【心の安全基地】とは子ども(赤ちゃん)が、周りの環境に関わっていくための原動力。
子どもの環境との関わりには【愛着対象】という、信頼を寄せた大人である、安全基地が必要です!

こんばんは!
男性保育士のあつみです!

愛着形成、安全基地という環境

この記事では、 人的環境である、保育者や養育者が環境として、
また、子ども達の周りの環境に対して、 何を意識して関わっていけばいいのかを記録していきます!

スポンサードリンク


自分自身も環境である、と言う事を自覚し、 子どもと関わる事大切にして接していきたいですね。




■安全基地に必要な愛着対象(アタッチメント)とは

子どもが、自分から周りの環境に関わり、 探索行動を思い切りするために…
また、それにより自発性・自主性を持つために大切なのは、なんでしょうか?

その答えは【心の安全基地】があるという事です。

安心して帰ってくる場所があり、 困ったら助けてくれる、信頼できる大人がいる。

これが、今後の主体性などを養っていく柱となります。

●物的環境だけでは成り立たない

子どもが、周囲の環境に関わる時、 そこに、関わる対象物が、ただあればいい…という話ではないですね。

子どもが周りの環境に興味を持って関わろうとするときには、
それをサポートする、人との関わりがまた、あるのです。

子どもは、成長すると…

  • 寝返りが出来、
  • ずりばいで移動できるようになり、
  • ハイハイが出来、
  • つかまり立ちが出来るようになり…

どんどんと、活動範囲を広げていきます。
1歳前後で、歩行を得た子どもは、母親から離れ、自分の好きな世界を、好きなように探索します。

その中で、興味のあるもの、周りの環境に、自分から関わるようになります。
幼い子どもにとって、それは未知との出会いで、好奇心を刺激されます。

しかし、それだけで、子どもの探索活動が、出来るわけではありません。
新しいものを探索するという事は、未知・不安・恐怖があります。

子どもが周りの環境に関わっていくためには…

「それを”見守る大人の存在”が必ず必要」

になってきます。

この存在が、子どもにとっての安全基地となり、安心して冒険に行けるのです。

●子どもを見守る大人の存在とは?

その大人とは、子どもにとって信頼できる「愛着対象」である必要があります。

この愛着対象として、子どもの場合は…

  • 母親や父親
  • 保育者

などがあげられます。
上記の対象との間に形成された情緒的な絆の事を、アタッチメントと呼びます。
(詳しくはこちらの記事で→育児においてのアタッチメントとは

子どもが探索行動をするためには、愛着対象である養育者の存在が必要です。
この大人の存在が、子どもにとっての安全基地になります。

子どもが自発的に動き、自分にとって未知のものに関わり、

  • もし何かがあっても、養育者が守ってくれるという感覚。
  • もし、失敗しても、養育者が助けてくれるという感覚。

これがあってこそ、
子どもは、自発的に周りの環境に、積極的に関わっていけるのです。

●失敗も不安も、全て受け止めてくれる「心の安全基地」

子どもの様子をよく見ていると感じると思いますが、
一人で遊びながらも、チラチラ何度もお母さんの方を向いて、居るのか確認したり、
遊び疲れてお母さんの所に戻ってきて休憩して、また遊びだしたり…

ワクワクドキドキと、不安と恐怖が存在する未知の世界だけど、何かあっても必ず守ってくれて助けてくれる。
だから、何度でも好奇心を発揮して、伸ばしていけます。

この探索・冒険を繰り返す事によって、少しずつ自立していきます。

逆に、愛着対象という、信頼できる大人が居ない子どもは、
周りとの関わりに恐怖をもち、消極的になるかもしれませんね。

これが、今後の人格形成に、大きく影響していきます。
人格形成というか、土台の、根っこになる部分に強く関わります。

●赤ちゃんも大人の表情を見て判断する


スポンサードリンク


赤ちゃんは、愛着対象である養育者の、表情やしぐさなどを、幼いながらに読み取っています
大人の表情を見る事で、その物事の意味を、判断するようになります。

  • おもちゃで遊んでいる時の、 大人が優しく見守るような表情…
  • 何か悪い事をしてしまい、 大人が怒ったような表情…

それらで、物事の意味・良し悪しを、確かめているのです。
この事を、社会的参照といいます。

●社会的参照

社会的参照とは、生後8か月頃から見られるものです。

例えば、子どもが、新しいもの、見知らぬものに出会った時に、
それがどんなものであるのかを知るために、 周りの大人の表情を見ることがあります。

その表情を見て、

  • それは安全なものか?いいものか?
  • それは危険なものなのか?ダメなものなのか?

