0歳児、1歳児、2歳児の乳児クラスの、
保育園の散歩や園外保育のねらいや注意点、
環境構成や配慮、安全面で気を付ける事などを紹介します。
年齢別の留意点やポイント、持ち物なども記録してあります。

こんばんは!
男性保育士のあつみです!

保育園の乳児クラスのお散歩のねらいと注意点と配慮や環境構成

この記事では、保育園で行う散歩についてを記録していきます!
散歩に行く事で、子ども達の世界が広がります。
それが、散歩にいく大きなねらいのひとつであります。

スポンサードリンク


子ども達にとって、散歩に行くと、
外を歩くだけで、近くの公園に行くだけでも、ものすごく楽しいものです。
しかしその分、公共の交通安全への配慮や注意点、
配慮もかなり気を配っていく必要があります。

子ども達が、危険なく、思いっきり楽しめるような、
環境構成を整えていく事が、保育者の役割ですね。

■散歩のねらいや目的は子ども達の世界を広げてあげる事!

散歩が子ども達の発達に及ぼす影響が大きいのって、
乳児クラスである、0歳児、1歳児、2歳児の時期です。

その理由は、乳児期の子ども達って、
外の世界に触れ、見て、感じて、
興味を持って、いろんなものを知ろうとします。

UNI125162814_TP_V

五感を総動員して、全ての感覚で、
身体全身で様々な物事を、吸収していきます。

自然の草花はもちろん、土の上を歩いてみたり、
生き物や昆虫に触れ、命を感じたり。

初めて体験することで、感じる心、体が発達していきます。

また、交通ルールを知ったり、覚えたり守ったり…
友達と手を繋いで歩く事も、立派なねらいですね。

季節によって風景を変えていく毎日の散歩を、
充実させ、また安全に過ごせるように、努めて行きましょう!

●散歩、散策の体験は、子どもにとって刺激がたくさん

1歳児クラス、2歳児クラスの子ども達って、
自分の意思で、自分の体で自由に動けるようになる時期です。

この体を使って、子ども達は、
散歩で、保育園の外の世界で、様々な探索活動をします。

elly20160628431021_TP_V1

興味があるものに、自分から関わっていける……
これって、子どもにとって、とても嬉しいことですよね。

また、知りたい、見たい、触りたいという気持ちが、
子どもの運動能力の発達を促していきます。

自分で歩きたい、走りたい、ジャンプしたい、
そんな気持ちが、自然と生まれてくるのです。

●散歩のねらいである、四季の自然に触れあえる

何より散歩での楽しみが、
普段の園で出会えないものに、出会える、触れられる事。

散歩に行く事で、自分の住んでいる街の、知らない事も知れるし、
いつもと違った景色や、変わったものを見つける事もできます。

道中の植物を始め、
公園の草花、ありやダンゴムシ、季節の虫など、

子ども達にとって、ワクワクもんです。
沢山の物に興味が向き、刺激がたくさんあります。

elly20160628071820_TP_V1

そういったものに触れていく事、
自分から関わっていく事で、子ども達の世界を広げていき、
情緒を安定させたり、感性を養っていけるのです。

●0歳児、1歳児、2歳児のお散歩での子どもの反応

0歳児は、興味のあるものを見つけると、
嬉しそうに指さしをして笑ったり、声を出したりします。

1歳児、2歳児は、
興味関心、知りたい触れたいという探求心が、
とても強くなってくるため、
気になるものがあると、即座に行動します。
触ってみたり、追いかけてみたり。

PAK75_kouennotaiya20140102150626_TP_V1

この気持ちが、子ども達の大切な学びに繋がっていきます。
子ども達が興味のあるものを、沢山、与えてあげてください。

●減ってきている外界との関わり

子どもの本来の姿って、
もっと自然と関わりながら、遊びながら、学んでいくものです。

どろんこで思い切り汚して遊んだり、
滑りやすいぬかるみをわざと歩いてみたり、
水たまりの中にわざとジャンプしてみたり、
大人から見ると、いたずらと取れる事や、
汚れるからやめてほしい…みたいな遊びをしながら、
子どもは様々な事を学んでいきます。

