え!?この保育専門書が読み放題? 読み放題一覧を見る

【保育現場で楽しむ!】描画技法フロッタージュ(こすり出し)のやり方とねらい実施ガイド【保育士・幼稚園教諭向けノウハウ】

PR
\保育専門書、出版しました!/
保育園で子どもたちとフロッタージュを楽しもう!
この記事で分かる事
  • フロッタージュ(こすり出し)のやり方
  • フロッタージュを安全に行う配慮
  • 保育におけるフロッタージュの利点
  • フロッタージュに使える素材アイデア
  • 実践的なフロッタージュの指導案の書き方

保育園・幼稚園における、絵画の表現技法のフロッタージュのねらいとは?
フロッタージュは、凹凸のあるものを下に敷き、色鉛筆などを使い、摩擦で模様を写しとる技法です。
保育園では落ち葉や葉っぱなどを素材にしたフロッタージュ(こすり出し)がよく楽しまれています。

こんばんは!
男性保育士のあつみです。

この記事では、フロッタージュのやり方やコツ・ポイントなどをお伝えしていきます。

フロッタージュは、フランス語で摩擦を意味する言葉であり、
フロッタージュの何よりの面白さは簡単に楽しい模様を楽しめる事です。
何気ない身の回りの物から、偶然の模様を発見できる喜びを感じていきたいですね。

2024年2月の新刊!
\おたより文例~春編365選/
  • 春を感じるおたより文例、た~くさん収録!
  • 「あ!この文、使える!」が必ず見つかる!
  • 季節や時候の挨拶を考えるのが苦手な先生へ!

スマホですぐに読める電子書籍版Kindle unlimitedで読み放題です!

2024年2月の新刊!
\おたより文例~春編365選/

スマホですぐに読める電子書籍版Kindle unlimitedで読み放題です!

  • 春を感じるおたより文例、た~くさん収録!
  • 「あ!この文、使える!」が必ず見つかる!
  • 季節や時候の挨拶を考えるのが苦手な先生へ!
あつみ

保育園や幼稚園の先生向け!
3月、4月、5月のおたより文例をいっぱい収録しているよ~!

目次(タップで移動)

■保育で使えるフロッタージュ実践の動画

■保育の描画表現技法フロッタージュとは

フロッタージュは、「こすり出し」とも呼ばれており、
デコボコとした凹凸のあるモノの上に紙を置き、その上から鉛筆やクレパスなど、
芯の柔らかいもので、表面を撫でるように擦ることで、物体の凹凸が写しとられる、と言うものです。

あつみ

簡単ですが、立体物であれば、なんだって素材になります♪
これ、どんな模様になるかな?って素材を探すのがめちゃくちゃ楽しいですよ~!

■葉っぱを素材にしたフロッタージュ【実践】

ntjkk

さて、保育現場でよく行われるのが、自然の素材である、葉っぱを利用したものです。
これらを使い、フロッタージュによって表現します。

落ち葉フロッタージュに必要な材料
  • 葉っぱ
    青葉でも十分表現を楽しめますが、
    落ち葉のように乾燥していると、より葉脈がはっきり表現されると思います。
  • 色鉛筆(クレパス/クレヨン/クーピーでもOK)
    様々な色鉛筆を用意しましょう。
    芯の先がとがりすぎているとやりにくいので、
    鉛筆を寝かした際、ひろく面をとれるように、芯を出してあげるとよりGOODです。
    なお、色鉛筆は、色ごとに、鉛筆の芯のやわらかさに違いがあり、
    柔らかいほど、フロッタージュによる表現がしやすいです。
  • コピー用紙
    画用紙だと分厚くて、鉛筆を擦る事での圧力が足りなかったり、
    下地にする凹凸がハッキリしてないと、うまく転写できない場合があります。
    また、それにより力加減が難しくなります。
    普通の紙(コピー用紙等)ですと、微妙な凹凸でもフロッタージュで再現&表現ができる上、
    軽い力で模様が浮き出てきますので、使いやすいと思います

