今月のPick UP記事

保育園幼稚園の砂場遊びアイデアと子どもの育ちへの影響

保育園で子どもが喜ぶ砂場遊びのアイデアを紹介します。
砂場遊びは子ども達の育ちにとって、とても重要な役割をはたしています。

こんばんは!
男性保育士のあつみです!

スポンサードリンク


この記事では、子どもに大人気!砂場遊びのアイデアや、
子どもにとっての砂場の役割、考え方などを、お伝えしていきます。

単純に遊ぶだけでも楽しいですが、
保育における砂場の在り方や意味を意識して、
子ども達と関わる事で、もっと遊びを発展させ、
広げてあげる事が出来ます。

■参考にした外部サイト:おすすめ砂場おもちゃアマゾン専門ストア

■子どもが夢中になる砂場遊びアイデア

ELL86_tuchinotex20140402_TP_V

この項目では、砂場遊びの定番を、紹介していきます。

●砂場でままごとあそび

砂場のおもちゃ、砂場セットなどを使って、ままごとをします。

容器に砂を入れるだけでも楽しいですし、
型抜きなどを用いて、いろんな形になるのも面白い。

砂場の枠を、机や椅子に見立てて、

  • 「これたべて」
  • 「はいどーぞ」

など、見立て、ごっこあそびを通して、
友達とのやり取りを楽しみます。

ケーキやプリンなどに見立てて、
木の実や葉っぱを使って、かわいくデコレーションします。
四季の自然を遊びに取りいれていく事ができます。

●砂の感触が気持ちいい足湯ごっこ

裸足になり、お互いの足を砂で埋めて遊びます。
冷たくてとても気持ちがいい!

暖かい時期に、ピッタリな遊びです。
さらに、手を埋めてみても冷たくて気持ちがいいです。

●どろだんごづくり

a1080_000031_m

手軽に作れるどろだんご。
丸くなっていく様子はとても楽しいものです。

砂場が乾いているときは、なかなか丸まらず、上手く作れない。
でも、水分を含んでいるときは作りやすい…
砂の質感や、性質を実感できます。

幼児クラスになると、
ピッカピカに輝く、ガチな泥だんご作りに挑戦してもいいですね。

涼しいあつみ先生

ちなみに余談ですが、
ガチでピッカピカの泥団子を作るときは、
砂場の砂よりも、園庭の砂をサラ砂にして使うほうがいいです。

かなみ先生

園庭の砂と、砂場の砂って質が違うんだよね。

●どろんこあそび

a0001_013565_m

読んで字のごとく、どろんこ遊びです。
砂場に大量の水を入れたりして、意図的に作る事もありますが、
雨水がたまったりしていると、自然とどろんこ遊びが始まります。

砂場の、いつもと違った感触を楽しめ、
砂の性質に遊びながら気づくこともできますし、
興味を持つきっかけにもなります。

●砂場でどろんこプール

a1130_000461_m

暑い季節になるとよく楽しむ遊びなのです。
私の場合は、砂場に水を張る勢いで、
暫く砂場にホースをつっこんで、水を出しっぱなしにしています。
たっぷり、水が溜まったら完成。
どろんこプールにしてしまうのです。

子ども達、めっちゃ喜びます笑
思い切り飛び込んでみたり、
寝転がってみたり、ワニごっこをしてみたり…
でも、しばらく普通の砂場遊びが出来なくなるため、

どろんこプールを楽しむ時期は、
全クラスの先生と打ち合わせをしてから、行っています。

涼しいあつみ先生

うちの園では、夏の時期には1日、特別DAYとして、
園庭中を水浸しにして、この遊びを楽しみます笑
めちゃくちゃ盛り上がります。

●砂場に流れる川づくり

スコップやシャベルを使って、
砂場に迷路のように、川作ったり、池を掘っていきます。
その後、ホースかバケツを使い、水を流して遊びます。

涼しいあつみ先生

ダムをつくってみたり、
おもちゃを組み合わせて、橋を作ってみても楽しいです。

●砂場で宝さがし遊び

161112215146DSCF7208_TP_V

小さいビニールボールや、ビー玉などを宝に見立てて、
砂場の中に隠して、探したり集めたりする遊びです。

隠すものを変えるだけでも、飽きずに何度も楽しむ事が出来ます。

●お城づくり、山づくり トンネル作り

砂を1か所に集めてどんどん高くしていく遊びです。
また、大きくなった山の真ん中に穴をあけて、
トンネルをつくるのも楽しい。
トンネルが開通したら、トンネルを通して握手できるかな?
という遊びも出来ます。

