今月のPick UP記事

フェイスタオル一枚が主な材料!

肌色の布と綿があればできる簡単手作り人形。

1歳からのみたて、つもり遊びに最適です。

保育園によっては、保護者に人形の作成をお願いしている園もありますね。

この記事では、一番簡単なタオル人形の作り方を、

写真と解説をつけて、紹介していきます。

こんばんは!

男性保育士のあつみです!

簡単手作りタオル人形の作り方

さて、この記事では、手作りタオル人形の作り方を紹介します。

保育園でお願いされて作る事がある、手作り人形。

スポンサードリンク


この記事では、手作り人形の中で、一番簡単でシンプルな、

タオル人形の作り方を紹介します!

人形遊びが出来るように、乳児さんのお部屋に置いてあげてもいいですね♪

関連記事:

1歳児、2歳児のボタン付け練習に最適!フェルトの輪繋ぎの作り方

 

●簡単手作りタオル人形の材料

  • フェイスタオル
  • 肌色の布
  • ボタン(目になります)
  • (ミシンがあれば少し短縮できます。)

こんなカンジで出来ます。

IMG_20160111_164054

 

作成手順と作り方

タオル人形の作り方の絵

クリックで大きくなります!

●タオルと布を切る

フェイスタオルを切る

 

フェイスタオルを、カットしていきます。

フェイスタオルは、頭、胴体、手足になります。

タオル人形の作り方の絵

このように切ると、簡単で、端っこの処理が楽ですよ♪

IMG_20160110_111616

 

肌色布を切る

これは、顔の部分と、手足の先になります。

IMG_20160110_113239

写真では、

手足のサイズ:直径8センチ

顔のサイズ:直径20センチになっています。

また、布に丸と書くときには、コンパスを使います。

IMG_20160110_113253

コンパスにフェルトペンやマーカーなどを取り付けて、

このようにしてあげると、描きやすいです♪

IMG_20160110_114056

線は内側になるので、見えなくなるため何色でもOkですよ。

●顔部分を作る

直径20センチの肌色の布を使って、顔を作ります。 まず、丸く切った肌色の布のふちを、並縫いにします。

IMG_20160110_144406

こんなかんじですね。ぐるっと一周していきます。

一周できたら、少しずつ糸を引っ張り、閉じていくのですが、

IMG_20160110_144717

閉じる前に、綿を入れます。

綿をしっかり入れてから、さらに糸を引っ張り、しっかりと閉じてから、結びます。

IMG_20160110_144906

肉まんみたいになればOKです!

簡単ですね♪

●肌色の布で手足を作る

次は、小さく切った肌色の布(直径8センチ)で、手足を作ります。

これも、やり方は顔と同じ。

IMG_20160110_124927

ふちを並縫いにして、中に綿を入れて、糸をしっかり引っ張り、閉じます。

合計で4つ必要です。

 

●腕、脚の作り方

腕、脚ように切ったタオルを用意します。

IMG_20160110_151207

一番小さいものですね。

サンプルでは10×16センチのサイズです。

これを半分に折って…

IMG_20160110_151217

こんな感じにしてから、縫い始めます。

片方は手が入るほうなので、開けておきます。

IMG_20160110_151657

もう片方は閉じておきます。

これを裏返すと…

IMG_20160110_151818

筒状になり、片方が閉じた状態になります。

これに綿を詰めて…

IMG_20160110_151948

先ほど作った手の先と組み合わせます。

こんなふうに出来ればOKです。

IMG_20160110_152337

これを4つ作ります!

タオル人形の手足です。

ポイント

手の長さと足の長さは違うので、

手は少し短めに、足は長めにつくってあげると、

完成した時の見た目がまた、変わってきますよ♪

 

 

●タオルで胴体を作ります。

胴体は、胴体ように切ったタオル(18×26)のタオルを使います。

まず、半分に折って、片方を縫い、筒状にします。

このように片方を閉じたら…

IMG_20160110_171050

しっかり縛って、閉じます。

そして、裏返すと袋状になっていますので、

IMG_20160110_171349

もう片方も並縫いで、絞り縫いが出来るようにします。

袋を閉じ仕舞う前に、綿を詰めます。

IMG_20160110_171516

綿を入れたら、しっかりと縛って

IMG_20160110_171936

 

米俵みたいになったら、胴体の完成です!


スポンサードリンク


●タオル人形の顔を作る

さて、顔を作っていきます。

まず、目をつけましょう!

IMG_20160110_173201

目は、ボタンなどをつけてもいいですし、刺繍でもOKです。

次は口を作ります。

IMG_20160110_174308

口は、刺繍で表現します。

 

●毛糸で髪の毛をつける

毛糸を使って、髪の毛を作ります!

