今月のPick UP記事

保育士養成校に通っている学生さんは、
未経験から正社員、正職になれるのか?と不安をもつ方も多いと思います。
この記事では、保育士の就職活動で採用試験を受けるうえで、
意識していくべき、大切な事を記録していきます。

保育士就活準備

また、保育園や幼稚園、様々な児童福祉施設の就職活動の時期は、 
一般企業と違い、かなり遅めのスタートになります。 

スポンサードリンク


普通の大学に通う友達が、内定を続々と決めていく中で、 
保育士の就活の始め方に、迷うかもしれませんが、 
焦らず、じっくりと一つ一つの園を、見学して決めることが大切です。

こんばんは! 
男性保育士のあつみです!

さて、保育者養成校では、夏の最後の実習が終わる辺りが、 
保育園の就活の時期に入ってきますね。

また、中にはすでに内定をもらい、一安心の人や、
そんな友人を見て、ちょっと焦ってきた…なんて人も、居ますよね笑

■一般企業の就活と保育士就活の違い

私はもともと一般企業で働いていた経験もあるので、
保育園の就職活動での違いを、よく感じることがあります。

保育業界での、就活は、時期が遅い!です。
私が大学生の時は、大学3年生の秋ごろから、就活が始まってました
でも、保育業界は、卒業する年の夏を過ぎたあたりから、ようやく動き始めます。

もし、この記事を読んでおられる方が、学生であれば、
他の業種を目指しておられる友人や、 他の大学に通っていて、
就職活動をしている友人などに、もうすでに内定をもらっている方も、
多くいませんか?

そして、喜んであとは卒業するまで遊ぶだけ… という友人を見て、
内心とても焦ったり、妬んだり…してませんか?笑

わかります!笑
それが普通です。

でも、業界的に、そういうもんなんですね。
焦って適当に園を決めるのが、一番危険です。

●自分に合う園をじっくり見つける事が大切。

まず、園選びは、焦って急ぐと、
全くいいことがありません!!
これは本当に大切です!

見学やボランティアに行きましょう。
そして本当に自分の保育観に合っているか、
自分がその園に勤めている姿を想像してみてください。
長く勤められるかどうかなども、しっかり考えていく必要があります。

私の通っていた専門学校の事例ですと…

  • 焦って就職先を決め、長く続かなかった先輩
  • 園との保育観が違い、やりたいことが出来ず、ストレスをためた先輩
  • 合わない園で頑張り続け、自分らしさをどんどんなくしていって、
    鬱になって体を壊して、社会復帰出来なくなった先輩

焦って決めて失敗という、いろんなパターンがあります。
不幸を回避するためにも、しっかりと自分を見つめましょう。

●保育園は職員配置を決めるのが、そもそも遅い。

また、保育園では、来年度の人員配置は、そんな早く、分かりません。

退職の意向が、早くわかっている職員がいる園なら、早く求人をだすかもしれませんが…
多くの園では、秋ごろから、次年度の配置を決めていきます。

例えば、うちの園ですよ、11月下旬ごろから、現職員の来年度の意向を確かめていきます。
そこで、異動があったり、退職による欠員が分かったり、という事になるので、
求人が出るのはそれ以降になるんですね。

だから、保育園勤務希望の学生の皆さん。

焦ってはいけません!
はっきり言って、今から求人はいくらでも出ます。
しっかり見学に行って、園を知ってください。

微妙な気持ちでなく、どうしてもここがいい!と思えるくらいの園に出会えれば、
だいたいそこに就職できます笑

気持ちは伝わるもんですからね!

●就活の時期になったら!

毎日、常に就職を心の中で、意識していきましょう!
どんな些細なことでも、意識するだけで、違ってきます。

毎日の授業で新しく学んだ事、感じたことや
アルバイトやサークルやボランティアまで、
生活していく中で、一つ一つの行動を、いつでも「就職」という目標を見据え、前提に考えて、過ごしていく事で、後々の、助けになってきます。

●保育現場や福祉関係の職場への就職とは?


スポンサードリンク


 

これは、一般企業との違いがあります!

①数うちゃ当たる、という感覚ではいけない!

一般企業への就職活動を経験したことがある人なら、分かると思いますが、(私の事です笑)
人によっては、100近い、もしくはそれ以上の企業にエントリーし、説明会に足を運んで履歴書を腱鞘炎になるまで書き続けて…
とかいう就職活動ではありません!!