●おもちゃ洗い

大量にあるおもちゃ、砂がついたままになってませんか?
私の園では基本的には、土曜日の午睡中に、
保育者が砂場用のおもちゃを洗っています。

でも。私が砂場のおもちゃ洗いの担当でなおかつ、
夏の暑い日などは、子どもを誘って、一緒にやっちゃいます笑

涼しいあつみ先生

何故か子どもって、
おもちゃ洗いをすごいやりたがるんですよね笑

土曜日など、子どもが少ない時に、
希望者を募って、楽しんでおもちゃ洗いをしています。

●このほかにも様々な遊びが生まれます

砂場って、その日の状況、四季の自然、
子どもとのやり取りによって、あたらしい遊びが、
どんどん生まれます。

涼しいあつみ先生

他にもあるよ!こんなんオススメ!
という情報があれば、是非、教えてくださいませ♪


スポンサードリンク


■砂場遊びグッズ、おもちゃについて

MS251_sunababaketu_TP_V

砂場って、本来はおもちゃが無くても楽しいものですが、
砂場用のおもちゃがあることで、
より子どもの遊びが広がり、発展していきます。

■参考にした外部サイト:おすすめ砂場おもちゃアマゾン専門ストア

●砂場遊びの定番おもちゃとは?

ハッキリ言って、別にどんなものでもおもちゃになるのですが、
大きく分類分けをすると、下記の物が上げられます。

 
  • シャベル、スコップ
    砂を掘ったり、山を作る際に砂を集めたりするのに使います。
  • 型抜き
    様々な形のものがあります。
    キャラクタのものや、動物の形など、
    砂って、どんな形にも変わる不思議さを、
    体験して味わえるおもちゃです。
  • バケツ
    砂を集めて、持ち運んだりできます。
    バケツをいっぱいにするだけでも、楽しいものです。
  • ふるい(ざる)
    いわゆる、サラ砂という、きめの細かい砂を集めるためのおもちゃです。
    サラ砂の感触って、とても気持ちがいいので、子ども達のお気に入りです。
  • ジョウロ
    水遊び、どろんこ遊びをするときに使います。

などがあげられます。

●日常の廃材も、砂場で遊べるおもちゃになる

a0005_000132_m

砂場セットって、安い物から高いものまで、
様々ですが、別にお金を出して買わなくとも、
普段の生活から出る廃材も、立派なおもちゃになります。

  • 牛乳パック
  • プリンカップ
  • ペットボトル
  • 食品についているスプーン

などなど、捨ててしまうものでも、
子ども達にとっては、遊びが広がる材料になるのです。

 

■保育園、幼稚園における砂場の由来と現状

ELFADSC05654_TP_V

多くの保育園や幼稚園に設置されている砂場ですが、
必ずしも、全ての園にあるわけではありません。

●昔は幼稚園には砂場の設置義務があった

砂場を子ども達のために設置するのは、
1956年の、「幼稚園設置基準」で義務付けられました。
保育園にも、ほとんどの園に砂場は設置されています。

●現在、砂場の設置は義務ではない

しかし、2005年「幼稚園設置基準」が改正され、
砂場の設置が義務ではなくなりました。
つまり、砂場がなくてもOK、という現状があります。

そしてさらに、待機児童問題、
子ども子育て支援新制度など、時代の移り変わりにより、
駅の中、ビルの中に設置される、小規模保育園が爆発的に増えてきました。
物理的に、砂場を設置することが難しい環境、と言う事です。

なにより、砂場で遊ぶ機会が、全体として減ってきています。
衛生、安全の問題などで、砂場で遊ばせたくないという、
保護者も増えてきているという、現状もあります。

涼しいあつみ先生

呆れるというか、
嘆かわしいというか…

かなみ先生

考え方は人それぞれだよ。
それが実情、現状。

●砂場の由来と歴史について

砂場の歴史は、200年以上前のドイツに原型があります。
子どもの保育として取り入れて行ったのは、1870年以降。

その後、砂場遊びがアメリカに伝わり、
1885年に、ボストンのスラム街に大きな砂場が設置され、
そこは子ども達の遊び場になっていました。

やがて、明治30年代以降に、
日本の幼稚園にも、砂場が設置されるようになります。
日本中の園に砂場の重要性が認識されていくのと同時に、
多くの園で砂場が設置されていく事になったのです。

 

■砂場の目的や役割について

a0005_000133_m

砂場は、大切な保育環境のひとつ。
子どもが遊ぶことを目的にして作られた環境が砂場です。

砂場遊びで体験できる遊び、得られる経験

  • 砂の感触、質感、性質を楽しめる
  • 雨が降った後や水が溜まっている時の変化を楽しめる
  • 四季の自然を活かした遊びが楽しめる
  • 1人でも集中して遊べる
  • 友達と関わったり一緒にやりとりをして遊べる
  • 友達とおもちゃを分け合って遊ぶ
  • 道具(スコップなど)の使い方を考えて実際に使える
  • ままごとなどで、手先を使った遊びが出来る
  • 見立て、ごっこあそびが広がる
  • 山づくりなどで、ダイナミックに全身を使って遊べる
  • 質量と重さの関係に気づける
  • お片付けの習慣が身に付く
  • 片づける際におもちゃの数を数えたり、気づける

