手作りゼンマイおもちゃ

手を離すと、勝手に進んで動く手作りおもちゃの作り方を紹介します。
手作りのゼンマイエンジンで、おもちゃを作ってみましょう。

スポンサードリンク


こんばんは!
男性保育士のあつみです。

この記事では、手さげホルダーと、輪ゴムを使ったゼンマイエンジンの作り方と、
手作りおもちゃアイデアを紹介します。

■手提げホルダーでゼンマイバネ(ゼンマイエンジン)を作ろう

Evernote Snapshot 20181103 134631

絨毯やカーペット、クッションマットなど、摩擦の大きい地面なら、チョロQの要領で、ゼンマイを巻く事ができます

今回、手さげホルダーの形状を利用して、虫をイメージした動くおもちゃを作ってみました。
子ども達の好きなようにデザインできるのが面白いですよ♪

■手作りゼンマイエンジンで動く虫の玩具のつくりかた

必要な材料は廃材のみになります♪
家庭に協力をお願いして、日ごろから材料を集めておくと、結構集まりますよ!

●材料

  • 手さげホルダー
  • 輪ゴム
  • ペットボトルキャップ×2
    (大きいビー玉でもOK)
  • 厚紙

●作り方

Evernote Snapshot 20181103 134631

厚紙やボール紙など、頑丈な紙に絵を描いていきましょう。
これが、本体(土台)となります。

今回は、クワガタムシのモチーフで、動く虫を作ってみました。
にた形状の虫としては、タガメや、サソリなどでも作る事が出来ますよ。

Evernote Snapshot 20181103 134631

色を塗れば本体の準備はOK。
手さげホルダーを含めたデザインになる事を、想定しておければいいですね。

次は、手作りゼンマイエンジン(コロコロ)を作っていきましょう。

Evernote Snapshot 20181103 134631

上記は、手さげホルダーと、ペットボトルキャップを二つ繋げて、ビニールテープで留めたものです。

Evernote Snapshot 20181103 134631

これを、輪ゴムとセロテープ等を使い、組み合わせる事で、簡易的なゼンマイエンジンが出来ます。

今回、ペットボトルキャップを利用しましたが、大きいビー玉等、丸いものでも応用できます。

用意できるならいいのですが、今回のようにペットボトルキャプであれば、
無料で大量に用意できますので、前述したように、日ごろから廃材を集めておきましょう♪

絨毯やクッションマットなど、摩擦の大きい床なら、
チョロQのように床に押し付けて引っ張ることで、巻く事が可能です。
(フローリングや木の床などでは、難しかったです)

勿論、手動で輪ゴムを巻き取る事も出来るので、その場合には場所は選びません。

輪ゴムを巻けば、手を離すと地面を勝手に進んで動きます!

●好きなイメージで動く手作りオモチャを作ってみよう

今回は虫というアイデアで作りましたが、このゼンマイエンジン、アイデア次第で動くおもちゃに応用できます♪

貼りつける絵を変えれば、いくらでも作品を変えられます。

なので、あまり最初から、作るイメージを固定せずに…
子ども達に話を振れば、いろんなアイデアが出てくると思います笑

特に、乗り物系はいろんなアイデアが出ると思いますので、
手作りゼンマイエンジンを活用してみてくださいね。

スポンサードリンク

■当サイトのご案内


■まだブラック保育園で消耗してるの?

■保育士の非公開求人を集めたサイトを紹介

■全ての製作アイデアの目次はこちら

■もっと絵本を知りたい先生へ。絵本特集はこちら

■無料のおたより用イラスト素材配布中!

■保育雑誌PriPriがスマホで読み放題になる方法

■メルマガ【あつみ先生の連絡帳】ご案内

■LINE友達登録【あつみ先生の連絡網】







にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