今月のPick UP記事

絵本「てぶくろ」は、原作が有名なウクライナ民話です。
この記事では、絵本「てぶくろ」読み聞かせ動画と、あらすじを紹介します。
何より、この本の楽しい所は、小さな手袋のなかに、
いろんな動物が入って住もうとするという、ありえないシチュエーションです。
でも、だからこそ楽しいんですよね。
子ども達も、次は何の動物が来るかな?ってワクワクします。

こんばんは!
男性保育士のあつみです。

冬の絵本読み聞かせ「てぶくろ」

この記事では、寒い冬にぴったりの絵本、
「てぶくろ」の読み聞かせ動画とあらすじを紹介します!

スポンサードリンク


超有名なお話なので、読んだことのある方や、知ってる方も多いと思います!
私も子どもの頃は、保育園でも、お家でもよく読み聞かせをしてもらいました。
子どもながらに、こんなに大きい動物が、こんなにたくさん、
入れるわけないじゃん!と思っていましたが、
それでも、どんどん入っていく動物たちの様子が、楽しいし、面白いです。

■絵本選びの参考サイト:

1000万人の絵本ためしよみサイト|絵本ナビ

絵本ナビは、日本最大級の、絵本販売専門サイトです。
無料で絵本の試し読みができるので、絵本選びの参考になります。

 

●「てぶくろ」絵本読み聞かせ動画

 

●絵本データ

  • タイトル
    てぶくろ
  • 作者
    原作:ウクライナ民話
    絵:エウゲーニ・M・ラチョフ
    訳:うちだりさこ
  • 発行
    1965年
    福音館書店
  • 対象年齢(主観です笑)
    3歳
  • ページ数
    16P
  • 読み聞かせにかかる時間
    5分
    読むスピードによって変わってきます!
    私は読むの、ゆっくりなのです笑

 

●あらすじ

こいぬと一緒に、寒い冬の森にやってきたおじいさん。
おじいさんは、歩いているうちに「てぶくろ」を落としてしまいます。
てぶくろを落としたことに気づかず、おじいさんが歩いていってしまった後…

そこに、ねずみがやってきます。
名前は「くいしんぼねずみ」。

すてきなてぶくろをみつけたくいしんぼねずみは、
このてぶくろで暮らすことにします。

てぶくろをお家にして、中に入っていると、
そこにかえるがやってきます。
かえるの名前は「ぴょんぴょんがえる」
すてきなてぶくろのお家をみたぴょんぴょんがえるは、
くいしんぼねずみに、てぶくろに入れて、とお願いします。

さて、2匹になったてぶくろ。
そこにやってきたのは、うさぎ。
うさぎの名前は「はやあしうさぎ」
はやあしうさぎも、てぶくろにいれてもらいます。

てぶくろの中には、もう3匹。
次にやってきたのは、きつね。
きつねの名前は「おしゃれぎつね」
おしゃれぎつねも、てぶくろにいれてもらいます。

だんだん、せまくなってきたてぶくろ。
てぶくろのなかには、もう4匹です。
次にやってきたのは、おおかみ。
おおかみの名前は「はいいろおおかみ」
はいいろおおかみも、なんとかてぶくろに入れてもらいます。

さすがに定員オーバーのてぶくろ。
中にはもう5匹です。
そしてやってきたのは、なんといのしし。
いのししの名前は「きばもちいのしし」です。
きばもちいのししも、入れてほしいと言うのですが…
一度は断られるものの、頑張って入ります。

そして、追い打ちをかけるがごとく、
6匹が入るてぶくろにやってきたのは、おおきなくま。
くまの名前は「のっそりぐま」
くまもいれてくれとお願いします。
そしててぶくろに頑張って入り、今にもてぶくろははち切れそうです。

さて、その頃、てぶくろがない事に気づいたおじいさんは、道を引き返します。
子犬が先にかけていくと…
なんと、てぶくろがむくむくと、動いています。

こいぬは、「わんわんわん!」と吠えたてると、
動物たちはみ~んなビックリして、アチコチに逃げていました。

そして、おじいさんは、てぶくろを拾ったのです。

 

●冬の定番絵本「てぶくろ」の特徴と読み聞かせポイント

サクッと読めて、いろんな動物が登場する、楽しい絵本です!
冬の定番絵本、といったところですね!
毎年寒い時期に、必ず読んであげたい本です。

おじいさんとこいぬに対して、
手袋の中に入っていく動物の対比が、面白いですね。

手袋を落としたおじいさんと、
動く手袋に吠えたてたこいぬ。

それに対して、

小さな手袋のはずなのに、
絶対入れない動物が何匹も入って、
お家にしてしまうという、非現実的な話。

現実と、ファンタジーの狭間を行ったり来たりするような、
不思議な感覚に包まれます。

おじいさんが手袋を落としたところから、
大きさという概念のない、ファンタジーの世界に入っていき…
そして、おじいさんが手袋を拾ったことで、
現実に引き戻される…

夢を見ているような、楽しい感覚です。
子どもたちは、行ったり来たりできる世界なのだと、思いますよ♪
(実際に私が小さいころ、そう感じてました笑)

楽しみながら、とても集中してみてくれる絵本なので、
落ち着かせたい時に私は読んであげますね~。

 

また、挿絵もかなり細かく丁寧で繊細で、
動物もリアルなので、眺めているだけでも、とても楽しいです。

子どもって、いろんな所に気が付き、良く見ています。
てぶくろに動物がどんどん入っていくにつれ、本当のお家みたいに、
入口にハシゴがついたり、窓が出来たり、そういった小さな変化も、
子ども達にとっては、大きな発見であり、喜びなのです。

大人にとっては、そんな細かい事…で終わるのではなく、
子ども達の発言を受け止め、小さな発見を、褒めてあげてくださいね。

喜びが共有できた!と思うと、子ども達は信頼してくれます。

あと、このてぶくろの絵本、描画のテーマとしても最適ですよ!

子ども達が、絵本を読み聞かせてもらって、どんな風に感じたのか…
素敵な個性が出ますね♪

■絵本選びの参考サイト:

1000万人の絵本ためしよみサイト|絵本ナビ

絵本ナビでは、無料で絵本の試し読みをして、中身を確認することが出来ます。
また、実際に絵本を持っている人のレビューが見れたり、
子ども達に読み聞かせて、どんな反応だったか…知れるので、絵本選びの参考になるサイトです。

スポンサードリンク



にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

■当サイトのご案内


■もう残業したくない…保育士転職&就職サイトの特徴比較

■製作ネタの宝庫「ほいスタ」の紹介

■無料のおたより用イラスト素材配布中!

■保育雑誌PriPriがスマホで読み放題になる方法

■メルマガ【あつみ先生の連絡帳】ご案内

■LINE友達登録【あつみ先生の連絡網】