    やりたい事に応じて、どんな紙を使うかは、調整してあげてくださいね。

●落ち葉のフロッタージュのやり方

園庭でも、散歩でも手段はなんでもいいので、
子ども達の好きな葉っぱを集めてきます。

jtnekk, (1)

あとは、コピー用紙を上から重ねて、適度な力でこするだけです。

jtnekk, (3)

ポイントとしては、なるべく葉っぱの裏側を下敷きにする事です。
葉っぱの種類にもよるのですが、
基本的に、葉っぱの裏側のほうが、葉脈が際立っていますので、
フロッタージュをした際、綺麗にクッキリ、表現できます♪

jtnekk, (2)

しっかり押さえておかないと、ズレてしまいますが、細かい事は気にせず、楽しみましょう♪

また、もう一つのポイントとして、
前述しましたが、色鉛筆の色により、芯の柔らかさに違いがあります。
濃い色や、光の原色系の色が、芯が柔らかいです。(赤、青、緑、その他濃い色)
柔らかい事で、軽い力でこすり出しがしやすく、ハッキリ模様も浮き出やすいです。

利用する色を制限をしてあげる…という配慮も、
ストレスなく、楽しむために必要だったりします。

ntjkk

簡単に模様を写しとる事が出来ます。
また、応用ポイントとして、同じ部分に、重ねて塗ってみても、楽しいです。

お散歩などにいくと、子ども達が大切に葉っぱを持って帰ってきます。
個人のお道具箱や、作品入れに、大切にしまっておくのですが、
いつのまにかボロボロになって…子ども達自身も忘れてしまうものですが笑
色鉛筆をつかったフロッタージュですと、ずっと大切に残しておく事ができます。

落ち葉のフロッタージュのポイントまとめ
  • 葉っぱは葉脈がクッキリでる裏側を使おう
  • 色鉛筆は光の三原色+濃い色を使うと簡単で綺麗♪

●こんな素材でフロッタージュすると楽しい!参考素材一覧♪

  • おはじき
  • ラケットのガット
  • コイン
  • レゴブロックなど
  • 床の木目
  • 葉っぱ
  • 木の幹
  • 野菜
  • テーブルクロス

他にも、これでフロッタージュすると楽しい・面白いよ!
…ってアイデアがあったらコメントなどで教えてくださいね!
ガンガン追記していきます!

あつみ

もっと製作アイデアを知りたい先生は…
あつみ先生が書いたアマゾン電子書籍の「保育製作365日」も見てね!
レビュー記事では試し読み版もプレゼントしてるよ!

■フロッタージュがもっと楽しくなる応用方法!

●切り取って、製作に使ってみよう

フロッタージュによって、浮き出た葉っぱの模様を楽しむだけでもいいのですが、
これを切り取り、製作などの素材にするのも面白いです。

Evernote Snapshot 20171219 073122

本物の葉っぱと違い、好きな色でカラフルに笑
また、ボロボロになって劣化もしにくいため、
しばらく飾る製作物、また飾り等にも向いていたりします笑

★フロッタージュで作った素材を使って、表現しよう

フロッタージュをしたあと、切り取った素材を利用して、
動物を表現してみたり、好きなものを表現したり…
また、箱状のものや、立体物に貼り付けても楽しいです。

台紙や画用紙等を用意し、好きなように表現できるようにしてあげましょう。

●立体的な、デコボコ(凹凸)があるものなら、何でも楽しめるフロッタージュ

フロッタージュの一番楽しい所って、
どんな場所、どんなものでも、表現を楽しめてしまう、と言う事です。

Evernote Snapshot 20171216 163955


レゴやコインなど、身の回りのおもちゃをはじめ、
靴のうら、外壁のデコボコなど、凹凸のある身の回りの物であれば、
どんなものでも、こすり出し(フロッタージュ)で写しとることが可能です。

●保育園の外や園庭、散歩の先でもフロッタージュで楽しもう!

