絵具不要水性ペンでOK
コーヒーフィルターを使ったにじみ絵で、おひなさまの着物を表現した、簡単なひなまつり製作を紹介します♪

IMG_20160203_223612

「にじみ絵って、特別な紙を使うの?」と思うかもしれません。
でも、実は身近にあるコーヒーフィルター最適
水性ペンで描いた絵に、霧吹きをすることで、綺麗ににじんでいく様子に、子ども達は夢中です!

■作り方を動画で見る場合はこちら!

スポンサードリンク

こんばんは!
男性保育士のあつみです!

コーヒーフィルターでひな祭り製作にじみ絵

3月の製作活動と言えば、ひな祭りに関するおひなさまがピッタリですよね!
実際には、3月の初めごろにあるので、活動は2月中に進めていますが笑

この記事では、コーヒーフィルターを使ったにじみ絵をで作れる、ひな祭りのおひなさま製作について紹介します!

関連記事:

●どんなひな祭りのおひなさまが製作できるの?

コーヒーフィルターのにじみを利用した、綺麗な着物を表現できます!

IMG_20160203_223612

やってることは、とても簡単ですね。
にじんでいく様子を、目で見て楽しめればいいですね♪

また、霧吹きを使います。
子ども達にとって、霧吹きってあんまり馴染みのない物なので、実際に使わせてあげてくださいね!
わくわくしながら、霧吹きを使いますよ!

● 制作手順、材料を用意

準備物

  • コーヒーフィルター(白)
    これに水性ペンで書いて、水をしみこませる事で、
    きれいににじんでいきます♪
  • 画用紙
    この記事のサンプルでは、
    お雛様やお内裏様の顔を作りました。
    子どもの状況やクラスに合わせて、
    シール貼りや画材による描画でも可。
  • 金紙
    アクセントで金紙があることで、
    一気に華やかに、豪華になるので準備しておくのをオススメ!
  • その他、デザインに必要なもの
  • 霧吹き
    子ども達の大好きな霧吹きです笑
    実際に使い方を見せて教えると、興味津々で使いたがります。
    是非、やらせてあげてくださいね。

●コーヒーフィルターのおひなさまの製作手順

顔と着物の、二つのパーツを組み合わせて作るため
それぞれを作る必要があります。

コーヒーフィルターで着物を作る

さて、コーヒーフィルターを使い、にじみ絵をしていきます。

IMG_20160202_204457

まず、水性ペン、水性マーカーなどで、自由に書きます。
お花でも動物でも、なんでもいいでしょう(どうせにじみます笑)

水性マーカーで絵を描けたら、霧吹きで水を掛けて乾くまで放置します。

IMG_20160203_222901

霧吹きは、いくつか用意しておいて、保育者が付きながら、実際に子ども達と一緒にやってみましょう!
にじんでいく様子に、みんな夢中になります笑

乾燥するまで時間がかかるので、組み合わせておひなさまにするのは、翌日以降の製作となります。
(もし幼児クラスで、1日で活動を分けられる場合は、続けて製作活動を行ってもOK)

ポイント:水性マーカーの色を意識しよう

ひな祭り製作の、おひなさまやおだいりさまを作る際、気をつけたいのが、着物の色。
実際におひなさまを見て、どんな色の着物を着てるかな?って注目してみるといいですね♪

もちろん、自由に思うように表現してもOKですが、やっぱり実物をみると、子ども達の中でもイメージがわきやすいですよ!

お雛様をイメージできる色
  • ピンク
  • オレンジ
  • 黄色
お内裏様をイメージできる色
  • 黄色
使う色を制限するのも、配慮の一つ。

ある程度、決めた範囲の中から、自由に選べるようにしてあげる、というのも配慮の一つだったりします。
子ども達の作品がもっと良くなるのであれば、先生の思いで…ぜひ考えてあげてくださいね。

顔を作る

さて、着物のほかに、おひなさまやお内裏様の、顔を作る必要があります。
「着物が乾くまでに、お顔を作ろう!」
ってな感じで、進めてあげてください笑

IMG_20160202_211118

この記事のサンプルでは、顔は画用紙で作りました。
4歳児クラスで、3月のこの時期であれば、画用紙を使って、自分で切り、顔を作る事も可能になっています。
是非好きなようにやらせてあげてください。

顔の作り方も、年齢や子どもの状況によって、変えてあげてくださいね。

  • 4歳児クラスの場合
    画用紙を使って、自分で切り、のりで貼って顔を表現する
  • 3歳児クラスの場合
    丸い画用紙を保育者が用意し、顔に見立てて、
    マーカーやクレパスで顔を描く

組み合わせる

乾燥したコーヒーフィルターを、折って糊付けしていきます。
非常に簡単なので、3歳児クラスであれば、やり方を見せれば出来ます。

IMG_20160203_223030

コーヒーフィルターの左右を折ります。
コーヒーフィルターの素材的に、のりでは、くっつきにくいかもしれません。
両面テープが、手軽でしっかり貼れるのでおすすめです。

IMG_20160203_223109

さらに、着物の形を整えるために、着物の下部を裏側へ一度折って貼ります。
(折り方が分かりにくい時は、動画を参考にしてみてね)
これでなんちゃって着物の完成
コーヒーフィルターの形を利用して、超簡単に襟が表現できますね笑

そして顔とくっつけると…

IMG_20160203_223612

こんなかんじになります!
並ぶととっても可愛いですね!

