赤ちゃんが泣く理由や原因は様々です。
赤ちゃんが泣いてしまうのには、必ず原因があります。
その場だけ泣き止ます事を優先しても、いずれ繰り返します。
根本的な原因を見つけて、ひとつづ解決していく事で、
泣く頻度は減っていきます。

 

こんばんは!
男性保育士のあつみです。

赤ちゃんが泣く理由と原因と対処方法

あつみ先生

昔は赤ちゃんは泣くのが仕事だから泣かしておきなさいとか
泣くことで肺が丈夫になるとか言われていましたが、
そんなわけあるかー!違います!

泣いてしまう原因を突き止めることで、適切な対応ができます。
ひとつずつ問題を解決して、泣く機会を減らしていきましょう。

スポンサードリンク


赤ちゃんの頃に泣きすぎて、
幼児期にはすでに喉がつぶれてる子って実はかなりいます。
いわゆるガラガラ声ってやつです。

この記事では、赤ちゃんが泣く原因や理由、対処法をまとめていきます。

■関連記事や参考サイト、参考書籍

赤ちゃんて、どうして泣きやんでくれないの?

30日の生活環境の見直しで夜泣きがなくなり熟睡するようになった

 

 

■赤ちゃんがなく理由と原因と対処法

赤ちゃんにとって泣くという行動は、
ひとつの感情、意思の伝達手段です。

赤ちゃんは、大人と違い、言葉で物事を伝えることが出来ません。
快か不快かという事で言えば、不快だから赤ちゃんは泣いています。

不快になる理由や原因は実に様々。

その場合、しっかり原因を把握して、それらを取り除いてあげることが大切です。
それが、保育者、親の勤めであります。

あつみ先生

赤ちゃんは、満足していれば、ニコニコするものです!
赤ちゃんが自分の意思できる感情表現は、笑うか、泣くしかしかありません。
ニコニコ笑顔で居れる時間を、長くしてあげたいですね!

 

●泣く原因や理由一覧

  • 空腹時
  • 体調が悪い
  • 体が痛い、かゆいなどの異常
  • 冷たい、寒い、暑い
  • 不安な時
  • 愛情が不足している

他にも、様々な原因があります。
それぞれの対応について記しましょう。

 

●空腹時

 

おなかがすいているときはお乳やミルクなどをあげます。
これは生理的なものですので、その都度の対応が必要です。

また、時間通りの食事リズムは大切ですが、
小さいころほど、食事のリズムに縛られ過ぎるのも、良くありません。

おなかがすいてない時もあれば、
いつもよりすいてる時もありますし、
眠くて、遊び疲れて食欲がない時だってあります。

個人差がありますので、無理矢理、飲まそうとしたり、
食事の時間じゃないからといって、お腹がすいているのに何も与えないのはNG。

 

●体調が悪い

体調が悪い時は、グズグズと泣くことが多いです。

  • 顔色はいいか?
  • 目つきは普段と違わないか?
  • 動きが鈍ってないか?
  • 抱っこをしたときに、いつもよりもたれ具合が重い…

など、普段と違うように感じた時は、
まずは検温。体温計で体温を測りましょう。

熱がある場合は、水分補給を多めにしたり、
季節や気温によって、衣服調整をしてあげるのが保育者や親の仕事です。

また、熱を下げるには、脇下を冷やすなどが有効です。
様子を見つつ、病院に行きましょう。

 

 

●体の異常 痛み、かゆみなど

赤ちゃんは、痛い時は激しく泣いたりします。
親の気づかないうちに、ケガをしたり、虫にかまれたりする事もあります。
体をしっかり観察してあげてください。
首を振って動かしたり、耳が気になる様子の時は、中耳炎の場合もあります。

かゆみがひどい場合ですと、病院に行ってみてもらいましょう。
保湿剤などをしっかり塗ってあげたりしてください。

一番有効なのは、かゆみも忘れるほど、
楽しい面白い遊びを一緒にしてあげることです。

 

●不快、冷たい、寒い、暑い

暑い場合は、汗が出ているかチェック。
団扇などで、風が当たると、気持ちよくて喜ぶ赤ちゃんは多いです。
(勿論怖がるあかちゃんもいますが笑)

汗をかいている時は、赤ちゃんも気持ち悪いです。
沐浴、シャワーを浴びたり、こまめに着替えるなどの対応をしていきましょう。

あつみ先生

お風呂に入ったり着替えてスッキリした時は、、
「きれいになって、スッキリしたね!気持ちいいね!よかったね!」
など、ポジティブな表現の言葉かけを、笑顔で赤ちゃんに話しかけてあげてください。
これ、今度の子育てにとっても大事です。むちゃくちゃ大事です。