砂場って、いろんなおもちゃや、環境が支えあって、
子ども達の遊びをどんどん広げて、発展させていく事が出来ます。
砂場の枠にすわって、ままごとをしたり、
または机にして、いろんなお料理を作って並べてみたり。

山をつくったり、川を掘ったり、トンネル作りも楽しい。
中々うまくいかないなかで、友達と相談して挑戦したり、
砂の性質、感触、さらさら、どろどろを体験しながら、楽しむことが出来ます。

また、木の実、木の枝を集めて、
砂と組み合わせて作ってみたり、葉っぱをデコレーションしてみたり…
四季の自然物との組み合わせも、非常に楽しいものです。

■保育園の砂場の現状

前述した通り、現在、砂場の設置は義務ではありません。
また、ビル内、駅ナカの保育園が増えた事で、
物理的に砂場の設置が難しい園も多くあります。

●室内砂場は衛生的で安全性が高い

a0005_000161_m

園庭だけに設置するものではなく、室内への設置も増えてきてます。

・室内砂場のメリット

  • 衛生管理がしやすい、清潔である
  • 外に比べて比較的危険が少ない

・室内砂場のデメリット

  • 四季の自然物を取り入れた遊びができない、広がらない
  • 太陽の暖かさや、雨の水たまりの変化などを感じれない
  • 開放感がない

室内設置の砂場は、比較的安全で、危険も少なく、
また衛生管理もしやすく、清潔を維持しやすいです。

しかし、前述した通り、
砂場と言うものは、周りの草花や木の実、
その他さまざまな自然物が持ち込まれてこそ、さらに楽しく、遊べます。
果たして、室内の砂場で、本来の楽しさが味わえるのでしょうか?

涼しいあつみ先生

個人的には、やはり外で遊んでこそだと思います。

 

■砂場って何歳から遊べる?発達に会った遊び方の工夫

a0005_000148_m

砂場遊びって、何歳から始めていいの?
何歳まで遊んでいるの?と考える人もいますが、
決まりなどはありません。

●乳児クラス(0歳児、1歳児~)

乳児クラスにあたる年齢、特に0歳、1歳児ですと、
砂に初めて触れる、という子どもも居ます。

最初から砂に興味津々な子も居れば、
砂にふれるだけで、大泣きしてしまう子も居ます。

そこで、保育者自身、砂に関わる姿を見せていきましょう。
手に砂をすくって、サラサラと落としてみたり、
プリンカップで型抜きをする様子を見せてあげても、いいでしょう。

保育者の遊びを見て、
自分も触れてみたい、と思うかもしれません。

また、この時期の子どもは、
保育者の動きをみて、自分も真似してみようと思う姿があります。

道具やおもちゃを使って遊んでみたいけど、なかなかうまくできない…
そんな時は、フォローしながら、一緒に型抜きを楽しんでみることで、
とっても嬉しいし、喜ぶものです。

砂に触るのに慣れない子は、
スコップなど、道具を通して関わっていく事からでも、十分です。

涼しいあつみ先生

砂を口に入れてしまう子もいるので、
危険のないよう、見守りながら一緒に楽しみましょう。

●2歳児~3歳児の砂遊び

a1080_000024_m

友達と一緒に、同じ遊びをするのが楽しい時期です。
友達がケーキをつくっていたら、自分もケーキをつくってみたり…
葉っぱは木の実でデコレーションをはじめたら、マネしてみたり…
「はいどーぞ」「たべてー」など、友達や保育者との、
やりとりがとても楽しい時期です。

イメージもひろがり、ごっこあそびが増えてきます。
いろんなものを作ってみたい、表現してみたい、
見立て遊びを、他者と共有したいという気持ちがあります。

●4歳児の砂遊び

友達同士で、一緒に穴を掘ったり、
高い山を作ってみたり、ひとつの目的のある遊びを、
一緒に楽しみ共有できるようになってきます

道具の使い方を工夫して、考えて、
遊びの幅がどんどん、広がっていく時期です。

山を作って、トンネルを開通させて、
中で友達と握手して喜び合ったり…という姿が見られます。

●5歳児の砂遊び

a0022_000176_m

仲間との目的意識の共通だけでなく、
遊びの中に役割分担が生まれてきます。

例えば、高い山を作るときには、
1人は砂を集めてかけて、もう1人はスコップで叩いて固めて行ったりなど…

また、どろだんご作りなどで、

  • 「べちゃべちゃやからつくれへん!」
  • 「それ水いれすぎやで!」

など、水分量の違いを認識、把握して、
遊びの目的に応じて使い分ける事も容易になります。

 

■砂場のメンテナンス、衛生管理は?

