地域限定保育士何が違うの?

2015年、地域限定保育士という制度が導入されました。

こんばんは!
男性保育士のあつみです!


もっと保育の質を向上したい先生へ
保育専門誌を無料で読む方法を見る


スポンサードリンク

この記事では、普通の保育士と、地域限定保育士の違いについてを記録していきます。

■地域限定保育士と普通の保育士の違いは?

あつみ先生あつみ先生

記事の前に…ご案内~!
このブログの画像/記事は全て「Pinterest」に保存できます♪
気に入った画像があればピン(保存)してね!
画像タップorカーソルをのせる保存

●地域限定保育士とは

全国的な保育士の人材不足を補うための政策で、厚生労働省で、
平成27年から、「国家戦略特別区域法及び構造改革特別区域法の一部を改正する法律」により、地域限定保育士というシステムが施行されました。
地域限定で、規制を外し、雇用を増やそうという政策です。

 

●正規の保育士資格との違いは?

保育士として働ける場所が限定されているということ以外に違いはありません。
地域限定保育試験が初めて施行された平成27年では、

  • 神奈川
  • 大阪
  • 沖縄
  • 千葉県成田市

で、試験が開催されます。

そして、試験を受けた自治体のみで、働くことが出来ます。
つまり、最初からその地域で働きたいという人にとっては、正規の資格と同等ですね。
また、その地域であれば、普通の保育士との待遇に違いはありません。

 

●その地域に住んでる人しか受験できないの?

いいえ!
全国どこに住んでいても、受験が出来ます。

 

 

●3年間経てば正規保育士と同等になれる

地域限定保育士として登録した後、3年間経てば、
全国で保育士として働くことが出来るようになります。

 

●3年働かなくては全国で働けないの?

いいえ。
地域限定保育士として登録して、
一回も働くなくとも、3年たてば、全国で働けます。

また、地域限定保育士であっても、翌年の保育士資格試験を受けることが出来ます。
この試験に受かれば、正規の保育士資格が取得できるので、
これに受かれば、3年たたずとも、別の自治体で働くことが出来ます。

でも…最短で全国ので働ける保育士資格を取得したいなら、
その方法はこちらの記事でまとめてあります。

詳しくは下記リンクで。

→■地域限定保育士試験を利用して最短で保育士資格を取得する

 

 

●試験は、保育士資格試験とは別にある

通常の保育士資格試験(年一回開催)とは別に、
地域限定保育士試験が開催されます。
また、試験問題の難しさや、教科には違いはありません。

しかし、地域限定保育士に限って、受験科目に選択肢が増えます。具体的には、今まで必須であった実技試験か、実習による試験か、どちらかを選択することになります。

もとよりその地域で保育士として働きたかった人には、
単純に受験回数が2回になると言ってもいいです。

詳しくは下記リンクで。

→■地域限定保育士の試験内容と、免除される実技について

 

●願わくば保育士さんが増えることを

このシステム導入で、保育士さん増えてくれればいいのですが。
制度がしっかり整ったら、また追記、記事を増やしていこうと思いますね。

スポンサーリンク
\転職でお悩みの先生向け/


全国47都道府県対応
保育ひろば(公式サイト)

一都三県特化の最大手
マイナビ保育士(公式サイト)


残業なし定時で帰れる保育園を見つけた方法【体験談】

▼詳しく見る(ココを押すと開くよ)

マイナビ保育士東京千葉神奈川埼玉地域に特化した最大手の保育士転職サイトです♪
関東圏での保育士求人情報は他のサービスに比べてケタ違いなので、この地域での転職活動の選択肢は、マイナビ保育士に登録してるかしてないかで完全な格差が生まれている現状があります。

保育ひろばは、このブログの読者で、一番利用されている転職サイトです。
47都道府県、全国の保育園対応で、非公開の求人なども持っており、サイトに載ってない案件も紹介してくれます。
履歴書添削や面接対策なども相談できます。

今日があなたの一番若い日!
今動かなければ明日は今日の繰り返しです。
もっと転職方法を知りたい先生は下記の記事へ♪

あつみ先生が残業のない定時で帰れる保育園を見つける方法