1歳児、2歳児の乳児クラスの制作活動に最適!
棚の上などに飾れる、かわいいだるまの飾りを紹介します!
紙皿と画用紙で出来るので、手軽に出来ます。
また、指でつつくと、本当のだるまのように、ゆらゆら揺れるので、
自分で作るおもちゃとしても、楽しい作品です!

簡単だるま飾りの製作、1歳児~2歳児向け
こんばんは!
男性保育士のあつみです!

この記事では、お正月などの制作活動にぴったり!
簡単にできるだるまの飾りを紹介します。

スポンサードリンク


また、ゆらゆらと、揺れるため、簡単なおもちゃとしても、
遊べちゃいます笑
たくさんならべると、とってもかわいいですよ!

 

 

 

●紙皿と画用紙で、揺れるだるまの飾りが作れる!

これは、紙皿をうまく利用することで、
飾りとして自立し、さらにゆらゆらと揺れる事で、
手作りおもちゃにもなります。

 

製作手順そのものは、特に複雑ではなく、
土台や型紙だけ用意してあげれば、めちゃめちゃ簡単なのです。

 

●だるまの飾り制作手順、材料を用意

準備物

  • 画用紙<赤>
  • 画用紙<肌色>
  • 金紙(金色の折り紙でも可)
  • 紙皿

以上になります!
色は、目的があるなら適当に変更してもOKですよ!

 

だるまの土台を作る

土台の完成イメージ
IMG_20160106_090219

こんなカンジを目指します。
説明するまでもなく、簡単ですね♪

一応流れを写真付きで説明!

 

だるまの体(赤)を切る

今回、紙皿を使います。
紙皿の大きさよりも、
一回り大きな丸を切りましょう。

IMG_20160106_085232

紙皿は、大きすぎないものがちょうどいいですよ。

 

IMG_20160106_085357

だるまの顔(肌色)を切る

こんなかんじで、楕円です!

IMG_20160106_085655

ここに顔を描きこむことになります。
胴体とのバランスを考えてくださいね!

 

 

 

だるまの模様を作る

金紙(金色の折り紙など)を小さく切ります。

IMG_20160106_085918

これは、だるまのお腹の部分に貼りつける装飾になります。
写真のような形でなくとも、いいですね!
この部分は、ハサミの一回切りに挑戦してもOKですね♪

 

切った材料を組み合わせる

ここまでに準備した材料を、糊付けします!

IMG_20160106_090219

保育者が土台を作ってもいいですし、
のりづけまでを、子ども達の活動にしてもいいですね。

紙皿を半分に折る

紙皿を写真のように、半分に折ります。

IMG_20160106_090406

これが、ゆらゆらとゆれるギミックです!
この紙皿に、先ほど作っただるまを貼りつければ…

 

IMG_20160106_090658

こうなります!

完成して、飾るとこんな感じに。

IMG_20160106_090749

たくさん並ぶと、とってもかわいいですよ!

 

●だるまの飾り 製作の進め方

この活動で行っていることは、非常に簡単です。
活動として取り入れるとしたら、個人的に3歳児までのレベルかな?と思います。
もちろん、手軽に取り入れるなら、何歳でもOkですけどね♪

  • はさみで切る
  • のりで貼る
  • 顔を描く(福笑いでシール貼りでも可)
  • 紙皿を折る

というものなので、年齢によっては、
全て子どもだけでやろうと思えばできちゃいますね。

だるま飾りの製作活動を、行うクラスによって、
どの工程を子ども達にやらせるのか、考えて準備を行いましょう。
詳しくは年齢別の進め方で後述します。

ただ、年中、年長になってくると、簡単すぎ~!!とクレームが来ることも笑

 

●この活動の導入にピッタリ!な絵本

だるまさんがシリーズです!

絶対に子どもが大好きなシリーズ笑
繰り返しが楽しい絵本です。
左右に揺らしながら、読み聞かせるのがコツですね♪

子ども達も、体を揺らしながら、楽しんでいます!

 

 

●子どもの制作活動として行う場合

 

1歳児クラスで制作を行う場合

一歳児クラスでだるま飾りの製作を行う場合は、顔の部分のデザインを行います。

IMG_20160106_090219

この状態まで、土台を完成させてあげます。
そして、クレパスやシール(福笑いのような感じ)で、
思うように表現させてあげてください♪
お腹の金の飾りは、のりを使って子ども達に貼らせてもOKですよ。

紙皿に貼りつける工程は、保育者が行います。

 

2歳児クラスで制作を行う場合

2歳児でだるま飾りの制作をするときは、
顔部分(肌色画用紙)と、体部分(赤画用紙)を切って準備しておき、
自分で顔を、のりで貼らせましょう!
のりをベタベタにしすぎちゃうと、
クレパスで顔を描きにくくなるので注意!

いろいろズレてるほうが、個性があって、
その子の作品!ってカンジでかわいいです笑

お腹の、金の装飾(金紙や折り紙)部分は、
ハサミで一回切りに挑戦してみましょう!
ここも、個性が発揮されるポイントですよ♪

目や口、ひげといった顔のデザイン、表現は、
クレパスなどの画材を使うといいですね。
シール貼りはするまでもないかも。
思った通り描画させてあげるほうが、楽しい。

紙皿に貼りつける工程は、1歳児と同様、保育者が行ってください。

 

3歳児のクラスで制作を行う場合

赤色の胴体だけ切ってあげて、
あとは全部子ども達にやらせてあげましょう笑
簡単なんで、きっと余裕です笑

赤の画用紙も切らせていいんですけど、
たくさん並べた時の、かわいさというか、統一感が、
わたしは欲しいと思いました!

胴体まで3歳児に切らせると、丸く切る事が難しいので、
サイズがちがう、あまりにもいびつなだるまが並ぶことになります笑

それでもいいんですけど、
今回のコンセプトである、ゆらゆら揺れることが楽しいこの製作では、
まあるい体は、統一されてたほうがいいかな~と思っちゃいました。

でも、それは各々、保育者の思い!なので、
こうでなくてはいけない!という決まりはないです。
先生の思うようにやっちゃってください♪

 

 

4歳児以上のクラスで制作を行う場合

なんか別のことしましょう笑

簡単すぎて子ども達からクレームきます笑

 

 

●だるまの飾り制作の備考、コツなど

だるま本体(赤画用紙)の丸が大きすぎると、
紙皿に貼った時に、紙皿のふちが、飛び出してしまいます。
必ず少し大きめの丸にしてくださいね、

スポンサードリンク

■当サイトのご案内


■まだブラック保育園で消耗してるの?

■保育士の非公開求人を集めたサイトを紹介

■全ての製作アイデアの目次はこちら

■もっと絵本を知りたい先生へ。絵本特集はこちら

■無料のおたより用イラスト素材配布中!

■保育雑誌PriPriがスマホで読み放題になる方法

■メルマガ【あつみ先生の連絡帳】ご案内

■LINE友達登録【あつみ先生の連絡網】







にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