保育園や幼稚園での雨降り散歩、雨の日散歩の注意点と配慮、ねらいについて、楽しみ方も紹介

保育園で、雨の日の散歩や園庭の散策に行く時の、ねらいや配慮、注意点は?
また、どんな準備、持ち物を用意すればいいのか?
雨の日散歩を楽しむためのポイントと配慮などを、解説しています。

スポンサードリンク


こんばんは!
男性保育士のあつみです。

梅雨の時期は雨が続き、園庭で遊べず、散歩に行けない…
遊戯室やホールも他のクラスが使っているし、
保育室の中での活動が多くなってしまう…

というような状況が多い6月ですが、
発想を変えて、雨を楽しんでしまう方法を考えましょう!

涼しいあつみ先生

しとしと、パラパラ、ポツポツの小雨であれば、
雨の中のお散歩、雨の中の園庭散策というもの、
普段と違った雰囲気が、楽しいものです♪

 

■子どもと楽しむ雨の日散歩の魅力

ELL79_ameninurerututa_TP_V

大人にとっては、憂鬱な雨かもしれませんが、
子どもにとっては、雨だって興味の対象のひとつ。

窓を流れる雨水、ポタポタと水がバケツにたまり、
水が跳ね返る様子など、ずっと観察している子どももいます。

また、普段と違う、園庭や町の風景、
雨ならではの生き物、かたつむりやかえる…
また雨に濡れる草花など、それらに触れて、関わってみたり、
雨の日の独特の匂いなど…
それらすべてが、子ども達にとって刺激的なものになります。

●雨降り散歩の楽しみ方

PP_ameninuretatesurui_TP_V

雨の日は、いつもと違った風景、雰囲気があります。
子ども達が自分で発見していく事が多いですが、
保育者も、普段との違いに、子ども達が気づけるような、
関わり、声かけをしてみましょう♪

★雨が降った時に土の匂い、木の匂い

PPO_ameninuretaburanko_TP_V

雨の日の匂いって、
地面が濡れた時の匂いだったり、
木や植物がぬれた時の匂いです。

何の匂いかな?
なんでこんなにおいがするのかな?
子ども達と話したり、考えたりするのも面白いです。

★水たまり

PAK160428550I9A3602_TP_V

何故か、水たまりが大好きな子ども達。
飛び込んでみたくなるものです。
水しぶきが飛ぶ様子も、また楽しいです。

その反面、水がかかって、嫌がる子も居て…

  • 「水って勢いよく飛び込むと跳ねるんだ」
  • 「水が近くの友達にかかっちゃうんだ」

と言う事も体験して学んでいきます。

★カッパや長靴をつければ、雨でもへっちゃら。

PAK96_ameamerunrun1299-thumb-autox1600-16261

カッパや、傘に雨がぽつぽつと、
あたる感触だって、子ども達にとっては新鮮で面白い物。

また、普段は、いつも履いている靴に水が掛かると、
靴下も濡れちゃうし、冷たいけれど…長靴なら、大丈夫!
と言う事を、実感する事が出来亞んす。

 

★虫さんどこいった?かえるやかたつむりを探そう

KAZ532_P9270003_TP_V

アリさんやいつも居る虫は、今日はどこにいったんだろう。
今日は鳥が飛んでないけど、どこにいるのかな?
雨に濡れてないのかな?どこに隠れているのかな?

大人にとっては当たり前のことでも、
子ども達にとっては全て、興味関心の対象です。

また、普段は見ない生き物はを探してみるのも楽しいですね。
かたつむりを探したり、カエルの鳴き声を実際に聞いて、探してみたり。

●雨の日散歩のねらい

PAK26_suitekitex20140209_TP_V

  • 梅雨の時期の自然(生き物)に興味を持ち関わる
  • レインコート・カッパ、長靴、または傘など雨具の使い方を知る

●「あめふり」のうた(童謡)

■「あめふり」(童謡)の動画

作詞:北原白秋

作曲:中山晋平

歌詞
あめあめ ふれふれ かあさんが
じゃのめで おむかい うれしいな
ピッチピッチ チャップチャップ
ランランラン

かけましょ かばんを かあさんの
あとから ゆこゆこ かねがなる
ピッチピッチ チャップチャップ
ランランラン


スポンサードリンク


■雨の日散歩の準備・持ち物について

KAZ86_ameagari_TP_V

さて、雨の日の屋外の散策に必要な、カッパや長靴です。

  • 長靴
  • レインコート・かっぱ
  • 着替え・タオル
  • 濡れたレインコートを掛けておくモノ・場所(タオルかけなど)

