1歳児や2歳児向けの手作りこいのぼり制作アイデアを紹介します。
保育園や幼稚園では、5月を迎えると、こいのぼりの制作を行う事が多いです。
様々な材料を使いこいのぼりで部屋飾りや壁面を飾ったりします。

関連記事:
■3歳児~4歳児の簡単こいのぼり制作アイデア

こんばんは!
男性保育士のあつみです!

1歳児2歳児向けこいのぼり制作アイデア

この記事では、1歳児~2歳児向けに、
簡単なこいのぼりの制作アイデアを紹介していきます。

スポンサードリンク


多くの保育園では、
四月下旬からこいのぼり製作を始めて、
5月になるまでに準備をしていますね。

関連記事:
■3歳児~4歳児の簡単こいのぼり制作アイデア

■紙皿で置き型ゆらゆらこいのぼり飾り

この項目では、紙皿をつかったこいのぼり制作を紹介します。
シール貼りがメインで出来るため、1歳児や2歳児でもとても簡単に手軽に出来ます。

IMG_20160318_173034

また、置き型のこいのぼり飾りとして、
棚の上や、ロッカーの上なんかにも飾りやすいです。

そして、なんといってもこの制作の特徴は、
ゆらゆらと揺れるのでとっても楽しいです!

 

●紙皿ゆらゆらこいのぼりの動画

紙皿の形を利用し、半分に折る事で、楽しい飾りが出来ます。

このように、指で押すとゆらゆらと揺れます!
こんな単純なことですが、子ども達にとっては、面白いのです。

 

 

●紙皿置き型こいのぼりの材料と作成手順

ゆらゆらこいのぼり準備物

土台となるもの

  • 紙皿
  • ビニテやマスキングテープ

デザインするもの(例)

  • シール
  • クレパスなどの画材
  • 絵具(たんぽ、指スタンプなど)

紙皿にデザインできるものなら、なんでも応用できます!
目の前の1歳児クラスや2歳児クラスの子ども達の姿や、
保育者の思いやしたい事、表現したいものに合わせ、
考えてみてください

 

ゆらゆらこいのぼり作成手順

土台作成

紙皿で土台を作っていきます。
紙皿を半分に折り、前後を切ります。

IMG_20160318_171007

このように、こいのぼりの頭をしっぽを表現します。

そして、いったん広げると、
縁をカラービニールテープで、飾り付けます。

IMG_20160318_171850

もちろん、ビニテじゃなくても、
かわいいデザインのマスキングテープなど…

好きなものでしてもOKですよ♪

これで土台は完成です。

 

好きな手法でデザインしていく

この記事のサンプル紹介使うものは、ホログラムシール。

IMG_20160318_172403

勿論、ホログラムシールじゃなくてもOK!
キラキラの金紙や銀紙、別に丸シールや、
使いたいシールがあれば、なんだってOK。
マーカーやクレパスなど、表現したい画材でもOKですね。

そして、どんどんデザインしていきます。
この場合は、ホログラムシールをペタペタと貼っていきます。

IMG_20160318_172703

ちなみに、ここでホログラムシールを選んだ理由は、
模様がキラキラしているため、
模様のあるキラキラを、魚のうろこに見立てて、
表現しようと考えたからです。

そこは保育士である、先生の考え方と工夫ですね!

目を貼りつける

ここでは、目は丸シールを使いました。

IMG_20160318_172907

画用紙をカットしたものでもOKです。
ただ、今回はつるつるしたシールの上からはりつけるため、
のりが使えないため、丸シールを使いました。

IMG_20160318_173034

こんな感じになれば、完成です!

