量産できる環境がない保育士が多い件について!

おつかれさまです♪
ひきこもり大好き保育士、あつみです。

さて、先日「在宅勤務でなにをやればいいのか分からない」という先生に向けて、パソコンを使って、パネルシアターを量産でできるよ、という記事を書きました。

しかし、あの記事の手法は、データとなるイラストが必要、という前提条件があります。
つまり、カラーイラストのデジタルデータが収録された(CD付)パネルシアターの型紙本が必要、という事です。

そのため、

デフォ子先生1

  • 「普通(紙媒体)のパネルシアターの型紙本ならあるけど、CD付きの本なんて、もってないよ!」
  • 「考えていたよりも、作り放題ってわけじゃないじゃん!」

という声が届いております。
ほんとすんません…

職場でもちょっと聞いてみたんですけど、パソコンとプリンターがあっても、印刷するための画像が用意できない、というパターンが結構ありました…

結局ね、ほとんどの保育士にとっては、【カラーイラストのデータの入ったCDがついてるパネルシアターの型紙本】を買わないとダメって事だったんです。

そこで、ちょっと私の使っている小ネタ・小技を紹介します。

※この記事には続きがあります
続き:「いらすとや」素材だけで”あの絵本”のパネルシアターを作った結果




■私の場合は【パネルシアター型紙をスキャナ取り込み】&【パソコンで色塗り】が出来ていた

printer_fukugouki

んで、環境の差を言うものを考えてみたのですが、
私の場合は、スキャナもあるため【CDが付属してないアナログな型紙(紙媒体)】でも、好きなだけパソコンに取り込んでデータ化できるんですよね。

(その上で、フォトショップクリスタといった画像処理ソフトを使う事で、取り込んだ画像を、ゴミ取り含めて、一発で綺麗に処理できます。)

んでもって、だいたい紙媒体のパネルシアター型紙って【色のない線画のみの状態】であることが多いんですが、画像ソフトがあれば【パソコン上で、クリック一発の範囲塗りつぶし】で色を塗れるので【印刷用デジタルのイラストデータを作り放題】なんです。

ここまで出来て、ようやく【後は印刷するだけ=作り放題】という状況になります。

やる事自体は、ものすごく簡単なんですが、それが出来る環境のある保育士って、どれだけいるんだ…?いや多分、少ないよね…という結論に至りました。

■それを、保育士みんなが再現できるかという話

job_illustrator_pc_man

印刷するためのイラストデータを、自分で用意できるといった、ここら辺の自由がきけば、
パネルシアターだろうが、ペープサートだろうが、まさに作り放題という状況になるのですが…

多分、保育士として勤めている方の何割が私と同じように、
時短でサクサク作り放題、という状況を再現できるか、と問われると、かなり局地的な状況なんですよね…

だから、ね?
もしあなたが、パソコンでイラスト作れる(描ける)人材であるとすれば、めっちゃ得してるんですよ。

ものすごいアドバンテージあるんですよ。
希少なんですよ。マジで。

まだまだアナログ脳が抜けきってない福祉、特に保育という構造的に致命的な欠陥のある業界…
理不尽、無秩序が未だに横行する、この修羅の世界で、少しでもパソコンスキルを身に着けるだけで、仕事は楽になります。

しかし、ブラック保育園はそれを許さない、生き抜くしかない…

あつみ先生あつみ先生

完全に余談ですが、実は保育園に勤めてる保育士なら、アドビCCのアカデミック(教員&学割)が使えます笑
(※オーバースペックすぎるクリエイター向けフルパッケージの事)

■問題は、どうやってパネルシアター用のカラーイラストを入手するのかという話

多分現状、パソコンとプリンター自体は、所有してる人が多いと思うんだけど、
普段パソコン扱わない(と思われる)保育士が「スキャナ」「画像ソフト」を持ってるって、おそらく、半数以下なんですよね。

つまるところ、結局パソコンから印刷するための「カラーイラストデータ」さえあればいいんですよ。

そこで!
解決策になっているわけではないのですが、実際、私が使っている方法、というか工夫なんですが

「いらすとや」のイラストを、パネル人形にしてしまう

という方法をお伝えします。

関連リンク:→いらすとや

はい、みんな大好きいらすとやです。
(ほんとに、いつもありがとうございます。)

いらすとやって、有名なイラストの素材サイトなんですけど、ここで使える素材を【パネルシアター用の紙人形】にしてしまいます。
文字通り【Pペーパーに印刷してカットするだけでブツは完成】です。

もちろんこれ、パネル用の紙人形だけでなく、ペープサート素材としても使えます
その場合、マジで印刷して棒つけるだけで完成です。

例えば、私の場合、子どもが思いつく限りの一通りの「動物」「虫」といった生き物、
適当な「人」を何パターンか、また「乗り物」など、実際にPペーパーに印刷して、保育園で使っています笑

もちろん、パネルシアター用の紙人形が作れるだけで、何の「ストーリー」にも「お話」にも、なっていません。

ただ…あれば、かなり役に立つ場面があるんです。

●「いらすとや」のパネルシアター用紙人形の使い方&私の応用例

まず、よくやる使い方として、すでにあるお話の、キャラを変えて演じてみたりできます。
例えばですね、定番すぎて、子ども達が飽きてきている話ってあるじゃないですか?