保育園の描画表現でフロッタージュ技法で写し取る遊び方は、部屋の中にあるモノだけじゃありません♪
紙と色鉛筆を持って、保育園中、または園庭、お散歩先など…
いろんな面白い素材を、探し回るのも面白いです。

例えば、側溝の網だったり、床の木目模様や、すのこだって素材になります。

Evernote Snapshot 20171216 163955

子ども達の独特な発想から、偶然生まれる表現…
新しい製作&描画アイデアが沸いてくるかもしれません笑

●塗り絵で色を塗る代わりに、フロッタージュで描いてみよう!

塗り絵遊びをするとき、ただ単に色鉛筆やクレヨンで塗るのではなく…
フロッタージュで表現してみるってのはどうでしょうか♪

普通に塗るのと違って、面白い表現が無限大です♪
子ども達の教材用塗り絵は、このブログ内で「塗り絵・挿し絵配布コーナー」でダウンロードできますよ!
興味のある先生は、ご自由に使ってみてくださいませ♪

●フロッタージュを重ねて模様を楽しもう!

フロッタージュって、一度こすり出して終わり…
ではなく、模様の上からさらに模様を写し取ってもOK!
いろんな組み合わせで楽しみましょう♪

■フロッタージュとは?歴史と由来・背景

フロッタージュは、芸術作品を作るモダン技法の一つです。
フランスの芸術家マックス・エルンストが1925年に、この新しい方法を使って、とてもユニークな絵を描きました。

エルンストがどうやってフロッタージュを使ったかというと、床の木の板の上に紙を置き、その上から鉛筆でこすりつけることで、木の板の模様を紙の上に移しました。
この方法で描いた絵は見ている人にとってとても新鮮で、それまでの絵とは違う魅力がありました。

フロッタージュは、絵を描くときに、保育園の子ども達が普段何気なく見ているものに、新たな価値を見つける方法と言えます。たとえば、木の皮の模様や石の表面の感じなど、普通は目立たないようなものが、フロッタージュを使うと、とても面白い形や模様として絵になります。

そして今、このフロッタージュは学校や幼稚園などで、子どもたちが芸術に触れる方法として使われています。子供たちは、フロッタージュを使って、色々なものの感じをそのまま紙に写し、それを使って自分だけの絵を作ることができます。これは、自分のアイデアを形にする楽しさを学び、また、目の前の世界を新しい角度から見ることを教えてくれる方法なのです!

●保育現場におけるフロッタージュの価値

フロッタージュで子ども達の感性も育つよ!
保育におけるフロッタージュの利点
  • 手で触れて素材の「感じ」を直接感じることができる
  • 普段目にしている物をじっくり観察する機会になる
  • 周りの世界に目を向けて、気づくきっかけになる

保育や幼児教育におけるフロッタージュの一番の利点は、手を使っていろんな物の「感じ」を直接感じ取ることができることです。
たとえば、木の皮はどんな感じか、石はどうか、葉っぱはどうか。それぞれがどう違うのか、紙にこすってみるとよくわかるんです。

それから、フロッタージュは自分だけのオリジナルな絵を作るのにも役立ちます。
自分が選んだ物の模様を紙に写して、その上から絵の具を塗ったり、他の物の模様を重ねてみたり。自分だけの特別な絵ができあがります。

そして、フロッタージュは私たちが周りの世界をもっとよく見るきっかけにもなります。いつもなら、ただ通り過ぎてしまうような物でも、フロッタージュをするときには「これはどんな模様になるだろう?」と考えて、新たな面白さを見つけることができます。

このように、フロッタージュは、物の感じを感じ取ったり、自分だけの絵を作ったり、新しい発見をしたりと、子どもたちが色々なことを学べる素晴らしい活動なんです。

■フロッタージュのねらい(4歳児、5歳児~)

色鉛筆を使って、模様が浮き出る事を楽しむ事や、身の回りの何気ないものに興味関心を向ける、気づける…という事が、一番のねらいです。

日常生活の、まわりの様々なものの、凹凸に気づけますし、
そこから偶然生まれる模様を発見できる…というのは、非常に面白いものです。

ただ、色鉛筆で面を塗るのって、けっこうコツが要ります。
鉛筆を倒して、寝かして適度な力でこする(摩擦)のって、難しいものです。

いきなりやろうとすると、時間が掛かったり、
塗るだけで集中力が切れてしまう子がいる…という事もあるかもしれません。

フロッタージュの面白さ、楽しさを感じる前に飽きてしまう…
という可能性を考えると、幼児クラス以上向けの表現技法でもあります。

●フロッタージュで求められる力

フロッタージュで綺麗に模様を表現するには、紙に写し取る際、微妙な力加減が必要になります。
繰り返し取り組んでいく事で、やさしく撫でるようにこすれるようになってきて、どんどん上手になってきますよ♪

