絵具不要!水性ペンでOK!コーヒーフィルターを使ったにじみ絵で、
おひなさまの着物を表現した、簡単な製作を紹介します。
にじみ絵って、特別な紙を使うの?と思いますが、
身近にあるコーヒーフィルターが最適。
水性ペンので描いた絵に、霧吹きをすることで、
綺麗に、にじんでいく様子に、子ども達は夢中です!

こんばんは!
男性保育士のあつみです!

コーヒーフィルターでひな祭り製作にじみ絵

3月の製作活動と言えば、ひな祭りに関することですよね!
実際には、3月の初めごろにあるので、活動は2月中に進めていますが笑

スポンサードリンク


この記事では、コーヒーフィルターを使ったにじみ絵を使った、
ひな祭りのおひなさま製作について、紹介します!

関連記事:

紙コップとお花紙で着物を表現!乳児さんも作りやすいおひなさま

トイレットペーパーの芯と千代紙で簡単、ひな祭り製作!

 

●どんなひな祭りのおひなさまが製作できるの?

コーヒーフィルターのにじみを利用した、
綺麗な着物を表現できます!

IMG_20160203_223612

やってることは、とても簡単ですね。
にじんでいく様子を、目で見て楽しめればいいですね♪

また、霧吹きを使います。
子ども達にとって、霧吹きってあんまり馴染みのない物なので、
実際に使わせてあげてくださいね!
わくわくしながら、霧吹きを使いますよ!

 

 

● 制作手順、材料を用意

準備物

  • コーヒーフィルター(白)
    これに水性ペンで書いて、水をしみこませる事で、
    きれいににじんでいきます♪
  • 画用紙
    この記事のサンプルでは、
    お雛様やお内裏様の顔を作りました。
    子どもの状況やクラスに合わせて、
    シール貼りや画材による描画でも可。
  • 金紙
    アクセントで金紙があることで、
    一気に華やかに、豪華になるので準備しておくのをオススメ!
  • その他、デザインに必要なもの
  • 霧吹き
    子ども達の大好きな霧吹きです笑
    実際に使い方を見せて教えると、興味津々で使いたがります。
    是非、やらせてあげてくださいね。

 

 

●コーヒーフィルターのおひなさまの製作手順

顔と着物の、二つのパーツを組み合わせて作るため
それぞれを作る必要があります。

コーヒーフィルターで着物を作る

さて、コーヒーフィルターを使い、にじみ絵をしていきます。

IMG_20160202_204457

まず、水性ペン、水性マーカーなどで、自由に書きます。
お花でも動物でも、なんでもいいでしょう(どうせにじみます笑)

水性マーカーで絵を描けたら、
霧吹きで水を掛けて乾くまで放置します。

IMG_20160203_222901

霧吹きは、いくつか用意しておいて、
保育者が付きながら、実際に子ども達と一緒にやってみましょう!
にじんでいく様子に、みんな夢中になります笑

乾燥するまで時間がかかるので、
組み合わせておひなさまにするのは、翌日以降の製作となります。

ポイント:水性マーカーの色を意識しよう

ひな祭り製作の、おひなさまやおだいりさまを作る際、
気をつけたいのが、着物の色。

あまり性別によるイメージで色を決めたくないのですが、
ピンクの着物を着たお内裏様…ってのも、また違いますよね。

子ども達には、思いを自由に表現させてあげたい。
だからといって、なんでも好きに、自由にしていいというのは、ダメですね。
何も考えてあげていない、と言う事になります。

お雛様をイメージできる色
  • ピンク
  • オレンジ
  • 黄色

 

お内裏様をイメージできる色
  • 黄色

 

使う色を制限するのも、配慮の一つ。

ある程度、決めた範囲の中から、自由に選べるようにしてあげることで、
子ども達の作品がもっと良くなるのであれば、
先生の思いで…ぜひ考えてあげてくださいね。

 

 

顔を作る

顔を作る必要があります。
「着物が乾くまでに、お顔を作ろう!」
ってな感じで、進めてあげてください笑

IMG_20160202_211118

この記事のサンプルでは、顔は画用紙で作りました。
4歳児クラスで、3月のこの時期であれば、
画用紙を使って、自分で切り、顔を作る事も可能になっています。
是非好きなようにやらせてあげてください。

