スタンピングとは、子どもの描画表現の活動の一つです。
保育園には様々な廃材が集まり、手に入りやすいです。

ダンボール、スポンジ紐、ペットボトルキャップなどの身近な廃材を、
材料や素材にして、簡単な手作りスタンプの作り方を紹介します。

知っている物がスタンプになると、子ども達は親しみを持ち、 楽しんで活動に取り組めます。

廃材手作りスタンプアイデア

こんばんは!
男性保育士のあつみです!

スポンサードリンク


乳児から楽しめるスタンピング!
どんなねらいを持って、スタンピングをするのか、
どんなスタンプを用意してあげるのか、考えるのもの、楽しいですよね!

この記事では、身近な廃材を使った、 手作りスタンプの作り方のアイデアを、紹介ていきます。

■ダンボールを丸めるだけの簡単廃材スタンプ

廃材の定番である、ダンボールの切れ端をスタンプにしてみましょう♪
巻き方や折り方を工夫すれば、面白いスタンプが作れます。
簡単に大量生産できるのも、便利なポイントですね。

プチプチなどの梱包材を組みわせても、スタンプのバリエーションが広がりGOODです。

■ひもを使った手作りスタンプの作り方

ひもを使った廃材手作りスタンプを紹介します。

●ひもスタンプの材料

  • ペットボトルキャップ
  • ひも
  • 耐水接着剤(あれば繰り返し使えるスタンプになります)

●ひもスタンプの完成イメージ

こんなスタンプを作ります!
ひもの質感と、ぐるぐるが楽しい模様になります。

IMG_20160202_035235

 

himosuta

●ひもスタンプの作り方

この記事で使うひもは、コレ。

IMG_20160202_033315

まず、紐をくるくると丸めていきます。

IMG_20160202_034403

しっかり固定してあげる必要があるので、 接着剤で止めながら行いましょう。

また、今回はペットボトルキャップを土台にしました。
これを持ち手に使っています。

ひもが、くるくると丸まったら、 ペットボトルを土台にして、貼り付けていきます。

IMG_20160202_034545

接着剤をしっかりつけて、 ひもを綺麗にペットボトルキャップに接します。

次は持ち手をつけましょう。
ペットボトルキャップを二つ重ねて…ビニールテープで止めれば、完成です!

IMG_20160202_034717

実はこのサイズ感、子ども達の手にピッタリです。
ペットボトルキャップを、二つ重ねたものをスタンプの土台にする…
オススメですよ♪

耐水接着剤について

この記事で紹介している作り方では、 裁縫、手芸用の耐水接着剤を利用しています。

これは、布用の接着剤で、くっついてからも、 布の質感を損ねないものです。
せっかくの、ひもという廃材で作るのですから、 質感を表現に生かしたいですよね!
また、耐水性なので、洗う事が出来るのがポイント。

ただし、素材によっては、相性が悪く、くっつかない場合もあります。

片方は対応してても、異種素材の組み合わせを接着しようとすると、くっつかなかったり…
いろんな接着剤を、試してみてくださいね。

■スポンジを使って簡単スタンプ!

スポンジは超簡単でお手軽な素材です。
好きな形にカットするだけで、様々な形が出来ます。

ここで紹介するのは、ちょっと工夫してみます。

●スポンジスタンプの材料

  • スポンジ
  • 輪ゴム
  • ペットボトルキャップ(持ち手になります)

●完成イメージ

IMG_20160202_035731

こんなかんじになります♪
押したときには、かわいいお花みたいになります。

wagosuposuta

たくさん密集して押せば、あじさいの表現にぴったり!

●スポンジスタンプの作り方

完成写真を見たら、 説明するまでもなく、分かると思います笑
まずスポンジを四角くカットして…

IMG_20160202_035717

輪ゴムで十字に止めるだけ!簡単です!

IMG_20160202_035731

ちなみに、乳児さんだと持ちにくいので、
反対側にキャップをはめることで

IMG_20160310_034249

持ち手をつけてあげられます。
カットしたスポンジのサイズによっては、 ペットボトルキャップが最適な持ち手になります♪

●持ち手の重要性について

1歳児クラスなどですと、 持つ部分を明確にしてあげましょう。
持ち手がないと、どこがスタンプ面で、どこに絵具をつけていいのか… 子ども達は分かりません。

あっちこっち、全面に絵具をつけちゃったり、 側面で押したり…なんてのは、予想される姿です。
(それはそれで、面白くて楽しい遊び方・子ども達の自由な発想でいいのですが笑)

でも、しっかり持ち手がついている事で、 余計な混乱をさせずに済みます。
持ち手を付けてあげるということは、結構、重要な事です。

■不要になった滑り止めシートで手作りスタンプ


スポンサードリンク


滑り止めシートのでこぼこ感が、スタンピングにぴったり!
面白い表現になります。

●滑り止めシートのスタンプの材料

  • 滑り止めシート
  • ペットボトルキャップ(好きな材料でOKです)
  • 多用途接着剤(耐水性なら繰り返し使えます)

●完成イメージ

こんな感じになります。

IMG_20160202_041612

土台は、ひもスタンプと同じですね。

suberisuta

でこぼこ模様が面白いですよ!

●滑り止めシートのスタンプの作り方

さて、今回使うのは滑り止めシート。
使用済みで捨てるものでもいいですし…

IMG_20160202_035950

カットして余った切れ端でも十分に使えます。
(というか使いきれない大きさが100均で売ってます笑)

ペットボトルキャップの上面に、接着剤をつけます。
(勿論、ペットボトルキャップでなくてOK。好きな土台で!)

IMG_20160202_040345

このように、作る数に合わせて、接着しましょう。
写真みたいに並べると、すごく楽でしっかりくっつきます。

乾いたらカットします。

IMG_20160202_041202

スタンプ土台の形に合わせて切りましょう。
さらに、まだ持ちにくいため、持ち手を付けます。

IMG_20160202_041612

反対側にペットボトルキャップを重ね、
ビニテで巻いたら完成になります!

●多用途接着剤について

今回の記事では、ペットボトルキャップと、 滑り止めシートでの制作をしました。
最初は普通の接着剤を使い、つけようとしたのですが… 素材の組み合わせで、なかなか安定して貼り付けられませんでした
材料や素材をつける前に、接着剤が対応しているか確認してくださいね。

■ペットボトルキャップの有用性

ペットボトルキャップって、 保育で使う手作りおもちゃに使ったり、 集めておくと本当に便利です。

今回のスタンピングで持ち手部分にオススメする理由は、
何度か子ども達相手にスタンピングをやらせた結果、
ペットボトルキャップは、1~2歳の小さな子でも、 子ども達がすごく持ちやすい大きさだったからです笑

私はよくペットボトル飲料を飲むのですが、 キャップだけは必ずとっておくようになりました。
でも、そんな事をしなくても、保育園で声掛けをして、 保護者に協力してもらえば、一瞬で集まりますね笑

私の園では、秋の作品展前に、 保育園全体で、家庭の廃材を持ってきてもらうよう、 協力してもらっています。
空き箱やら衝撃緩和剤やら木材やら紐やらゼリーカップやら、
トレーやらダンボールやら貝殻やらラップの芯やら… もうとにかく沢山の素材が山のように集まります笑

下記の記事も、手軽に楽しめる製作アイデアです。
是非、読んでみてくださいね。

次の記事→絵具が不要な簡単な「にじみ絵」のやり方紹介!

スポンサーリンク