LOK_nukarundasandou_TP_V

そういう機会を、ぜひ保育園で沢山作ってあげましょう。
散歩で、様々な体験んをさせてあげましょう。

■年齢別散歩の留意点、ポイント

●0歳児、1歳児のお散歩の目的、ねらい、留意点

0歳児、1歳児は月齢の差があると、
出来る事や遊び方にも、違いが出てきます。
個別に、一番いい遊び方、散歩での体験ができるように、
個々の対応が必要ですね。

★0歳児、1歳児の散歩のねらいと目的とポイント

0歳の場合は、様々な自然に触れ、感じて、
風に揺れる植物や、生き物を見て、
子ども達と感動を共感していきたいですね。

NKJ56_midoritoohana_TP_V1

子どもの世界を、どんどん広げて行ってあげたいですね。

 

★0歳児、1歳児の散歩の留意点、注意点、環境構成で気を付ける事

  • 片道10分くらいの近い場所、公園などを設定しましょう。
  • 月齢に差があり、歩ける子、あるけない子がいます。
    必要に応じて、グループ分けなど工夫をします。
  • 歩ける子は、保育者と手を繋いで歩いてもいいです。
    ただ、子どものその日の体調や機嫌、調子などもあるので、
    様子をしっかり見て判断しましょう。
  • まだ月齢の低い子、歩けない子は、歩く必要はありません。
    バギー、カート、避難車等で、散歩をします。
  • 歩けない子については、公園などについたら、
    レジャーシートなどを広げて、その上で遊びます。

    座ってばかりではなく、保育者が抱っこなどして、
    外気浴なども楽しみましょう。
  • 散歩中や、遊んでいるときに、
    子どもが興味を示したり、指をさしたり、
    じっと見つめているときは、感性が育っているときです。

    しばらく、見守ってあげましょう。
    子ども達から発信があったら、
    共感してあげる声かけを、忘れずに!

●2歳児の散歩のねらいや目的と留意点、環境構成

体力がついてくる2歳児は、出来る事が格段に増えてきます。
子どもの気持ちを、十分に発散させてあげたいですね。

PAK86_boruasobiyoujyo20140113_TP_V

★2歳児のお散歩の目的やねらい

せっかくの楽しいお散歩です。
道中も、遊んでいるときも、沢山体を動かしましょう!
探索活動を十分に楽めるようにしてあげる事が大切です。

また、道中で交通ルールを守ったり、
赤信号は待つ…など、学びながら、散歩したり、
地域の人との挨拶など、触れ合いも大切です。

★2歳児クラスの散歩で気を付ける事、注意点

COW121035339_TP_V1

  • 2歳児になると、一気にできることが増えます。
    体力もついてきて、本当によく動けるようになってきます。
    お散歩コースも、少しずつ長くしていっても大丈夫です。
  • お散歩が長くなる場合は、休憩を取るようにしましょう。
    その際、水分補給なども忘れずに。
  • 地域の人と出会った時の関わりも大切に。
    保育者から、進んで挨拶をする姿を子ども達に見せていきましょう。
    挨拶が出来たら、しっかり褒めてあげてくださいね。
  • 2歳児クラスになってくると、体も自由に動き、
    好きなように探索活動が出来るようになります。

    必ず保育者の目が届くような工夫、配慮を行う。
  • いくつかの散歩コースや、目的地を設定しておくのもいいです。
    たまには子ども達に「今日はどこに行きたい?」など、意見を聞いたり、
    選ばせてみるのもいいですね。
  • たまには幼児クラスのお兄ちゃん、お姉さんと一緒に、
    異年齢保育の、散歩をしてみるのもいいですね。

    年長児の遊び方などを見て、刺激を受けれます。

スポンサードリンク


■保育園の散歩で気を付ける事やリスク回避や危機管理

お散歩って、子どもにとっても、保育者にとっても、
とても楽しいものです。

しかしその反面、リスクや危険も多いです。
それらを回避するために、注意点、配慮点を押さえておきましょう

EFL84_kouentosuberidai_TP_V1

保育園の外に連れ出すって、めちゃめちゃリスクがあります。
保育者は、子どもに起こった全ての責任を負う必要性があります。

気を引き締めて行きましょう!