さらに、金紙でつくった飾りなんかとつけると、いいアクセントになります。
これで、ひな祭りのお雛様の完成です!

■作り方を動画で見る場合はこちら!


スポンサードリンク


●コーヒーフィルターをつかったひな祭り製作の特徴

なんといっても簡単ににじみ絵が出来て、それが着物の表現にピッタリです。
また、霧吹きという道具に触れられるのがいいですね~
ただ、デメリットとしては、乾燥を待つ必要があるため、一日では終わらない事

3歳児クラス以上になりますと、導入次第で昨日の続き!って気持ちも入って、製作活動進める事もできるでしょう。
ただ、乳児クラス(2歳児クラス)だと、一日寝て起きると、盛り上げたひな祭りの気持ちが抜けちゃうかも。
工夫して、モチベーション高く取り組めるようにしてあげたいですね♪

●年齢別コーヒーフィルターのひな祭り製作のポイント

下記より、クラスごとの製作ポイントについてお伝えしていきますね!

2歳児クラスで製作を行う場合

一日で終わる工夫をしてあげましょう!
また、2つのパーツを作るって、なかなか大変なことです。

まず、顔から作っていくほうがいいです。
顔は、台紙を用意し、シール貼りなどで表現してもいいですし、顔の部位認識して、描ける子ならクレパスで描画もOKです。
なるべくサクっと済ませられるように!

次に、にじみ絵による着物を作ります。
ここで初めて、滲んでいく様子を見せたほうがいいですね
顔を作る前に、フィルターがにじむ様子をみせちゃうと、そっちが気になり顔づくりに集中できない子がいます笑

前述した通り、活動が分割されると気持ちが入らない子もいるので、
子どもと一緒に霧吹きをして、にじみ絵を楽しんだら、あとは保育者が組み合わせて完成させてあげてもOKです。

3歳児のクラスで製作を行う場合

3歳児クラスですと、顔を作るときには、目や鼻などの部位を意識して、ちゃんと描画で表現できます。

着物部分となるにじみ絵は、子どもと一緒に霧吹きを楽しんでください。
乾燥してからは、ちょっとした折り紙要素もあるので、折り方を教えてあげてくださいね。
3歳児クラスなら自分でできます!

4歳児以上のクラスで製作を行う場合

着物部分は、やる事はどの年齢も一緒なので、純粋に霧吹きとにじみ絵を楽しみましょう♪
顔の表現・作り方については、子どもの様子やクラスに合わせて、表現方法を考えてあげてくださいね。

4歳児以上であれば、自分で細かく画用紙を切りのりで貼りつけ、顔を表現できます。

次の記事→紙コップとお花紙で着物を表現!乳児さんも作りやすいおひなさま

関連記事:

トイレットペーパーの芯と千代紙で簡単、ひな祭り製作!

スポンサーリンク



先生1

このまま、この園で何のキャリアアップもなく低賃金やりがい搾取され続けるのかな…


先生2

毎日9時まで残業持ち帰り3時間睡眠がつらい…
せめて、ちゃんと寝て人間らしい生活を送りたい…


※一都三県の先生限定~!
東京・神奈川・埼玉・千葉の保育士転職なら【マイナビ保育】
(上記は公式サイトですー)
▼詳しく見てみる(ココを押すと開くよ)

東京千葉神奈川埼玉にお住まいの先生は、この地域に特化した最大手の保育士版マイナビが使えます♪
マイナビ保育士地域特化してるだけあって、関東圏での保育士の求人情報はケタ違いです。

よって、この地域での転職活動の選択肢は、マイナビ保育士に登録してるかしてないかで完全な格差が生まれている現状があります。

今日があなたの一番若い日!
今動かなければ明日は今日の繰り返しです。

もっと転職方法を知りたい先生一都三県以外に住んでいる先生はこちらの記事へ♪
【全国版】定時で帰れる保育園の見つけ方



■【5月の関連記事】ピックアップ♪ 



●【保育情報】新着記事&動画UP♪(05/05)

■梅雨の製作にピッタリアイデア動画♪


あつみ先生のYOUTUBEチャンネルもよろしくお願いしました~!
動画もぼちぼち、週1ペースくらいでアップしておりますので覗いてみてくださいね~!