今月のPick UP記事

保育園の誕生日会に渡す、誕生日カードとメダル。
この記事では、とてもアレンジがしやすく
子どもの制作物を活かして、なおかつ華やかで貰ってうれしい、
リボンを使った手作り誕生日メダルの作り方を紹介します。

こんばんは!
男性保育士のあつみです。

手作り誕生日メダルの作り方

この記事では、保育園誕生日会で必要な、
誕生日メダルの作り方を紹介します。

スポンサードリンク


かなり汎用性が高く、
子どもの作品と組み合わせる事もでき、
様々な工夫できます!

■関連記事:誕生会の手作り冠の作り方

■関連記事:卒園メッセージカードアイデア

■関連記事:手作り誕生カードの作り方アイデア

●リボンを使った華やかな誕生メダル

パンチで開けた穴にリボンを通していく事で、
こんな感じのメダルになります。

IMG_20160128_043223

真ん中に、誕生児の描いたを貼ったり、
子どもの作った簡単な製作物をつければ、
オリジナル誕生日メダルに早変わりです。

何にでも使えて、汎用性が高いですよ!

 

●リボンの誕生日メダルの作り方

 

土台となる材料

  • 画用紙
  • 厚紙
  • リボン

     

    手作り誕生日メダルの作り方

     

    画用紙をあらかじめ貼り付けた厚紙を、カットしていきます。
    この記事では、丸くカットするため、テープ芯を型にしてます笑

    IMG_20160128_042741

    先に厚紙と画用紙を貼り付けておくほうが、
    きれいに出来ます!

    また、写真は丸くカットしていますが、
    メダルの形によって、星型でもお花の形でも、
    好きなものでOKですよ!

    カット出来たら、
    一つ穴パンチで穴をあけていきます。

    IMG_20160128_042807

    等間隔に穴をあけるのが、きれいに作るコツです!
    私の場合、型紙を作りました。

    IMG_20160128_045114

    丸く切った紙に、
    等間隔になるよう、折り目をつけて、
    カットしたメダルに重ねます。

    IMG_20160128_045218

    そして、一つ穴パンチのガイドである、
    中心線に沿って、穴をあけていきました。
    そしたら、ズレずに安定して、きれいな穴が開きますよ。

    穴が空いたら、
    リボンを通していきます。

    IMG_20160128_042836

    前面にリボンを出し、
    後ろからリボンを入れる…
    交互に通していく事で、

    IMG_20160128_043223

    こんな感じになります!
    裏に通したら、そのまま結んで、
    首にかける紐もそのままつくれちゃいます。

    一つ穴パンチは、コーナンやロフトで手に入ります!
    ダイソーでは置いてない店も結構多かったです。

     

    リボンを結ぶ時のポイント

    首にかける部分のリボンの長さを調整して結ぶ前に、
    必ず、子どもに合うか、長さチェックしてください。

    長すぎて、お腹の下の方でだらん…
    と、だらしなく垂れていては、
    誕生日の主役なのに、かわいそうですしね。

     

    ●アレンジしてオリジナリティを出そう!


    スポンサードリンク


    このリボンを装飾に使った手作り誕生日メダルは、
    アレンジしやすいのがポイントです。

    誕生日メダルにリボンを通す前に、
    染め絵をした和紙を張り付けてみたり、
    メダルに直接、描画をしてみたり。

    メダル本体に子どもの表現したものを入れると、
    より、気持ちの入った素敵なものになりますね!

    そして、これを土台にして、真ん中に、
    子どもの作った製作物を貼る…
    子どもの描いた似顔絵や、好きな絵を貼る…
    メッセージを入れてあげる…
    など、様々な工夫が出来ます。

     

    ●リボン通し遊びの活動にもできます。

    年長さんなら、土台も自分で作ることが出来ます!
    付き添って一緒にしてあげられれば、幼児さんでも出来ますよ。

    穴をあける前に、描いてみよう!

    まずは穴をあける前の誕生日メダルに、
    描画をしてみたり、メダルの縁にデザイン遊びをしてみたり…
    少しでも子ども達の手が入る事で、とっても温かみが出ますよ。

    描く範囲は、メダルの大きさにより、まちまちですが、
    そんなに長時間は必要ありません。
    5分か10分くらいでも、十分だと思います。

    子ども達にやらせてあげたい事によって、設定してください。

     

    穴あけパンチは保育者が行う

    そして、子ども達の表現が出来たら、
    穴あけパンチで穴を開けてあげてください。
    それから、材料を渡してあげてくださいね。

     

    リボン通しは割と難しい

    ただ穴に糸を通すだけなら、2歳児からでも出来ますが…
    このリボン通しのポイントは、
    交互に、リボンを通す面が変わるという所です。

    年長さんであれば、クラスの多くの子ども達は、
    前から出して、後ろから通す…
    という事を理解して作っていく事が出来るはずですので、
    クラスの活動として、誕生日メダル制作を入れるのもいいですね!

    幼児クラスですと、個人差はありますが、
    前と後ろの把握がちょっと難しい子がいます。
    フォローしながら、進めてあげてくださいね。

    リボン通しのポイント:通しやすくする工夫を

    そのままのリボンでは、パンチ穴に非常に通しにくいです。

    先端をセロテープなどで細く固定してあげれば、通しやすくなります。

    IMG_20160310_202854

    こんなカンジですね!
    サクサクパンチ穴に通るので、子ども達もリボン通しが楽しくなりますよ。

■関連記事:誕生会の手作り冠の作り方

■関連記事:卒園メッセージカードアイデア

■関連記事:手作り誕生カードの作り方アイデア

スポンサードリンク


■当サイトのご案内


■もう残業したくない…保育士転職&就職サイトの特徴比較

■製作ネタの宝庫「ほいスタ」の紹介

■無料のおたより用イラスト素材配布中!

■保育雑誌PriPriがスマホで読み放題になる方法

■メルマガ【あつみ先生の連絡帳】ご案内

■LINE友達登録【あつみ先生の連絡網】