人気絵本シリーズ「くまのがっこう」の劇場版である、
「ジャッキーとケイティ」が原作となった、
絵本の読み聞かせ動画と、あらすじや感想を紹介します。
NHKでもシリーズ作品が放映され、
DVDやCDなどのグッズも発売されています。

こんばんは!
男性保育士のあつみです。

絵本読み聞かせくまのがっこうジャッキーとケイティ

この記事では、かわいい絵柄と、映像作品で人気の、
”くまのがっこうシリーズ”の絵本のひとつ、
「ジャッキーとケイティ」について、紹介しますね。

スポンサードリンク


これは、劇場版映画がの話が原作となった絵本です!

 

●「くまのがっこう ジャッキーとケイティ」絵本読み聞かせ動画

 

●くまのがっこう ジャッキーとケイティ絵本データ

 

    • この他、本当に沢山のシリーズが出ています!

アマゾン等で、くまのがっこうシリーズで検索

    • したり、

 

    • 楽天ブックスをのぞいてみてください。

その種類の多さと、グッズの多様さに、びっくりしますよ笑

 

●メディア展開と大量の関連グッズ

劇場版映画:くまのがっこう「ジャッキーとケイティ」

この記事で紹介している絵本の原作となった劇場版のDVDです。
映画と言っても25分程度の短編映画です♪

アニメ:がんばれ! ルルロロ TINY★TWIN★BEARS

これは、くまのがっこうシリーズのひとつ、
「ジャッキーのいもうと」が原作となった、アニメシリーズです。
現在進行形で、放送されてますよ♪(2016年2月現在)

こちらも、グッズが星の数ほどあり紹介しきれません笑
ファンの人は調べてみてください笑
ルルロログッズを検索した結果www
多すぎです笑

●「ジャッキーとケイティ」あらすじ


    • スポンサードリンク


くまのがっこうの仲間たち

くまのがっこうの、くまのこたちは、全部で12匹。
みんな仲良く、暮らしています。

12匹のくまの子のうち、11匹は男の子。
一番小さな最後の女の子は、ジャッキーといいます。

くまのがっこうは、長いお休みに入りました。
そのあいだ、ジャッキー達は、ふもとのコテージで過ごします。

コテージでの生活。
おにいちゃんたちは、皆、朝寝坊。
ジャッキーは、お外に遊びに行きます。

とってもいいお天気で、気持ちがいい!
外に出ると、遠くに見える煙突から、煙が見えます。
どうやら、パン屋さんのようです。
ジャッキーは、パン屋さんに行く事にしました。

森の中で出会う女の子

森の中を、ルンルン気分で、スキップしながら進むジャッキー。
坂道は、大きな葉っぱにのって、滑り台にして進みます。
でも…勢いが付きすぎて…
茂みのなかに、つっこんじゃいました。

そこで、出会った女の子。
その子は、ケイティといいました。
一緒に遊び、仲良くなったジャッキーとケイティ。
ケイティは、ジャッキーをお家に招待します。
なんと、そこはパン屋さんでした。

次の日も、二人は一緒に遊びます。
川の近くのお花畑に行って、花冠をつくったりして遊びました。
しかし、突然の雨に見舞われるのです…

急いでお家に帰るも、ケイティが熱を出して寝込んでしまいます。
そこでジャッキーは、お見舞いをすることにしました。
お見舞いには、花をつんでいこうと、考えるジャッキーですが…

お見舞いの花のため、遠くの山に1人でいくジャッキー。

お花畑の花は、昨日の雨で全部流されてしまいました。
それでも、諦めたくないジャッキーは、
なんと遠くの山まで、花を採りに行くのです。
その事を、心配したおにいちゃんたち11匹は、
こっそりと、ジャッキーの後を、つけていきます。

ようやく山を越え、たどり着いたお花畑。
ジャッキーは、両手いっぱいに花を抱えて、持って帰ろうとします。
しかし、ケイティの家までは、とても遠い道のり。
どんどん、花は落ちていきます。
そして、帰り道。ついにお花は、全部落ちてしまいました。

11匹のおにいちゃんたちの活躍!

ケイティが泣きそうになったその時、
おにいちゃんたちが、空から現れます。
なんと、飛行船を使って、お花を届けてくれたのです。

お花を届け、元気になってくれたケイティ。
ジャッキーと、おにいちゃんたちと、皆でパーティーをしました。

 

●絵本の感想と読み聞かせの注意点&ポイント

絵本の感想としては、絵柄が可愛く、優しいお話です。
登場人物が、みんないい人なのです♪

元が映画という映像作品なので、
画面+文字みたいな、アニメ絵本みたいな構成になってます。

時期や季節を選ばず読める絵本ですが、
長いストーリーのある話なので、
しっかり話を聞いて集中することが求められ、
お話の世界の中に入っていく事が出来る年中以上の方が、
一層、楽しめます。

そして、しっかり絵本を見よう、
聞こうという気持ちになれる状況で、読んであげてくださいね。
ワイワイガヤガヤした雰囲気の中で、
読み始めても、あまり効果的ではないです。

読みながら引きつけるタイプの絵本ではないので、
読み聞かせの前に落ち着ける環境にして、
物語に入っていきやすくさせてあげてください。

年少では、集中が続かないので、
せっかくのお話が楽しめないかなと思います。

どちらかというと、大勢で読むタイプの絵本ではなく、
この話に興味のある小学生が、
自分で読みながら楽しむタイプの絵本ですね。

次の絵本→嘘をつくと出てくる「いじわるなないしょオバケ」絵本の紹介

スポンサードリンク

■当サイトのご案内


■まだブラック保育園で消耗してるの?

■保育士の非公開求人を集めたサイトを紹介

■全ての製作アイデアの目次はこちら

■もっと絵本を知りたい先生へ。絵本特集はこちら

■無料のおたより用イラスト素材配布中!

■保育雑誌PriPriがスマホで読み放題になる方法

■メルマガ【あつみ先生の連絡帳】ご案内

■LINE友達登録【あつみ先生の連絡網】







にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