今月のPick UP記事

日本で昔から親しまれているお正月遊びといえばかるた!
本来、文字に興味を持つ5歳前後から遊ぶのが良いとされていますが、
少し工夫をすることで、2歳~年長クラスまで、幅広く楽しめます。

この記事では、小さい子でもとても楽しめる、クイズかるたを紹介します。

こんにちは!
男性保育士のあつみです。

2歳から遊べるクイズかるた

さて、かるたといえば、お正月ならではの遊びですよね!

このかるた、本来であれば、読み手が文字を読み上げ、
子ども達は文章と絵をヒントに、札をとっていく遊びです。

このルールですと、文字に興味が出てくる5歳ぐらいからが、
とても楽しめるお正月遊びなんですよね。

スポンサードリンク


子ども達は、本当にかるたに夢中です。
しかし、楽しめるのは、年中~年長である、おにいちゃんおねえちゃんだけ…

でも!この記事で紹介する変則ルール、
「クイズかるた」であれば、2歳からでも簡単に楽しめます!
(1歳児クラスでもお正月の時期であれば、できます。)

 

■簡単で超楽しい!お正月遊びのクイズかるたとは?

このお正月遊びのクイズかるたは、文字は必要ありません!
読んで字のごとく、かるたの読み札を、クイズにしちゃうのです!

Evernote Snapshot 20160102 014654

絵札は、動物や、花、くだものなど、
子ども達の大好きなものをたくさん並べます。

そして、読み手は、クイズを出します。
例えば…

「きいろくて、くびがなが~い動物、な~んだ?」

すると子ども達は、答えがわかった子は、

「きりん!」

と言いながら、きりんの絵札を、とるのです!
知ってる事、わかった事を、自信満々に、言えるというのは、
子ども達にとって、とても嬉しいことです!

 

●遊びが盛り上がるコツ!

 

絵札にその子のマークを入れよう!

保育園によっては、子どものロッカーなんかに、

動物や虫といった、マークのついたシールを貼ってるところもありますよね。
そんな時は、子ども達を夢中にさせるチャンス!
その子どものロッカーのマークを、絵札にしちゃうのです!

例えば、うさぎのシールが貼ってあるなら、
かるたの絵札にうさぎをいれてあげる…

かぶとむしのシールが貼ってあるなら、
かるたの絵札にかぶとむしを入れてあげる…

などしたら、子ども達は、

「自分のマークだけは、絶対に自分でとる!」

と、とても意欲的に参加してくれます!
ケンカやトラブルにならないように、注意ですよ笑

 

お正月を連想させる絵柄を入れよう!

たとえば、おもちや、こま、たこなど…

お正月遊びで、使っているものを絵札に入れれば、
よりお正月が、子どもにとって印象深い物になりますよ!

 

かるたを読むスピードやテンポを変化させよう!

ルールが理解出来たら、
普通に読むだけじゃなくて、

  • ゆっくり読んでみたり、早く読んでみる
  • 独特の間を持たせてみる

それだけで、子ども達も新鮮な気持ちで遊べ、飽きもこないですよ♪

 

●かるたはなるべく少人数で!

お正月のかるた遊びは、遊びの性質上、大人数でやるのは向きません。

乳児クラスや、少数のクラスであれば出来るのですが、
30人近いクラスになると、かるたを一斉に遊ぶことは出来ません。

なので、5~6人前後で、十分に遊べるように、工夫してあげてくださいね。

例えば…

  • 「今はこのグループさんで、かるたで遊んでみよう」
  • 「次はあのグループさんに交代ね」

等の声かけや、配慮をしてあげてください。

ちなみに、年長クラスや、年中クラスのお正月の時期であれば、
ルールを自分で覚えるので、先生なしでも出来るようになります。

クイズかるたなので、文字は読む必要ないですからね。

中には、すごい発想でクイズだす子もいて、めっちゃ面白いです笑

 


スポンサードリンク


●【絵札の準備】絵札はどうやって作るの?

