ハロウィンは子ども達にとっても楽しみな行事。
カボチャやオバケをテーマにした、保育園の製作アイデアを紹介します。

ハロウィンのかぼちゃ製作など保育園の活動にピッタリのアイデア紹介

こんばんは!
男性保育士のあつみです!

子ども達はお菓子をくれてもイタズラするぞ!
この記事ではハロウィンの製作アイデアを紹介します。

 

スポンサードリンク


カボチャ、おばけ、魔女といった、
子ども達の大好きなテーマが沢山のイベントですので、
製作のアイデアも広がりますよね。

今回の記事では、下記のような製作アイデアを紹介します。

■お菓子を入れられる、立体的なカボチャ形の入れ物
IMG_20160827_184714.956

■おばけや魔女のはじき絵でお菓子入れを作ろう
IMG_20160827_195707.783

■乳児クラスでも簡単につくれるかぼちゃの飾り
IMG_20160827_183047.896

 

■立体的なかぼちゃのお菓子入れ(4歳児、5歳児~)

さて、この項目では、立体的なかぼちゃのお菓子入れの製作アイデアを紹介します。

IMG_20160827_184714.956

持ち手もつけて可愛くしてあげましょう♪

●立体的なかぼちゃのお菓子入れの材料と作成手順

●材料

紙コップ
この制作の土台となります。
紙コップに、お菓子を入れる事が出来るのです♪
立体的で、描画しにくいので、じっくり落ち着いて、
取り組める時間を採ってあげてくださいね。

画用紙(オレンジ色+緑色
かぼちゃを立体的に表現するのに使います。

マーカーやクレパス等
紙コップへ描画する際の画材です。
マーカーのほうが描きやすく、色も出やすいのでおすすめです。

両面テープ
紙コップって一部が防水素材で出来ており、
のりで貼りつかない部分があります。
そういう場合には両面テープが最適です。

●作り方

まず、土台となる紙コップに、好きな絵を描きます。

IMG_20160827_183835.208

かぼちゃやオバケ、魔女の帽子など、
ハロウィンに関連のあるモチーフをかけば、楽しいですね♪

あつみ先生

紙コップって立体的で、
なかなか子どもにとって描きにくいので、
時間がかかる子も居ます。
それぞれの子どもに合わせて、
じっくり、時間をとってあげてもいいですね。

さて、次は画用紙を用意します。

IMG_20160827_183529.528

細くカットした画用紙。これを3枚組み合わせて、接着します。

IMG_20160827_184018.808

3枚の短冊形の細長い画用紙を、
きれいに組み合わせる工程は、
保育者が準備しておいてもいいですし、
子ども達が自分で出来るならやってもOKです。

あつみ先生

ちなみに、のりを貼り合わせる場所に印などをつけてあげれば、
幼児クラス(3歳児、4歳児、5歳児)であれば、
自分で綺麗に貼りつけて組み合わせることが出来ますよ。

次に、これを紙コップの底面に貼り付けます。

IMG_20160827_184151.239

のりではくっつきにくため、両面テープを利用しました。

そして、次にこの土台が、かぼちゃの形になるように、
それぞれの画用紙の先を、
紙コップの内側に貼り付けていきます。

IMG_20160827_184426.603

このような形で、短冊の先をひとつずつ、
紙コップの内側に接着してきます。
立体感を残して貼り付けていくのって、
中々子ども達にとってむずかしいです。

やり方を、実演して見せてあげてから、
挑戦していきましょう。

また、その際の接着は、両面テープが最適です。

IMG_20160827_184220.383

紙コップの内側って、防水加工がしてあるため、
のりではくっつきにくいです。

異種素材同士の接着は、両面テープが最適なのです。

IMG_20160827_184551.687

さて、カボチャの形が完成したら、
次に緑の画用紙の短冊を用意します。
IMG_20160827_184714.956

この短冊を、持ち手として接着したら、
ハロウィンの立体的なかぼちゃのお菓子入れ、完成です!


スポンサードリンク


■はじき絵でつくるハロウィンのお菓子入れ(3歳児、4歳児、5歳児)

はじき絵を、牛乳パックに貼りつけるだけの簡単製作です。

IMG_20160827_195707.783

ハロウィンに関するモチーフを沢山みてから、絵を描くといいですね。
自分でお菓子入れを作って、気持ちを盛り上げていきましょう!