●散歩中の公共交通、道中での注意点と危機管理、リスク回避

gotanda037010412_TP_V1

  • 手を繋いで歩く場合は、子どもが歩道側、保育者が車道側を歩きましょう。
    車道を走る車から、子ども達をガードするような形です。
  • 道の段差に注意して、他の保育者や子ども達に声をかける。
    「階段あるよ、気を付けてね」などの声を掛けましょう。
    また、カート、バギー、避難車等での移動も、
    段差で揺れるため、ゆっくり進む等の工夫をしましょう
  • 道を曲がるときや、横断する時は、必ず一時停止して、
    保育者が車などが来ていないか確認します。

    安全が確認できたら、必ず後ろの保育者に聞こえるよう、
    声を掛けましょう。

●公園や広場など遊ぶ場所での注意点や気を付ける事や危機管理

MS251_kouentoburanko_TP_V

  • 水たまりなどを埋めたり、遊具の水滴をふき取りましょう。
    雨上がりなどは、地面に水たまりがあったり、
    遊具に水が溜まっていたりします。
    遊具を雑巾などで拭き取ったり、水たまりを埋めたり、対処しましょう。
  • タバコなどの吸い殻や、ゴミや危険物はないか?遊具に故障はないか?
    安全確認をしっかり行い、環境構成に気を付けていきましょう。
  • 子ども達を遊ばせる場合は、必ず全員の子どもに、
    保育者の目の届く場所で見守りましょう。

    死角がないかをチェックし、保育者が役割分担をし、
    それぞれの遊具について、遊びをフォローするなどしましょう。

 

■保育園の散歩の持ち物(保育者)

  • リュック
    子どもに即座に対応できるように、
    両手が使えるようになるリュックが適しています。
  • 携帯電話
    園で管理している物があれば、
    それを持ちだしましょう。
  • 救急用具
    ちょっとしたケガなどの対応に使います。
    絆創膏、消毒液、ガーゼ、包帯、
    医療用テープなど、必要なものをまとめておきます。
  • ティッシュ
    子どもの鼻水を拭きとったり、
    ケガの対応など、何かと必要です。
    私はボックスティッシュをまるごと入れて、
    持っていってます笑
  • ビニール袋
    ゴミ袋にして、ティッシュなど出たゴミを持ち帰ったり、
    もしも服が汚れてしまって、着替えたりした場合、
    汚れた服を入れて持ち帰ったりします。
    何かと使います。
  • 着替え、紙おむつ
    園の共用の物でいいので、2セットくらいは準備しておきましょう。
    遊びに夢中で、尿意に気づかず…なんてのも、ままある話です。
  • おしりふき
    拭いてあげたい汚れなどを、
    さっとふき取る事が出来るので、必要ですね。
  • タオル(ぞうきん)
    なにかと、水分をふき取りたい場面があります。
    例えば、前日が雨で、滑り台やブランコの座る部分が、
    濡れている…という時があります。
    そんな時のために、私は雑巾なども持ち歩いています。
  • レジャーシート
    月齢の低い子や0歳児クラスなど、
    座って遊びたい子も居ます。
    そういう場合には、レジャーシートを敷いて遊んだりします。
  • 遊びに使う道具やおもちゃ
    公園にいって、どんな遊びをしたいか計画を立てて、
    必要なら持っていきましょう。
    散策だけでなく、皆で遊べる遊びを、設定してあげてもいいですね。
    例えば、ボールや、フープ、しっぽとりのしっぽなど…
    どんぐりや落ち葉集めを楽しむなら、人数分のビニル袋や、
    虫を捕まえて観察するなら、虫取りあみや、虫かごが必要ですね。
  • デジカメ
    保育の様子などを写真に収めておく時には、
    デジカメも忘れずに持っていきましょう。
    でも第一優先は、子どもの安全です。
  • 笛、ホイッスル
    道路を横断する時や、
    遊んでいる子どもに集合の合図を伝えたりする時に使います。
  • 水筒(個人で持つor保育者が持つ)
    水分補給のための水筒です。
    乳児クラスで、少人数であれば、保育者がまとめてもってもいいです。
    2歳児クラスで人数が多いのであれば、水筒だけは各自持つ、というのもOKです。

■子どもの安全を保障して、楽しく充実したお散歩を!

お散歩はとっても子ども達にとって本当に楽しいものです。
しかし楽しいだけでなく、園外に出るという、危険もあります。
その責任はすべて保育士が負わなければなりません。

OJS_jyanngurujimu_TP_V1

ねらいをもって、いつも十分に楽しめるようにしましょう。
そして、子どもにとって安全な環境を構成し、
しっかりと注意を払い、配慮を怠らないようにしましょう!

スポンサードリンク


■当サイトのご案内

■失敗しない保育士転職&就職サイト

■製作ネタの宝庫「ほいスタ」を無料で使う方法

■無料のおたより用イラスト素材配布中!

■保育グッズ&アイテムを激安で入手する方法解説。

■メルマガ【あつみ先生の連絡帳】ご案内

■LINE友達登録【あつみ先生の連絡網】