顔の作り方も、年齢や子どもの状況によって、変えてあげてくださいね。

  • 4歳児クラスの場合
    画用紙を使って、自分で切り、のりで貼って顔を表現する
  • 3歳児クラスの場合
    丸い画用紙を保育者が用意し、顔に見立てて、
    マーカーやクレパスで顔を描く

 

組み合わせる

乾燥したコーヒーフィルターを、折って糊付けしていきます。
非常に簡単なので、3歳児クラスであれば、やり方を見せれば出来ます。

IMG_20160203_223030

 

IMG_20160203_223109

という具合です。これでなんちゃって着物の完成。
コーヒーフィルターの形を利用して、超簡単に襟が表現できますね笑

そして顔とくっつけると…

IMG_20160203_223612

こんなかんじに。
可愛いですね!

さらに、金紙でつくった飾りなんかとつけると、いいアクセントになります。

これで、ひな祭りのお雛様の完成です!

 


スポンサードリンク


●コーヒーフィルターをつかったひな祭り製作の特徴

なんといっても簡単ににじみ絵が出来て、それが着物の表現にピッタリです。
また、霧吹きという道具に触れられるのがいいですね~

ただ、デメリットとしては、
乾燥を待つ必要があるため、一日では終わらない事

3歳児クラス以上になりますと、
導入次第で昨日の続き!って気持ちも入って、製作活動進められますが、
乳児クラス(2歳児クラス)だと、
一日寝て起きると、盛り上げたひな祭りの気持ちが抜けちゃうかも。
一回の活動で終わる工夫をしてあげてくださいね。

 

●年齢別コーヒーフィルターのひな祭り製作のポイント

 

2歳児クラスで製作を行う場合

一日で終わる工夫をしてあげましょう!
また、2つのパーツを作るって、なかなか大変なことです。

まず、顔から作っていくほうがいいです。
顔は、台紙を用意し、シール貼りなどで表現してもいいですし、
顔の部位認識して、描ける子ならクレパスで描画もOKです。
なるべくサクっと済ませられるように!

次に、にじみ絵による着物を作ります。
ここで初めて、滲んでいく様子を見せたほうがいいですね
顔を作る前に、フィルターがにじむ様子をみせちゃうと、
そっちが気になり顔づくりに集中できない子がいます笑

前述した通り、活動が分割されると気持ちが入らない子もいるので、
子どもと一緒に霧吹きをして、にじみ絵を楽しんだら、
あとは保育者が組み合わせて完成させてあげてもOKです。

 

3歳児のクラスで製作を行う場合

3歳児クラスですと、顔を作るときには、
目や鼻などの部位を意識して、ちゃんと描画で表現できます。

着物部分となるにじみ絵は、子どもと一緒に霧吹きを楽しんでください。
乾燥してからは、ちょっとした折り紙要素もあるので、
折り方を教えてあげてくださいね。
3歳児クラスなら自分でできます!

 

4歳児以上のクラスで製作を行う場合

着物部分は、やる事はどの年齢も一緒なので、
子どもの様子やクラスに合わせて、
顔の表現方法を考えてあげてくださいね。

4歳児以上であれば、
自分で細かく画用紙を切り、のりで貼りつけ、顔を表現できます。

次の記事→紙コップとお花紙で着物を表現!乳児さんも作りやすいおひなさま

関連記事:

トイレットペーパーの芯と千代紙で簡単、ひな祭り製作!

スポンサードリンク


■当サイトのご案内


■まだブラック保育園で消耗してるの?

■保育士の非公開求人を集めたサイトを紹介

■全ての製作アイデアの目次はこちら

■もっと絵本を知りたい先生へ。絵本特集はこちら

■無料のおたより用イラスト素材配布中!

■保育雑誌PriPriがスマホで読み放題になる方法

■メルマガ【あつみ先生の連絡帳】ご案内

■LINE友達登録【あつみ先生の連絡網】







にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