●はじき絵のハロウィンお菓子入れの製作手順と材料

●材料

  • 牛乳パック
    この制作の土台に使います。
    丈夫な素材で、ハロウィンのお菓子入れを作りましょう。
  • 画用紙
    クレパス+絵具のはじき絵で表現します。
    今回のサンプルでは、黒い絵具を利用したので、
    画用紙の色は白を使いました。
  • クレパス+絵具
    クレパスで先に画用紙に絵を描き、
    上から絵具を塗る事で、クレパスの油分が絵具をはじき、
    綺麗な表現ができます。
    今回は、黒絵具で、夜を表現しました。
  • モール
    持ち手を作るのに利用しました。
    2本のモールをねじって、持ちやすくしてあります。
    持ち手の素材は、必ずしもモールでなくてOKです。

●作り方

まず、牛乳パックをカットして、
牛乳パックの高さに合わせた大きさの画用紙を用意します。

IMG_20160827_192920.560

画用紙に、クレパスで絵を描いていきましょう。

IMG_20160827_193607.302

クレパスで絵を描けたら、絵具で塗っていきましょう。

IMG_20160827_194629.917

おばけや魔女といったモチーフが引き立つように、
黒色で夜を表現しました。

IMG_20160827_195346.783

絵具が乾いたら、牛乳パックに貼り付けていきましょう。

次に持ち手を作っていきましょう。

IMG_20160827_195456.878

今回は、モールを利用してつくりました。
2色のモールを、ねじっていきます。

あつみ先生

持ち手も、別にモールでなくても、
他の使いやすい素材でもなんでもOKです。
結構ねじるのって難しいんですよー

持ち手を取り付けていきましょう。

IMG_20160827_195618.765

一穴パンチで、モールを通す穴をあけました。

IMG_20160827_195707.783

持ち手を取りつければ、ハロウィンのお菓子入れの完成です。


スポンサードリンク


■かわいいカボチャの飾り(0歳児、1歳児)

ちぎって、丸めて、袋に入れるだけなので、
0歳児、1歳児の乳児クラスに最適です。

IMG_20160827_183047.896

とても簡単に作れるため、たくさん作って、
敷き詰めるように並べると面白くてかわいいです!

●乳児でも作れるかぼちゃの飾りの作り方と材料

●材料

  • 透明ビニール袋
    ここに、カボチャを表現する素材を詰めて、縛ります。
  • 画用紙やお花紙
    ハロウィンかぼちゃのイメージカラーである、
    オレンジ色が最適です。
    たまに黄色や緑も混ぜてあげると、アクセントになりますよ♪

●作り方と手順

この記事のサンプルで利用したのは、
カボチャの色である、オレンジの画用紙とビニール袋。

IMG_20160827_182410.205

作り方、というか、遊び方(笑)はとっても簡単です。

IMG_20160827_182558.411

画用紙をくしゃくしゃに丸めました。
これでカボチャを表現します。

あつみ先生

別に、画用紙でなくても、
お花紙などをくしゃくしゃにしてもOKです。
また、くしゃくしゃにするだけでなく、
ちぎってみたり、紙の素材を楽しみましょう!

お花紙でも、画用紙でもどちらでも、
素材が出来たら、これを透明ビニール袋に詰めます。

IMG_20160827_182653.367

袋を、セロテープやモール等で、縛ります。
透明ビニール袋の余った部分はカットしましょう!

カボチャの形を表現するために、袋が丸くなるように、
1~2か所、セロテープで整形してあげてくださいね。

さて、カボチャの目や口を張り付けていきましょう。

IMG_20160827_182901.367

オレンジと黒のコントラスト、組み合わせが、
ハロウィンカラーです♪

IMG_20160827_183016.801

目や口は両面テープで接着します。
目や口を保育者が用意してあげる事で、
0歳児、1歳児の乳児クラスでも、楽しめる制作になるのです♪

 

他にも製作アイデアが知りたい先生は、
ピコロやポットといった、保育専門誌をチェック!
私も毎月参考にしています!(個人的にはPOTがお気に入り笑)

スポンサードリンク


■当サイトのご案内

■失敗しない保育士転職&就職サイト

■製作ネタの宝庫「ほいスタ」を無料で使う方法

■無料のおたより用イラスト素材配布中!

■保育グッズ&アイテムを激安で入手する方法解説。

■メルマガ【あつみ先生の連絡帳】ご案内

■LINE友達登録【あつみ先生の連絡網】