清潔にする事、きれいにする事を、心地よいと思える感性を育てていきましょう。

また、暑い、寒いなどの温度変化による衣服調整は、保育士や親の仕事です。
しっかりと様子を見てあげて、対処、対応してください。

赤ちゃんって、自分が熱いのか寒いのか、自覚できない時もあります。

ニコニコ遊んでいるからと言って、
寒い中、暑い中でそのまま放置して遊ばせていると、
熱が出たり風邪をひいたり病気になります。

床が冷たい、などで泣いてしまう事もあります。
赤ちゃんってとっても敏感なんです。


スポンサードリンク


●不安な気持ちで泣いてしまう

赤ちゃんって身の回りの環境が変わるだけで不安になります。
初めての場所に行くだけで、泣いてしまったりするものです。

また、抱っこしている親の抱いている不安な気持ちと言うものは、
赤ちゃんに伝わります。
自分自身にも、「大丈夫、大丈夫」と言い聞かせる事も、必要です。

 

●愛情不足

愛情不足で泣いてしまうという事は、一番問題があります。

欲求と反した事を無理強い、押し付けられる

ひとつは、自分の欲求が受け入れられないという、
小さなストレスや、無理強いからくる愛情不足です。

例えば…

  • お腹がすいていないのに、
    食事の時間だからとミルクを無理矢理与えられたり、
  • 寒くないのに厚着にさせられたり、
    逆に暑いのに衣服調整をしてくれなかったり。
  • また、眠たい時に無理矢理起こされる、
    遊んでいたいのに無理やり寝かされる、などなど、

主に親の都合で赤ちゃんを動かすことが繰り返されると、
それがたとえ小さなことでも蓄積していき、
赤ちゃんにとってしんどいものになります。

心が満たされない、かまってくれない

心が満たされない原因は、赤ちゃんへの関わりが不足していたり、
また、両親がケンカ中など、不仲を察知して、
赤ちゃんなりに空気を感じ、不安に思い、泣いてしまう事があります。

他の原因としては、下に兄弟ができたなどで、
上の子はかまってもらえずに、嫉妬心が生まれる事もよくある話です。

 

●泣く原因を突き止めて対処していく事が大切。

どうして赤ちゃんや子どもは泣いているのか?
泣いたら、泣き止ます事だけを考えて、
目先にことばかりにとらわれずに、

なぜ泣いているのか?

の根本を考える癖をつけてください。
その場を泣き止ますことばかり考えていると、
その時は収まっても、後日、再び繰り替えす事になります。

原因を見つけ、対処して解決していく事で、泣く頻度は減っていきます。

また、赤ちゃんの欲求を満たしてあげられて、
満足して過ごしているという喜びは、
子育て中の、一番の楽しみでもあり、喜びでもあります。

根本的な原因を考えて、解決していく…
正しい原因を早く突き止め、子どもの最善を目指していく事を意識すれば、
子育てのイライラが、子育ての楽しさに変わってきます。

 

●2歳~6歳頃の主に幼児期の泣く原因については?

この時期は、どんどん自我が出てくる時期です。
自分の意見もある中で、保育園や幼稚園と言った集団に入っていきます。
そこでは、全てが自分の思い通りになる事なんて、ないです。

幼児期の子どもが泣く原因の多くは、自分の思い通りにいかない葛藤です。

幼児期の集団生活の中で学び、身につける事は、
わがままも言いたくなるけれど、我慢することの大切さや、
物の取り合いやケンカなど、他者とのやり取りを通して、
相手の立場や相手の気持ち、
自分の立場や自分の気持ちを、お互いに知り、尊重しあい、
折り合いをつけて、周りの世界と関わっていく事です。

常日頃から、してはいけない事と正しい事、
自分の気持ちがあるように、相手にも気持ちがあるという事を、
伝えていきたいですね。

■次の記事→「泣いてもだっこしないで!」抱き癖ってつくの?

■関連記事や参考サイト、参考書籍

赤ちゃんて、どうして泣きやんでくれないの?

30日の生活環境の見直しで夜泣きがなくなり熟睡するようになった

スポンサードリンク


■当サイトのご案内


■まだブラック保育園で消耗してるの?

■保育士の非公開求人を集めたサイトを紹介

■全ての製作アイデアの目次はこちら

■もっと絵本を知りたい先生へ。絵本特集はこちら

■無料のおたより用イラスト素材配布中!

■保育雑誌PriPriがスマホで読み放題になる方法

■メルマガ【あつみ先生の連絡帳】ご案内

■LINE友達登録【あつみ先生の連絡網】







にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