今月のPick UP記事

 

保育所保育指針の新旧、両方を参考にして、
おおむね1歳3ヵ月~2歳未満の子どもの発達と特徴について、
記されている内容を、わかりやすくまとめてあります。
保育の目標やねらい、内容を決める際の参考にしながら、
実際の子どもの姿と照らし合わせて考えていきましょう。

1歳3ヵ月~2歳未満の発達と特徴

こんばんは!
男性保育士のあつみです。

スポンサードリンク


1歳児、自分からいろんなものに関われるようになってくる時期で、
一挙一動が、めちゃめちゃかわいいですよね!
大人には解読不能なわからない言葉で、
何故か通じ合ってる子ども同士の会話が面白すぎます。

新しい保育指針の第二章では、子どもの発達や、発達過程のみ書かれており、
ねらいや内容は記されていません。

この記事では、新指針と、旧指針の両方を参考にして、
おおむね1歳3ヵ月~2歳未満の子どもの発達の特徴について、
記録していきます。

■新保育所保育指針 おおむね1歳3ヵ月~2歳未満の発達の特徴

  • 歩行の開始
  • 言葉の習得
  • 運動機能の発達による、行動範囲の拡大
  • 見立てなど、象徴機能の発達。
  • 周囲への関心や、大人と関わる事に意欲が高まる

 

●旧指針内容の発達の特徴より

  • 1歳3カ月頃から、2歳までに、
    歩き始め、手先を使えるようになり、言葉を話せるようになります。
  • 身体の発達は落ちついてきて、運動能力がどんどん発達していきます。
    だんだんと体つきも、シュっとしまってきます。
  • 感染症にかかる事が多くなる。
  • 生活空間がどんどん広がってきて、
    この時期までに培われてきた大人との関係を基盤として、
    目の前の世界に興味を持ち始め、
    探索行動が盛んになり、周りの環境に関わろうとする。
  • 自発的な探索行動が出来るようになるための、
    いろんな行動を身につけていきます。
  • つまむ、めくる、通す、外す、殴り書き、転がす
    スプーンを持つ、コップを持つなど、
    運動の種類がどんどん増えてくる

    これらが出来るようになることで、
    子どもは自信を持ち、自発性を持つようになる。
  • 大人の言う事が分かるようになってきて、
    呼びかけたり、拒否を表す片言を盛んに使うようになり、
    言葉で言い表せないことは、指さしや身振り手振りでします。
  • 自分の思いを、親しい大人に伝えたいという欲求が、高まってきます。
  • この時期には、ボールなどを介して、
    大人や友達との、物を介したやりとり、触れ合いが増える。
    また、おもちゃの取り合いなども、増えてきます
    おままごとなど、見立て遊びなど、
    今後の社会性や言葉の発達に必要な対人関係が、どんどん深まり、
    象徴機能も発達してきます。
  • 外界への働きかけは、人だけでなく、いろんな物へと広がります。
    それらは、大人にとっては、いたずらと感じるかもしれません。
    でも、子ども達にとっては、いたずらではなく、いろいろ、試しているんですね。
  • 保育者としっかり関わり、交流することが、
    友達と一緒にいる喜びにもつながってきます。
    情緒面では、大人への愛情、友達への愛情に違いが出てきます。
  • 自発性や探索意欲、興味は、大人に受け入れられることで、
    どんどん高まっていきます。

 

●おおむね1歳3ヵ月~2歳の子どもの保育の目標

 

環境について

十分に養護の行き届いている必要があります。
おだやかに、くつろげる環境や雰囲気を大切にします。
また、子どものいろんな欲求を満たすことで、
安心して過ごし、生活できるようにしていきます。

 

心身の健康

健康で安全に過ごせるように、
生活に必要な習慣や、態度を身につけます。
心身の健康の、礎を培っていきます。

 

信頼感を持つこと

大人と関わっていく中で、人に対する愛情や愛着、信頼を育てていきます。
また、自主、協調の態度を養い、道徳性の芽生えを、培っていきます。

 

興味関心など

自然や、社会の中での出来事に、興味や関心を持ち、
感動したり、いろんな事を感じれるようにしていきます。

言葉について

生活をしていく中で、言葉への興味関心を持てるようにし、
会話を聞いたり、喜んで話が出来るようにしていく。

 

表現など

いろんな体験を通して、豊かな感性を育て、
創造性の芽生えを培っていきます。

 