遊びながら、集中力や力のコントロールなどを身につけることができるのです。

■フロッタージュの具体的なテーマやアイデアの例

  • 自然の探求: 外に出て、樹皮、葉っぱ、石、松ぼっくりなど、自然の中にある様々な素材を探しましょう。これらは全て素晴らしいフロッタージュの素材となります。
  • 身の回りのもの探し: 室内で行う場合は、家具、硬貨、レゴブロック、鍵など、身の回りにある様々な物を使ってフロッタージュを試してみましょう。
  • 季節の変化: 季節ごとの特徴的な物を集めて、季節の変化を体感するフロッタージュもおすすめです。

●フロッタージュ実践・指導の流れとふりかえりについて

  1. 準備: フロッタージュに使用する材料(クレヨン、鉛筆、色鉛筆など)と紙、そして子どもたちが模様を取るための画材などを準備します。
  2. 説明: フロッタージュの方法を説明し、実際に子ども達の目の前でやってみせます。
  3. 実践: こどもたちが自分で試す時間を設けます。保育者は一人一人のこどもを見て回り、必要に応じて助けます。
  4. 共有: 完成した作品を他の子どもたちとシェアし、お互いの作品を見て楽しむ時間を持ちます。
  5. 振り返り: 子どもたちがフロッタージュを理解し実践・楽しめたのか、また新しいことに挑戦・そのキッカケになったのかなどを見ることが重要です。

● 様々な年齢層や能力に応じた活動の調整

  • 年齢や能力により、フロッタージュで使用する素材や道具を調整することが可能です。
    幼い子どもたちには、手に持ちやすい大きなクレヨンを使うと良いですね!
  • もっと高度なフロッタージュを試したい年長の子どもたちには、複数の素材を一つの作品に組み合わせるという挑戦をさせることも可能です。
  • また、作業のスピードや複雑さを調整することで、子どもたち月齢に応じて対応することができます。

以上のような方法で、フロッタージュの活動を計画し、実践してみてください!
子どもたちが自分の周りの世界を新たな視点から探索する素晴らしい経験になりますよ!

■保育園でフロッタージュを活用するポイント

フロッタージュ(こすり出し)は、とても簡単に楽しめ、面白い技法です。
素材をいろいろ変えていく事で飽きが来ず楽しめる上、応用次第で、製作の材料をはじめ描画の素材としても非常に使いどころが多いです。

最初から使い道を設定して進めるのもいいですが…
まず先生も一緒になって、子ども達と単純に楽しむところから始めてみましょう。

偶然生まれる模様を発見する感動がありますので、大人でも、遊んでいるうちに、アレコレ遊びアイデアが浮かんでくるはずです。

あつみ

もっと製作アイデアを知りたい先生は…
あつみ先生が書いたアマゾン電子書籍の「保育製作365日」も見てね!
レビュー記事では試し読み版もプレゼントしてるよ!

4月の人気記事・特集はこちら!

今の職場/保育園が「ブラックすぎる…」って人へ!

あつみ

あつみ先生が超絶ブラック大規模園→小規模園へ転職した話…気になる方はこの記事で読んでみてね!

あつみ先生のInstagramのご案内

このたび、インスタアカウントを作りました♪
子どもの工作や手作り知育玩具の情報を配信してますので、チェックしてみてくださいね!

\ 今すぐ押してフォロー! /

\おしらせ!/

【今月の期間限定イラスト!】

今月のカラーおたよりイラストはこちら!
ほしい人は下記の記事からダウンロードしてね!

いますぐアクセス

ダウンロードは
ここから!

いますぐアクセス

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(タップで移動)