IMG_20160110_181404

毛糸を束ねて、まとめて縫ってしまいます。

毛糸を束ねて縫い付けるのは、結構難しいです!

 

●タオル人形の頭を作る

頭巾用のタオル(13×32)のタオルを使います。

IMG_20160110_181820

一番長いやつですね。

ふちは、一回折って縫ってあげましょう。

IMG_20160110_181942

構造上、ふちが見えてしまいます。

頭巾ができたら、顔に巻き付けてあげましょう。

IMG_20160110_191051

IMG_20160110_193639

ここまで出来たら、綿をつめます。

IMG_20160110_194104

しっかり綿を詰めたら…

IMG_20160110_195045

並縫い(縛り縫い)でしっかり閉じて…

IMG_20160111_010617

「ゆっくりしていってね!」

頭の完成です!

(なんまこうやって頭だけ並べるとゆっくりみたい笑)

 

●タオル人形を組み立てる

さて、これでタオル人形のパーツは全て完成しました。

IMG_20160110_195727

あとはこれを縫い合わせて、形にするだけです。

 

頭と手足をくっつけると…

IMG_20160110_202709

IMG_20160110_204226

形になりました!

 

IMG_20160111_164054

簡単なタオル人形ですが、並べると、思ったよりかわいい笑(自画自賛)

せっかくつくったんで、これは乳児のお部屋に寄付しようと思います笑

ポイント

縫い付ける時に意識するポイントとしては、

手や足を、どう可動させたいかを考えておくことです!

私は、座らせてあげたかったので、足が前後に動きやすいように、

縫い付けました。

また、応用編としては、手足を、ボタンで留めてあげる事で、

前後に可動できるようにする、などの方法もあります。

 

 

●どうして人形なんて作らなきゃいけないの?

保育園によっては、保護者に手作り人形の作成をお願いしている園があります。

正直言って、忙しい保護者にとって、人形作りとか面倒…ですよね笑

私も、そう思います笑

でも、お母さんの作ってくれた手作り人形って、

子ども達にとって、とっても大切なものです。

歴史の長い公立保育園などでは、まだまだ、

手作り人形を使って遊んだり、活動している園があります。

さて、どうして手作り人形が必要なのでしょうか?

手作り人形の作成をお願いされるのは、主に1歳児以降です。

これは、0歳の赤ちゃんの時期に、

大人の働きかけの中で、友達やおもちゃと十分に遊んできた子ども達は、

何事に対しても「わたしもやってみたい」という気持ちが出てくるからです。

1歳になってくると、しっかりとした歩行を獲得し、

両手が使えるようになり、いろんな道具が使えるようになります。

これにより、色んなものに働きかけて、変化させていく事が楽しいと思うのです。

保育者の行う手遊びや歌遊びなどを見ると、

大人の動きや声に合わせて、一緒にやってみますが、

1歳児は大人の行動や、友達の遊びをじっくりみて、

あとで同じことをしようとします。

特に、気に入った遊びであると、

しばらくの間遊びをしっかり覚えておいて、

あとになって同じ遊びをしようとしたりします。

そんな力を基礎にして、

1歳児さんたちは、日々の生活を、ごっこ遊びで表現したりします。

買い物に行くお母さんのまねをしたり、

絵本を読んであげるふりをしたりします。

そして、お母さんみたいに、先生みたいにしてみたい、

という気持ちが育ってきます。

ここで!

自分だけのお人形があると、遊びが広がります!

これは、信頼する保育者や親への尊敬や、憧れの気持ちから生まれるものです。

赤ちゃんの頃に比べて、出来ることが増えてきた自信と、

ちょっとお姉ちゃんみたいになりたい、という気持ちなのです。

お茶碗とコップがあれば、

実際にそこにお料理があるつもりで、遊びます。

お鍋があれば、かき混ぜたり、よそってくれたり。

人形があれば、人形を抱っこして遊んでいるうちに、

いつも先生にしてもらっているように、絵本を読んであげたり、

布団を敷いて、人形とトントンと寝かしつけようとしたり…

こどもの、つもり、みたて遊びを、

広げてあげられる声かけを、してあげるといいですね。

スポンサードリンク



にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

■当サイトのご案内


■もう残業したくない…保育士転職&就職サイトの特徴比較

■製作ネタの宝庫「ほいスタ」の紹介

■無料のおたより用イラスト素材配布中!

■保育雑誌PriPriがスマホで読み放題になる方法

■メルマガ【あつみ先生の連絡帳】ご案内

■LINE友達登録【あつみ先生の連絡網】