OOKAWA_sunahama20140726104455_TP_V

砂場は、非常に楽しいのですが、
その性質状、不衛生になりやすいです。

また、ケガの恐れがあったり、危ない場所なども、
管理していかなければなりません。

●砂場において犬や猫などの動物のフン対策、衛生管理

CAT9V9A9360_TP_V

地域にもよりますが、どんな公園、どんな保育園でも、
猫避け、ねこ対策などが必要です。

  • 防護ネット
  • 砂場のフタ、シート
  • 定期的な砂交換

私の自治体では、砂場を使わない時は、
砂場にシートなどをかぶせて、動物対策などをする必要があります。
砂場によっては、フタがついているものもあります。

●砂場の清掃方法

PAK89_shibuyanomachiwoseisou_TP_V

ゴミや石、異物の除去は常に行います。
木の枝や葉っぱなども混ざりがちですので、取り除きましょう。

子ども達が砂場で遊ぼうとしたときに、
異物があると、本来したかった遊びに集中できないかもしれません。

砂場は、遊び始める時には、まっさらな状態にしておく事が大切です。
そこから、遊びが広がっていく上で、
木の枝や木の実、葉っぱが入り込んでしまうのは、問題ないですしね。

ちなみに私の園では、藤棚が屋根になっていますが、
時期によってはめちゃめちゃ葉っぱが落ちます。

余談ですが、
葉っぱや木の枝を集める際は、熊手が便利です。


■関連リンク:熊手の一覧はこちら

普通のほうきで、園庭や砂場の落ち葉を集めようとすると、
砂まで集めてしまう上に、はく時に、かなり力が必要です。
しかし、熊手であれば、砂は集めず、
軽い力で、葉っぱや枝、異物やゴミだけを、1か所に集める事が出来ます。

落ち葉が多い園では、熊手を使えば、
その使いやすさに、めちゃめちゃ感動します。

 

●砂が減ってきたら満足に遊べない

砂が減り、深さが足りないと穴を掘って遊ぶのが出来ないし、
大きな山もつくれなくなります。

砂が減ってきたら、足したり、入れ替えたりする事が大切です。

 

●屋根や日よけはありますか?

PPW_fujinohana_TP_V

前述しましたが、多くの園では、砂場の上に、
屋根となるものがあり、日陰を作っている事が多いです。
もしくは、手動でシートなどをひろげ、屋根にしている園もあります。
私の勤める園の例で言えば、藤棚ですね。

これは、暑い日差しの中でも、安全に遊ぶためのものです。
ただ、太陽光による砂の殺菌も出来るため、
時間によって影の位置が変わるのがベストです。


スポンサードリンク


■「人生に必要な知恵は全て幼稚園の砂場で学んだ」

哲学者であるロバートフルガムは、
「人生に必要な知恵は全て幼稚園の砂場で学んだ」と述べています。

下記、一部抜粋。

    • 何でもみんなで分け合うこと。
    • ずるをしないこと。
    • 人をぶたないこと。
    • 使ったものはかならずもとのところに戻すこと。
    • ちらかしたら自分で後片づけすること。
    • 人のものに手を出さないこと。
    • 誰かを傷つけたら、ごめんなさい、と言うこと。
    • 食事の前には手を洗うこと。
    • トイレに行ったらちゃんと水を流すこと。

砂場遊びって、自分で好きな事に、集中して遊ぶこともできますが、
友達との関わり、やり取りの場であるのです。

涼しいあつみ先生

あなたの保育園での、砂場での子どものやり取りを、
想像してみてください。

おもちゃを取り合ったり、仲直りしたり、
砂をかけてしまって泣かしてしまったり、ぶってしまったり、
友達と協力して巨大な砂山を作って大喜びしていたり、
お片付けをせず、他の遊びを始めて怒られている子も居たり、
手を洗わずにお部屋に入ろうとしたり…

■参考にした外部サイト:おすすめ砂場おもちゃアマゾン専門ストア

そんなやり取りの中で、これからの人生に必要な事を、
子ども達は学んでいるのかもしれませんね。

■次の記事:外遊びが嫌いな子に対しての関わりと対応を解説

スポンサードリンク



にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

■当サイトのご案内


■もう残業したくない…保育士転職&就職サイトの特徴比較

■製作ネタの宝庫「ほいスタ」の紹介

■無料のおたより用イラスト素材配布中!

■保育雑誌PriPriがスマホで読み放題になる方法

■メルマガ【あつみ先生の連絡帳】ご案内

■LINE友達登録【あつみ先生の連絡網】