ポイント
1、2歳児の子ども達にとって、
魚の目の位置って、把握できない子も居ます。
どこに目を貼りつければいいかな?
目を張り付ける前に、紙皿を半分に折ってみて、
完成形をイメージする時間をとってみたり、
見本を見せてあげたり、
えほんを読んで魚の目の場所をチェックしてあげれば、
こどもにとって イメージが湧きやすいですね。

 

 


スポンサードリンク


■指絵具でかわいいこいのぼりの壁面飾り

この項目では、指先や手を使って、
絵具の感触を楽しみながら、好きなように表現できる、
壁面に飾りやすいこいのぼりアイデアを紹介します。

IMG_20160318_170243

簡単に説明すると、
予め台紙である画用紙に絵具をつけておいて、
子ども達が指で自由に伸ばせるようにします。

 

●指絵の具のこいのぼり製作の特徴

これは、画用紙を台紙として使うため、壁面に飾りやすいです。
また、あらかじめ画用紙に使う分だけの絵具を出しておくため、
出し過ぎ、使い過ぎの心配がありません。

絵の具の感触を自分の手で楽しめるだけではなく、
指で伸ばせば広がるということも、実感できます。

これからの製作活動で必要になってくる、
のりの扱いの動作に、似ていますよね。

絵の具(のり)が溜まってる部分は、指で伸ばせば、
広がるという事を理解できます。

 

 

●指絵の具のこいのぼり材料と製作手順

準備物

  • 台紙になる画用紙(ピンク 水色)
  • 目になる画用紙(白)
  • 絵の具(青 赤 白)
    好きな色、使いたい色を、使ってみてください!

製作手順

絵の具をあらかじめ出す必要があるので、
前日から準備していると、当日には乾いてしまう事も。
活動の直前に絵具を出すのがベスト。

土台を作る

さて、まずは土台となる画用紙をカット。

IMG_20160318_165215

画用紙を、こいのぼりの形に切ります。

さらに、切れた画用紙に、
予め絵具を出しておきます。

IMG_20160318_165817

画像では、それぞれ、
赤+白の組み合わせや、
青+白など、色が混ざる楽しさを感じれるため、
2色の絵の具を使っています。

これで土台は完成となります!

ポイント
もちろん、上記の色の組み合わせでなくても、OK!
準備をしているときに、
混ざるときれいになる色の組み合わせも、
実験していろいろ試してみましょう。
また白い絵具は比較的、どんな色と混ざっても綺麗になります。

 

指で伸ばして表現する

ここからは子どもの活動になります。
予め出された絵の具を、自由に伸ばしたり、混ぜたりして、
好きなように表現します。

IMG_20160318_165902

めっちゃ汚れるので、
必ず活動する机に新聞紙などをひいたり、
服もスモックや汚れてもいい服などで行いましょう。

 

こいのぼり目をつける

目は子ども達でのりを使いつける事も可能ですが、
1~2歳児で絵の具の活動をした後に、
のりを使う工程が入ると非常にカオスになりますし、

子ども達の活動は、絵の具を指で伸ばしたりする工程だけで、
いいと思います。

IMG_20160318_170243

この活動の目的は、1歳児、2歳児の子ども達に、
絵の具の楽しさを感じてもらう事なので、
最後の目の貼り付けくらいは保育者が行ってもOKです。

ちなみにこの記事で紹介してるサンプルですと、
絵の具を指で一回なぞっただけで終わってますが、
実際に子ども達にやらせると、
もっとぐっちゃぐちゃに、めいっぱい伸ばして遊んでます笑

●壁面に飾りやすいこいのぼり

この指絵の具でのこいのぼり制作は、
画用紙一枚で出来るため、壁に貼りやすいです!
春の壁面装飾に、活用できる制作になります!

 

関連記事:
■3歳児~4歳児の簡単こいのぼり制作アイデア

スポンサードリンク


■当サイトのご案内

■失敗しない保育士転職&就職サイト

■製作ネタの宝庫「ほいスタ」を無料で使う方法

■無料のおたより用イラスト素材配布中!

■保育グッズ&アイテムを激安で入手する方法解説。

■メルマガ【あつみ先生の連絡帳】ご案内

■LINE友達登録【あつみ先生の連絡網】