●おおむね6ヶ月~1歳3ヵ月未満子どもの保育のねらい

  • 保健的で、安全である環境づくりをして、
    子ども達の様子にしっかりと目を配り、
    快適に、気持ちよく生活できるようにしていきます。
  • 子ども達が安心して過ごせるように、
    食べたり、寝たり、排泄などの欲求をしっかりと満たし、
    安定した生活が出来るようにしていきます。
  • また、甘えたい…一緒にいて欲しい…などの、
    依存欲求にしっかりこたえることで、情緒を安定させていきます。
  • 様々な食材や、料理に慣れていきます。
    食事は楽しい雰囲気の中で…という気持ちを育てていきます。
  • 個々の子どもの状況に応じて、
    睡眠など、適切な休息が出来るようし、快適に過ごす。
  • 子ども達が安心できる保育士との関係を築き、
    食事、排泄などの活動を通して、自分でやろうという気持ちを持つ。
  • 環境を整えて、身体を動かしてしっかり活動できるようにしていきます。
  • また、遊びを通して、子ども達同士の関わりも大切にします。
  • 見る、聞く、触るという体験を通して、
    外界に対する興味、好奇心、感心などを持っていけるようにします。
  • 保育士や大人と、会話のやり取りをすることで、
    意思を伝えたり、言葉を使う事を楽しむ。
  • 絵本やおもちゃなど、身近なものの環境を整え、
    興味を持って遊べるようにする。
  • 身近な音楽などに親しみ、踊ったり、リズムを楽しむ。

 

●おおむね1歳3ヵ月~2歳未満の保育内容

 

  • 子どもの健康状態をしっかりと把握して、異常があれば、適切な対応を行う。
  • 子どもそれぞれの発達状況を的確に把握する。
  • 清潔感を大切にし、保育室の環境はもちろん、
    身体や服も、清潔にしておきます。
  • 子どもの気持ちを理解して、受け止めることで、
    子どもとの信頼関係を深め、自分の気持ちを安心して表現できるようにする。
  • 食事は楽しい雰囲気の中で行う。
  • スプーン、フォークなどを使って食事をし、
    自分の力で食べようという気持ちを育てる。
  • 子どもの生活リズムを、大切にしていく。
    昼寝など、しっかりと休息が取れるようにする。
  • おむつ替えをこまめに行う事で、
    清潔である事の気持ちよさと、大切さを感じさせていく。
  • 排泄時間を把握し、(何分に一回とか)声かけなどをして、
    トイレに興味を持たせるように関わる。
    また、トイレに座る事から練習を始めて、
    上手くトイレで排泄できたら、どんどん褒めていく。
    (トイレトレーニング)
  • 温度、湿度などを把握して、適切な衣服で過ごせるようにする。
  • 服の着脱に興味を持ち、出来るよう、接していく。
  • 食事の前後は、顔や手をしっかり吹いてあげることで、
    綺麗にする事の気持ちよさを感じれるようにする。
  • 登る、降りる、飛ぶ、くぐる、押す、ひっぱるなど、
    身体を使った運動が出来る遊びや、
    いじる、たたく、つまむ、転がすなど、手先を使う遊びなどを、
    どんどん取り入れていく。
  • 保育士にしっかり見守られながら、外遊びや、一人遊びを、十分楽しむ。
  • 好きな玩具や道具、また自然物などに自分から関わり、遊ぶ。
  • 保育者から話しかけられる事を喜んだり、
    自分から話しかけることを、楽しむ。
  • 興味のある絵本を、保育者と繰り返し見ながら、
    簡単な言葉の繰り返しや模倣をしたりして遊ぶ。
  • 保育士と一緒に歌ったり、手遊びをしたり、
    リズムにのったり、身体を動かして楽しむ。

 

■発達や特徴を目安にして関わりを考える

こういった発達の目安というものは、
保育者が書類などを書く際だけではなく、
保護者としてもぜひ参考にしていきたいものです。

もちろん、子どもによって個人差はあります。
(個人差を考慮して、保育指針では「おおむね」という表記がついています)

「まだ出来ない」「もう出来る」という比較の仕方は相応しくないと思いますが、
目の前の子どもの、発達段階を知れる目安となりますし、
これからの関わりを考えていく、材料となります。

 

スポンサードリンク


■当サイトのご案内


■まだブラック保育園で消耗してるの?

■保育士の非公開求人を集めたサイトを紹介

■全ての製作アイデアの目次はこちら

■もっと絵本を知りたい先生へ。絵本特集はこちら

■無料のおたより用イラスト素材配布中!

■保育雑誌PriPriがスマホで読み放題になる方法

■メルマガ【あつみ先生の連絡帳】ご案内

■LINE友達登録【あつみ先生の連絡網】







にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