2歳前後でやる場合は、小さいかるたよりも、大き目のほうがいいですね。

子どもの状況に合わせて、サイズは考えてあげてください。
私は、2歳児でも遊べるように、
B6サイズ(DVDケース弱くらい)で作りました。

Evernote Snapshot 20160102 014654

これくらい大きいほうが、バシっと見やすいし、分かりやすいとおもったからです!

(でも、色塗りは面倒くさい笑)

作り方

子ども達が何度も取るので、強度を考えて、厚紙を使います。

厚紙に、直に絵を描いてもいいのですが、
わたしは動物の塗り絵を印刷して、厚紙に貼りました。

「動物の名前+ぬりえ」で検索すると、
画像がたくさん出てきます!是非、調べてみましょう!

厚紙に絵が準備出来たら、透明テープ(梱包テープ)などで、
表面を保護しましょう。

あつみ先生

余力があるなら、ラミネートしてもOKですよ!
ずっと遊べるようになります。

何度も子ども達が触るので、保護と補強が必要です。

ふちに、ビニテやマスキングテープで飾れば、
さらにかわいくなりますよ♪

Evernote Snapshot 20160104 140827

ふちに貼るだけで、ずいぶん華やかになりますよね♪
私は、動物は赤、果物は青、乗り物は緑…などのマスキングテープで飾り、
種類で分類しました笑

物の種類や分類と、色を意識できるようになるかも?
なんて事と考えながら♪

●お正月のクイズかるた読みの例文

  • 何をクイズかるた絵札にするか?
  • どんなレベルのクイズならわかるか?

それは、目の前の子ども達の普段の様子を見て、決めてあげてくださいね。

好きなもの、興味があるものを、絵札にすれば、子ども達は大喜び!

  • お正月に関連するもの
  • 動物
  • 乗り物
  • 果物

などなど。

また、これから伝えてあげたい事なんかも、
絵札にすればいいですね。

 

例文(2歳児クラス)

  • あるくときは、よこに歩くよ。はさみがふたつもあるんだって!

    →かに

  • まあるくて、とってもあま~い、赤い色のくだものだよ

    →りんご

  • さむ~い日に、手につけると、あったかいんだから~

    →手袋

  • ぴょんぴょんと跳んで、長い耳があるよ。

    →うさぎ

  • 大きな体で、大きな耳で、鼻がなが~いのは、だ~れだ?

    →ぞう

  • 白くて、ぺったんぺったん ついていくと、やわらかくおいしくなるよ

    →おもち

クイズのレベルは、年齢によって変えてあげてね!

もしクイズが難しい場合、言葉遊びなんかでもOK!
例えば…

1歳児クラスの場合

先生が動物の名前言うから、よくきいててね!
見つけたら取るよ!

  • ぺ・・・ぺ・・・ぺ・・・ペンギン!
  • か・・・か・・・か・・・かに!
  • か・・・か・・・か・・・かえる!
  • り・・・り・・・り・・・りんご!
  • り・・・り・・・り・・・りす!

などなど、動物や乗り物、果物などの名前を呼ぶだけでも、
乳児さんでもかるたの雰囲気を楽しめて、いいですよ♪

子どもの月齢に合わせて、クイズや問題のレベルが合ってないと、

涼しい子

「先生!そんなん簡単すぎるわ~~~!」

とクレームが来ます笑
とはいえ、工夫次第、クイズ次第で、幼児クラスでも十分盛り上がれる遊びです♪

簡単で楽しいお正月遊び、クイズかるたの紹介でした!
是非、保育園や幼稚園で遊んでみてくださいね。

 

スポンサードリンク



にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

■当サイトのご案内


■もう残業したくない…保育士転職&就職サイトの特徴比較

■製作ネタの宝庫「ほいスタ」の紹介

■無料のおたより用イラスト素材配布中!

■保育雑誌PriPriがスマホで読み放題になる方法

■メルマガ【あつみ先生の連絡帳】ご案内

■LINE友達登録【あつみ先生の連絡網】