準備としては、全員分の長靴を、何処に置いておくか?
何処で管理するか?ということを事前に考えておきましょう。

涼しいあつみ先生

長靴のサイズ的に、下駄箱に入らなかったり、
入れる場所がそもそもなかったり…

傘って、子ども達がめちゃめちゃ喜ぶのですが、
傘の使い方を知ってほしいなどの目的がないかぎり、
レインコート・カッパのほうが、両手が使えるため、
遊びやすくて適しています。

■傘のメリット・デメリット

メリット:

  • 単純に傘を持つだけで楽しい、雨の雰囲気が楽しめる
  • 傘の使い方を覚えられる

デメリット:

  • 手がふさがり、興味があるものに関われない、関わりにくい
  • 広いスペースが必要となり、また集団のため余計に危ない

園外に散歩に出る時は、こだわりが無ければ、
レインコート・カッパを使いましょう。

涼しいあつみ先生

そもそも、傘が必須になるくらい、
大雨の時は、お散歩できません笑

かなみ先生

パラパラ、ポツポツの小雨くらいが、
お散歩にはちょうどいいですよ。

また、散策・お散歩から戻ってきた時、
ボタボタのレインコートで部屋に入るわけには行きませんので、
ある程度、水を切ってほしておけるような、
タオルかけのようなものを、
エントランスや玄関等に準備しておきましょう。

そして、お散歩に行く前は、濡れてもいい服で!
状況や汚れによっては着替えられるようにしておきましょう。

■雨の日散歩の注意、配慮について

PEZ_2076_TP_V

普段と違う雰囲気で、子ども達の気持ちも高まっていますので、
その分、子ども達も、保育者自身も、油断が生まれやすいです。

子どもの人数や加配などの状況によって、
フォローを他の先生にお願いしてみましょう。

また、長靴って、普段あまりはかないため、
子どもにとって歩きにくかったり、地面の素材、場所によっては、
濡れている事で、普段は普通に歩いている道でも、
滑りやすくなっていたり、場所によっては危険があったりします。

滑りやすそうな個所、危険がありそうな場所は、
事前にチェックしておきましょう。

涼しいあつみ先生

余裕があるなら、事前に雨の日に、
長靴で歩いてみるといいかも。

 

■雨の日をもっと楽しむための製作

N724_pinknoajisai_TP_V

製作活動に繋げてみるのも楽しいです。
実際に散歩で使うものを作ってみたり、
雨をモチーフとしたテーマで、製作物、壁面飾りなどを作ると、楽しい!

涼しいあつみ先生

雨がモチーフの製作アイデアリンクは、
記事下部にまとめてあります。
よければ、ご参考くださいませ♪

●手作りカッパ・レインコート製作

メジャーなところで言えば、
ポリ袋を使った、オリジナルの手作りカッパの製作です。
自分で作ったカッパをきて、雨でもへっちゃら!
雨の日散歩が、より楽しくなります。

●オリジナルビニール傘をデザインしてみよう

オリジナルのビニール傘の製作です。
油性マジックやビニールテープを使い、
自分だけの傘をデザインしてみましょう!

子ども達のテンションだだあがりです笑
梅雨の時期が終わっても、持って帰って引き続き使えますし、
子どもにとって、宝物になります。

■体験画を描いてみよう

PAK77_konbininobinirugasa_TP_V

雨降り散歩で感じた事を、絵で表現するのも楽しいですね。
記憶が新鮮なうちに、子ども達の話を聞きながら…描いてみてもいいですね。

■次の記事:乳児クラスのお散歩の注意点と配慮について

スポンサードリンク


■当サイトのご案内

■失敗しない保育士転職&就職サイト

■製作ネタの宝庫「ほいスタ」を無料で使う方法

■無料のおたより用イラスト素材配布中!

■保育グッズ&アイテムを激安で入手する方法解説。

■メルマガ【あつみ先生の連絡帳】ご案内

■LINE友達登録【あつみ先生の連絡網】