などを判断します。

これは「顔色をうかがう」というものでもありますが、
この行為が出来るという事は、

「自分以外の他の人も、自分と同じものを見ている」

という認識が出来ているという事なので、 子どもの発達において、とても重要なポイントですね。

このため、保育者や、愛着対象である養育者の表情やしぐさは、
子どもが”もの”と関わるときの、重要なファクターになります。

そのものが、何であるかを理解するための、
”子ども””もの”の、橋渡しの役割があるのです。

■成長すると、愛着対象(アタッチメントの相手)は必要なくなるのか?

こういった話をすると、大人へと成長していくにつれ、愛着対象は必要ないんじゃないか?
…と思うかもしれませんが、実はアタッチメントの対象って、パパやママだけではありません。

友達や学校の先生、恋人など、安全基地となりうる対象は、どんどん移ろいで行きます。
逆に考えると、幼いころに愛着対象を見つけられず育った人であっても、他者との絆を築く事が出来るという事です。

ただ、成長するにつれ、アタッチメントの関係は、相互的なものになってきます。
赤ちゃんがママから無条件で受けるアタッチメントとは違い、お互いを思いやる気持ちが大切なんですね。

親とは質の違った「信頼関係」が築かれていきます。

■「先生みてて!」に込められた意味【信頼できる大人が安全基地】

子ども達と一緒に遊び、関わる中で、
毎日のように掛けられる言葉は…

  • 「先生みててな!」
  • 「先生みてーや!」

等ですよね。

鉄棒や遊具の近くに行くと、 見ててコールがもれなく始まります笑

これは、保育者に対してこの声がかけられる時は、

  • 承認欲求
  • 褒めてほしい
  • 共感したい

などの意味が込められていることが多いです。

このことは、子どもが自分から、周囲の環境に主体的に関わり、
周りの人の目を意識して、 それに支えられていることで、より意欲的に取り組めるからです。

また、一緒にやってみるのもいいですね。

あつみ先生あつみ先生

「面白そう~!
先生も一緒にしていい?」

と声をかけ、遊びの面白さを共感したり…

あつみ先生あつみ先生

「おー!
○○ちゃん、そんな事出来るの!?
すごいな~、
やり方おしえて!」

と声を掛ければ、僕ってすごい、認めてもらえた!
という感覚が強く残るでしょう。

●物的環境×人的環境の相互作用

「先生みててや!」のやり取りの、その様子を見た周りの子ども達も一緒に遊びたくなったり、 仲間が増えていく…と言ったような連鎖が起こります。

子ども達の周りにある、友達や、保育者といった存在は、 環境との関わり方を広げていく要因になるのです。
人的環境も、物的環境も、作用しあっているのです。

●環境への関わりを支える保育者

子どもが積極的に、周りの環境に関わっていくということは、
それすなわち、信頼できる人の存在があってこそなのです。

愛着を寄せ、信頼できる存在を心の拠り所として、 探索活動が積極的にできるようになります。

そこから得た楽しさ、学び、面白さを、 他の子ども達である友達や、保育者に伝えていく。
その気持ちを、保育者や養育者は受け止めて、 さらに広げていくために、援助していく事。

そうやって展開していくと、子どもの主体性・自主性は、のびのびと育っていくのです。

スポンサーリンク

■他にもこんな記事が読まれています♪

■【10月保育の関連記事】ピックアップ

●【保育情報】新着記事&動画UP♪(09/19)

■ハロウィンのお菓子バッグの製作アイデア♪

あつみ先生のYOUTUBEチャンネルはコチラ♪
【あつみ先生の放送室】

あつみ先生の保育日誌、ブログ記事は毎週土曜に更新中でございます♪
動画もぼちぼち、週1ペースくらいでアップしておりますので、合わせて覗いてみてくださいね~!

 

あつみ先生あつみ先生

現在、当ブログで特に人気なのは、下記のジャンルになります。

どうぞ、ご覧くださいね♪

あこあこ

下記より、関連記事や人気記事、新着記事などの案内をはじめ、

  • YOUTUBE動画チャンネル「あつみ先生の放送室」
  • 毎日少しずつ読むだけで保育技術が身につく、
    新人の先生向けメルマガ「あつみ先生の連絡帳」
  • 冷やかし、スタンプ連打、クレーム、愚痴オッケーな連絡手段、
    あつみ先生の直通LINE「あつみ先生の連絡網」

などなど、いろんなコンテンツの案内もございます。
ぜひ、最後まで目を通してみてくださいね。