そういうお話も、キャタクタを変えてみるアドリブで子ども達に選ばせてみる、ってするだけで、普段と違う楽しみ方が出来ます。

★「おおきなかぶ」の登場人物を自由に変更する

例えば、実際に私がやった事としては、

「おおきなかぶ」のパネルシアターにて、かぶを引っこ抜く登場人物を変更する

というものです。
引っこ抜く人物を、かえるだのさるだのライオンだの、自由に変えてフリーダムに演じる…ってなカンジで、変化つけたりしてます。
子ども達的には、不意を突かれて

りょう

「え?次は誰が出てくるの?」

ってカンジですよね笑

★「おおきなかぶ」を「おおきなおいも」に変更

vegetable_satsumaimo_purple

あと、芋ほりの導入として、

「おおきなかぶ」を「おおきなおいも」バージョンに変更

という事もしました笑
やった事は「大きいさつまいも」のパネルシアター用紙人形を、1つ作って追加しただけです笑

※上記の画像(いらすとやさんの素材)を、A4のPペーパーに印刷して使いました笑

★「がたんごとんがたんごとん」の汽車にのせるものを、全て「くだもの」に変更

がたんごとんのパネルシアターを作った時には、
汽車に乗せるものを、赤ちゃんの食事アイテムではなく…
バナナとかメロンとかいちごとか、果物ばかりのせてみて、演じてみた事があります笑

もし、紙人形に、たくさんバリエーションがあれば…

あつみ先生あつみ先生

「つぎは、何を(誰を)のせてみる?」

ってなカンジで、子ども達からリクエスト聞いて、好きな物をのせてみる、とかもだいぶ盛り上がります。

なんかね、とりあえず、

  • 子ども達が思いつきそうな動物・生き物
  • 子ども達が思いつきそうな食べ物・果物
  • 子ども達が思いつきそうな乗り物系
  • 子ども達が思いつきそうな身の周りもの

を、一通り、思いつく限り、パネル用紙人形にして、いつでも子ども達のリクエスト・発信・反応に応えられるようにしています。

■あるだけで使える、汎用的パネルシアター用の紙人形「いらすとや」のススメ

…といったように、紙人形やペープサートって、別に「お話」「ストーリー」に沿ったものじゃなくても、あるだけで使い道がいろいろあったりします。

決まったパターン、という安心感も大切ですが、
「え、次は何が出てくるだろう?」というような、予測不能のワクワクを演出するのも、たまには楽しいものです。

要は、使い方次第なんですよね。

ええ、時短、手抜きが邪道と言われようと、子ども達にウケてるならそれでいいんです。
子どもが楽しく過ごせるなら、あらゆる手を尽くせばいいんですよ。
偉い人にはそれが分からんのです。

(私は楽しさ・面白さの提供から信頼が積み重なり、子どもにも話を聞いてもらえるようになると思ってます。)

というわけで、もう少し、多くの保育士でも再現性が高い方法を考えてみます。

…続く!(はず)

※この記事には続きがあります
続き:「いらすとや」素材だけで”あの絵本”のパネルシアターを作った結果

■新着記事♪(5/23)
【6月】保育園で楽しみたい子どもの歌22選【楽譜・視聴リンク付き♪】

スポンサーリンク

■【要チェック♪】6月の保育に役立つ記事ピックアップ♪

ここまで読んでくれて、本当にありがとうございます♪
下記、6月の保育に役立ちそうな記事です~
気になる画像をクリックすれば、記事が読めますよ♪

もっと画像を見る場合はココを開いてね!

■保育ブログ編集後記【05/30】

かなり保育と関係ない事なのですが、以前美容師さんにおすすめされて、数年越しでずっと欲しかったドライヤー、買いました…!
クレイツのホリスティックキュアというシリーズのドライヤーなのですが、早く乾く上、めっちゃ手触りが柔らかい…(※個人の感想です笑)

あつみ先生の保育日誌、ブログ記事は毎週土曜に更新中でございます♪
動画もぼちぼち、週1ペースくらいでアップしておりますので、合わせて覗いてみてくださいね~!

 

あつみ先生あつみ先生

現在、当ブログで特に人気なのは、下記のジャンルになります。

どうぞ、ご覧くださいね♪

あこあこ

下記より、関連記事や人気記事、新着記事などの案内をはじめ、

  • YOUTUBE動画チャンネル「あつみ先生の放送室」
  • 毎日少しずつ読むだけで保育技術が身につく、
    新人の先生向けメルマガ「あつみ先生の連絡帳」
  • 冷やかし、スタンプ連打、クレーム、愚痴オッケーな連絡手段、
    あつみ先生の直通LINE「あつみ先生の連絡網」

などなど、いろんなコンテンツの案内もございます。
ぜひ、最後まで目を通してみてくださいね。