今月のPick UP記事

人口の多い地域では、特に整備が進んでいる、小規模保育所。
まだまだ、しばらくは増え続けると思われます。

保育園の枠がない場合の、選択肢の一つとしての小規模保育所。
小規模保育所は、2歳児(3歳まで)の子どもを対象をした施設です。

メリットやデメリット、特徴などをまとめます。

小規模保育事業

小規模保育所に預けようとしている保護者や、
または、小規模しか空きがない…という状況の保護者さんは、
きっと、大規模な保育園に比べて、様々な不安があると思います。

スポンサードリンク


 

例えば、小規模だから大した保育はしてくれないんじゃないか…とか、
3歳になったらまた保育園探しをするのか?という不安など。

■関連記事:認可保育園に落ちた時に必ずする事は?

そういった不安点や小規模保育所の仕組みを解説します。

こんばんは!
男性保育士のあつみです!

この記事では、
いまさら聞けない!小規模保育事業とは?
を記録していきます。

小規模保育施設の仕組みとメリットデメリット

さて、2015年、子ども子育て新制度により、
急速に保育環境の整備が進んでいます。

変わり目である事で、
制度、法律、様々なことを、覚えなおす必要があり、
現役で働いている私たちや、
養成校の学生の皆さんは、大変な事だと思います笑

また、保護者の方も新制度による、
施設の利用方法や、特徴、メリットデメリットなど、
疑問点が多くあると思います。

新制度により、小規模保育所の認可が進んでいます。
この特徴と、メリットやデメリットなどをまとめていきます。

●小規模保育の不安要素ランキング

3歳になって退園したら、また保育園探し?

後述しますが、小規模認可保育施設では、
連携施設というものを設定しています。
連携施設というのは、3歳児になり、小規模保育施設を退園した後の、受け皿となる施設です。

つまり、小規模保育所に入れば、
退園後の進路は、確保されやすくなり、
その後、大きな保育園に入りやすいという事になります。

小規模だから大した保育はしてくれないのではないか?

大規模園のように、異年齢の子どもと沢山関わったり、
する機会は少ないです。
行事なども、人数自体が少ないため、盛り上がりに欠けます。

しかし、大人の目が子どもに行き届きやすく、
手厚い関わりが出来、
保育者がそれぞれの子ども達に十分に関わる事が出来るので、
乳児期に必要な、大人との愛着、信頼関係の形成がされやすいです。

子どもにとって、気持ち的に落ち着ける、安心して過ごせる、
そういった環境であるという特徴があります。

小規模保育所の職員って技術や資格はあるの?

形態により、職員は変わってきます。
詳しくは下記に後述しますが、職員全員が資格を持っている場合と、
そうでない場合があります。
それについては、施設の形態を確認すれば、分かります。

しかし、資格をもっていない職員(子育て経験者)等も、
研修を受けて、認められてからでないと勤める事は出来ません。

特に2015年の子ども子育て支援新制度により、
小規模保育所の認可が進んでいますが、
認可され運営されている以上、必要な技術を持った職員が
配置されているという事になります。

 

 

●小規模保育事業とは?

小規模保育所の認可を進めて、
国で子育ての制度を整えていこうというものです。

対象児

0歳、1歳、2歳を対象とした保育所です。
保育所で言う所の、所謂「乳児」という枠です。

また、19名以下という定員が設定されています。

 

特徴

少人数を対象としているため、家庭的保育により、
手厚く、丁寧できめ細やかな保育が出来る事が最大のメリットです。

 

また、目が届きやすく、それぞれの子どもに合わせたの援助がしやすい、
質の高い保育を行う事ができるという特徴があります。

大規模園のように、決まったプログラムに沿って、
カリキュラムをこなすのではなく、子ども達の状況によって、
臨機応変に活動内容を決めていく事も出来ます。

ただ、デメリットとしては、
子ども同士の関係が、狭く、固定化されやすいことや、
行事等も、中々盛り上がらない…などがあります。

また、職員視点としては、
大規模園で得られるような、大勢の子どもを引っ張っていくスキルや、
クラス運営、行事の企画進行などのスキルが、
身に着きにくい事
だと思います。

そして、乳児専門である故、
高い技術と知識、細かい配慮が求められます。

 

●子ども子育て支援新制度により急増中

子ども子育て新制度により、
2015年より、子ども子育て支援法が施行されました。

これにより、小規模保育施設は、
小規模認可保育所として、国の認可事業として位置付けられています。

良くなったのは、小規模保育事業として認可されることで、
補助金、財政支援が出る仕組みが整う事になりました。

これにより、職員の確保もしやすくなるだけでなく、
多様な主体が、多様なスペースを活用して、
質の高い保育が提供できるようになったことです。

つまり、既存の保育所からの分園など、
様々な事業形態から、移行、新設しやすくなりました。

どうして、制度が進んできたのかと言うと、
待機児童問題の解決と、子育てをしていく環境を整えるためです。

この問題と言うのは、核家族化に伴う母親の孤立や、
地域での子育て支援が充実してないという事です。
これは、少子高齢化という問題にもつながっています。

しっかりと制度かしていく事で高齢化に対しての保育基盤を作っていき、
また、待機児童など地域の実情に応じた多様な目的に活用されていく事を、
期待しています。

 

 

よくある疑問


スポンサードリンク


A型?B型?C型?それぞれの違いと特徴

すんごい分かり易く言うと、
小規模保育施設という枠の中での、
職員配置、規模を分けたものです。

 

スポンサードリンク



にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

■当サイトのご案内


■もう残業したくない…保育士転職&就職サイトの特徴比較

■製作ネタの宝庫「ほいスタ」の紹介

■無料のおたより用イラスト素材配布中!

■保育雑誌PriPriがスマホで読み放題になる方法

■メルマガ【あつみ先生の連絡帳】ご案内

■LINE友達登録【あつみ先生の連絡網】