大人気絵本シリーズ「あらしのよるに」の第三作目の、
「くものきれまに」の読み聞かせ動画と、
あらすじや読み聞かせポイントなどを紹介します。
オオカミとヤギの友情の前途の多難を感じる内容になってます。

こんばんは!
男性保育士のあつみです。

絵本読み聞かせ動画「くものきれまに」

この記事は、おすすめの絵本と、読み聞かせ動がを紹介していきますね。

スポンサードリンク


今月の絵本に迷っている先生、
読んだ事ないけど、あらすじが知りたい先生や、
保育に使っていこうと考えている先生のために、
いろんな絵本を紹介していこうと思います!

この記事では、絵本「くものきれまに」の読み聞かせ動画と、
あらすじを紹介しますね。

 

 

●「くものきれまに」絵本読み聞かせ動画

この話は、あらしのよるにの、3作目になります。
オオカミとヤギの友情の話ですが、
ここから、雲行きが怪しくなってきます。
種族を超えた友情、一筋縄ではいきませんね。

これから、立ちはだかる困難を予感させる内容です。

●くものきれまに絵本データ

  • タイトル:
    くものきれまに
  •  作者
    作:木村祐一
    絵:あべ弘士
  • 発行:
    1997年
    対象年齢(主観です笑)
    4歳(年中)
    5歳(年長)
  • 読み聞かせにかかる時間
    20分

 

●あらしのよるにシリーズ

シリーズ全てで7部になっており、
「くものきれまに」 は3作目にあたります。

とても長いお話ですので、一気に読むのは大人でもつらいです。

最低でも年中から、年長だとちょうどよく、
毎月に一冊ペースで読未聞かせができると思います。

あらしのよるにシリーズの結末まで読み進める頃には、
子ども達はきっと、大好きになっているはずです。
発表会のテーマに使ってもOKです。

 

●シリーズメディア展開

映画:2005年

ゲーム:2005年

ドラマCD:2006年

むちゃくちゃ素晴らしいと評判のドラマCD!
子どもよりも大人が泣ける内容です。

テレビアニメ:2012年

 
歌舞伎:2015年

中村獅童さんが演じた歌舞伎バージョンもあります!

 

●”くものきれまに”あらすじ


スポンサードリンク


あらしのよるにであったヤギとオオカミの二匹は、秘密の友達。
一緒にピクニックにも行った仲です。

そして、再び会う約束をし、会いに行こうとしますが…
一人で出かけるヤギに、仲間たちは不信感を感じます。
オオカミにきをつけろ…と。

しかし、ヤギが出かける理由は、そのオオカミと出会うため。

なんとか抜け出し、ヤギはオオカミと出会う。
二人は、とても気の合う友達。

ここでようやく、お互いの名前を教えあう。
ヤギのメイ、オオカミのガブ。
二人はもっと仲良しになりました。

しかし、メイを心配した仲間のヤギであるタプは、あとをつけてきます。
メイとガブは、お互いが秘密で会っている事を、必死で隠そうと、立ち回りますが…

仲間のヤギであるタプの言葉を、カブは聞いてしまいます。

あの恐ろしい顔が大嫌い。
目はつり上がってて、口は下品で、鼻は不細工で、
同じ動物とは、思えない。

その言葉に、怒りを感じるガブ。

間一髪、正体がばれてしまいそうになるところを、
メイが助けます。

ガブはすっかり落ち込んでしまいますが、
メイは、そんなガブを、受け入れます。

これからも、ずっと友達で、ずっと一緒に居ようという事を、約束するのです。

そして、また会う約束をして、別れるメイとガブ。
くものきれまから、照らす夕日の中を、何度も振り返りながら、帰っていくのでした。

しかし、その姿を、仲間のヤギに見られてしまうのでした。

これから、どうなってしまうのでしょうか。

 

 

●「くものきれまに」の読み聞かせの注意点

「くものきれまに」は、あらしのよるの続編です。
ただ、例に違わず、相変わらず、長い話笑

子ども達がの集中力がある、午前中に、
出来れば活動の前の時間に読み聞かせてあげてくださいね。

隠し事をしながら、合わなければならないメイや
ガブがひどいことを言われる場面など、
特徴的なシーンが多く登場します。

子ども達に、どんな事を考えたり、感じて考えてほしいか?と考えながら、気持ちを込めて読んであげてください。
きっと子ども達も、感じること、考えることがたくさんあるはずです。

私は、何があっても友達を信じるって気持ちを伝えたくて読んでいます。

 

長いですが、全体で2回は読みました笑

 

また、これは私が実際にしていることですが、紹介しますね。

子ども達に読んでほしい、考えてほしい、と思うような、
印象付けたい絵本は、自由時間の、好きなときに手に取れるようにしています。

具体的には、黒板の前に、その月の絵本専用の本立てを作って、そこに置いておきます。
すると、知りたい子ども達は勝手に読んでますからね笑

スポンサードリンク

■当サイトのご案内


■まだブラック保育園で消耗してるの?

■保育士の非公開求人を集めたサイトを紹介

■全ての製作アイデアの目次はこちら

■もっと絵本を知りたい先生へ。絵本特集はこちら

■無料のおたより用イラスト素材配布中!

■保育雑誌PriPriがスマホで読み放題になる方法

■メルマガ【あつみ先生の連絡帳】ご案内

■LINE友達登録【あつみ先生の連絡網】







にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