基本的に、新卒の就活において、
保育園や幼稚園、福祉施設に関しては、一度内定をもらうと、辞退することはできません。

もう一度言います。
内定辞退は出来ません。

内定を蹴る事ができない理由としては、
保育園は、あなたの通う保育士養成校に、
優先して求人を斡旋しているからです。

ここで、もしあなたが内定辞退をしてしまうというのは、
優先して採用してくれた園に、めちゃくちゃ失礼な事をしているという事です。
それによって、今後は内定を蹴るような学生が居る学校には、求人を出さない…
という事になりかねません。

つまり、いくつかの園をピックアップし、見学とボランティアを繰り返して…
ここだ!と決めた一本を本命として受けなければいけません。
中身の濃い就活が求められます。

②選考基準が、どの園でも似たり寄ったり!

園により、細かい違いはあれど、多くの場合、一番大切なのは、面接です!
履歴書や、書類だけでは計れない人間性を見られるんですね。
そういう意味では、作文を課す試験があったりします。
ここで通れば、次は実技試験がありますが、ここは落ち着いてくださいね!
でもハッキリ言って、実技試験までこぎつければ、だいたい通ります笑
元気いっぱい!返事はシッカリ!明るく!を意識すれば大丈夫!
筆記試験もありますが、そこまで比率は高くないです。
人柄のほうが大事!頭悪くても(笑)子どもの気持ち考えられる先生を採ります!

③学業成績は大切!

特に、実習の成績や、専門的な科目は普段から意識して取り組んでください!
普段の授業態度は、成績表に表れ、それをしっかり見ている人事の人もいます。
成績が思わしくない人は…
もしかしたら突っ込まれる可能性もあるので、しっかりと対策やフォローを考えましょう(笑)

④男性保育士の受難

まだまだ、業界的に女性の職場である事実は否めません。
男子は受験すらさせてもらえない場合もあります…

しかし、私の個人的な考え・思いとしては、
男性も、女性も、両方の保育士がいてこそ、
それが普通で、自然で、多様性のある保育ができると私は思います!

という余談でした笑

●まだ何も考えてないけど、準備出来ることはある?

第一に情報収集が大切です! 
どんな施設がいいか、方向性だけでも考えてみましょう。

  • 保育園に行きたいのか?
  • 幼稚園に行きたいのか?
  • 児童養護施設で働いてみたいのか?

そして、インターネットや求人情報だけ見るのでなく、
自分の通う専門学校の、先生に聞いてみるのもいいですよ!

ここでワンポイント…自分が尊敬できる先生に聞いてみましょうね!
自分が、無意識にいいなって思う先生なら、きっとあなたの保育観が、近いはずですからね!

見学やボランティアを繰り返す中で、どんな出会いがあり、
いつ、どの瞬間に、「この園がいい!」と思う事があるかは、 分かりません。

そんなときのために、書類くらいは用意しておきましょう。
成績証明書や、卒業見込み書、その他もろもろ…ですね。
特に学校によっては、就職用の書類を発行するのに、時間がかかる場合もあります。
私の通っていた専門学校では、一週間くらい待たされましたね~
事務さっさ仕事しる!


スポンサードリンク


●頑張る保育士養成校の学生さんのため

保育は、大変な仕事です。
でも、素晴らしい仕事です!
私自身、まだまだ未熟ですが、保育を志す同志が、増えることを祈っています。
(マジで!切実に!保育現場は職員不足…!)

上記目次では、保育士の就職活動に関する記事を、まとめております。
よろしければ、ご参考くださいませませ。

①就職準備編
・就職の考え方
・就職活動の流れ

②履歴書の書き方

③電話の掛け方

④手紙の書き方
・出願書類送る時の送付状
・ボランティアのお礼状
・採用決定後のお礼状
(例文集、封筒の体裁例等もアリ)

⑤面接に必要なスキル
・コミニケーション能力
・自己PR力
・主体性
・立ち振る舞い
・笑顔、服装

⑤面接のパターンとポイント
・個人面接
・集団面接
・面接会場でのポイント

保育園だけでなく、幼稚園教諭や、
その他の児童福祉施設等の採用試験でも、
応用できる内容の記事をアップしております。
お役に立てればうれしいです。

下記のような内容になっています。

 

私もコツコツと記事を更新してまいります。
皆さんも就職活動、ファイトですよ!

スポンサードリンク



にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

■当サイトのご案内


■もう残業したくない…保育士転職&就職サイトの特徴比較

■製作ネタの宝庫「ほいスタ」の紹介

■無料のおたより用イラスト素材配布中!

■保育雑誌PriPriがスマホで読み放題になる方法

■メルマガ【あつみ先生の連絡帳】ご案内

■LINE友達登録【あつみ先生の連絡網】